お金と生活費の話

転職する前にあなたがやるべきマネー対策3選!

更新日:

転職を考えたときにお金のことでした方がいい対策ってありますか?
当面の資金確保と、将来に向けての貯蓄が大切ピヨ!

もしあなたが今の会社に嫌気がさして、一日も早く転職を考えているのなら、転職活動と並行して十分なマネー対策を進めておくことが大切です。

転職前のマネー対策3選!
  1. 転職活動の資金確保!
  2. 転職後の生活費の確保!
  3. 将来へ向けての蓄財!

もしあなたの今の勤務先が「長時間労働・薄給・パワハラ三昧」のブラック企業対象にノミネートされるほどのレベルなのであれば、迷わす転職活動を進めていきましょう。

ただ、転職活動を行うためにはマネー対策を十分に行っておかないと、転職活動中や転職後に、資金ショートを起こしてしまう恐れがとても高いです。

もちろん、転職期間を乗り切れるだけの十分な貯蓄があれば問題ありませんが、もしあなたの今の勤め先があまりにも薄給で転職期間中の生活資金を賄えるだけの蓄財がないのであれば、この記事を今すぐチェックしてお金の勉強をして下さいね!

今回は転職活動に関するノウハウではなく、転職資金の捻出方法を中心に解説していきたいと思います。

もしあなたが転職活動に関する具体的なノウハウや手順などを知りたい場合には、各種の転職活動のサイトを参考にして下さい。

(外部サイト)転職活動について

 

転職する前にあなたがやるべきマネー対策3選!

年会費無料のカードを使うことで、柔軟なキャッシュフローが作れるピヨ!
転職する前からお金の対策をすることで、転職活動も集中してできるんですね♪

転職活動を進めていく上で、やはり大切なのは「転職活動の資金確保」の問題です。

転職期間中は、会社を休む日も自然と増えることになるので、毎月のお給料は下がりやすいですし、転職期間中の交通費や昼食代などもバカになりません。

また、仮に転職が成功したとしても、初任給が支払われるまでの間は何とかあなた自身の貯蓄だけで耐えしのぐ必要があります。

そこで次に紹介する3つの資金対策をすることで、より効率的に転職活動に集中できるようにすることが大切です。

 

対策①:転職活動中の資金を確保にはカードローンが最強!

転職活動をするときの活動資金はカードローンが一番ピヨ!
クレジットカードと違って、安定的に返済していけるのが大きなメリットですね♪

もしあなたが今から転職活動を考えている、もしくは転職活動中なのであれば、今すぐカードローンを作っておくことをおすすめします。

カードローンのメリット
  1. 年会費無料で持てる
  2. 低金利で利用できる
  3. 分割払いで利用できる

実はカードローンは実際に利用してみると、クレジットカードにはないメリットが多くあり、特に転職活動中の資金調達の方法としては、とても優秀と言えるんです。

もちろんカードローンを利用するときは、いくつかのデメリットや注意点を知っておく必要はありますが、もしあなたが転職活動に必要なお金や引越し資金などに頭を悩ませているのなら、迷わずカードローンを利用されることをおすすめしますよ!

カードローンの申込には一定の審査があります。

そのため、転職時のカードローン審査のポイントが気になる場合は、下の記事を参考にして下さい。

転職時のカードローン審査

 

カードローンのメリット①:年会費無料で持てる

point 1
カードローンなら
年会費無料!

まずカードローンなら年会費無料で持つことができるので、これから就職活動を控えているあなたも先に審査を申し込んでおいて、お金が必要になった時にだけ素早く現金を借りれるようになります。

また、カードローンの返済が完了した後も契約を続けていれば、完済後もいつでも再利用ができるので、会社の飲み会や出張費用の一時立て替えなど、将来お金が必要になった時に審査なしで素早くお金を借りれるようになります。

カードローンなら年会費無料で持ち続けられるので、転職活動だけでなく転職後にも心強いお金のパートナーになってくれること間違いありません。

 

カードローンのメリット②:低金利で利用できる

point 2
カードローンなら
低金利で借りれる

カードローンを利用するもう一つのメリットとして「クレジットカードよりも低金利で利用できる」と言うメリットがあります。

カードローンとクレジットカードの違い
カードローン クレジットカード
金利 年率3.0%~14.5% 年率15.0%
キャッシング額 1万円~800万円 10万円~30万円
返済金額 月々1,000円~ 一括・分割など

クレジットカードでキャッシングをした場合、キャッシング限度額が高くても30万円程度になるだけでなく、原則一括払いになるケースがほとんどなので、転職資金などのまとまったお金が必要な時には不向きなお金の借り方と言えます。

