銀行カードローンの特徴

銀行カードローンとは何か?銀行カードローンを活用する時のメリット・デメリットを解説!

投稿日:

銀行カードローンとは何なんでしょうか?
銀行が発行する審査の早いキャッシングサービスの事ピヨ!

銀行カードローンとは、簡単に言えば銀行が提供するカードタイプのキャッシングサービスのことで、通常の銀行審査よりも審査時間が短く、手続きが簡単なのが特徴です。

銀行カードローンとは?
  1. 来店不要で借りれる!
  2. 使途自由で借りれる!
  3. 秘密厳守で借りれる!

通常、銀行に何らかのローン審査を申込む場合は「来店⇒相談⇒書類提出⇒審査⇒手続き」といった手順を踏むことが多く、すべてのローン審査が完了するまでに2週間以上掛かることが多いです。

その点、銀行カードローンなら、審査時間は最短2営業日で完了するものが多く、必要書類も本人確認書類と収入証明書といった簡単な必要書類を提出するだけで審査が完了するので、素早くお金を借りたい時にとても便利です。

中でも、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら最短翌営業日に審査が完了し、土日祝でも審査が完了するので、今すぐお金を借りたいという時にとても便利でおすすめです。

三菱UFJ銀行のバンクイックなら、毎月の返済額が月1,000円から利用することができるので、もしあなたが初めてカードローンを利用する場合でも、安心して利用することができますよ。

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

銀行カードローンとその他キャッシングとの違いとは?

銀行カードローンと他のキャッシングにはどんな違いがあるんですか?
銀行カードローンと、他のキャッシングの違いをまとめたピヨ!

結論から言えば、銀行カードローンは、他のキャッシングサービスと比べて「低金利・使途自由・低返済額」の3つに大きな違いがあると言えます。

銀行カードローンの特徴!
  1. 金利が安くて安心!
  2. 使途自由で使える!
  3. 返済金額が安い!

銀行カードローンは、他の消費者金融やクレジットカードなどのキャッシングサービスと比較しても、毎月の金利や返済額が安いので、初めてキャッシングを考えているあなたにも安心して使うことができます。

また、事業目的を除いた使い方であれば、ほとんどの銀行カードローンでは使途自由で使えるので、生活費の補填はもちろん、教育資金や治療費などにも使うことができておすすめです。

今回は銀行カードローンとよく比較される、消費者金融・フリーローン・クレジットカードとの違いをそれぞれ解説したいと思います。

 

違い①:銀行カードローンと消費者金融との違いは?

違い 1
銀行なら
低金利!

銀行カードローンとよく比較されるものに「消費者金融」がありますが、銀行カードローンと消費者金融を比較した場合、主に下のような違いがあると言えます。

銀行と消費者金融の違い
銀行カードローン 消費者金融
金利 年率2.0%-14.5% 年率3.0%-18.0%
最低返済額 月2,000円~ 月4,000円~
審査時間 最短翌営業日 最短30分
審査対象 主に正社員 主にアルバイト
口座開設 必要 不要
在籍確認 原則電話のみ 書類確認も可
その他 専業主婦も可 無利息など

銀行カードローンの金利は年率2.0%~14.5%前後のものが多いのに対し、消費者金融の金利は年率3.0%~18.0%前後のものが多いです。

そのため、50万円以上のまとまった金額を借りたい時や、少しでも金利を安くしてお金を借りたい時は、銀行カードローンの方が便利と言えます。

ただし、消費者金融は金利が高い分、即日キャッシングやアプリローンなど、便利なキャッシングサービスが充実していので、急いでお金を借りたい時や便利に使いたい時は消費者金融のカードローンがおすすめです。

その他、銀行カードローンと消費者金融の違いについては、下の記事を参考にして下さい。

銀行カードローンと消費者金融の違い

 

違い②:銀行カードローンとフリーローンの違いは?

