銀行カードローンの特徴

銀行カードローンの上手な使い方5選!メリットを生かした活用方法とは?

更新日:

銀行カードローンのおすすめの使い方はなんでしょうか?
まとまった資金を素早く借りたい時におすすめピヨ!

銀行カードローンのメリットとして「消費者金融よりも安い金利で、通常のローン審査よりも素早く借りれる」という特徴があります。

つまり、銀行カードローンのメリットを生かしたおすすめの使い方としては、主に以下のようなものが挙げれると言えます。

銀行カードローンの使い方!
  1. 生活資金の補填に使う!
  2. 他社金利の見直しに使う!
  3. いざという時に備えて!

これらの目的に沿って銀行カードローンを利用すれば、あなたも便利に銀行カードローンを使いこなしている状態と言えます。

今回は銀行カードローンの基本的な使い方やおすすめの使い方、利用する時の注意点などを中心に解説していくので、もしあなたが初めて銀行カードローンを使う時はぜひ参考にして下さいね!

ちなみに、もしあなたが銀行カードローンの審査申込の手順や流れなどを知りたいと思っている場合には、下の記事でそれぞれまとめてあるので、ぜひ参考にして下さい。

カードローンの審査の流れ

 

銀行カードローンの使い方の基本的なポイント!

まずは銀行カードローンの基本的な使い方を解説するピヨ!
実際に使ってみると、とてもシンプルで使いやすいんですね♪

銀行カードローンの審査に完了すると、担当オペレーターなどから審査通過の連絡を受け、その後、具体的なカードローンの発行方法の説明があります。

銀行カードローンの審査通過後の流れ
  • 審査通過の連絡がある
  • 郵送等でカード受取り
  • 提携ATMにカードを挿入
  • キャッシング完了!

基本的に銀行カードローンの審査通過後は、担当オペレーターの指示に従うだけでキャッシング手続きが完了するので、そこまで難しくはありません。

ただ、初めて銀行カードローンを利用する時は、キャッシング完了するまでの流れが分からず不安に感じることも多いかと思いますので、下にまとめたポイントを押さえておくと、スムーズにお金を借りれるかと思います。

 

ポイント①:カードの受取り方法は郵送か自動契約機!

point 1
受取方法は
郵送が基本

大手消費者金融の場合、どのカードローンを選んでも全国に自動契約機がありますが、銀行カードローンの場合は郵送でのカード受取りが基本となります。

主な銀行カードローンの受取り方法
三菱UFJ銀行 郵送・テレビ窓口
三井住友銀行 郵送・テレビ窓口・キャッシュカード一体型
みずほ銀行 郵送・キャッシュカード一体型
千葉銀行 郵送
愛媛銀行 郵送
福岡銀行 郵送

三菱UFJ銀行と三井住友銀行に関しては、各銀行内に設置された自動契約機を利用することで、審査通過後にカードローンを受け取ることができます。

また、三井住友銀行とみずほ銀行の口座を持っている人なら、手持ちのキャッシュカードにカードローン機能を加えた「キャッシュカード一体型」を選ぶことも可能です。

ですが、それ以外の銀行カードローンを選んだ場合には、郵送でのカード受取りが基本となるので、カードが自宅に到着するまでの間はキャッシングが実質的にできない点に注意が必要です。

ただし、カードローンが自宅に到着するまで待てない場合は、担当オペレーターに相談することで、銀行振込による振込キャッシングに対応してくれるケースが多いです。

そのため、もしあなたが少しでも急いでお金を借りたいと考えている場合には、一度担当オペレーターに相談してみるようにしましょう。

 

ポイント②:銀行カードローンの使い方はとてもシンプル!

point 1
使い方は
シンプル!

カードローンを受け取った後のキャッシング方法はとても簡単で、あなたの近くにある提携ATMにカードローンを挿入し、「お借入れ」もしくは「お引き出し」を選択すれば、あなたの希望限度額をキャッシングすることができます。

