銀行カードローンの特徴

銀行カードローンの注意点や問題点を分かりやすく解説!

更新日:

銀行カードローンを利用する時の注意点はどんなものがありますか?
即日融資に対応していないことや、返済が長期化しやすい点に注意が必要ピヨ!

銀行カードローンは、金利が安く毎月の返済額が安いため、初めてカードローンを利用する人たちから安心感があるとして非常によく選ばれています。

ですが、銀行カードローンを利用する時は、そういったメリット部分ばかりに注目するのではなく、利用する時のデメリットや注意点にも意識を向けることが大切です。

では、銀行カードローンの具体的な注意点はどういった点が挙げられるのかと言うと、主に以下のような点があると言えます。

銀行カードローンの注意点とは?
  1. 即日融資ができない!
  2. 返済が長期化しやすい!
  3. 過払い金の対象外!

銀行カードローンの場合、審査時間がどれだけ早くても最短翌営業日以降となってしまうため、絶対に即日融資をすることができません。

そのため、もしあなたが急いでお金を借りたい時は、消費者金融系のカードローンを選ぶことをおすすめします。

また、毎月の返済金額は安いという事は、その分、返済が長期化しやすいというリスクもあるので、定期的に繰上返済を意識しておくことがとても大切です。

その他、銀行カードローンを利用する時の注意点については細かいものを含めれば沢山ありますが、その中でも今回は「初めて銀行カードローンを利用するがここだけは押さえておくべき注意点」について解説したいと思います。

もしあなたが今から初めて銀行カードローンを利用するのであれば、今回解説する内容にしっかりと目を通して、安全に銀行カードローンを利用する方法をマスターして下さいね!

 

そもそも銀行カードローンとは?

そもそも銀行カードローンとはどういったサービスなんですか?
通常の銀行審査よりも審査が早く手続きが簡単なキャッシングサービスのことピヨ!

結論から言えば、銀行カードローンとは「銀行が発行したキャッシング専用のカードローン」のことを言います。

これまでの銀行のキャッシングやローン商品は、来店が必要だったり、必要書類の提出や作成に時間が掛かるものが大半でした。

ですが、金融業界の再編が進み、大手消費者金融が各銀行グループの傘下に入ったことにより、消費者金融が発行するカードローンのノウハウを銀行も利用できるようになったため、近年になり銀行カードローンが爆発的に広がるようになりました。

銀行カードローンの特徴は?
  1. 手続きが簡単!
  2. 来店不要でOK!
  3. 消費者金融より低金利!

ちなみに、銀行カードローンは消費者金融よりも低金利でキャッシングができるため、消費者金融から銀行カードローンに乗り換える人も多いくらい人気のキャッシングサービスとなっています。

何より「銀行から借りている」安心感が大きいのも、銀行カードローンがこれだけ広がった一つの要因と言えます。

 

銀行カードローンを活用するメリットとデメリット

じゃぁ銀行カードローンにはどんなメリットとデメリットがあるの?
今回は代表的なメリットとデメリットをまとめてみたピヨ!

安定感や安心感から選ばれがちな銀行カードローンではありますが、実際のところどういったメリットやデメリットがあるとあなたは思いますか?

代表的なメリットとデメリットとしては、主に以下のようなものがあると言えます。

銀行カードローンのメリットとデメリット
メリット デメリット
手続き 申込みが簡単 郵送でカードが届く
審査難易度 住宅ローンより甘い 消費者金融より厳しい
金利 消費者金融より安い 他のローン商品より高い
返済額 月1,000円~と安い 返済が長期化しやすい

基本的に銀行カードローンの審査は、従来の住宅ローンや自動車ローン審査と比べれば、審査手続きは簡単ですし、審査難易度も高くないので、幅広い社会人の人が審査に通りやすいローン商品となっています。

また、消費者金融系のカードローンと比較すれば、毎月の金利や返済額は明らかに安いので、少しでも毎月の返済を安く抑えたいあなたには銀行カードローンはとてもおすすめです。

ただし、いくら審査が甘いと言っても、消費者金融よりは厳しい傾向にあるので、パートやアルバイト収入がメインの人は審査に通りづらい傾向があるので注意が必要です。

また、後で詳しく解説しますが、毎月の返済金額が安いという事はそれだけ完済までに時間が掛かりやすいとも言えるので、どこかで繰上返済を行っていかないと、完済時の総支払額が割高になりやすい点には十分注意が必要です。

つまり、銀行カードローンを利用する時は「安定した収入があり、繰上返済を見据えた利用ができる社会人」にとっては、とてもおすすめできるローン商品と言えます。

もちろん、限度額を30万円以下の少額にするなどの対策をすれば、パートやアルバイト収入がメインの人も銀行カードローンの審査に通るチャンスは十分あります。

詳しい銀行カードローンの審査対策や、メリット・デメリットなどについては下の記事にまとめてあるので、ぜひ参考にして下さい。

銀行カードローンとは?