違い 2
銀行なら
手続きが早い

同じ銀行のローン商品の中にも、「フリーローン」や「多目的ローン」と呼ばれる、使途自由で使えるローン商品があります。

では、銀行カードローンとフリーローンにはどういった違いがるのかと言うと、「手続きの簡略性」と「繰り返し使えるか」という部分に大きな違いがあると言えます。

カードローンとフリーローンの違いとは?
カードローン フリーローン
利用用途 使途自由 使途自由
審査期間 最短即日 約2週間
手続き 簡単 やや面倒
契約体系 包括契約 個別契約

銀行カードローンもフリーローンもどちらも使途自由で利用することができますが、審査時間の速さや手続きの簡略さは銀行カードローンに軍配が上がります。

また、銀行カードローンは「包括契約」と呼ばれる「限度額の範囲内で繰り返し利用できる」という、一度審査に通過すれば繰り返し何度でも使えるという利便性の高さがあります。

それに対し、フリーローンは「個別契約」なので「追加の融資が必要となる度に審査が必要」という、利用目的などに制限が多いのが難点と言えます。

そのため、生活費の補填目的などでお金を借りたい場合には、銀行カードローンを選ぶ人がとても多い傾向にあります。

もちろん、フリーローンを選んだ方が良いケースもあるので、詳しくは下にまとめた「カードローンとフリーローンの違い」を参考にして下さい。

カードローンとフリーローンの違い

 

違い③:銀行カードローンとクレジットカードの違いは?

違い 3
銀行なら
低返済額

あなたが契約しているクレジットカードによっては、キャッシング枠が付帯したクレジットカードを持っているかと思います。

では、銀行カードローンとクレジットカードを比較した場合にはどういった違いがあるのでしょうか?

銀行カードローンとクレジットカードの違い
カードローン クレジットカード
金利 年率2.0%~14.5% 年率15.0%
返済方法 分割払い 一括払い
返済額 月々1,000円~ 残高で異なる

銀行カードローンでキャッシングをした場合は、あなたのキャッシング残高に応じて返済金額が決定される「残高スライド方式」と呼ばれる返済方式が採用されることが多く、基本的には分割払いで返済行っていきます。

それに対しクレジットカードでキャッシングをすると、原則一括払い(分割払いやリボ払いも可)になるため、銀行カードローンで借りた時よりも毎月の返済が苦しくなりやすいです。

そのため、あなたが毎月の返済を少しでも軽く済ませたいと考えているのなら、クレジットカードよりも銀行カードローンの方がおすすめと言えます。

ただ、海外旅行などで現金が足りなくなった時は、クレジットカードなら現地通貨でキャッシングができるので、あなたの利用場面や状況に応じたキャッシング方法を選ぶようにしましょう。

カードローンとクレジットカードの違い

 

銀行カードローンを利用することのメリットとは?

銀行カードローンを利用するメリットって何でしょうか?
素早い審査かつ低金利でお金を借りれるメリットがあるピヨ!

銀行カードローンのメリットは、あなたがどのキャッシングサービスと比較しているかによって大きく分かれると言えます。

ですが、一般的な比較対象である「銀行ローン・消費者金融」と比較した場合、銀行カードローンによるキャッシングのメリットは、以下のような点が挙げられます。

銀行カードローンのメリット
  1. 審査が早い
  2. 低金利で使える
  3. 返済額が安い

銀行カードローンは、住宅ローンや自動車ローンのように圧倒的に金利が安い訳ではないですし、消費者金融のように最短30分で審査が完了するようなスピードはありません。

ですが、住宅ローンや自動車ローンよりも使い道に自由度があり審査が素早く完了し、消費者金融よりも低金利かつ安全にお金を借りれるメリットがあります。

つまり、銀行カードローンとは「総合的なバランスに優れたキャッシングサービス」と言うことができると思います。

 

メリット①:通常の銀行ローンよりも審査が早い!

メリット 1
ローン審査より
審査が早い

銀行が扱っているその他のローン商品(住宅ローンや自動車ローン)と比べると、銀行カードローンの金利は決して安くはありません。

ですが、審査完了までのスピードや手続きの簡略さ、利用範囲の自由度の高さなどにおいては、他のどの銀行ローン商品よりも群を抜いて際立っていると言えます。

銀行カードローンなら

  • 来店不要で借りれる
  • 手続きがWEB入力で簡単
  • 必要書類が少ない
  • 最短翌営業日で審査完了!

