カードローンの審査基準

カードローンの仮審査と本審査の違い!審査で大切なのは仮審査だった!

投稿日:

カードローンの仮審査と本審査の違いって何があるんですか?
仮審査はスコアリング判定、本審査は書類確認のケースが多いピヨ!

カードローン審査における仮審査と本審査の違いは、端的に言えば「仮審査で融資の簡易判定」を行い、「本審査で書類等での申込内容の確認」を行うという、審査の手続き内容や目的に違いがあると言えます。

カードローンの仮審査と本審査の違いとは?
仮審査 本審査
  • 入力内容の情報を元に審査
  • 審査はスコアリング判定で行われる
  • 一般的に言われる審査基準はコレ
  • 具体的な限度額の決定
  • 提出書類の確認を行う
  • 在籍確認の電話なども行う

通常、カードローンに審査を申込むと、申込内容を元に仮審査を行い、仮審査に通過した人だけを対象に、提出書類等の確認作業で申込み内容に嘘がないかを確認する本審査が行われます。

また、カードローン審査を仮審査と本審査の2段階に分かれる理由として、審査時間の短縮や、より精度の高い審査結果を出すことなどが主な目的としてあります。

ただ、結論から言えば、あなたがカードローン審査に通過したいのであれば、まずは仮審査に通るための準備や対策を徹底して行うことが一番大切と言えます。

今回はカードローンの仮審査と本審査の違いを解説しつつ、あなたがより確実にカードローン審査に通るための対策について解説していくので、お金を借りたいあなたはしっかりと読み進めて行って下さいね!

 

カードローン審査の基本の流れは「仮審査」と「本審査」

カードローンの審査は「仮審査」の後に「本審査」がおこなわれるピヨ!
どの申込方法を選んでも、基本は同じなんですね。

カードローンの審査申込の方法はWEB・電話・自動契約機など色々な方法がありますが、審査の基本的な流れはどこのカードローンでも同じだと思って下さい。

カードローン審査の基本的な流れ
  • 審査の申込み
  • 仮審査
  • 本人確認の連絡
  • 本審査
  • 審査結果の連絡
  • キャッシング開始

審査の申込方法やカード会社などによって多少の違いはあるものの、基本的には上のような流れでカードローン審査が進んでいくことが多いです。

基本的にカードローン審査では、申込内容の情報を元にして仮審査を行い、仮審査に通過した人を対象に本審査を行うので、カードローン審査に通りたい場合はまず仮審査の対策をきちんと行うことが大切です。

特に最近のカードローン審査は、仮審査に通過すれば本審査も問題なく通過する傾向がとても強いです。

そのため、もしあなたが少しでも確実にカードローン審査に通過してキャッシングしたい場合は、次に紹介する仮審査と本審査の対策の中でも、特に仮審査の対策に力を入れるようにして下さいね。

あなたが申込むカードローンによっては、仮審査の前に本人確認の電話を行ったり、本審査が完了するまで本人確認の電話が掛かってこないタイプもあります。

ただ、どのカードローンに申し込んだとしても、必ず仮審査と本審査の2つのステップに分かれていることは間違いないので、今から解説するそれぞれの審査対策にきちんと力を入れておくと、あなたも今すぐキャッシングできる確率が高くなると言えます。

また、カードローン審査の詳しい流れなどについては、下の記事を参考にして下さい。

カードローンの審査の流れ

 

カードローンの仮審査と本審査で行う対策は?

カードローンの仮審査と本審査ではどんな点に注意すればいいですか?
仮審査は「入力内容」、本審査は「在籍確認」がポイントになるピヨ!

もしあなたがカードローンの審査に通りたいと考えているのなら、仮審査では「入力内容」と「返済実績」、本審査では「書類確認」と「在籍確認」に注意しておくと、審査に通りやすい状況を作ることができます。

仮審査と本審査の審査対策は?
仮審査 本審査
審査内容 スコアリング判定 書類等による確認作業
落ちる原因 滞納や延滞など 書類不備など
審査対策 返済履歴をキレイにする 仮審査で正直な申告をする

やや乱暴な比較表ではありますが、基本的な傾向をザックリとまとめると、仮審査と本審査で行われる内容の違いは上のような形でまとめることができます。

仮審査では、審査を申込んだ内容を元に融資可能かどうかを判断し、本審査では、仮審査の内容に嘘がないかを確かめる確認作業が中心となります。

そのため、仮審査の段階で嘘をついていなければ、本審査は問題なく通ることができるので、まずは仮審査に通るための対策をきちんと行うことが大切となります。

仮審査でも本審査でも「正直な申告」がとても大切ですが、同じ正直な申告でも「審査に通りやすい申告」と「通りにくい申告」があります。

そこで今回は正直な申告を守りつつ、審査に通りやすい申込方法を仮審査と本審査の2つのステップで解説していきたいと思います。

 

仮審査での審査対策は「入力内容」と「返済実績」

仮審査ではどんな事に注意すればいいですか?
「審査項目・返済履歴・限度額」の3つに注意するピヨ!

