三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは年金受給者の人も審査に通るのか?

投稿日:

三井住友銀行カードローンの審査は年金受給者でも通りますか?
いくつかの注意点や対策をすれば、審査に通ることができるピヨ!

結論から言えば、三井住友銀行カードローンの審査は年金受給者の方も対象となっているので、審査に取る可能性があります。

年金受給者の審査ポイント!
  1. 年齢条件をクリアしている
  2. 返済履歴がキレイである
  3. 他社借入残高が少ない
  4. 副収入があれば申告する
  5. 限度額を控えめにする

もし年金受給者のあなたが三井住友銀行カードローンの審査を申込む場合は、今紹介した5つの条件を満たすことで、審査に通る見込みをアップさせることができます。

年金受給者の方からの審査は、利用期間の年齢などの問題があるので、なるべく早く審査を申込んだ方が長く利用することができます。

ただし、あなたの年収状況などにもよりますが、年金受給者からの審査でまとまった金額を借りれるケースは少ないので、審査を申込む時はできる限り少額にして、今すぐ必要な最低金額だけを借りるようにしましょう。

今回は三井住友銀行カードローンの審査に年金受給者の方が通るための条件や対策を解説していくので、審査に通りたいと考えているあなたはぜひチェックして下さいね!

 

そもそも年金受給者はカードローン審査に通るのか?

そもそも年金受給者からのカードローン審査は通るんでしょうか?
年齢条件をクリアしていれば、審査を申込めるところは多いピヨ!

結論から言えば、三井住友銀行カードローンに限らず、多くのカードローンでは安定した収入があると判断されれば、年金受給者の方もカードローン審査を申込むことができます。

年金受給者の審査年齢は?

他社との比較
テーブル

ただ、他の銀行カードローンの場合、アルバイトや家賃収入などの副収入があることが条件になるか、年齢が満65歳未満となっているケースが多く、収入的・年齢的な理由から審査を断られるケースが多いです。

そんな中、三井住友銀行カードローンなら、満20歳以上満69歳以下で年金を含む安定収入があれば審査を申込むことができるので、少しでも長い期間でカードローンを利用したいあなたにおすすめです。

もちろん、三井住友銀行カードローンの審査に通るためには、年齢や収入以外にも大切な審査条件があるので、次に紹介するポイントを参考にしながら、あなたが審査に通るための対策をしっかりと行いましょう。

ちなみに、今回は年金収入の中でも「老齢年金」を中心に解説していますが、カードローンの審査では老齢年金以外にも「障害年金」や「遺族年金」でも安定収入として審査を申込むことができます。

ただし、カード会社によっては年金+副収入で審査を申込める場合もあるので、自分が審査対象なのか不安に感じた時は、WEB審査の申込後の本人確認の電話が掛かってきた時に確認してみることをおすすめします。

 

三井住友銀行カードローンの審査に年金受給者が通るポイント!

年金受給者が三井住友銀行カードローンの審査に通るためのポイントを解説するピヨ!
年齢や収入以外の条件を満たすことも大切なんですね♪

三井住友銀行カードローンの審査に通るための条件や基準は色々とありますが、その中でも今回は、年金受給者のあなたが特に注意しておきたいポイントを5つに絞って解説したいと思います。

年金受給者の審査ポイント!
年齢 満20歳以上、満69歳以下であり、年齢が若いほど有利
安定収入 年金収入以外の副収入(アルバイト・家賃収入など)があると有利
他社借入 住宅ローンなどの残債がなく、債務ゼロの状態が理想
返済履歴 クレジットカードや携帯電話の支払いで滞納や延滞がない状態にする
限度額 今すぐ必要な金額(目安30万円以下)にするのがおすすめ

これらの条件をより多く良い状態で満たすほど、三井住友銀行カードローンの審査に年金受給者のあなたが通る可能性がアップします。

もちろん、今紹介した項目以外にも色々な審査条件や基準などがあるため、審査には絶対はありません。

ですが、あなたが三井住友銀行カードローンの審査に通る見込みを少しでも高くするためにも、次に解説する5つのポイントをしっかりと押さえて、審査を申込むようにして下さいね!