通常のローン商品なら、審査を申込む前に銀行窓口でローン商品の相談に1時間~2時間ほど時間をかけた上に、必要書類の作成や提出に何度も銀行に足を運ぶ必要があるので、かなり面倒です。

その点、銀行カードローンならWEB上ですべての審査申し込みが完了するので、あなたが日本全国どこにいても来店不要で審査を完了させることができます。

しかも、審査に必要な書類は運転免許証などの本人確認書類と収入証明書の2点で済むので、他の銀行ローン商品と比べても圧倒的に必要書類が少なく手続きが簡単です。

審査時間も、三菱UFJ銀行のバンクイックなどであれば、最短翌営業日に審査が完了するので、あなたが急いでお金を借りたい場合や来店不要で借りたい場合には、ぜひ銀行カードローンを利用しましょう。

銀行カードローンはこんな人におすすめ①

  • 来店不要で借りたい人
  • 面倒な手続きをしたくない人
  • できるだけ早く借りたい人 など

ちなみに、銀行カードローンは即日融資や土日キャッシングに弱いので、もしあなたが今すぐお金を借りたいと考えているのであれば、下にまとめた即日キャッシングOKのカードローンを利用することをおすすめします。

審査の早いカードローン

 

メリット②:消費者金融よりも金利が安い!

メリット 2
銀行なら
低金利!

銀行カードローンの場合、年率2.0%~14.5%前後で借りることができるため、一般的な大手消費者金融の年率3.0%~18.0%の金利相場よりも安い金利で借りることができます。

主なカードローンの金利比較表
100万円未満 100万円 200万円 300万円 400万円 500万円 600万円 700万円 800万円 900万円 1,000万円
三菱UFJ銀行 年13.6%-14.6% 年13.6%-14.6% 年10.6%-13.6% 年7.6%-10.6% 年6.1%-7.6% 年1.8%-6.1%
三井住友銀行 年12.0%~14.5% 年12.0%~14.5% 年10.0%~12.0% 年8.0%~10.0% 年7.0%~8.0% 年6.0%~7.0% 年5.0%~6.0% 年4.5%~5.0% 年4.0%~4.5%
みずほ銀行 年14.0% 年12.0% 年9.0% 年7.0% 年6.0% 年5.0% 年4.5% 年4.5% 年2.0%
千葉銀行 年14.8% 年9.0%-12.0% 年9.0%-12.0% 年6.0%-12.0% 年5.5% 年4.3% 年4.0% 年3.5% 年1.7%
愛媛銀行 年14.6% 年14.6% 年13.0% 年10.8% 年8.8% 年5.0% 年4.4% 年4.4% 年4.4%
福岡銀行 年14.5% 年14.5% 年12.0% 年10.0% 年8.0% 年7.0% 年6.0% 年5.0% 年4.0% 年3.0% 年3.0%

特にカードローンの多くは、あなたが契約する限度額の高さに応じて低くなる傾向があるため、上限金利が安い銀行カードローンを契約した方が、毎月発生する利息は安く抑えやすくなります。

そのため、あなたが少しでも利息を安くしたい場合やまとまった資金が必要な場合においては、銀行カードローンからキャッシングするのはとても良い方法と言えます。

銀行カードローンはこんな人におすすめ②

  • 金利を少しでも安くしたい人
  • まとまったお金を借りたい人 など

基本的にどの銀行カードローンを選んでも低金利で利用することができますが、より金利の安いカードローンを探したい場合は、下の記事を参考にして下さい。

低金利のカードローン

 

メリット③:毎月の返済金額が安い!

メリット 3
銀行なら
低返済額

銀行カードローンを利用する3つの目のメリットとして「毎月の返済金額を安く抑えることができる」というのがあります。

一般的に、カードローンの毎月の返済額は前月の利用残高に応じて決定される仕組みになっていることが多く、消費者金融よりも銀行カードローンの方が毎月の返済金額は安く設定されている傾向が多いです。

