千葉銀行カードローン

千葉銀行カードローンとプレミアクラスの違いとは?分かりやすく比較してみた!

投稿日:

千葉銀行のカードローンとプレミアクラスにはどんな違いがあるんですか?
主には金利と限度額に大きな違いがあるピヨ!

千葉銀行カードローンとプレミアクラスの違いとしては、主に「金利・限度額・返済額」の3つが目立った違いとして存在し、細かな違いで言えば「審査時間・保証会社」などにも違いがあります。

千葉銀行カードローンとプレミアクラスの違い
プレミアクラス カードローン
金利 年率3.8%~5.5% 年率1.7%~14.8%
限度額 300万円~500万円 10万円~800万円
審査時間 約2週間ほど 最短2営業日
最低返済額 月1万円~ 月2,000円~
保証会社 ちばぎん保証株式会社
株式会社ジャックス
エム・ユー信用保証株式会社

千葉銀行カードローンとプレミアクラスには、それぞれの特徴や一長一短なメリット・デメリットがありますが、結論から言えば、年収が600万円以上の人はプレミアクラス、それ以外の人はカードローンを選ぶのがおすすめと言えます。

元々、千葉銀行のプレミアクラスは「年収600万円以上で、持ち家に住んでいる人」が審査の対象となっているため、実際に審査を申し込める人の数はかなり限られてくると言えます。

その点、千葉銀行カードローンなら、あなたの年収に合わせた限度額でキャッシングすることができるので、パートやアルバイト収入がメインの人も審査を申し込むことができます。

今回は千葉銀行カードローンとプレミアクラスの違いを解説しつつ、どちらのカードがあなたにとって最適なのかを伝えていくので、どちらのカードを選ぶか迷っている人はぜひ参考にして下さいね。

 

千葉銀行カードローンとプレミアクラスでは審査対象者がかなり違う

千葉銀行カードローンとプレミアクラスは審査に通る人の属性がかなり違うピヨ!
職業や年収などでどちらを申し込むのかを判断するのがポイントなんですね。

千葉銀行カードローンとプレミアクラスでは、審査を申し込める人の条件や属性がかなり違うので、事前に下の表を参考にして、どちらのカードローンを申し込めるかをチェックしておくと、余計な審査落ちを防ぐことができます。

カードローンとプレミアクラスの審査条件の違いは?
カードローン
  • 年齢が満20歳以上、満65歳未満
  • 安定した収入がある人(パート・アルバイト可)
  • エム・ユー信用保証(株)の保証が受けられる方 など
プレミアクラス
  • 年齢が満20歳以上、満60歳未満
  • 年収が600万円以上
  • 勤続年数が3年以上
  • 自己名義もしくは同居人名義で持ち家に住んでいる
  • 千葉銀行で給与振込をしている(またはその予定)
  • 個人事業主or同族会社のオーナーでない など

プレミアクラスの方が、金利や限度額などの契約条件が良い分、審査を申し込める人の条件や基準が厳しく設定されがちになっています。

特に年収が600万円以上あったとしても、持ち家に住んでいなかったり、個人事業主などの場合は、プレミアクラスの審査が申込めないので注意が必要です。

一方、千葉銀行カードローンなら、安定した収入が十分にあると判断されれば、賃貸住まい・職業不問で審査を申し込めるので、こちらの方が審査を申し込める人の間口は広いと言えます。

また、千葉銀行カードローンでも、高い年収があればプレミアクラスに負けない位の低金利でキャッシングが可能なので、プレミアクラスの申込条件に合致していなかったとしても、まとまった資金をキャッシングできるチャンスは十分にあると言えます。

 

千葉銀行カードローンとプレミアクラスの違いを比較をしてみた

千葉銀行カードローンとプレミアクラスの具体的な違いを教えて下さい。
審査条件以外の基本的な違いを5つに分けて解説してみたピヨ!