 

ポイント①:「年齢」は若い人ほど有利!

point 1
若い人ほど
利用期間が長い

三井住友銀行カードローンの審査年齢は、満20歳以上満69歳以下となっているため、他のカードローンと比べても利用期間の長いカードローンとなっています。

ですが、審査に通りやすくするためには、利用の年齢上限である満69歳から少しでも遠い年齢であることがとても大切です。

例えば、満60歳の人と満68歳の人では、審査に通過した後にカードローンを利用できる年齢に違いがあるため、審査に通る見込みや融資できる限度額などにも違いが現れやすいです。

だからこそ、もしあなたが三井住友銀行カードローンの審査に通りたいと考えているのなら、少しでも年齢の若い今のうちに審査申込を済ませておくことがとても大切です。

審査のポイント①

  • 満20歳以上満69歳以下が対象
  • 満69歳から遠い年齢の人ほど有利
  • 審査を申込むなら若い今がチャンス

 

ポイント②:「安定収入」が多い人ほど有利!

point 2
年金以外の
安定収入を

三井住友銀行カードローンでは、年金収入のみの方も審査を申込むことができます。

ですが実際には、年金収入以外のアルバイトや家賃収入などの副収入がある人の方が、審査に通る見込みや契約できる限度額や金利などに違いが出やすいです。

これは老齢年金に限らず、遺族年金で生活している方にも共通して言える話なので、三井住友銀行カードローンに審査を申込む時は、事前にハローワークなどで月3万円の仕事でも構わないので探してみることをおすすめします。

審査のポイント②

  • 年金収入のみの方も審査OK!
  • ただし、副収入のある人の方が有利!
  • 先にハローワークで仕事を見つけることも大事!

 

ポイント③:「借入残高」は残高ゼロが理想!

point 3
残高ゼロが
理想の状態

年金受給者のあなたが三井住友銀行カードローンに審査を申込むということは、住宅ローンや自動車ローンなど、色んなローンの残高が残っているかもしれませんね。

これらの有担保ローンは総量規制の対象外となるため、カードローンの審査には直接的には影響がないと言われがちですが、実際にはカードローンで契約できる限度額に大きく影響を与えます。

特に利用年齢が短くなりやすい満60歳以上の人たちは、住宅ローンや自動車ローンなどの残債を極力少なくしてから審査を申込むことが、三井住友銀行カードローンの審査対策としてはとても重要です。

また、最近は60歳以上からの借換えローンなども銀行が斡旋しているので、過去に契約した住宅ローンの金利が高いと感じる場合には、最寄りの銀行窓口で借り換えローンの検討を先に行うこともおすすめします。

審査のポイント③

  • 有担保ローンの残債も審査に影響する!
  • 住宅ローンなどの残債はゼロが理想!
  • 返済がしんどい時は借換えも検討する!

 

ポイント④:「返済履歴」は滞納や延滞がない状態に!

point 4
滞納や延滞は
ゼロがベスト

もしあなたが過去に契約していたクレジットカードなどの支払いで引落し漏れがあると、三井住友銀行カードローンの審査では大きなマイナス評価となってしまいます。

カードローンの審査は、あなたの過去の返済実績や年収などを総合した「信用情報」を元にして融資可能かどうかを判断する為、過去の返済履歴で滞納や延滞がないことはとても重要な審査項目となるんです。

特に、携帯電話の本体代金の支払履歴や、クレジットカードのリボ・分割・年会費などの支払い忘れなどは、カードローンの審査落ちの原因でよくある項目なので、三井住友銀行カードローンに審査を申込む前に、あなたの返済履歴で何か支払忘れが無かったかを確認しておきましょう。

ちなみに、返済履歴に関しては直近の過去2年分を中心にチェックが行われますが、審査を申込むときは最低でも過去半年分は滞納や延滞がない状態にしてから審査を申込むのがおすすめです。

審査のポイント④

  • 過去2年間の返済履歴をチェックされる!
  • クレジットカードや携帯電話の支払忘れに注意!
  • 少なくとも直近の半年間は滞納や延滞がない状態に!

 

ポイント⑤:「限度額」は30万円以下を目安にして申込む!

point 5
限度額は
30万円以下に

三井住友銀行カードローンでは、審査を申込んだ人の年収や借入状況などに応じて、最適な限度額を設定して融資を行ってくれるので、他のカードローンと比較しても借り過ぎる心配が少ないのが特徴です。

ただし、年金受給者の場合は、安定した収入があるものの一般職の人と比べたら年収は低くなりがちなため、限度額は低めに設定して審査を申込む必要があります。

おすすめの方法としては、三井住友銀行カードローンなら限度額30万円以下の人用の申込ページがあるので、そちらから審査を申込む方法がおすすめです。

三井住友銀行カードローンなら限度額が30万円以下を希望する人用のフォームがあるので、少額キャッシングを希望したい場合はぜひそちらを活用しましょう。

審査のポイント⑤

  • 審査では収入に合わせた限度額が設定される
  • 年金受給者の限度額は低くなりがち
  • 限度額を30万円以下にして申込むのがおすすめ!

 

年金受給者がカードローンの利用で注意すべき点は?