残高100万円以下の返済額比較表
10万円 20万円 30万円 40万円 50万円 60万円 70万円 80万円 90万円 100万円
三菱UFJ銀行※1 1,000円 2,000円 3,000円 4,000円 5,000円 6,000円 7,000円 8,000円 9,000円 10,000円
三井住友銀行 2,000円 4,000円 6,000円 8,000円 10,000円 11,000円 12,000円 13,000円 14,000円 15,000円
みずほ銀行 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円
SMBCモビット 4,000円 8,000円 11,000円 11,000円 13,000円 16,000円 18,000円 21,000円 23,000円 26,000円
プロミス 4,000円 8,000円 11,000円 11,000円 13,000円 16,000円 18,000円 21,000円 23,000円 26,000円
アイフル※2 5,000円 9,000円 13,000円 13,000円 15,000円 18,000円 21,000円 24,000円 27,000円 30,000円
※1…三菱UFJ銀行の返済額は年率8.1%以下のときのものです。
※2,3…アイフル、ファーストプレミアムカードローンの返済額は35日サイクル制を導入した時のものです。

そのため、もしあなたが毎月の返済金額を少しでも安く抑えたいと考えているのであれば、銀行カードローンを利用した方が毎月の返済負担は軽くなります。

ただし、毎月の返済金額が安くなるほど、完済までの支払い回数が増えるため、最終的な総支払額は高くなりやすいので注意が必要です。

もしあなたが少しでも完済時の総支払額(利息)を節約したいと考えているのであれば、なるべく早い段階で繰上返済を行うようにしましょう。

銀行カードローンがおすすめな人③

  • 毎月の返済を安く抑えたい人
  • 長期返済でも問題がない人
  • 繰上返済を考えられる人 など

カードローンの返済金額や繰上返済のメリットなどについては、下の記事を参考にして下さい。

カードローンの返済方法

 

銀行カードローンを利用する時の注意点とは?

銀行カードローンを利用する時は次の3つに注意が必要ピヨ!
銀行カードローンもメリットだけではないんですね。

もちろん、銀行カードローンはメリットばかりではなく、いくつか注意すべきデメリットの部分もあります。

銀行カードローンを利用する時は、「借り過ぎない」や「計画的に使う」と言った当たり前の注意点だけでなく、次に紹介する3つの部分にも注意が必要です。

銀行カードローンの注意点は?
  1. 審査結果は翌日以降!
  2. 電話確認が発生する!
  3. 限度額は少額に!

今紹介したこれらの3つの注意点を守って利用するだけでも、銀行カードローンをより安全に利用できるようになるので、審査を申込む前にあなたもぜひチェックをして下さいね。

 

注意点①:審査結果は早くても翌営業日以降!

注意点 1
審査結果は
翌営業日以降

銀行カードローンを利用する時にまず注意して欲しいのが「審査結果の連絡は早くても翌営業日以降になる」という点です。

主なカードローンの審査時間
審査時間 審査受付時間 ワンポイント解説
三菱UFJ銀行 最短翌営業日 平日9:00~21:00 土曜祝日は10:00~20:00、日曜は10:00~19:00
三井住友銀行 最短翌営業日 9:00~21:00 土日祝も審査可能
みずほ銀行 約2週間 平日9:00~20:00 みずほ銀行の口座があれば最短2営業日で融資可能
SMBCモビット 最短30分 9:00~21:00 WEB完結申込で電話確認なし。来店不要、土日祝も即日融資OK!
プロミス 最短30分 9:00~21:00 最大30日間まで無利息。2000円分のプリカが貰えるなど
アイフル 最短30分 9:00~21:00 全国に自動契約機あり、最大30日間まで無利息キャッシング可能。

三菱UFJ銀行カードローンや三井住友銀行カードローンなど、大手の銀行カードローンであれば(土日祝を含んだ)最短翌営業日には審査を完了させることができます。

しかし、その他の銀行カードローンなどになると、審査完了まで最短2営業日以上掛かったり、土日祝の審査に対応していないなど、審査に時間が掛かりやすいので注意が必要です。

 

注意点②:勤務先への電話確認が発生する!