一方、カードローンでキャッシングをすれば、銀行などの低金利のカードローンなら年率3.0%~14.5%で借りることができるので、あなたの与信内容などによればクレジットカードよりもよい条件でキャッシングすることができます。

また、キャッシングの限度額もあなたの年収に応じて最大800万円まで借りることができるので、転職活動の資金だけでなく、引越し資金や初任給振込までの生活費の補填などにも使うことができます。

つまり、まとまった資金が必要になったときにこそ、返済金額も金利も抑えて安定的に返していくことができるのがカードローンの最大のメリットと言えます。

他にも、カードローンとクレジットカードの違いは色々とあるので、詳しくは下の記事も参考にしてみて下さい。

カードローンとクレジットカードの違い

 

カードローンのメリット③:分割払いで利用できる

point 3
カードローンなら
返済方法も便利!

転職活動の資金調達の方法としてカードローンをおすすめしたい3つ目の理由として、「返済方法も柔軟で分割払いで利用できる」点が挙げられます。

カードローンの主な返済方法
提携ATM カード会社が提携している銀行やコンビニATMにカードローンを挿入して返済する方法。提携ATMによっては利用手数料が無料になるケースもあるので、返済手数料を抑えたいときにとてもおすすめ。
銀行振込 毎月決められた返済日までに、指定された銀行口座にお金を振り込んで返済する方法。特定のネットバンクを利用すれば、振込時にかかる返済手数料を節約することも可能。
口座引落 毎月決められた日に、予め設定しておいた銀行口座からお金が引き落とされる返済方法。返済日を覚えておく必要がないので、仕事で忙しい人や返済日の管理が面倒な人におすすめ。

カードローンならこれらの返済方法の中から、あなたにとって最も都合のよい返済方法を選ぶことができるので、他の資金調達の方法よりも便利に転職資金を確保することができます。

また、カードローンの返済金額は、消費者金融系のカードローンで月々4,000円~、銀行カードローンなら月々1,000円~利用できるところもあるので、金欠になりやすい転職直後のお財布にも優しいのが特徴です。

万が一、返済に困ったときも、大手カードローンなら返済の相談についても柔軟に対応してくれるので安心感がとても大きいです。

各カードローンによって返済方法や返済金額の内容は変わるので、詳しくは下にまとめた記事を参考にして頂けると幸いです。

カードローンの返済方法

 

転職前におすすめなカードローン3選

転職前におすすめなカードローンはどこになりますか?
低金利で返済金額の安い三菱UFJ銀行カードローンがおすすめピヨ!

もしあなたが転職前にカードローンの契約を考えているのなら、次に紹介する3つのカードローンのどれかを選ぶのがおすすめです。

転職前におすすめのカードローン
  1. バンクイック
  2. プロミス
  3. SMBCモビット

転職前に選ぶカードローンの中でも、三菱UFJ銀行のバンクイックなら、年率1.8%~14.6%という低金利で借りることができるので、初めてカードローンを利用する人はもちろん、少しでも利息を安く抑えたいと考えているあなたにもおすすめです。

また、プロミスなら初めて借りた日から最大30日間まで無利息キャッシングができるので、転職費用の一時的な借り入れを考えているあなたにとてもピッタリです。

他にも、SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば、あなたの携帯や勤務先にSMBCモビットからの電話が掛からずに審査が最後まで完了するので、誰にも気づかれることなく今すぐキャッシングしたいときには間違いなくおすすめです。

あなたの事情や借入目的などにもよって、どのカードローンが一番おすすめになるのかは変わるので、次に紹介する3つのカードローンの解説を参考にして、あなたにとって最適なカードローンを選んで下さいね!

 

三菱UFJ銀行

特徴
  • 提携ATMが無料!
  • 口座開設なし
  • 審査が早い
実質年率 最大限度額 審査時間
1.8%~14.6% 500万円 スピーディ
WEB完結 提携コンビニ 土日申込
OK OK

>>審査基準など詳細情報はこちら!