冒頭で紹介した通り、千葉銀行カードローンとプレミアクラスには「金利・返済額・限度額」と言った具体的なサービス内容の違いと、「審査時間・保証会社」と言った審査申込時にだけ影響がある2つの違いがあります。

千葉銀行カードローンとプレミアクラスの比較ポイント!
金利 同じ限度額ならプレミアクラスが有利
限度額 プレミアクラスの方が一度の審査でまとまった限度額を契約できる
返済額 少額キャッシングなら千葉銀行カードローンがおすすめ
審査時間 審査を急ぎたいなら千葉銀行カードローンがおすすめ
保証会社 保証会社の難易度はどちらも大きな違いはない

どちらのカードローンを選んだ場合でも、安心して利用できることは間違いありませんが、あなたの利用目的などによっては、どちらのカードローンの方が最適なのかが変わる場合があるので、下にまとめた5つの比較ポイントを参考にして選んでみてください。

 

違い①:金利は、まとまった限度額を契約しない限り、プレミアクラスが有利!

違い 1
低金利でなら
プレミアクラス

千葉銀行カードローンの金利は年率1.7%~14.8%なのに対し、プレミアクラスなら年率3.8%~5.5%で契約できるので、大抵の場合はプレミアクラスの方が有利な金利条件で契約できるケースがほとんどです。

どちらのカードローンもあなたが契約する限度額の高さに応じて金利が低くなっていきますが、プレミアクラスの方が上限金利が年率5.5%とかなり低く設定されているため、初回審査の時点から低金利で契約できる期待値が高いためです。

千葉銀行カードローンとプレミアクラスの金利比較早見表
100万円未満 100万円 200万円 300万円 400万円 500万円 600万円 700万円 800万円
カードローン 年14.8% 年9.0%-12.0% 年9.0%-12.0% 年6.0%-12.0% 年5.5% 年4.3% 年4.0% 年3.5% 年1.7%
プレミアクラス 年5.5% 年5.0% 年4.0%
※表示された金利はあくまで簡易的なものです。
※最新・詳細な情報は必ず公式サイトをご確認下さい。

千葉銀行カードローンの限度額が10万円~800万円なのに対し、プレミアクラスの限度額が300万円~500万円までとなっているため、金利比較が行いにくいですが、同じ限度額でキャッシングをした場合であれば、プレミアクラスを利用した方が、通常のカードローンよりも低金利でキャッシングすることができます。

また、千葉銀行が指定する住宅ローンを契約していれば、プレミアクラスで表示されている金利がら更に年率0.20%の金利優遇を受けることができるので、千葉銀行で住宅ローンを契約している場合には、間違いなくプレミアクラスの方が金利面では有利だと言えます。

 

違い②:限度額は、一度にまとまった金額を希望するなら、プレミアクラスが有利!

違い 2
限度額の高さも
プレミアクラス

千葉銀行カードローンとプレミアクラスで、限度額を比較した場合、やはり軍配はプレミアクラスに挙げられると言えます。

と言うのも、千葉銀行カードローンの限度額は10万円~800万円なのに対し、プレミアクラスなら300万円~500万円と、初回審査に通過した時点からすぐに限度額が300万円でスタートができるからです。

確かに千葉銀行カードローンでは最大限度額が800万円にはなっていますが、大抵の場合は10万円~100万円前後の枠でスタートすることが多いです。

これは千葉銀行カードローンがあなたの年収に合わせた限度額を設定するためで、実際に最大限度額である800万円を融資できる人は、年収が1000万円を超えていてもかなり難しいと言えます。

その点、プレミアクラスなら年収が600万円以上あれば、限度額300万円からスタートができるので、金利・限度額の両方であなたに有利な条件でキャッシングができると言えます。

 

違い③:返済額は、少額キャッシングを考えれば、カードローンの方が有利!

違い 3
返済額の安さは
カードローン

一方、千葉銀行カードローンにメリットがないかと言われると、そうではありません。

千葉銀行カードローンの場合、あなたの年収に応じた限度額でキャッシングができるので、年収が600万円未満の人やパート・アルバイト収入がメインの人にもキャッシングのチャンスがあるのが利点です。

また、千葉銀行カードローンの返済額は、プレミアクラスと比べると、返済金額が小刻みに設定されてるので、結果的にプレミアクラスよりも最低返済額が安くなりやすい傾向にあります。

千葉銀行カードローンとプレミアクラスの返済額早見表
10万円 20万円 30万円 40万円 50万円 60~99万円 100万円 200万円 300万円 400万円 500万円 600万円 700万円 800万円
2,000円 4,000円 6,000円 8,000円 10,000円 10,000円 10,000円 20,000円 30,000円 40,000円 50,000円 60,000円 70,000円 80,000円 90,000円
10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 20,000円 20,000円 30,000円 50,000円 70,000円 90,000円
※返済金額はあくまで簡易的な表示を行ったものです。
※最新・詳細な情報は必ず公式サイトをご参照下さい。