 

銀行カードローンを利用する時の5つの注意点!

初めて銀行カードローンを利用する人は、次の5つに注意が必要ピヨ!
銀行カードローンは毎年定期的に審査が自動的に行われているんですね。

銀行カードローンを利用する時は、次に紹介する5つの注意点を踏まえた上で利用すると、安全に利用することができると言えます。

銀行カードローンの注意点
  1. 即日融資ができない!
  2. 在籍確認は原則電話のみ!
  3. 返済が長期化しやすい!
  4. 毎年の途上与信に注意!
  5. 過払い金の対象外!

これまで消費者金融を利用したことのある人なら気付くかと思いますが、銀行カードローンの審査対応やサービスは融通が利かないことが多いです。

例えば、どんなにお願いしても即日融資は絶対にできませんし、電話確認を辞めて欲しいと懇願しても電話確認は例外なく一度は勤務先に掛けられると思った方が良いです。

こうした融通の利かなさ具合も銀行カードローンを利用するときの注意点ではありますが、今回はもう少し具体的に銀行カードローンを利用する時の注意点をまとめてみました。

 

注意点①:即日融資ができない!

注意点 1
即日融資は
できない!

まず銀行カードローンを初めて利用する時の一番の注意点は「即日融資ができない」という点です。

消費者金融なら最短30分で即日キャッシングができるのに対し、銀行カードローンはどれだけ審査が早くても最短翌営業日まで審査に時間が掛かります。

主な銀行カードローンの審査時間
審査時間(最短) 土日融資
三菱UFJ銀行 最短翌営業日 土日OK
三井住友銀行 最短翌営業日 土日OK
みずほ銀行 約2週間程度 平日のみ
千葉銀行 約2週間程度 平日のみ
愛媛銀行 最短翌営業日 土日OK
福岡銀行 約2週間程度 平日のみ

また、銀行カードローンの発行方法は郵送になることが多く、実際に2~3営業日で審査が完了しても、カードローンが郵送で到着するまでに1週間近く掛かることも珍しくありません。

そのため、どうしても審査を急ぎたい時は、三菱UFJ銀行や三井住友銀行などの自動契約機でカードを受け取れる銀行カードローンを利用するのがおすすめです。

審査時間のポイントと対策!

  • 審査完了は早くても翌営業日!
  • カード発行は基本的に郵送のみ!
  • 自動契約機や銀行振込を利用する!

また、あなたが急いでキャッシングをしたい時は、銀行カードローンの審査に通過した後に銀行振込によるキャッシングを依頼することもできます。

ただし、銀行カードローンによっては、土日審査や土日振込に対応していなかったり、自分のところの銀行口座じゃないと振り込んでくれないケースも多いので、その場合は消費者金融系のカードローンに審査を申込むのがおすすめと言えます。

銀行カードローンと消費者金融

 

注意点②:在籍確認は原則電話のみ!

注意点 2
在籍確認は
電話のみ!

在籍確認とは「申告した勤務先で本当に働いているかを調べる手続き」のことを指しますが、基本的に銀行カードローンの在籍確認の方法は電話確認のみとなっています。

そのため、もしあなたが勤務先や社内の人間に気づかれずにお金を借りたいと思っていても、銀行から電話が掛かってくるので、勘のいいひとは気付いてしまう可能性もあるので注意が必要です。

銀行カードローンの在籍確認のポイント!

  • 原則は電話確認のみ!
  • 担当者個人名で電話が掛かる!
  • でも、意外とバレない?