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、審査に通過したその日のうちからバンクイックカードを受け取ってキャッシングができるので、低金利で素早く借りれる銀行カードローンとしてとても人気があります。

また、バンクイックの審査時間は最短翌営業日で完了し、土日祝の審査にも対応しているので、平日は仕事や転職活動に忙しいあなたにもおすすめです。

しかも、バンクイックの返済金額は毎月1,000円~となっているので、転職が完了した後の金欠になりがちな状態も、バンクイックの返済額なら負担を最小限に食い止めて安心して利用することができます。

バンクイックなら口座開設なしで審査を最後まで完了させることができるので、三菱UFJ銀行の口座を持っていない人も、これ以上銀行口座を増やしたくないという人にとっても、とてもおすすめできるカードローンと言えますよ。

バンクイックがおすすめな人

  • 口座開設なしで借りたい人
  • 毎月の返済金額を少しでも安くしたい人
  • 安心の銀行カードローンから借りたい人
※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

プロミス

特徴
  • プリカが貰える!
  • 30日間金利ゼロ!
  • 最短30分!
実質年率 最大限度額 審査時間
4.5%~17.8% 500万円 最短30分
WEB完結 提携コンビニ 収入証明書
OK 50万円まで不要

>>プロミスの審査基準や口コミなどはこちら!

プロミスなら、最短30分で即日キャッシングができるだけでなく、最大30日間まで無利息キャッシングを利用できるので、一時的な借り換えや建て替えなどにも威力を発揮します。

また、プロミスなら限度額が50万円までなら収入証明書の提出なしで審査を完了できるので、給与明細や源泉徴収票が手元にない時もとてもおすすめです。

他にも、プロミスを利用すれば、2000円分の三井住友プリペイドカードが貰えたり、ピザの半額や映画館の割引などお得なクーポンを貰える「おとくらぶ」を利用できるので、少しでもお得に便利にキャッシングしたいときは、ぜひプロミスを活用しましょう!

プロミスがおすすめな人

  • 給与明細が手元にない人
  • 一時的な立替えなどを考えている人
  • クーポンや無利息などでお得に借りたい人
※無利息キャッシングは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※申込み時間によっては即日融資に間に合わない場合がございます。

 

SMBCモビット

特徴
  • WEB完結で電話なし!
  • アプリローンが便利!
  • 低金利で安心!
実質年率 最大限度額 審査時間
3.0%~18.0% 800万円 最短30分
WEB完結 提携コンビニ 収入証明書
OK

>>SMBCモビットの審査基準や口コミなどはこちら!

三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで、あなたの勤務先にSMBCモビットから電話が掛かることなく審査を最後まで完了させることができます。

また、審査時間も最短30分ととても短く、審査に通過した後は土日祝の振込キャッシングなどにも対応しているので、来店不要でキャッシングをすることができるので安心です。

SMBCモビットなら審査通過後にクレジットカードの発行申込も可能なので、転職などの新生活ととても相性のよいカードローンと言えますよ。

SMBCモビットがおすすめな人

  • 勤務先に電話確認をされたくない!
  • 来店不要で今すぐ借りたい!
  • クレジットカードも申し込みたい!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

対策②:転職後の生活費はクレジットカードでカバー!

意識的にクレジットカードを使えば、生活費のほとんどはキャッシュレス化ができるピヨ!
今どきはコンビニやスーパーでもクレジットカードが使えるんですね♪

転職資金の調達方法としてよく比較されるのがクレジットカードですが、クレジットカードの活用は、お金を借りる目的というより、生活費の一時的な立替えという目的で使えば、とてもメリットが大きくなります。

クレジットカードのメリット!
  1. ポイント還元を受けられる!
  2. 支払いを先送りにできる!
  3. 少額キャッシングもできる!

 

クレジットカードのメリット①:ポイント還元を受けられる!

point 1
クレカなら
ポイント還元

まずクレジットカードを転職活動に使う最大のメリットとして「利用した金額に応じてカード会社からポイントを受け取ることができる」点が挙げられます。

主なクレジットカードの還元率
還元率 貰えるポイント
楽天カード 1% 楽天ポイント
リクルートカード 1.2% リクルートポイント
Yahoo!カード 1% Tポイント
JCB W 1% okidokiポイント

仮に、転職活動用に3万円のスーツを新調した場合、現金払いとカード払いで比較すると、カード会社から貰えるポイント分だけ現金払いの人は損をしていると言えます。

つまり、100円につき1ポイントが貰える楽天カードで3万円のスーツを決済すれば、それだけで300円分の楽天ポイントが貰えるので、現金払いを選ぶよりもお得と言うこと。

たかが300円とあなたは思うかもしれませんが、毎月の生活費すべてをクレジットカードで決済をすれば、一年間で貯まるポイントは決して馬鹿にできない金額にまでなります。

