千葉銀行カードローン

千葉銀行カードローンのプレミアクラスの審査条件と優遇内容を分かりやすく解説してみた!

更新日:

千葉銀行カードローンのプレミアクラスって何でしょうか?
年収600万円以上の人が利用できる、特別なカードローンのことピヨ!

千葉銀行カードローンでは、年収が600万円以上の人を対象に、特別条件キャッシングができるカードローン「プレミアクラス」の発行が行われています。

千葉銀行のプレミアクラスでは、通常のカードローンの金利よりも低金利なだけでなく、住宅ローン契約者にはら更なる金利優遇も付いている、とてもお得なカードローンになっているんです。

プレミアクラスの特徴!
  1. 年収600万円以上が対象!
  2. 金利は年率3.8%~5.5%!
  3. 住宅ローンでの金利優遇あり!

千葉銀行のプレミアクラスでは、通常のカードローンと比べても金利の安い年率3.8%~5.5%で借りることができるので、子供の養育費やレジャー費用など、まとまった資金も素早く捻出することができます。

また、最低返済額も月々1万円から利用できるので、返済負担も極力軽くして借りられるのが大きな特徴です。

しかも、千葉銀行で所定の住宅ローンを契約していれば、店頭金利さらに年率0.20%の金利優遇を受けることができるんです。

もちろん、千葉銀行の口座を持っていない人でも審査を申込めるので、もしあなたの年収が600万円以上あるのなら、今すぐ千葉銀行のプレミアクラスを申込みましょう!

※東京・千葉・茨城・埼玉と神奈川県の一部地域(横浜市・川崎市)で申込むことができます。
※審査は安定した収入がある方が対象となります。

 

千葉銀行カードローンとプレミアクラスの契約条件を比較!

千葉銀行のプレミアクラスなら限度額が300万円~500万円ピヨ!
少額キャッシングにも使えて、低金利だから便利ですね♪

千葉銀行のプレミアクラスは、一般用のカードローンと比べても、契約条件にかなり優遇が効いていることが一目見ても分かります。

千葉銀行カードローンとプレミアクラスの比較
プレミアクラス カードローン
金利 年率3.8%~5.5% 年率1.7%~14.8%
限度額 300万円~500万円 10万円~800万円
審査時間 約2週間ほど 最短2営業日
最低返済額 月1万円~ 月2,000円~
保証会社 ちばぎん保証株式会社
株式会社ジャックス
エム・ユー信用保証株式会社

千葉銀行カードローンとプレミアクラスを比較した場合、最大限度額はカードローンの方が高いですが、プレミアクラスを利用した方がカードローンより有利な金利条件で契約できるケースが多いです。

またカードローンの返済額は月々2,000円からになってはいますが、実際には利用残高が増えるにつれ最低返済額は上がって行くので、プレミアクラスと大きな違いはないと言えます。

またプレミアクラスでも、カードローンと同様、提携ATMにローンカードを挿入するだけで簡単にキャッシングができるので、初めてカードローンを利用するあなたも安心して使うことができます。

千葉銀行カードローンよりもプレミアクラスを利用した方が、金利面などで優遇が大きいので、もしあなたの年収が600万円以上ある場合は、ぜひプレミアクラスに審査を申込んでみましょう。

その他、千葉銀行のカードローンとプレミアクラスの詳細な比較については、下の記事を参考にして下さい。

千葉銀行カードローンとプレミアクラスの違い

 

千葉銀行のプレミアクラスを利用するメリットや特典内容!

千葉銀行のプレミアクラスにはどんな特典内容があるんですか?
金利や限度額などの特典や優遇が大きいピヨ!

千葉銀行カードローンのプレミアクラスを利用すれば、金利や限度額などで優遇を受けられる点が大きなメリットとして挙げることが出来ます。

プレミアクラスのメリット!
  1. 金利や限度額で優遇がある
  2. 少額キャッシングにも使える
  3. 最低返済額が月1万円から

 

メリット①:金利や限度額で優遇がある

メリット 1
プレミアクラスは
優遇が大きい!