年金受給者がカードローンを利用する時に注意することってありますか?
一番大切なことは収支のバランスをしっかり考えることピヨ!

ここまでは年金受給者のあなたが三井住友銀行カードローンに審査を申込む時の審査対策やポイントについて解説をしてきました。

三井住友銀行カードローンは年金受給者のあなたでも審査に通ることができる一方で、主な収入源が年金だよりの人は、カードローンを利用するときにいくつか注意すべきポイントがあります。

年金受給者の注意点とは?
  1. 収支バランスを考える
  2. 住宅ローンに使わない
  3. 完済予定を必ず決める

これらの注意点は老後破綻を起こさない為にも、特に重要なポイントと言えます。

カードローンを使うこと自体は決して悪い事ではありませんし、必要に応じてすぐにお金を用意できる仕組みはとても便利なサービスと言えます。

ですが、あなたが少しでも穏やかな老後を送りたいと考えているのなら、次に紹介する3つの注意点を守った上で、上手にカードローンを利用するようにして下さいね。

 

注意点①:収入と支出のバランスを考える

注意点 1
収支バランスは
とても大事!

三井住友銀行カードローンでは、あなたの年収に合わせた限度額を設定してくれるので、借り過ぎになる心配を最小限に抑えてくれています。

ですが、カードローンを利用するときは、隔月で支払われるあなたの年金受給額と、毎月支払うカードローンの返済額を見たうえで、どの金額までなら完済ができそうかをキチンと見極めることが大切です。

三井住友銀行カードローンの返済金額早見表
テーブル

三井住友銀行カードローンの場合、利用残高に応じて返済金額が決されるので、借り過ぎを防ぐためにも限度額を30万円以下の少額に抑えておくことをおすすめします。

限度額が30万円なら、カードの枠を名一杯まで利用しても月々6,000円の返済で済むので、毎月の返済負担は少ないと言えます。

三井住友銀行カードローンの毎月の返済は、提携ATM・銀行振込・口座引落の3種類の中から選ぶ事ができます。

もしあなたが毎月の返済日を忘れそうであれば、口座引落がおすすめなので、審査に通過したあとで三井住友銀行カードローンの担当オペレーターに相談してみましょう。

その他、三井住友銀行カードローンの返済金額や返済方法の詳細については、下の記事にまとめてあるのでぜひ参考にして下さい。

三井住友銀行カードローンの返済

 

注意点②:住宅ローンの返済に絶対に使わない

注意点 2
住宅ローンは
一番低金利!

もしあなたが三井住友銀行カードローンで借りたお金を使って、住宅ローンの返済に充てようとしているのであれば、絶対に辞めて下さい。

確かに、住宅ローンの返済額は毎月数万円とかなりの手痛い出費ではありますが、金利で考えれば年率0.5%~3.0%程度とカードローンの金利よりもはるかに安く設定されています。

それに対し、カードローンの金利は年率14.5%前後で契約することが多いので、同じ30万円の借金でも住宅ローンの方が支払う利息が安いことは言うまでもありません。

もしあなたが住宅ローンの返済が難しく、カードローンで立て替えようと考えているのなら、まずは最寄りの銀行に返済が難しいことを正直に相談されることをおすすめします。

また、あなたが住宅ローンを契約した時期などによっては、住宅ローンの借換えを申込むことで、毎月の返済額を大幅に安くできる可能性もあるので、まずは近くの金融機関に相談されてみてください。

住宅ローンの返済は3カ月以上連続して滞納すると、債権が異動される可能性が高くとても危険です。

一度でも滞納を起こしてしまうと、住宅ローン問題の解決方法が限定されやすくなるので、滞納や延滞を起こす前に借換えや専門家に相談されることをおすすめします。

まずは住宅ローンの比較ポイントなどを参考にしながら、借換えなどから検討されてみて下さい。

 

注意点③:いつまでに完済するかを必ず決める

注意点 3
完済予定日を
借りる前に決める

三井住友銀行カードローンの返済額は毎月2,000円からと、とても安く設定されてあるので、返済負担も軽く年金受給者の方もムリなく返済を続けることができます。

ですがその一方で、最低返済額だけで支払いを続けると、完済までの期間が長期化し、完済時の総支払い額が割高になってしまう点に注意が必要です。

三井住友銀行カードローンの返済シミュレーション

2,000円
3,000円
4,000円

こんな風に、仮に10万円を年率14.5%で借りた場合でも、毎月の返済額を2,000円から3,000円に増やすだけで、完済期間や利息を大幅に減らすことができます。

子どもの里帰りや孫へのお小遣いを渡したい気持ちも分かりますが、まずはあなた自身の身を守ることが最大の子孝行だと思って、お金を借りた後は早めに完済を目指すようにしましょう。