また、どのカードがどの提携ATMに対応しているのかは、各銀行カードローンによって異なるので、詳しくは下の表を参考にして下さい。

主な銀行カードローンの主な提携ATM
三菱UFJ銀行 三菱UFJ銀行ATM,ローソンATM,E-net,セブン銀行ATM
三井住友銀行 三井住友銀行ATM,ローソンATM,E-net,セブン銀行ATM
みずほ銀行 みずほ銀行ATM,ゆうちょ銀行ATM,ローソンATM,E-net,セブン銀行ATM
千葉銀行 千葉銀行ATM,ゆうちょ銀行ATM,イオン銀行ATM,ローソンATM,E-net,セブン銀行ATM
愛媛銀行 愛媛銀行ATM,ローソンATM,E-net,セブン銀行ATM
福岡銀行 福岡銀行ATM,ローソンATM,E-net,セブン銀行ATM

大手コンビニの提携ATMであれば、どこの銀行カードローンでも利用することができます。

その中でも、三菱UFJ銀行カードローンと三井住友銀行カードローンなら、提携ATMの利用手数料が無料になるサービスがついてあるので、少しでもATM手数料を節約したい時は、ぜひ活用しましょう。

他にもカードローンにはいくつかのキャッシング方法があるので、詳しくは下の記事を参考にして下さい。

具体的なキャッシング方法

 

ポイント③:銀行カードローンの返済方法は3種類!

point 1
返済方法は
大きく3通り

また、銀行カードローンの返済方法は「提携ATM・銀行振込・口座引落」の3つの方法の中から好きな返済方法を選ぶことができます。

主なカードローンの返済方法
提携ATM 提携ATMにカードローンを挿入し、決められた返済金額を入金する方法。カード会社によっては提携ATMの手数料が無料になったりする。一番オーソドックスな返済方法。
銀行振込 指定された日付までに、カード会社が指定した銀行口座に振込で返済する方法。特定のネットバンク等を利用すれば、振込時に掛かる振込手数料を無料にできる。
口座引落 毎月指定された日に、事前にしてした銀行口座からお金が自動で引落される返済方法。返済日が近づくたびに返済手続きをする必要がないため、返済の手間を減らしたい人におすすめ。

どの返済方法を選んでも問題ありませんが、もしあなたが初めて銀行カードローンを利用するのであれば、一番基本の返済方法となる「提携ATMからの返済」を選んでおくのがおすすめです。

提携ATMからの返済を選んでおけば、あなたの生活資金が苦しい時は最低返済額で返済しつつ、生活資金にゆとりが出た時は繰上返済をすることで、早期完済を目指していくことができるようになります。

また、三菱UFJ銀行のバンクイックなどは、提携ATMの手数料が無料になるので、繰上返済や都度返済を行う時も提携ATMの手数料を気にせず利用することができて、とてもおすすめですよ。

銀行カードローンの具体的な返済方法の手順や、返済に掛かる金額などについては下の記事を参考にして下さい。

カードローンの返済方法

 

銀行カードローンのメリットを生かしたおすすめの使い方3選!

銀行カードローンのメリットを生かした使い方はありますか?
今回はおすすめの使い方を3つ紹介するピヨ!

銀行カードローンの使い方は色々とありますが、ここでは銀行カードローンのメリットを生かしたおすすめの利用方法や活用方法を解説していきたいと思います。

おすすめの活用方法
  1. 生活資金の補填に!
  2. 金利の見直しに!
  3. いざという時に!

銀行カードローンは審査時間が早いだけでなく、金利が安いことや年会費無料で持ち続けられることなどがメリットとしてあるので、今回はこれら銀行カードローンのメリットを生かした使い方を紹介したいと思います。

 

使い方①:生活資金の補填に使う!

使い方 1
生活補填に
使うのが基本

まず銀行カードローンの基本的な使い方としてあるのが「生活資金の補填や一時的な立替に使う」といった方法です。

主な銀行カードローンの使い方

  • 足りない生活費の立替に
  • 飲み会や出張費用の立替に
  • 転職や就職活動の費用に
  • 子供の習い事費用に
  • ブライダル費用に
  • 歯の治療費に など

これらの費用の立替と銀行カードローンの利用はとても相性がよく、短い審査時間で素早くお金を借りることができます。

と言うのも、銀行カードローンなら一度審査に通過しておけば、限度額の範囲内で何度でも利用できるので、生活費のちょっとした補填などを審査なしで素早く借りれるのは大きなメリットと言えます。

また、銀行カードローンの金利は年率2.0%~14.5%ととても低金利で借りれるだけでなく、あなたが契約する限度額の大きさによって利下げされるので、ブライダル資金や歯の治療などまとまった資金が必要な時にもおすすめです。

そのため、銀行カードローンの使い方としては、こうした「今すぐ必要なお金を借りたい時に使う」のがおすすめな使い方の一つと言えます。

 

使い方②:他社金利の見直しに使う!