注意点 2
銀行審査は
在籍確認あり

銀行カードローンに審査を申込むときに注意したいのが、「在籍確認」と呼ばれる勤務先への電話確認が発生する点です。

在籍確認とは?
申告した勤務先にあなたが本当に働いているかを確認する手続き。基本的には勤務先に直接電話確認を行うことが多い。

この在籍確認の電話は、消費者金融なら事前に相談することで電話確認を書類確認に変更することができます。

ですが、銀行カードローンの場合、原則一度は在籍確認の電話が行われることになるので、電話確認を避けたい場合は消費者金融のカードローンをも申込むことをおすすめします。

ちなみに、審査内容や条件次第では、銀行カードローンでも在籍確認がなしになるケースも報告がありますが、確実に在籍確認の電話を避けたい場合はやはり消費者金融系のカードローンがおすすめです。

在籍確認の電話をなしにするための具体的な方法や手順などについては、下の記事を参考にして下さい。

在籍確認なしのカードローン

 

注意点③:長期利用の時ほど限度額は少額に!

注意点 3
限度額は
少額に!

銀行カードローンを利用する時の3つ目の注意点として「長期利用を考えているときほど、限度額は少額にする」というのがあります。

先の項目で「銀行カードローンのメリットは毎月の返済額が安いこと」と紹介しましたが、これは裏を変えせば「完済までの期間が長期化しやすい」と言うこともできます。

そのため、もしあなたが少しでも完済までの期間を短くしたいと考えているのであれば、希望限度額を少額にするなどして借り過ぎない工夫をしておくことが大切です。

限度額を少額にするメリット!

  • 借り過ぎを予防できる!
  • 返済期間が長期化しにくい!
  • 審査通過率をアップできる!

銀行カードローンによっては審査申込時に希望限度額を設定することができるので、もし可能であれば初回審査時の限度額は10万円~30万円くらいのすぐに返済可能な金額にしておくことをおすすめします。

というのも、カードローンの初回審査は厳しい傾向にあるため、希望限度額を少額にしておいた方が、審査に通りやすい状態を作りやすいためです。

これについては、下の記事にも詳細な理由を書いてあるので、ぜひ参考にして下さい。

カードローンと限度額

 

銀行カードローンでよくある質問

銀行カードローンでよくある質問をまとめたピヨ!
ここにない質問や疑問点などがあればお気軽にご連絡下さいね♪

最後に、銀行カードローンについてよくある質問をまとめました。

もしここにまとめ切れていない質問や疑問点などがありましたら、お気軽に質問フォームよりご連絡下さいませ。

 

質問①:銀行カードローンの審査は厳しいんでしょうか?

銀行カードローンの審査は厳しいんでしょうか?
安定した収入のある社会人なら問題なく通るケースが多いピヨ!

銀行カードローンの審査は、住宅ローンや自動車ローンと比べると、そこまで審査が厳しい訳ではありません。

そして審査の手続きに関しても、WEB申込で完結したり提出すべき必要書類の数が少ないので、手続き面でも簡単なローン商品と言えます。

また、肝心な審査の難易度についても、安定した収入のある社会人であれば、大抵の場合は問題なく審査に通るので過度に不安に思う必要はありません。

カードローンの審査項目!
年齢 満20歳以上69歳以下であること。(一部例外あり)
年収 目安として、銀行系は200万円以上、消費者金融は100万円以上
勤務先 一般的に「上場企業 > 大企業 > 中小企業 > 零細企業 > 個人事業主・自営業」の順番。
雇用区分 「会社員・公務員 > 契約・派遣社員 > パート・アルバイト」の順番
勤続年数 目安として1年以上の勤務実績があれば安心
過去の返済実績 過去2年間の間に目立った滞納や延滞がなければOK
現在の借入額 クレジットカードなどの残高合計が少ないほど有利
希望の限度額 初回は20万円以下に設定するのがおすすめ
住所区分 「持ち家 > 官舎・社宅 > 賃貸 > 公団住宅」の順番
家族構成 一般的に「妻子持ち > 家族と同居 > 独身」の順番

これらの項目をより良い条件でクリアしていれば、あなたも銀行カードローンの審査に通る見込みがかなり高いと言えます。

大切なことは、これらの条件をすべて満たしていなくても、銀行カードローンは総合的に判断を行ってくれるという点です。

具体的な銀行カードローンの審査基準については、下の記事で詳しく解説してあるので、ぜひ参考にして下さい。

銀行カードローンの審査基準

 

質問②:専業主婦は銀行と消費者金融のどちらがおすすめですか?