特に今後は、消費税の還元をクレジットカードで行うと言われているので、現金派とクレジットカード派の格差は今後より一層広がると言えます。

転職後は一時的にクレジットカード審査に通りづらくなる傾向にあるからこそ、今後の諸々のことを見据えて、クレジットカードの発行を済ませておくことをおすすめします。

ちなみに、クレジットカードのポイントは、あなたが利用するカード会社や決済店舗などによってポイント付与の内容や条件が全く違うので、事前にしっかりと調べておくことをおすすめします。

また、今回紹介した3つのクレジットカードに関して言えば、使い勝手の良いポイントがもらえるので、迷ったときは、楽天カード・リクルートカード・yahoo!カードのどれかを選んでおけば間違いないと言えますよ。

 

クレジットカードのメリット②:支払いを先送りにできる!

point 2
クレカでも
分割払いが可能

クレジットカードの多くは、決済が完了した後の毎月の支払額を分割払いやリボ払いに後から変更できるサービスがついています。

そのため、転職活動の途中で生活費が厳しくなってきたら、とりあえずクレジットカードで決済をしておき、支払いを分割払いやリボ払いに変更しておくことで、カードの支払額を先延ばしにすることが可能です。

転職後の初任給が支払われるまでの間は、分割払いやリボ払いを活用しておき、初年度のボーナスなどを利用して一括返済をすれば、支払う利息も最小限に抑えることができます。

転職活動中の資金難を乗り切るためなど、利用目的をはっきりさせて分割払いやリボ払いを利用すれば、クレジットカードもカードローンに負けないくらい便利な決済手段として活躍してくれます。

もちろん、分割払いやリボ払いを多用してしまうと、クレジットカードの金利(年率15.0%)が発生してしまうので、使いすぎや長期的な利用は決しておすすめできません。

特にリボ払いや分割払いの残高が100万円を超えるようであれば、カードローンの金利の方が安くなることが多いので、利用金額に応じて借り換えなども検討されることをおすすめします。

低金利のカードローンを活用するメリットについては、下の記事を参考にして下さい。

低金利のカードローン

 

クレジットカードのメリット③:少額キャッシングもできる!

point 3
クレカなら
少額融資もOK!

転職活動を行っていると、クレジットカードがどうしても使えない、現金決済しか対応していない場面に遭遇することもあるかと思います。

そんな時、クレジットカードの一部には、少額資金であればキャッシングできるサービスが搭載されているケースがあります。

  • 提携ATMにカードを挿入
  • キャッシングを選択する
  • 必要資金を入力
  • キャッシングが完了!

クレジットカードを使ったキャッシング方法も、基本的にはカードローンと同じような手順で実行できるので、現金が足りないと感じたときは提携ATMにカードを挿入して必要な資金分だけキャッシングをしましょう。

ただし、クレジットカードのキャッシング枠は、カードローンと比べると枠が小さいので、30万円以上のまとまった資金が必要な場合はカードローンを利用するようにしましょう。

 

対策③:将来に向けての投資も今から初めて行く!

転職活動に向けて、他に考えておくべきお金のことってありますか?
月1000円でもいいから、将来に向けての投資を始めるピヨ!

もしあなたが転職活動を考えている理由の一つに「将来への不安がある」があるのなら、今からでも将来に向けて少しづつ積立投資を始めるよいタイミングと言えます。

積立投資のメリット!
  1. 長期的な相場に強い
  2. 貯金感覚で続けられる
  3. 将来の不安に備えられる

投資と聞くとあなたは「それって危なくないの?」と思うかもしれませんが、今の時代、投資をしないで現金のままお金を持っている方が危ないと断言できます。

毎年のように値上がりする消費税や、受給できる保証が全くない年金、退職金の受取りすら怪しい今の時代に、自分のお金を現金だけで持っていていいメリットは何一つありません。

さすがに全財産を投資に突っ込むのは無謀ですが、あなたが失っても惜しくないと思えるお金の範囲で少しづつ、地道に積立投資を始めていくことは、実はとてもメリットが大きいんです。

今と50年前の1万円の価値が全く違うことを考えれば、ただ現金で貯金しているだけでは、将来の備えには全くなっていないことは十分理解できると思います。

つまり、現金で貯金して将来に備えるだけでなく、将来成長する見込みのある国(国債・外貨)や企業(株式)に投資をすることで、貯金でお金を増やす以上のリターンを目指していくことが、将来に備えた本当の資産形成につながると言えるんです。

もちろん、投資には元本割れのリスクもあるので、カードローンやクレジットカードによるキャッシングが必要ない状態になってから、落ち着いてじっくりと取り組む様にして下さいね。

 