ですが、実際に銀行カードローンからの在籍確認の電話があっても、個人名で電話が掛かってくるので、意外とバレず「営業電話かな?」と思ってくれることが大半のようです。

そのため、普段から営業関連で自分宛に電話が掛かってくる仕事を選んでいる場合には、銀行カードローンの在籍確認はそこまで気にする必要はないかもしれません。

一方、普段の業務内容的にあなた宛に電話が掛かってこない場合には、SMBCモビットのWEB完結申込などを利用して、勤務先への電話確認なしで審査を完了させた方が安心だと言えます。

各カードローンの在籍確認のポイントや手順などについては、下の記事に詳しく解説してあるので、ぜひ参考にして下さい。

参考記事

 

注意点③:返済が長期化しやすい!

注意点 3
繰上返済で
長期化を回避

銀行カードローンは、消費者金融と比べると、毎月の返済金額が安い傾向にあるので、初めて銀行カードローンを利用する人にとってはとても安心感のある使いやすいカードローンと言えます。

残高100万円以下の返済額比較表
10万円 20万円 30万円 40万円 50万円 60万円 70万円 80万円 90万円 100万円
三菱UFJ銀行※1 1,000円 2,000円 3,000円 4,000円 5,000円 6,000円 7,000円 8,000円 9,000円 10,000円
三井住友銀行 2,000円 4,000円 6,000円 8,000円 10,000円 11,000円 12,000円 13,000円 14,000円 15,000円
みずほ銀行 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円
SMBCモビット 4,000円 8,000円 11,000円 11,000円 13,000円 16,000円 18,000円 21,000円 23,000円 26,000円
プロミス 4,000円 8,000円 11,000円 11,000円 13,000円 16,000円 18,000円 21,000円 23,000円 26,000円
アイフル※2 5,000円 9,000円 13,000円 13,000円 15,000円 18,000円 21,000円 24,000円 27,000円 30,000円
※1…三菱UFJ銀行の返済額は年率8.1%以下のときのものです。
※2…アイフルの返済額は35日サイクル制を導入した時のものです。

ただし、これらの返済金額の安さは裏を返せば「返済回数が増え返済期間が長期化しやすい」というデメリットの裏返しでもあります。

特に、消費者金融と銀行カードローンでは毎月の返済金額に2倍近くの差があることも珍しくないので、単純な返済回数の差だけを考えれば、消費者金融の方が実は早期完済を目指せる設計になっているとも言えます。

銀行カードローンの返済ポイントと対策!

  • 毎月の返済金額は割安で安心!
  • ただし、返済が長期化しやすい!
  • 繰上返済が一番効果的な対策!

もしあなたが少しでも早く早期完済を行い、利息を節約したいと考えているのであれば、カードローンの繰上返済を行うことがとても効果的です。

銀行カードローンの場合、毎月1,000円づつでも繰上返済を続けるだけで、返済期間を1年近く短縮出来たり、支払利息を数万円単位で節約できる効果があります。

30万円を年率14.5%で借りた時の返済シミュレーション
返済金額 返済回数 総支払い額 総利息額
6,000円 78カ月 462,898円 162,898円
7,000円 61カ月 425,128円 125,128円
8,000円 51カ月 401,963円 101,963円
9,000円 43カ月 386,228円 86,228円
10,000円 38カ月 374,817円 74,817円

たった1,000円の繰上返済なら、毎日のコンビニ通いやカフェ通いの回数を2~3回我慢するだけで簡単に貯まるので、これも一つの自己投資と思ってぜひやってみて下さい。

カードローンの繰上返済は最も効率の良い金融投資とも言えるので、無理のない範囲であなたもぜひやってみて下さいね!

カードローンの繰上返済

 

注意点④:毎年の途上与信に注意!

注意点 4
カードは
自動更新

銀行カードローンは年会費無料で持ち続けることができるので、失業や転職、入院などのいざという時のために持っておくという保険的な使い方としても人気があります。

ただし、銀行カードローンの契約は毎年「途上与信」と呼ばれる自動審査・自動更新があり、途上与信に通過した場合にのみ、翌年度もカードローンを利用できるという仕組みになっています。

途上与信で主にチェックされる項目

  • 他社借入額が増えていないか?
  • 滞納や延滞が増えていないか?
  • 勤務先に変更はないか?
  • 年収に大幅な減額はないか? など

主にこれらの内容をチェックした上で、内容に大きな問題がなければカードローンの契約が更新される仕組みとなっています。

途上与信が行われるタイミングは、各銀行カードローンによって違いがありますが、基本的には年に1度は行われていると思っておきましょう。

 

注意点⑤:過払い金の対象外!