まず千葉銀行のプレミアクラスを利用する一番の理由は「金利や限度額での優遇内容が大きい」という点です。

主なカードローンの金利と限度額
下限金利 上限金利 最低限度額 最高限度額
プレミアクラス 年率3.8% 年率5.5% 300万円 500万円
千葉銀行 年率1.7% 年率14.8% 10万円 800万円
三菱UFJ銀行 年率1.8% 年率14.6% 10万円 500万円
三井住友銀行 年率4.0% 年率14.5% 10万円 800万円
みずほ銀行 年率2.0% 年率14.0% 10万円 800万円
SMBCモビット 年率3.0% 年率18.0% 10万円 800万円
プロミス 年率4.5% 年率17.8% 10万円 500万円
アイフル 年率3.0% 年率18.0% 10万円 800万円

まず多くのカードローンが最低限度額が10万円になっているのに対し、千葉銀行のプレミアクラスなら最低限度額が300万円からとなっているので、一回の審査でまとまった資金を借りやすいと言うメリットがあります。

また、千葉銀行のプレミアクラスなら金利が年率3.8%~5.5%という破格の条件で借りることができるので、最初から低金利でキャッシングを始められるメリットが大きいです。

通常のカードローン審査では、あなたの年収や職業とは別に、カードローンの契約年数や返済実績を積み重ねないと金利優遇を行ってくれないカード会社が多いので、最初から優遇条件で借りれるプレミアクラスはかなり利用価値が高いと言えます。

 

メリット②:少額キャッシングにも使える

メリット 2
プレミアクラスは
少額融資にも対応

また、千葉銀行のプレミアクラスでは、初回審査の後からすぐに300万円~500万円の限度額で設定されますが、年会費や更新費は無料なので、利用残高0円のまま持ち続けることができます。

そのため、親の入院費用や歯列矯正の費用など、まとまった資金が必要なとき合わせてお金を素早く調達したり、車の車検費用の立替えといった使い道に最適です。

もちろん、限度額が300万円と言った大きな枠がある状態でも、1万円や2万円と言った少額のキャッシングを利用しても問題ないので、あなたの借入目的や予算に合わせて自由にキャッシングをすることができます。

他社カードローンの場合、少額キャッシングの目的で審査を申込むと、金利が年率18.0%といった高額な金利を設定されるケースが多いです。

その点、千葉銀行のプレミアクラスを利用すれば、金利が年率3.8%~5.5%で少額キャッシングでも借りれるので、他のカードローンよりも利息を節約して借りることができます。

 

メリット③:最低返済額が月1万円から

メリット 3
プレミアクラスは
返済は月1万円~

千葉銀行のプレミアクラスの場合、毎月の最低返済額は1万円~となっていて、経済的な負担を軽くして利用することができます。

千葉銀行プレミアクラスの返済額早見表
貸越残高 約定返済額
50万円以下 1万円
50万円超、100万円以下 2万円
100万円超、200万円以下 3万円
200万円超、300万円以下 5万円
300万円超、400万円以下 7万円
400万円超、500万円以下 9万円

千葉銀行のプレミアクラスでは上の様な形で返済金額が増えていくことになります。

通常の千葉銀行カードローンと比較すると、金利が安い分、発生する利息も安くなるので、完済までの期間も短くなりやすいのがメリットとしてあります。

そのため、まとまった資金が必要なときはもちろん、少額キャッシングを考えている場合にも、千葉銀行のプレミアクラスはとても使い勝手のよいキャッシングサービスと言えます。

 

プレミアクラスの審査に通るための審査基準は?

プレミアクラスの審査に通るためにはどうしたらいいですか?
プレミアクラスの審査に通るための条件をまとめたピヨ!

千葉銀行のプレミアクラスは、審査を申し込むために一定の条件があり、通常のカードローン審査よりも申込条件がやや複雑となっています。

千葉銀行プレミアクラスの申込条件は?
年齢 満20歳以上、満60歳未満
住所 東京・千葉・埼玉・茨木・神奈川(横浜・川崎)に在住もしくは勤務の方
年収 年収が600万円以上、安定してある
持ち家 本人居住用の住宅を持っている(同居家族の保有も可)
勤務年数 同一勤務先に3年以上勤務している
職業 個人事業主や同族会社オーナーは申込不可。ただし、医師や弁護士などは申込可。
その他 千葉銀行の口座で給与振込を利用している。また今後ご利用いただける方。(ただし、住宅ローン契約者を除く)

これらの内容は、審査基準ではなく申込条件なので、すべての条件を満たせる人だけが千葉銀行のプレミアクラスを申込めるようになっています。

もし、これらの条件を満たせない場合は、通常の千葉銀行カードローンに審査を申し込んでキャッシングをすることになります。

千葉銀行カードローンとプレミアクラスの違いについては、別の記事で詳しく解説してあるので、ぜひ参考にして下さい。

千葉銀行カードローンとプレミアクラスの違い

 

条件①:年齢は満20歳以上、満60歳未満

point 1
年齢条件は
満60歳未満!