実は、毎月の返済額を比較すると、金利面で優遇されているプレミアクラスの方が毎月の返済額が高く設定されていることが分かります。

これは、プレミアクラスの方が収入が高いという想定の元に作られていることが要因と予想されますが、借入残高が増えるほどプレミアクラスの方が返済額が高くなる点については十分注意した方が良いと言えます。

特に50万円以下の少額キャッシングを利用する場合は、300万円超のまとまった資金をキャッシングしたい場合は、千葉銀行カードローンの方が毎月の返済額が安くなる点は抑えておくべきポイントと言えます。

ただ、一方で低金利で最低返済額も高いプレミアクラスを利用すれば、完済時の利息支払い額が安くなるという利点があります。

結論として、毎月の返済額を安く抑えたいなら千葉銀行カードローン、完済時の総利息額を節約したいならプレミアクラスがおすすめと言えます。

ちなみに、プレミアクラスの限度額は300万円~500万円になっていますが、実際のキャッシング額は300万円未満の少額キャッシングだけで利用しても問題ありません。

つまり、枠が300万円あったとしても、1万円や2万円と言った少額キャッシングだけで利用することは何の問題もないということです。

千葉銀行カードローンの方が返済額が安い一方、プレミアクラスの方が利息支払い額は節約できるので、両者のメリットを踏まえた上であなたに最適なカードを選ぶようにしましょう。

 

違い④:審査時間は、少しでも早く借りたいなら千葉銀行カードローンがおすすめ!

違い 4
審査が早いのは
カードローン!

また、千葉銀行カードローンに軍配が挙げられるもう一つの要素として、審査時間の早さがあります。

プレミアクラスの審査時間は、審査申込が完了してから約2週間程度かかるため、急いでまとまった資金を借りたい時などにやや不向きなカードと言えます。

一方、千葉銀行カードローンなら審査が最短翌営業日には完了する上、カードが到着するまでの間は振込キャッシングにも対応してくれるので、急いでお金を借りたい時にとても便利です。

カードローンの審査時間の目安
金利 審査時間 備考
消費者金融 年率3.0%~18.0% 最短30分 即日キャッシングOK
ちばぎんカードローン 年率1.7%~14.8% 最短翌営業日 振込キャッシングにも対応
プレミアクラス 年率3.8%~5.5% 約2週間前後 来店または郵送でのカード受取

審査時間が最も短いのは、消費者金融の最短30分で完了する即日キャッシングですが、2~3営業日待てばキャッシングが出来る千葉銀行カードローンもかなりおすすめです。

一方、千葉銀行のプレミアクラスでは、審査完了まで約2週間かかるだけでなく、審査完了後に郵送手続きなどが発生するため、カード発行完了までの手間が掛かりやすいです。

そのため、急いで借りたい時には千葉銀行カードローン、金利や限度額を少しでも有利にして契約したい時はプレミアクラスを選ぶのがおすすめです。

 

違い⑤:保証会社には違いがあっても、審査の難易度には大きな影響はない?

違い 5
保証会社は
あまり関係ない

千葉銀行カードローンとプレミアクラスの違いで、保証会社が違うという点が実はあったりします。

ただ、結論から言えば、保証会社の違いがあった所で、実際にキャッシングを利用して違いを実感することはまずないので、あまり気にする必要はありません。

保証会社の違い
カードローン エム・ユー信用保証株式会社
プレミアクラス ちばぎん保証株式会社
ジャックス株式会社

千葉銀行カードローンを選んだ場合は「エム・ユー信用保証(株)」という所が保証会社となり、プレミアクラスを選んだ場合は「ちばぎん保証(株)」か「ジャックス(株)」のどちらかの保証を受けられれば審査に通過することができます。

エム・ユー信用保証(株)とジャックス(株)は、どちらも有名な保証会社なのですが、エム・ユーはアコムの子会社、ジャックスはクレジットカードなどの信販会社として知られていることが多いです。