カードローンの仮審査は、WEB申込などの入力内容の情報を元にして融資可能かどうか判断を行います。

この時、仮審査での主な審査対策としては「審査項目・返済履歴・限度額」の3つに注意しておくと、仮審査に通りやすい状態を作ることができます。

仮審査の審査ポイントは?
  1. 重要項目を知っておく!
  2. 滞納や延滞に注意する!
  3. 限度額は少額に!

これら3つのポイントを押さえておくと、あなたも仮審査に通りやすい状態を作ることができます。

特に仮審査では、返済履歴で目立った滞納や延滞があると審査が一気に厳しくなるので、少なくとも直近の3カ月は目立った滞納や延滞がない状態にしておくことが重要と言えます。

 

仮審査では「重要な審査項目」を知っておく
仮審査 1
重要項目は
限られている

カードローンの審査を申込むと、氏名・住所・年齢・年収・勤務先と色々な情報を入力していくことになりますが、申告方法を間違えると、審査落ちに直結する項目がいくつかあります。

仮審査で重要な審査項目は?
年齢 カード会社が規定する年齢(主には満20歳以上満69歳以下)を満たしていること
年収 消費者金融なら年収100万円、銀行カードローンなら年収200万円以上が理想的
限度額 今ある税込年収の3分の1以下の限度額にする。理想は30万円以下がおすすめ。
返済実績 過去2年間で目立った滞納や延滞がないこと。
借入状況 住宅ローンなどを除く借金(他社カードローンやクレジットカードのリボ残高等)が年収の3分の1以下であること
勤続年数 理想は勤務してから1年以上経っていること。(状況により、半年未満でもOKなケースもある)
勤務先 東証一部上場企業など大手企業や官公庁に勤める人ほど審査が有利
雇用区分 一般的に「正社員・公務員 > 契約・派遣社員 > パート・アルバイト > 自営業・個人事業主」の順で評価される

あなたが申し込むカードローンにもよりますが、基本的に今紹介した8つの項目を中心にしてカードローンの仮審査が行われます。

この時、特に重要なのが「年収・返済実績・他社借入」の3つで、あなたがカード会社が満たす基準年収を持っていて、返済履歴で滞納や延滞もなく、他社からの借入が少ないのであれば、カードローンの仮審査は問題なく通ると言えます。

逆にこれらの項目が多少悪くても、大手企業に正社員として勤めていたり、限度額を少額設定にするなどの対策を行えば、仮審査に通過する可能性は十分あります。

また、審査に通りたい一心で嘘をついても、本審査の時に書類提出が必要となるので、正直な申告を心がけることが最も大切です。

仮審査における重要な審査基準や審査項目における対策などについては、下の記事で詳しく解説してあるので、ぜひ参考にして下さい。

カードローンの審査基準

 

仮審査に落ちる人は「滞納や延滞」傾向が強い
仮審査 2
仮審査は
返済が重要

カードローンの仮審査の審査に落ちる人の傾向として、返済履歴や借入状況などに問題があるケースがとても多いです。

仮審査に落ちる人の傾向は?

  • 返済履歴で滞納や延滞がある
  • 他社からの借入額が大きい
  • 短期間で審査を申込み過ぎている

これらの傾向に当てはまる場合、どのカードローンでも仮審査に通りずらい状況にあると言えます。

逆に言えば、他社の返済履歴で目立った滞納や延滞がなく、他社からの借入額が少なければ、カードローンの仮審査に通る見込みが一気に高まります。

その他、カードローンの仮審査に落ちる原因は色々とあるので、審査に落ちる原因をより深く知りたいのであれば、下の記事を参考にして下さい。

カードローンの審査落ちの原因

 