使い方 2
金利見直しに
おすすめ

銀行カードローンのおすすめの使い方としてもう一つあるのが「他社の金利を見直したい時に使う」という方法です。

主なローン商品の一般的な金利は?
銀行カードローン 年率2.0%~14.5%
消費者金融 年率3.0%~18.0%
クレジットカード 年率15.0%

もしあなたが消費者金融やクレジットカードなどからお金を借りている場合、銀行カードローンよりも金利が高いので、少しでも金利を安く抑えたい場合には銀行カードローンを選択するのがおすすめです。

また、応用的な利用方法として、銀行カードローンを利用した方が毎月の返済金額を安く抑えることができるので、毎月のランキングコストを下げたい場合にも銀行カードローンの活用はとてもおすすめです。

残高100万円以下の返済額比較表
10万円 20万円 30万円 40万円 50万円 60万円 70万円 80万円 90万円 100万円
三菱UFJ銀行※1 1,000円 2,000円 3,000円 4,000円 5,000円 6,000円 7,000円 8,000円 9,000円 10,000円
三井住友銀行 2,000円 4,000円 6,000円 8,000円 10,000円 11,000円 12,000円 13,000円 14,000円 15,000円
みずほ銀行 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円
千葉銀行 2,000円 4,000円 6,000円 8,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円
愛媛銀行 2,000円 2,000円 2,000円 5,000円 5,000円 15,000円 15,000円 15,000円 15,000円 15,000円
福岡銀行 2,000円 4,000円 6,000円 8,000円 10,000円 20,000円 20,000円 20,000円 20,000円 20,000円
SMBCモビット 4,000円 8,000円 11,000円 11,000円 13,000円 16,000円 18,000円 21,000円 23,000円 26,000円
プロミス 4,000円 8,000円 11,000円 11,000円 13,000円 16,000円 18,000円 21,000円 23,000円 26,000円
アイフル※2 5,000円 9,000円 13,000円 13,000円 15,000円 18,000円 21,000円 24,000円 27,000円 30,000円
ファーストプレミアム※3 5,000円 9,000円 13,000円 13,000円 15,000円 18,000円 21,000円 24,000円 27,000円 30,000円
ベルーナノーティス 4,000円 8,000円 12,000円 13,000円 14,000円 17,000円 20,000円 23,000円 26,000円 29,000円
※1…三菱UFJ銀行の返済額は年率8.1%以下のときのものです。
※2,3…アイフル、ファーストプレミアムカードローンの返済額は35日サイクル制を導入した時のものです。

上の表は、キャッシング残高が100万円までの毎月の返済金額ですが、銀行カードローンを選んだ方が平均的に毎月の返済金額は安くなる傾向にあるので、返済金額を押さえたい場合にはぜひ銀行カードローンを活用するようにしましょう。

 

使い方③:いざという時に備えて!

使い方 3
銀行なら
年会費無料

銀行カードローンは、年会費無料で利用することができるので、たとえお金が今すぐ必要でなかったとしても、いざという時に備えて一枚持っておくだけでもかなり安心感が変わると言えます。

緊急時に備えてよかった事例

  • 車の修理代金に使った
  • 家の修繕費用の立替に使った
  • 病院の入院費用に使った など

急な事故や災害などが発生した場合、たとえ自動車保険や火災保険に入っていたとしても、保険費用が振り込まれるまでの間は2カ月以上掛かることも珍しくありません。

つまり、あなたがどれだけ保険に入っていたとしても、その保険費用が振り込まれるまでの間は、あなた自身の生活費でやりくりする必要があるのです。

その点、銀行カードローンを1枚だけでも持っておけば、万が一事故や災害などで車の修理や入院費用が発生したとしても、保険金が振り込まれるまでの間の一時的な補填として使うことができるんです。

銀行カードローンなら一度審査に通過しておけば、限度額の範囲内であれば審査なしで即日キャッシングができるので、いざという時に備えた保険という意味で持っておく方法も賢い使い方の一つと言えます。

 

銀行カードローンの使い方にある問題点と注意点とは?

銀行カードローンの使い方の注意点などはあるんでしょうか?
いくつかの注意点をまとめたピヨ!