ただ、どちらも保証会社としてはとてもしっかりしていますし、あなたが直接的に保証会社のお世話になる事はまずないので、あまり気にする必要はないと言えます。

保証会社は、借り手が返済できなくなった場合に、貸し手の損失を被ってくれる会社のことを言います。(代わりに保証会社は保証料を貸し手から受け取って利益を得ます。)

そして借り手が返済できなくなった場合は、貸し手から保証会社に債権が異動し、代わりに借金の取り立てを行うのが、保証会社の基本的な仕組みです。

エム・ユー保証会社もジャックスも大きい会社なので、万が一債権の異動を起こしたとしても、紳士的に対応を進めてくれるので安心です。

エム・ユー信用保証とは?

 

千葉銀行カードローンとプレミアクラスはどちらがおすすめなのか?

結局、千葉銀行カードローンとプレミアクラスのどちらがおすすめなんですか?
迷ったら千葉銀行カードローンを選べば問題ないピヨ!

今回は千葉銀行カードローンとプレミアクラスの違いについて解説をしてきましたが、結論から言えば「迷った時はプレミアクラスを選べば問題ない」と思います。

千葉銀行カードローンがおすすめな人

  • 審査時間を急ぎたい人
  • 少額キャッシングを考えている人
  • 返済金額を安く抑えたい人
  • パート・アルバイトの人
  • 持ち家がない人 など

千葉銀行カードローンは、審査時間が短く、限度額が10万円~800万円になっているので「今すぐ、少しだけ借りたい」という人にとてもおすすめです。

また、プレミアクラスよりも返済金額が割安に設定されていたり、パートやアルバイト収入がメインの人でも審査に通るため、「返済金額を少しでも節約したい人」とも相性が良いカードローンと言えます。

プレミアクラスがおすすめな人

  • 審査完了まで急がない人
  • まとまった資金を一度に借りたい人
  • 少しでも低金利で借りたい人
  • 完済時の利息を節約したい人
  • 年収600万円以上で持ち家がある人 など

プレミアクラスは、千葉銀行カードローンと比べると、一度の審査で契約できる限度額がとても大きく低金利で契約できるので「まとまった資金が必要な人」や「金利や利息を節約したい人」などにおすすめです。

ただし、審査完了まで2週間近く掛かったり、審査条件が「年収600万円以上で、持ち家があり、勤続年数が3年以上」と言った、ハイスペック男子を見つける婚活おばさんレベルの条件を求めてくるので、一般的にはあまりおすすめはできません。

とは言え、審査条件が合致すれば、通常のちばぎんカードローンよりも有利な条件でキャッシングできることは間違いないので、「審査条件が合えばプレミアクラスを申込む」くらいの気持ちでよいかと思います。

ちなみに、プレミアクラスの審査条件は、このほかにも「千葉銀行で給与口座の受取をする」などがあり、かなり条件が細かく指定されています。

そのため、大抵の場合は千葉銀行カードローンを選んでおけば問題ないです。

その他、詳しいプレミアクラスの審査基準や条件などについては、下の記事を参考にして下さい。

プレミアクラスの審査条件とは?

 

千葉銀行カードローンとプレミアクラスでよくある質問のまとめ

千葉銀行カードローンとプレミアクラスの違いでよくある質問をまとめたピヨ!
ここにない質問や疑問などがあればお気軽にお問合せ下さいね♪

最後に千葉銀行カードローンとプレミアクラスの違についてよくある質問をQ&A形式でまとめました。

もしここにまとめきれていない質問や疑問点などがありましたら、お気軽に質問フォームよりご連絡下さいませ。

 

質問①:自営業や個人事業主はプレミアクラスに通りますか?

自営業や個人事業主はプレミアクラスに通りますか?

残念ながら、自営業や個人事業主はプレミアクラスの審査条件からは外されています。

たとえ年収が600万円以上あったとしても、千葉銀行のプレミアクラスでは、自営業や同族会社のオーナーは審査を申込むことができません。(ただし、師士業の方は審査の申込が可能です。)

その場合は、千葉銀行カードローンを利用することになります。

 

質問②:利用方法や返済方法はどちらも同じですか?

利用方法や返済方法はどちらも同じですか?