仮審査に通るためには「限度額」を少額に!
仮審査 3
希望限度額を
少額に抑える

カードローンの仮審査では、入力した審査項目の内容だけでなく、審査を申込んだ時点での返済履歴や借入状況なども強く影響を与えます。

特にカードローンは総量規制と呼ばれる「年収の3分の1以上の借入ができないキャッシングサービス」となっているため、他社からの借入額が大きい人は特に注意が必要です。

総量規制の対象となる項目

  • 他社カードローンの限度額
  • クレジットカードのリボ残高
  • 携帯の本体代金の分割残高
  • 信販会社の分割残高 など

これらの借入項目の合計金額が年収の3分の1を超えると、総量規制の対象となり、新規のカードローン審査に通らなくなるので注意が必要です。

そこでおすすめしたいのが、カードローン審査を申込むときは限度額を少額設定にして審査を申込むという方法です。

というのも、限度額を30万円以下の少額設定にして審査を申込めば、審査時間が短くなるだけでなく、他社から多少の借入残高がある状態でも審査に通りやすくなるためです。

また、カードローンなら審査に通過してからでも、限度額の増額審査を申込めるので、まずは今すぐ必要な金額だけを増額審査で申込んでおき、後から本当に必要な金額を増額審査で借りることも可能です。

カードローンの増額審査の対策や詳細などについては、下の記事を参考にして下さい。

カードローンの増額審査

 

本審査での審査対策は「書類確認」と「在籍確認」

カードローンの本審査では、確認作業が中心となるピヨ!
仮審査に通過していれば、本審査はそこまで怖がる必要はないんですね♪

カードローンの本審査の場合、仮審査の時とは違って、具体的な審査対策といったものはありません。

あくまで、仮審査で申込みをした内容に嘘や誤りがないかを確認するためのものなので、仮審査を問題なく通過しているのであれば、本審査で落ちることはまずありません。

本審査の審査ポイントは?
  1. 内容確認が中心
  2. 仮審査での嘘はバレる
  3. 在籍確認は相談できる

大抵の場合、仮審査に通過した時点でカード会社から本人確認の連絡があり、本人確認の電話と必要書類の提出が完了したタイミングで本審査の手続きが始まることになります。

提出した書類内容とWEB申込の内容に大きな違いがなければ、カードローンの本審査も無事に完了するので、次に紹介するポイントを参考にしつつ、よい審査結果が届くのを待ちましょう。

 

本審査では「内容証明」の確認作業が中心
本審査 1
本審査は
内容確認だけ

カードローンの本審査では、仮審査で申込んだ内容に嘘や間違いがないかを確認することが中心となるため、本人確認の電話で言われた必要書類を提出することが主な審査の内容となります。

主なカードローンの必要書類
本人確認書類 運転免許証,パスポート,健康保険証など
収入証明書 給与明細,源泉徴収票,納税証明書,確定申告書など

収入証明書については、希望限度額が50万円以下かつ他社からの借入合計額が100万円以下の場合なら、カード会社によって収入証明書なしで審査に通るケースもあります。

ただし、本人確認書類については、どのカードローン審査でも必ず必要となるので、審査を申込むときに必ず有効期限内の運転免許証などを手元に用意しておくようにしましょう。

逆に言えば、限度額を50万円以下にして審査を申込めば、運転免許証の提出だけでキャッシングできる手軽さが、カードローンでキャッシングするメリットだと言えます。

また、各カードローン審査での有効な必要書類の一覧表や、必要書類を提出する時のポイントや注意点などについては、下の記事で詳しく解説してあるので、ぜひ参考にして下さい。

カードローンの必要書類

 

本審査に落ちる人は「仮審査での嘘」がバレた時
本審査 2
嘘がバレると
審査に落ちる

通常、仮審査に通過したのであれば、余程の事情がない限り、カードローンの本審査で落ちることはありません。

ですが、例外的なケースとして、以下の事例に当てはまる場合には、カードローンの本審査に落ちる可能性が高まるので注意が必要です。

本審査に落ちる原因は?

  • 仮審査での嘘がバレた時
  • 必要書類の提出ができなかった時
  • 在籍確認ができなかった時

これらの場合は、カードローンの仮審査に通過していたとしても、本審査の段階で落とされてしまいます。

ただ「正直な審査・必要書類の提出・在籍確認の完了」という、当たり前のことができれば、本審査で落ちることはまずないので、過度に心配する必要はありません。

むしろ仮審査に通るための準備や対策をきちんと行っておけば、本審査は自動的に審査に通るので、自信を持って審査を申込むようにしましょう。

 

本審査に通るためには「在籍確認」が取れる状態に
本審査 3
在籍確認が
一番大事

カードローンの本審査において、一番大切なことは「勤務先への在籍確認が取れること」で間違いありません。

在籍確認のポイント!