ここまでは銀行カードローンの基本的な使い方やおすすめの利用方法などを中心に解説して来ましたが、当然、銀行カードローンはメリットばかりではありません。

特に銀行カードローンを初めて使う場合は、次に紹介する3つの注意点はしっかりと意識して利用しないと、後から苦しい思いをするリスクが上がるので注意が必要です。

銀行カードローンの注意点とは?
  1. 借り過ぎに注意する
  2. 低金利の期待に注意
  3. 事業目的は使えない

これらの注意点をしっかりと守ることで、あなたも銀行カードローンをより安全・便利に利用することができるので、あなたが初めて銀行カードローンを利用する場合にこそ、しっかりとチェックして下さいね!

 

注意点①:過剰融資や借り過ぎに気を付ける

注意点 1
借り過ぎに
十分注意!

もしかしたら、あなたは当たり前すぎる話に感じるかもしれませんが、銀行カードローンを利用する場合は「借り過ぎ」には十分すぎるほど注意が必要です。

銀行カードローンの審査では、消費者金融と違い、あなたの年収に応じた限度額を自動的に設定してくれるので、あなたが思っているよりも高い限度額が設定されるケースがあります。

ですが、あなたが想定していた限度額よりも高い金額になってしまうと、つい借り過ぎてしまい、その結果、毎月の返済が苦しくなってしまうというケースは意外と多くあります。

そのため、あなたが銀行カードローンに審査を申込むときは、審査を申込む前から希望のキャッシング予算を決めておき、想定よりも高い限度額が提示されたときは、予算通りの枠に設定してもらうことも大切です。

借り過ぎを防ぐには?

  • 希望額を予め決めておく
  • 限度額をあえて減額させる
  • 予算以上の借入は絶対にしない

ただし、銀行カードローンの特徴として、限度額が高くなるほど金利が安くなる設定になっています。

そのため、もし出来る限り低金利でキャッシングをしたい場合は、高い限度額で審査に通しつつ、最初に決めたキャッシング予算以上のお金は絶対に借りないようにすることが大切です。

 

注意点②:低金利に過度な期待をしない

注意点 2
低金利に
過度な期待

「銀行カードローンは低金利だから安心」といった文言は、どこのサイトやブログでも言われていることですが、実際のところはどうなっているのか?

たしかに1万円を年率14.5%で借りた時の一日当たりの利息は約3.97円なので、1日あたりの利息としては安いと言えるかもしれません。

ですが、住宅ローンや自動車ローンの金利と比較すれば、銀行カードローンの金利というのは決して安い訳ではないことに気が付くはずです。

もちろん、使途自由で使えたり、審査が早い、年会費無料といった銀行カードローンならではの特徴もあることは事実です。

そのため、借り過ぎと金利に対する過度な期待を辞めれて、適切な金額と意識で銀行カードローンを利用することがとても大切です。

 

注意点③:事業目的には使えない

注意点 3
事業目的は
すべてNG!

銀行カードローンを利用する時に最も注意したいのが「事業目的での利用はすべてNGである」という点です。

銀行カードローンで禁止されている行為

  • 事業目的での利用
  • 換金性の高い商品の購入
  • 投資性・投機性の高い使い方
  • 自転車操業的な使い方
  • ギャンブル行為 など

これらの利用方法が発覚した場合には、たとえあなたの与信情報が良かったとしても、銀行カードローンの強制解約や一括返済が行われることになるので、絶対に辞めましょう。

特に事業目的での利用は自営業者や個人事業主は知らないうちにやってしまいがちなので、もし事業目的でカードローンを利用したい場合には、下の記事にまとめたカードローンの中から選ぶことをおすすめします。

事業目的に使えるカードローン

 

銀行カードローンの使い方でよくある質問

銀行カードローンの使い方でよくある質問をまとめたピヨ!
ここにない質問や疑問点などがあればお気軽にご連絡下さいね♪

最後に銀行カードローンの使いかでよくある質問や疑問点などをまとめました。

もしここにまとめきれていない項目で質問や疑問点などがありましたら、お気軽に質問フォームよりご連絡下さいませ。

 

質問①:提携ATM以外にカードローンを使ったらどうなりますか?

提携ATM以外にカードローンを使ったらどうなりますか?
「このカードは使えません」と表示されてカードが返ってくるピヨ!