注意点 5
過払い金の
対象外!

一時期、テレビCMなどで「払い過ぎた利息が戻ってきます!」といった宣伝が多く流れていたかと思います。

これは「過払い金請求」と呼ばれる手続きで、過去に消費者金融からお金を借りたことのある人を対象に、払い過ぎた利息を法的手続きで取り戻すことが盛んにおこなわれてきました。

過払い金請求のポイント!

  • グレーゾーン金利で取引をしていた
  • 完済後10年が経っていない

過払い金請求が成立するのは、上記の2点を満たしている場合のみ適用されるので、あなたが初めてカードローンからお金を借りる場合は、まったく関係のない手続きとなります。

また、現在の消費者金融や銀行カードローンは、法定通りの金利設定になっているため、今からお金を借りた場合は、過払い金請求の対象にはまったくなりません。

そのため、テレビCMの情報を鵜呑みにするのではなく、きちんと自力で完済できるだけのお金を借りるようにすることが大切です。

ちなみに、過払い金請求についての詳しい情報や条件などが知りたい場合には、下のサイトなどを参考にしてみて下さい。

【外部リンク】参考サイト

 

銀行カードローンの注意点でよくある質問

銀行カードローンの注意点でよくある質問をまとめたピヨ!
ここにない質問や疑問点があれば、お気軽にお問合せ下さいね♪

最後に銀行カードローンの注意点でよくある質問をまとめました。

もしここにまとめきれていない質問や疑問点などがありましたら、お気軽に質問フォームよりご連絡下さい。

 

質問①:銀行カードローンは事業目的で使えますか?

銀行カードローンは事業目的で使えますか?
基本的に事業目的ではまず使えないピヨ!

結論から言えば、銀行カードローンのほぼ全ては事業目的での利用は認めておらず、事業目的での利用は規約違反となるので注意が必要です。

ただ、個人事業主や小規模事業者の場合、どうしてもお金が必要という事もあるかと思うので、その場合はビジネクストなどの法人・個人事業主を対象にした専門のカードローンを利用する方法がおすすめです。

アイフルのグループ会社が発行するカードローン「ビジネクスト」なら、最短即時で事業目的でのキャッシングができるので、急いで運転資金等が必要な場合はぜひ一度相談してみましょう!

ビジネクストの審査

 

質問②:銀行カードローンの金利は安いですか?

銀行カードローンの金利は安いですか?
限度額が高くなるほど金利は利下げされるピヨ!

銀行カードローンの金利は、住宅ローンや自動車ローンと比較すると高く、消費者金融と比較すると低金利という位置づけになります。

ちなみに、各銀行カードローンの金利は、あなたが契約する限度額が高くなるほど金利が利下げされる仕組みとなっています。

主なカードローンの金利比較表
100万円未満 100万円 200万円 300万円 400万円 500万円 600万円 700万円 800万円 900万円 1,000万円
三菱UFJ銀行 年13.6%-14.6% 年13.6%-14.6% 年10.6%-13.6% 年7.6%-10.6% 年6.1%-7.6% 年1.8%-6.1%
三井住友銀行 年12.0%~14.5% 年12.0%~14.5% 年10.0%~12.0% 年8.0%~10.0% 年7.0%~8.0% 年6.0%~7.0% 年5.0%~6.0% 年4.5%~5.0% 年4.0%~4.5%
みずほ銀行 年14.0% 年12.0% 年9.0% 年7.0% 年6.0% 年5.0% 年4.5% 年4.5% 年2.0%
千葉銀行 年14.8% 年9.0%-12.0% 年9.0%-12.0% 年6.0%-12.0% 年5.5% 年4.3% 年4.0% 年3.5% 年1.7%
愛媛銀行 年14.6% 年14.6% 年13.0% 年10.8% 年8.8% 年5.0% 年4.4% 年4.4% 年4.4%
福岡銀行 年14.5% 年14.5% 年12.0% 年10.0% 年8.0% 年7.0% 年6.0% 年5.0% 年4.0% 年3.0% 年3.0%

そのため、単純に毎月の金利を安く抑えたいと考えている場合には、カードローン審査を申込むときに、希望限度額を出来る限り高めで希望する方法が有効です。

ただし、銀行カードローンの審査は、希望限度額を低くした方が通りやすい傾向にあるので、初回審査のときはあまり欲張らずに限度額を30万円以下の今すぐ必要な金額に抑えておくようにしましょう。

低金利のカードローンについての詳しい解説や情報などについては、下の記事に詳しくまとめてあるので、ぜひ参考にして下さい。

低金利のカードローン

 

質問③:銀行カードローンの返済額はいくらになりますか?