千葉銀行のプレミアクラスは、通常のカードローン審査よりも年齢基準が厳しく、契約時の年齢が満20歳以上満60歳未満となっています。

主なカードローンの年齢条件
プレミアクラス 満20歳以上満60歳未満
千葉銀行 満20歳以上満65歳未満
三菱UFJ銀行 満20歳以上満65歳未満
三井住友銀行 満20歳以上満69歳以下
みずほ銀行 満20歳以上満66歳未満
SMBCモビット 満20歳以上満69歳以下
プロミス 満20歳以上満69歳以下
アイフル 満20歳以上満69歳以下

他のカードローンと比べても千葉銀行のプレミアクラスは年齢条件が厳しくなっているので、審査通過後の利用期間の長さを考えると、50代後半からの新規審査は別のカードローンを選んだ方が賢明といえます。

逆に20代~30代の時点で年収が600万円以上ある場合には、プレミアクラスの申込をした方が、通常のカードローンよりも低金利で借りれるので、かなりおすすめと言えます。

その他、カードローン審査と年齢の関係性については、下の記事でも詳しく解説してあるので、ぜひ参考にしてください。

カードローン審査と年齢

 

条件②:住所は関東圏に住んでいるor勤務中であること

point 2
審査エリアは
関東圏に限定

千葉銀行カードローンの時と同様、プレミアクラスでは審査を申し込めるエリアが関東圏に限定されています。

また、千葉銀行カードローンの時と違って、プレミアクラスではインターネット支店が対象になっておらず、あくまで千葉銀行の本店と支店の営業エリア内に住んでいる方からの申込に限定される点に注意が必要です。

また、東京・埼玉・神奈川の一部地域では審査を申し込めないエリアがあるので、不安なときは審査を申し込んだときに担当者に確認されることをおすすめします。

 

条件③:年収は600万円以上が安定してあること

point 3
最低年収は
600万円!

千葉銀行のプレミアクラスの審査条件として「年収が600万円以上を安定的に稼いでいる方」に限定されています。

これは、単発で前年度の年収が600万円を超えた場合ではなく、毎年安定的に年収が600万円以上を稼いでいることが条件となります。

 

条件④:本人名義もしくは家族名義の持ち家に住んでいる

point 4
持ち家に
住んでいる

また、本人名義・家族名義のどちらでも構わないのですが、所有している持ち家に住んでいることが、千葉銀行のプレミアクラスの申込条件となっています。

この時、住宅ローンの残債がある状態でも、持ち家があれば審査条件を満たしたことになるので問題ありません。

また、千葉銀行で住宅ローンを契約していない場合でも、プレミアクラスを申し込むことはできますが、千葉銀行の指定する住宅ローンを契約している場合は、プレミアクラスの金利が年率0.20%優遇される特典が付いています。

そのため、千葉銀行で住宅ローンを契約している場合には、プレミアクラスを申込むのが最も低金利のカードローンを手に入れるための最短ルートと言えます。

 

条件⑤:同じ勤務先に3年以上勤めている

point 5
勤続年数が
3年以上!

千葉銀行のプレミアクラスを利用するためには、同じ勤務先での勤続年数が3年以上必要となります。

ただ、年収が600万円を超える為には、大抵は同じ企業に何年も勤める必要があるため、そこまで大きな障壁にはならないと言えます。

とは言え、年収は600万円以上はあるけれど、転職直後のために審査を申込む事が出来ないと言った事情がある場合もあるかと思います。

その場合は、一旦、通常の千葉銀行カードローンで審査を申込んでおき、勤続年数が3年を超えてから、千葉銀行に連絡をしてプレミアクラスへの切り替えを相談してみることをおすすめします。

千葉銀行カードローンなら、勤続年数の最低年数は審査の必要条件にはないため、転職直後のあなたでも審査に通る見込みが十分あります。

また、千葉銀行カードローンなら勤続年数より、年収や返済金額などを基準にして限度額が設定されるため、あなたが高い年収を維持しているのであれば、プレミアクラスと大差ない低金利で契約できるチャンスが十分あると言えます。

 

条件⑥:個人事業主や同族会社のオーナーは審査不可

point 6
個人事業主は
審査不可

千葉銀行のプレミアクラスは、安定して高い年収を維持してくれる人を対象にしているため、個人事業主や自営業、同族会社のオーナー社長等からの審査申込には対応していません。