もしあなたが提携外のATMに銀行カードローンを挿入した場合は、ATMの画面に「このカードはお取り扱いできません」といった表示がされて、カードが返却されます。

あくまで銀行カードローンは提携しているATMでしか使えないので、カードを利用する場合は、GoogleMAPなどで近くの提携ATMを探すようにしましょう。

ちなみに、大手コンビニである「ローソン・セブンイレブン・ファミリーマート」の3社であれば、ほぼ全ての銀行カードローンに対応しているので、近くに銀行ATMがない場合はコンビニを探してみて下さい。

 

質問②:借り換えやおまとめ目的での使い方は問題ありませんか?

借り換えやおまとめ目的での使い方は問題ありませんか?
各銀行カードローンによって判断が分かれるピヨ!

銀行カードローンは使途自由で借りることができるので、おまとめ目的や借換え目的での利用を考える人も少なくありません。

ですが、結論から言えば、おまとめ目的や借換え目的での利用は、各銀行カードローンによって判断が異なるため、一概には何とも言えません。

詳しくは、各銀行カードローンに審査を申込んだ時に「おまとめ目的での利用は可能か?」ということを確認してみるようにしましょう。

 

質問③:商品の仕入れなどに銀行カードローンを使ってはダメですか?

商品の仕入れなどに銀行カードローンを使ってはダメですか?
事業目的での利用がOKのカードローンを使うようにするピヨ!

今回の記事でも解説した通り、銀行カードローンは事業目的での利用がNGとなっていることが多いので、商品の仕入れなどにカードローンを使うのは利用規約違反となってしまいます。

この利用規約に違反した場合は、カードの強制解約や一括返済を迫られる場合もあるので、審査に通過した場合は必ずカードローンの利用規約に目を通しておくことをおすすめします。

また一部の貸金業者では、事業目的での利用を専門にしたカードローンもあるので、もしあなたが事業目的でカードローンを利用したい場合は、ビジネクストなどの法人・個人事業主専用のカードローンを選ぶようにしましょう。

ビジネクスト

 

三菱UFJ銀行カードローンなら色んな使い道があります!

三菱UFJ銀行カードローンなら色んな使い道ができるピヨ!
年会費無料で毎月の返済も安いから初めてでも安心ですね♪

銀行カードローンは、事業目的を除けば使途自由で使うことができるので、あなたの生活費の補填や金利の見直し、万が一に備えた保険的な使い方としても利用することができます。

中でも、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックを利用すれば、年会費無料で持てるだけでなく、月々返済額が1,000円から利用できるので、初めて銀行カードローンを考えているあなたにも安心して利用することができます。

バンクイックのメリット!
  1. 年会費が永久無料!
  2. 月々返済額が1,000円~
  3. 最短翌営業日に審査完了!
  4. 口座開設なしで審査OK!
  5. 土日祝も借りれる!

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、年率1.8%~14.6%という低金利で借りれるだけでなく、毎月の返済額が月1,000円から利用できるので、初めてお金を借りるあなたも安心して利用できると言えます。

また、審査時間も短く土日祝を含めた最短翌営業日には審査が完了するので、平日は仕事で忙しいあなたも落ち着いて審査を完了させられるのも嬉しいポイントです。

しかも、三菱UFJ銀行の口座を持っていない人でも、口座開設をしないままバンクイックの審査を最後まで完了させることができるので、これ以上銀行口座を増やしたくないあなたにもおすすめです。

もしあなたが少しでも安心・低金利で借りたい場合には、まずはバンクイックのお試し診断を利用して、あなたが今すぐキャッシングできるかどうかさっそく調べてみて下さい。

あなたもバンクイックを利用すれば、これまで誰にも話せなかったお金の悩みを、誰にも気づかれることなく素早く解決させることができるようになりますよ。

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

 

人気の高い銀行カードローンのまとめ!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持てる返済負担がとても軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

みずほ銀行

みずほ銀行カードローンは、年率2.0%~14.0%という金利の安さで借りれる低金利の銀行カードローンとして人気があります。

みずほ銀行カードローンを契約すれば、みずほ銀行ATMの利用手数料が無料になる特典が付いてくるので、ATM手数料を節約したい方にも人気があります。

もしあなたがみずほ銀行の口座を持っているのなら、間違いなくみずほ銀行カードローンがおすすめですよ!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

-銀行カードローンの特徴

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2019 All Rights Reserved.