銀行カードローンの返済額はいくらになりますか?
利用残高や各銀行カードローンによって異なるピヨ!

銀行カードローンの毎月の返済額は、あなたが契約するカードローンや金利プラン、前月の最終利用残高などによって大きく変わります。

残高100万円以下の返済額比較表
10万円 20万円 30万円 40万円 50万円 60万円 70万円 80万円 90万円 100万円
三菱UFJ銀行 1,000円 2,000円 3,000円 4,000円 5,000円 6,000円 7,000円 8,000円 9,000円 10,000円
三井住友銀行 2,000円 4,000円 6,000円 8,000円 10,000円 11,000円 12,000円 13,000円 14,000円 15,000円
みずほ銀行 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円
千葉銀行 2,000円 4,000円 6,000円 8,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円
愛媛銀行 2,000円 2,000円 2,000円 5,000円 5,000円 15,000円 15,000円 15,000円 15,000円 15,000円
福岡銀行 2,000円 4,000円 6,000円 8,000円 10,000円 20,000円 20,000円 20,000円 20,000円 20,000円
※…三菱UFJ銀行の返済額は年率8.1%以下のときのものです。

カードローンの返済金額は、限度額ではなく利用残高によって決定される仕組みになっているので、毎月の返済金額を押さえたい時は借り過ぎないことが一番の対策となります。

ちなみに、毎月の返済日や返済方法などについても、各銀行カードローンによって異なるので、詳しくは下の記事を参考にして下さい。

銀行カードローンの返済金額

 

安全に銀行カードローンを使いたいならバンクイックがおすすめ!

初めて借りるなら三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックがおすすめピヨ!
バンクイックなら土日審査もあるから安心ですね♪

今回は銀行カードローンの注意点を中心に解説して来ましたが、今回踏まえた内容を元に利用すれば、あなたも銀行カードローンを安全に使うことができます。

ただ、もしあなたがより安心・安全に銀行カードローンを利用したいと考えているのであれば、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックがおすすめです。

バンクイックのメリット!
  1. 審査は最短翌営業日!
  2. 土日祝も審査に対応!
  3. 全国に自動契約機あり!
  4. 口座開設なしで借りれる!
  5. 返済は月々1,000円から!

三菱UFJ銀行カードローンなら、審査時間が最短翌営業日に完了するだけでなく、土日祝でも審査に対応してくれるので、平日は仕事で忙しいあなたも安心して審査を申込むことができます。

また、全国の三菱UFJ銀行にあるテレビ窓口を利用すれば、平日・土日祝関係なく、審査に通過した日のうちにカードローンを受け取れるので、少しでも早くキャッシングしたい時にとてもおすすめです。

しかも、三菱UFJ銀行の口座を持っていない人でも、口座開設なしで審査を最後まで完了できるので、これ以上口座を増やしたくない人にもおすすめです。

何より毎月の返済金額が月々1,000円から利用できるので、毎月の返済を少しでも安く抑えて生活を安定させたいあなたに本当におすすめです。

まずは三菱UFJ銀行カードローンのお試し診断を利用して、あなたが今すぐ審査に通過できるか早速調べてみましょう。

あなたも三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックを利用すれば、これまで誰にも言えなかったお金の悩みを今すぐ解決できるようになるので、あなたも今すぐ審査を申込んでみて下さいね!

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

人気の高い銀行カードローンのまとめ!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持てる返済負担がとても軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

みずほ銀行

みずほ銀行カードローンは、年率2.0%~14.0%という金利の安さで借りれる低金利の銀行カードローンとして人気があります。

みずほ銀行カードローンを契約すれば、みずほ銀行ATMの利用手数料が無料になる特典が付いてくるので、ATM手数料を節約したい方にも人気があります。

もしあなたがみずほ銀行の口座を持っているのなら、間違いなくみずほ銀行カードローンがおすすめですよ!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

-銀行カードローンの特徴

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2019 All Rights Reserved.