ちばぎんカードローンもプレミアクラスも、審査通過後は専用のローンカードを受取ってキャッシングをするので、利用方法は同じです。

また、返済方法についても、毎月の約定返済日(基本は1日)に千葉銀行の口座から最低返済額が自動的に引落され、繰上返済は提携ATMか銀行振込を利用することになります。

利用方法や返済方法はどちらのカードローンを申込んでも同じなので、あなたの利用条件や目的にあった方を選びましょう。

 

質問③:返済額はどちらの方が安いんですか?

返済額はどちらの方が安いんですか?

毎月の最低返済額で言えば、千葉銀行カードローンの方が割安に設計されていると言えます。

ただし、最低返済額が安いと言うことは、それだけ返済が長期化しやすく、完済時の総支払い額が割高になりやすい点に注意が必要です。

その点、プレミアクラスなら最低返済額はやや高めですが、完済時の利息を節約できる効果が高いです。

そのため、「返済額早見表」を参考にしながら、あなたのキャッシング予算と返済予算を考えながら、どちらのカードローンが最適なのかを検討すると良いかと思います。

 

迷った時は千葉銀行カードローンがおすすめ!

迷った時は千葉銀行カードローンを選んでおけば間違いないピヨ!
色んな属性の人でも審査を申込めるのがありがたいですね♪

もしあなたが千葉銀行カードローンとプレミアクラスのどちらを申込むべきか悩んだ場合は、とりあえず千葉銀行カードローンを選んでおけば間違いないと思います。

千葉銀行カードローンを選ぶ理由
  1. 審査時間が早い
  2. 最低返済額が安い
  3. 色んな人が申し込める

千葉銀行カードローンはプレミアクラスと比べると、審査時間が短く、最低返済額が安いので、「今すぐ少しだけお金を借りたい」と言うあなたのニーズに上手く答えられていると言えます。

特に千葉銀行カードローンなら、あなたの年収に応じた限度額を設定してくれるので、借り過ぎる心配がありませんし、色んな属性の人が審査に通るのも大きな魅力と言えます。

プレミアクラスは「年収600万円以上、持ち家あり、勤続年数3年以上、自営業・個人事業主NG」と言った厳しい条件が多いですが、千葉銀行カードローンなら「安定した収入のある人」が審査対象なので、審査を申込める人の間口が広いです。

そのため、もしあなたがどちらのカードローンを選ぶべきか迷った場合は、まずは千葉銀行カードローンを申込んでおき、何か違うなと感じた時にプレミアクラスへの切り替えを検討すれば問題ないかと思います。

まずは千葉銀行の「10秒クイック診断」を利用して、あなたが今すぐ千葉銀行カードローンの審査に通るかさっそく調べてみましょう。

千葉銀行カードローンを利用すれば、あなたの年収や収入に応じた限度額で安心してお金を借りることができるようになりますよ。

※東京・千葉・茨城・埼玉と神奈川県の一部地域(横浜市・川崎市)で申込むことができます。
※審査は安定した収入がある方が対象となります。

 

あなたにおすすめの銀行カードローンのまとめ!

千葉銀行

千葉銀行カードローンは、年率1.7%~14.8%という低金利、毎月の返済額が月々2000円から利用できる、返済負担の少ない銀行カードローンとなっています。

パートやアルバイト、派遣社員の方も審査を申込めるので、普段から千葉銀行を利用されている方には特におすすめです。(もちろん、千葉銀行の口座がない人も申込みOK!)

千葉銀行カードローンなら、WEB完結・来店不要で審査が完了し、審査通過後は全国の提携ATMで自由に使えるので、旅行や出張にも使える心強い味方になってくれること間違いありませんよ!

※東京・千葉・茨城・埼玉と神奈川県の一部地域(横浜市・川崎市)で申込むことができます。
※審査は安定した収入がある方が対象となります。

 

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持てる返済負担がとても軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

みずほ銀行

みずほ銀行カードローンは、年率2.0%~14.0%という金利の安さで借りれる低金利の銀行カードローンとして人気があります。

みずほ銀行カードローンを契約すれば、みずほ銀行ATMの利用手数料が無料になる特典が付いてくるので、ATM手数料を節約したい方にも人気があります。

もしあなたがみずほ銀行の口座を持っているのなら、間違いなくみずほ銀行カードローンがおすすめですよ!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

-千葉銀行カードローン

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2019 All Rights Reserved.