  • 基本は電話確認で行わわれる
  • 電話確認を避けれることもある
  • 希望がある時は事前に相談する

在籍確認とは、あなたが申告した勤務先住所に本当に働いているかを確認する手続きのことで、基本的に勤務先の連絡先にカード会社から電話で確認することになります。

ただ、もしあなたが勤務先への電話確認を少しでも避けたいと考えているのであれば、事前に電話で相談することで勤務先への電話確認を書類確認などに変更することも可能です。

もちろん、カード会社によっては電話確認のみ対応しているケースもあるので、もし気になる場合は本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談されてみることをおすすめします。

もしあなたがカードローンの在籍確認を避けたいと考えているのなら、SMBCモビットのWEB完結申込がとてもおすすめです。

SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば、勤務先への電話確認なしで審査が最後まで完了するので、もし電話確認を避けたい場合はぜひSMBCモビットを利用してみましょう。

その他、カードローンの在籍確認については、下の記事を参考にして下さい。

カードローンの在籍確認

 

カードローンの仮審査と本審査でよくあるポイント!

カードローンの仮審査と本審査でよくある質問をまとめたピヨ!
もしここにない質問や疑問点などがあればお気軽にご連絡下さいませ♪

最後にカードローンの仮審査と本審査でよくある質問をQ&A形式でまとめました。

もしここにない質問や疑問点などがありましたら、お気軽に質問フォームよりご連絡下さいませ。

 

質問①:仮審査と本審査に掛かる時間はどの位ですか?

仮審査と本審査に掛かる時間はどの位ですか?

審査時間の短い大手消費者金融であれば、本審査完了までに掛かる時間は最短30分となっており、早ければ即日キャッシングも利用可能になっています。

一方、銀行カードローンの場合、早くても最短翌営業日でのキャッシングとなるので、キャッシングを少しでも早めたい場合は、消費者金融系のカードローンに審査を申込みましょう。

 

質問②:なぜ仮審査と本審査に分けているんですか?

なぜ仮審査と本審査に分けているんですか?

仮審査はスコアリング判定と呼ばれる、審査の申込み内容を元にした自動判定技術を採用しているので、精度の高い融資判断を短い時間で行うことができます。

一方、本審査では、仮審査の申込み内容に間違いがないか、必要書類や電話確認などで一つ一つ確認していくので、確認に時間が掛かる一方、より精度の高い融資確認を行うことができます。

つまり、仮審査と本審査の両方を組み合わせることで、より短い時間で精度の高い融資判断を行うことができるため、仮審査と本審査の2段階の審査システムに分けていると言えます。

 

質問③:仮審査と本審査ならどちらの方が重要ですか?

仮審査と本審査ならどちらの方が重要ですか?

強いて言うなら、仮審査の方が大切です。

と言うのも、仮審査での審査対策をきちんと行えば、本審査もきちんと審査に通ることができるからです。

逆にキャッシング審査に通りたい一心で仮審査で嘘の申告などをしても、本審査のタイミングで必要書類や電話確認などの確認作業で嘘がバレてしまい、審査に落ちてしまいます。

そういう意味で、仮審査も本審査も本来はどちらも大切ですが、まずは仮審査に通るための対策や準備をきちんと行っていれば、本審査も自然と通過できるようになるので、まずは仮審査の対策にきちんと力を注ぎましょう。

 

カードローン審査に通りたいなら仮審査に集中する!

カードローンの審査はどちらかと言えば仮審査の方が大切ピヨ!
正直な申告と正しい審査対策をすれば、カードローン審査は通るチャンスがあるんですね♪

今回はカードローンの仮審査と本審査の違いについて、両者の特徴や審査の具体的な対策内容などを解説して来ました。

今回の記事でも解説した通り、カードローンの審査はどちらかと言えば、本審査よりも仮審査の方が重要度が高いです。

仮審査の方が重要な理由!
  • 本審査は書類確認が中心
  • 仮審査がダメだと本審査に進まない
  • 仮審査が良ければ本審査は通る

どのカードローンでも基本は仮審査と本審査に分かれているので、まずは仮審査に通るための対策をきちんとすることで、あなたがキャッシングできる可能性も高くなります。

一方、本審査では基本的には必要書類の提出と在籍確認の電話を待つだけなので、あなたの方から何か対策できることはあまりないので、審査結果の連絡が届くのを待つのが仕事となります。

そのため、もしあなたが少しでも確実にカードローン審査に通りたいと考えているのであれば、まずは仮審査の対策をきちんと行うことから始めましょう。

今回仮審査の対策を実行すれば、あなたもカードローン審査に通過する見込みを高くすることができるので、ぜひ試してみて下さいね!

 

カード選びに迷ったらコレ!おすすめカードローンのまとめ!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

SMBCモビット

SMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

普通預金の口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も口座開設なしで審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

-カードローンの審査基準

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2019 All Rights Reserved.