専業主婦は銀行と消費者金融のどちらがおすすめですか?
どちらかではなく、専業主婦OKのカードローンを探すことが大切ピヨ!

もしあなたが専業主婦の場合は「銀行カードローンか消費者金融のどちらかを選ぶのか?」ではなく「専業主婦OKのカードローンを探す」ことを重視しすることが大切です。

基本的にカードローンの審査は「安定した収入のある社会人」を対象としているので、配偶者の収入だけが頼りになる専業主婦の場合は、基本的にはカードローンの審査には通りません。

ですが、例外的に一部のカードローンでは、配偶者に安定収入があることを条件に専業主婦にもカードローンを発行しているケースがあります。

具体的には、愛媛銀行カードローンとベルーナノーティスの2社になるので、詳細な情報は下をチェックして下さい。

専業主婦OKのカードローン

 

質問③:銀行カードローンはどうやって利用するんでしょうか?

銀行カードローンはどうやって利用するんでしょうか?
カードを郵送で受け取った後に、提携ATMに挿入すれば使えるピヨ!

銀行カードローンの審査に通過した後は、銀行から郵送でカードローンが届けられます。

また、自宅に届くまで待てない場合は、銀行振込によるキャッシングに対応してくれる銀行も多いので、一度相談してみましょう。

審査通過後のキャッシング方法は?

  • 郵送でカードが届くのを待つ!
  • 銀行振込でキャッシングする!
  • カード到着後は提携ATMで使える!

ちなみに、銀行カードローンの中でも、三菱UFJ銀行と三井住友銀行の2社に関しては、審査通過後に銀行内にある自動契約機を使えば、それぞれのカードローンを受け取ることも可能です。

そのため、もしあなたが審査通過後に少しでも早くカードローンを受け取りたい場合には、ぜひ自動契約機のある三菱UFJ銀行カードローンか三井住友銀行カードローンを利用することをおすすめします。

キャッシング方法

 

銀行カードローンで迷った時は、バンクイックがおすすめ!

銀行カードローン選びで迷った時は三菱UFJ銀行がおすすめピヨ!
審査時間も短いし、返済金額も安いから安心ですね♪

もしあなたが初めてキャッシングを考えていて、どの銀行カードローンを選んでいいのか迷っているのなら、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックがとてもおすすめです。

バンクイックのメリット
  1. 土日祝でも審査OK!
  2. 最短翌営業日に審査完了!
  3. テレビ窓口でカード発行!
  4. 返済額が月々1,000円~!
  5. 提携ATMの手数料が0円!

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、他の銀行カードローンとは違って、最短翌営業日に審査が完了し、土日祝でも審査に対応してくれるので、平日は仕事で忙しいあなたも安心して審査を申込むことができます。

また、審査完了後は全国の三菱UFJ銀行にある「テレビ窓口」を利用すれば、その場でバンクイックカードを受け取ることができるので、郵送でのカード受取りが待てない人にもおすすめです。

他にも、バンクイックなら毎月の返済金額が月々1,000円から利用できる点や、提携ATMの利用手数料が0円になるなど、他のカードローンと比べても安く利用できるので安心感が違います。

そのため、もしあなたが初めてカードローンを利用する時に、少しでも安心・安全にお金を借りたいと考えているのなら、審査時間が早く毎月の返済金額も安い三菱UFJ銀行のバンクイックがとてもおすすめです。

まずはバンクイックのお試し診断を利用して、あなたが今すぐバンクイックの審査に通過できるか早速調べてみましょう!

あなたもバンクイックを利用すれば、誰にも相談できずに困っていたお金の問題を今すぐ解決することができるようになりますよ。

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

人気の高い銀行カードローンのまとめ!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持てる返済負担がとても軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

みずほ銀行

みずほ銀行カードローンは、年率2.0%~14.0%という金利の安さで借りれる低金利の銀行カードローンとして人気があります。

みずほ銀行カードローンを契約すれば、みずほ銀行ATMの利用手数料が無料になる特典が付いてくるので、ATM手数料を節約したい方にも人気があります。

もしあなたがみずほ銀行の口座を持っているのなら、間違いなくみずほ銀行カードローンがおすすめですよ!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

-銀行カードローンの特徴

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2019 All Rights Reserved.