三井住友銀行カードローンなら繰上返済は提携ATMからいつでも簡単に行うことができます。

また、ちょっとした工夫で返済手数料を無料にしたり、副収入を得たり、生活費を軽くする方法はあるので、下にまとめた記事を参考にして、あなたができる範囲から試してみて下さい。

繰上返済や生活費改善など

 

三井住友銀行カードローンと年金受給者でよくある質問

三井住友銀行カードローンと年金受給者でよくある質問をまとめたピヨ!
ここにない質問や疑問などがありましたら、お気軽にお問合せ下さいね♪

最後に三井住友銀行カードローンと年金受給者についてよくある質問をQ&A形式でまとめました。

もしここにまとめていない内容で聞きたい事や知りたい事などがあれば、お気軽に質問フォームよりご連絡下さい。

すべての質問に答えられている訳ではないのですが、必ず何らかの形でご返答して参りますので、よろしくお願い致します。

 

質問①:遺族年金や障害年金でも審査に通りますか?

遺族年金や障害年金でも審査に通りますか?

遺族年金や障害年金でも、三井住友銀行カードローンでは審査を申込む事ができます。

ただし、アルバイト収入など、他の収入がないと契約できる限度額に制限が付きやすい点に注意して下さい。

その他の審査基準や条件などは今回紹介した通りなので、今回の記事をもう一度読み返して、できる限りの審査対策を行った上で三井住友銀行カードローンに審査を申込んでみましょう。

 

質問②:年金収入しかないのですが審査に通るでしょうか?

年金収入しかないのですが審査に通るでしょうか?

もちろん審査に通ることは可能です。

ただし、老齢年金の収入のみで三井住友銀行カードローンに審査を申込むときは、年齢が満69歳以下であることを確認して下さい。

また、他社からの借入があったり、返済で滞納や延滞があると審査に通りにくくなるので、注意するようにしましょう。

 

質問③:副業収入はどう申告すればいいですか?

副業収入はどう申告すればいいですか?

基本的には、審査を申込む時の年収欄の項目で合算年収で申告すれば問題ありません。

必要に応じて年金証明書や住民税決定通知書などの提出が求められますが、副業による収入があれば、それらを証明できる書類などを提出できないか、審査担当者に相談してみましょう。

三井住友銀行カードローンの電話オペレーターは対応が丁寧と評判なので、気軽に相談してみて下さい。

 

年金受給者が三井住友銀行カードローンに審査を申込むときは早めに

三井住友銀行カードローンを申し込む時は早めに申し込むピヨ!
60歳を超えると、利用年齢のことも考える必要があるんですね。

今回は年金受給者の方が三井住友銀行カードローンの審査に通るためのポイントや、カードローンを利用するときの注意点を中心に解説をしてきました。

年金受給者が審査に通るためのポイント!
  1. 満20歳以上、満69歳以下である!
  2. 年金以外の収入があるとグッド!
  3. 他社借入額や返済実績に注意!
  4. 限度額は控えめにする!

これらのポイントを守って三井住友銀行カードローンの審査を申込めば、年金受給者のあなたも三井住友銀行カードローンの審査に通る可能性があると言えます。

年金受給者の中でも、特に老齢年金の方は年齢が60歳以上となっているため、カードローンの審査年齢としてはギリギリとなっています。

そのため、少しでも確実にあなたが三井住友銀行カードローンの審査に通るためにも、審査年齢が若い今の間に申込むことがとても大切です。

60歳の人と68歳の人が審査に申込んだ後の、利用可能年齢の事を考えれば、少しでも年齢が若い方が三井住友銀行カードローンの審査に通る見込みが高くなるので、あなたもぜひ今すぐ申し込んで下さいね。

三井住友銀行カードローンを利用すれば、あなたが今抱えているお金の問題も素早く解決することができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

あなたにおすすめの銀行カードローンのまとめ!

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持てる返済負担がとても軽い銀行カードローンとして人気があります。

普通預金口座の開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の普通口座がない人も口座開設なしで審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

みずほ銀行

みずほ銀行カードローンは、年率2.0%~14.0%という金利の安さで借りれる低金利の銀行カードローンとして人気があります。

みずほ銀行カードローンを契約すれば、みずほ銀行ATMの利用手数料が無料になる特典が付いてくるので、ATM手数料を節約したい方にも人気があります。

もしあなたがみずほ銀行の口座を持っているのなら、間違いなくみずほ銀行カードローンがおすすめですよ!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

-三井住友銀行カードローン

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2019 All Rights Reserved.