プレミアクラスの審査対象者

  • 企業に勤める会社員
  • 官公庁に勤める公務員
  • 医師や歯科医などの医業
  • 弁護士や税理士などの士業 など

プレミアクラスでは、会社員や公務員からの審査申込を前提にして作られたローン商品のため、個人事業主や自営業の方は審査を申込む事はできません。

ただし、同じ個人事業主でも、医師や歯科医などの医業従事者であったり、弁護士や税理士などの士業に就いている方は、プレミアクラスの審査対象となっています。

もしあなたが個人事業主や自営業などの場合で、プレミアクラスの審査を諦めざるを得ない場合は、ビジネクストなどがおすすめです。

ビジネクストなら、法人・個人事業主だけが借りれる専用のカードローンとなっているだけでなく、事業資金目的でも利用できるので、運転資金の調達にもおすすめです。

詳しくはビジネクストの審査基準の解説ページを参考にして下さい。

ビジネクストの審査基準

 

条件⑦:千葉銀行の口座で給与を受け取る(またはその予定)

point 7
給与受取を
千葉銀行で

千葉銀行のプレミアクラスを利用するときに、最も面倒な条件と言えるのが「給与の受取口座を千葉銀行に指定する」という条件です。

元々の給与受取を千葉銀行に指定している場合は特に問題がありませんが、既に別の銀行口座で給与受取の口座を指定している場合は、プレミアクラスの審査通過後に給与受取の口座変更手続きを行う必要があります。

ただし、例外的に、すでに住宅ローンを他行で契約している場合には、給与受取の口座を千葉銀行に指定していなくてもプレミアクラスを申込むことができます。

また、今の時点で給与受取を千葉銀行に指定していなくても、プレミアクラスの審査自体は申し込めるので、プレミアクラスの審査結果を待ってから、給与受取の口座変更を考えても問題ありません。

千葉銀行のプレミアクラスは、全体的に審査条件が面倒臭いので、千葉銀行カードローンを申込んだ時に、プレミアクラスの対象なのかどうかを問い合わせるのが一番確実だと言えます。

 

プレミアクラスの返済方法や返済ルールは?

千葉銀行のプレミアクラスの返済方法や返済ルールを教えて下さい。
最低返済額は毎月1万円からで、毎月1日引落が発生するピヨ!

千葉銀行のプレミアクラスでは、約定返済日の前日までの利用残高に応じて、最低返済額が決定される仕組みとなっています。

プレミアクラスの返済額早見表
貸越残高 約定返済額
50万円以下 1万円
50万円超、100万円以下 2万円
100万円超、200万円以下 3万円
200万円超、300万円以下 5万円
300万円超、400万円以下 7万円
400万円超、500万円以下 9万円

プレミアクラスの返済日は、特に断りがなければ毎月1日が約定返済日となるので、約定返済日の前日(1日が返済日なら前月末日)の最終利用残高に応じて、返済金額が決まる仕組みとなっています。

千葉銀行のプレミアクラスの金利は年率3.8%~5.5%となっているため、同じ条件でキャッシングをした場合でも、通常の千葉銀行カードローンよりも利息を節約して借りることができるのがメリットです。

その他、千葉銀行カードローンとプレミアクラスの詳しい比較については、下の記事で解説してあるのでぜひ参考にして下さい。

千葉銀行カードローンとプレミアクラスの違い

 

千葉銀行のプレミアクラスでよくある質問

千葉銀行のプレミアクラスでよくある質問をまとめたピヨ!
ここにない質問や疑問点などがあればお気軽にお問合せ下さいませ♪

最後に千葉銀行プレミアクラスの審査についてよくある質問や疑問をQ&A形式でまとめました。

もしあなたがここにまとめていない項目などで気になる事や知りたい事などがあれば、お気軽に質問フォームよりご連絡下さい。

すべての質問にお答えできる訳ではありませんが、できる限り対応をしていくので、よろしくお願い致します。

 

質問①:審査時間はどれくらい掛かりますか?

審査時間はどれくらい掛かりますか?

プレミアクラスの審査時間は、目安として約2週間程度かかるようになっています。

そのため、どうしても審査を急ぎたい場合などは、通常の千葉銀行カードローンを申込むか、即日キャッシングに対応した消費者金融系のカードローンを利用されることをおすすめします。

 

質問②:医師や弁護士は審査を申込むことは可能ですか?

医師や弁護士は審査を申込むことは可能ですか?

もちろん可能です。

千葉銀行のプレミアクラスでは、個人事業主や同族会社のオーナーは審査を申込めませんが、医師や弁護士などの師士業の方は審査を申込むことが可能です。

もしあなたが審査の対象なのかどうかを知りたい時は、一度千葉銀行カードローンに審査を申込んだ上で、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談されることをおすすめします。

 

質問③:住宅ローンがある状態でも審査に通りますか?

住宅ローンがある状態でも審査に通りますか?

もちろん可能です。

千葉銀行のプレミアクラスでは、年収600万円以上で持ち家を持っている人を審査の対象としているため、むしろ住宅ローンを契約していることを織り込み済みで審査を行ってくれます。

また、千葉銀行が指定する住宅ローンを契約していれば、店頭表示されているプレミアクラスの金利から年率0.20%の金利優遇を受けられるのでとてもお得です。

住宅ローンがあると言うことは、逆に言えば、住宅ローン審査に通るほどの与信実績があると言うことなので、自信をもって審査を申込みましょう。

 

千葉銀行カードローンのプレミアクラスはかなり優秀!

審査申込の条件は面倒だけど、商品内容自体はかなり優秀ピヨ!
普段から千葉銀行を利用している人にはとても魅力的ですね♪

今回は千葉銀行のプレミアクラスについての、審査条件や申込条件などを出来る限り分かりやすく解説にまとめてみました。

千葉銀行のプレミアクラスは、正直に言えば、申込条件が多すぎるので、一般的な認知も低く、申込が面倒に感じてしまいがちだと思います。

ですが、ひとたび審査条件を満たしてしまえば、他のどの銀行カードローンよりも有利な条件でキャッシングができる魅力的なカードローンとしてあなたを支えてくれます。

プレミアクラスのメリット!
  1. 年率3.8%~5.5%と低金利!
  2. 限度額が300万円~500万円と大きい!
  3. 口座がない人も審査申込可能!

千葉銀行のプレミアクラスなら、年率3.8%~5.5%と低金利でキャッシングができるので、同じ10万円や20万円と言った少額キャッシングを利用した場合でも、発生する利息に大きな違いが生まれます。

また、一回の審査で限度額が300万円~500万円の間で設定されるので、まとまった資金が必要な人はもちろん、いざという時のための備えとしても心強い存在となってくれます。

何より、まだ千葉銀行の口座を持っていない人でも、プレミアクラスの審査申込と同時に口座開設ができるので、来店することなくプレミアクラスの審査申込を全て完了させることができてしまいます。

これだけのまとまった資金を来店不要・WEB完結で借りれるカードローンはかなり珍しいので、もしあなたがまとまった資金を必要としていたり、千葉銀行をメインバンクで利用しているのなら、迷わずプレミアクラスを申込んでみましょう。

プレミアクラスの審査条件は色々と複雑ですが、審査に通った時の喜びは大きいですし、年会費無料でいつでもまとまった資金が借りれるようになった時の安心感はとても大きいですよ。

※東京・千葉・茨城・埼玉と神奈川県の一部地域(横浜市・川崎市)で申込むことができます。
※審査は安定した収入がある方が対象となります。

 

あなたにおすすめの銀行カードローンのまとめ!

千葉銀行

千葉銀行カードローンは、年率1.7%~14.8%という低金利、毎月の返済額が月々2000円から利用できる、返済負担の少ない銀行カードローンとなっています。

パートやアルバイト、派遣社員の方も審査を申込めるので、普段から千葉銀行を利用されている方には特におすすめです。(もちろん、千葉銀行の口座がない人も申込みOK!)

千葉銀行カードローンなら、WEB完結・来店不要で審査が完了し、審査通過後は全国の提携ATMで自由に使えるので、旅行や出張にも使える心強い味方になってくれること間違いありませんよ!

※東京・千葉・茨城・埼玉と神奈川県の一部地域(横浜市・川崎市)で申込むことができます。
※審査は安定した収入がある方が対象となります。

 

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持てる返済負担がとても軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

みずほ銀行

みずほ銀行カードローンは、年率2.0%~14.0%という金利の安さで借りれる低金利の銀行カードローンとして人気があります。

みずほ銀行カードローンを契約すれば、みずほ銀行ATMの利用手数料が無料になる特典が付いてくるので、ATM手数料を節約したい方にも人気があります。

もしあなたがみずほ銀行の口座を持っているのなら、間違いなくみずほ銀行カードローンがおすすめですよ!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

-千葉銀行カードローン

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2019 All Rights Reserved.