積立投資のメリット①:長期的な相場に強い

point 1
長期投資は
勝確のゲーム

まず数ある投資手法の中でも、積立投資というのは長期間になればなるほど、確実に利益を生み出せる投資手法であると言われています。

実際、多くの専門書やブログなどでも「積立投資はもっと優れた投資手法の一つ」と評価している人が多いことからも、積立投資は勝率の良い投資方法であることが分かります。

特に積立投資は急激な相場変動に強く、安い時は多めに購入し、高い時は少なめに購入するという、理想的な投資手法を自動で達成できるメリットがあります。

このあたりは「ドルコスト平均法」や「積立投資」といった言葉で調べてみると色々な解説サイトが出てくるので、ぜひ調べてみてください。

また、積立投資は「投資対象が長期的には成長する」ということを前提にした投資手法になるので、倒産間近の株式や失われた20年といわれる日本株には向きません。

むしろ、世界経済に対して投資ができる投資信託やアップルやAmazonなどの外国株を対象にして、積立投資と分散投資を組み合わせて行うのが理想的と言えます。

 

積立投資のメリット②:貯金感覚で続けられる

point 2
積立投資は
貯金感覚に近い

積立投資を行うもう一つのメリットとして「貯金感覚で無理なく続けられる」というメリットがあります。

仮に「今すぐ20万円を投資資金として用意する」となると、お金を用意するのも大変ですし、損をした時のリスクを考えると、何だか怖い感じがしますよね。

ですが「毎月1万円づつ積立投資をする」となれば、毎月の生活費の余剰金から少しづつ始めることができ、貯金感覚で続けていくことができるので、投資初心者でも無理なく始められます。

毎日のコンビニ通いで使うお金や、お酒やタバコ、必要以上の飲み会など、すべてをゼロにする必要はありませんが、少しづつでも節約したお金を積立投資に回すことで、将来に向けた貯えを簡単に始めることができるようになります。

ちなみに、数ある投資手法の中でも「長期・分散・積立」の3本柱で投資を行うのが、素人でも勝てる王道的な投資手法と言われています。

もしあなたが、将来お金に困らずに生活できるようになりたいと考えているのなら、この「長期・分散・積立」の3本柱を意識した投資スタイルを身に着けることをおすすめします。

 

積立投資のメリット③:将来の不安に備えられる

point 3
積立投資は
将来への貯え

投資には「長期運用」と「短期運用」の大きく2種類に分けることができますが、積立投資は長期投資との相性がとても良いです。

特に今の日本政府の年金運用に疑問を感じている人や、将来の退職金だけでは十分な老後資金にはならないと感じている人ほど、早い段階で積立投資を行うことで、将来への貯えとして十分なリターンを得やすくなります。

積立投資と老後資金

  • 複利の力でお金が増えていく
  • 貯金を崩しながらもお金を増やせる
  • 早い時期から始めることが大切!

転職して年収や待遇のよい会社を探すことも大切ですが、それ以上に、あなたのお金を少しづつでも運用していくことで、老後資金の足しを増やしていく考え方がとても大切です。

積立投資だけで将来に備えようとするのではなく、国の老齢年金や会社の退職金と合わせて、将来に備えていくという考え方で、少額投資から始めることを考えてみて下さいね。

ちなみに、「長期・分散・積立」投資の中でも最近は、お金を入金すれば自動で最適な投資先に投資をしてくれる「ロボアドバイザー」の存在が大きく注目されるようになりました。

数あるロボアドバイザーの中でも、「WealthNavi(ウェルスナビ)」と「TEHO(テオ)」の2つが今はとても注目されているので、もし長期・分散・積立投資に興味ある場合は、まずはこの2つのロボアドバイザーについてから調べてみてくださいね。

 

転職する前のマネー対策でよくある質問

転職する前のマネー対策についてよくある質問をまとめたピヨ!
もしここにない質問や疑問点などがありましたら、お気軽にご連絡下さいね♪

最後に転職する前のマネー対策についてよくある質問をQ&A形式でまとめました。

もしここにまとめきれていない質問や疑問点などがありましたら、お気軽に質問フォームよりご連絡下さいませ。

 

質問①:転職する前と後では、どちらの方がカード審査に通りやすいですか?

転職する前と後では、どちらの方がカード審査に通りやすいですか?

結論から言えば、勤務実績のある転職前に審査を申し込んだ方が、カードローンもクレジットカードも審査に通りやすいと言えます。

もちろん、あなたの転職先が東証一部上場などの大手企業であれば、転職後の方が審査に通りやすくなる可能性もゼロではありませんが、勤務年数が長い方が審査が有利になりやすいです。

また、転職先がベンチャー企業や中小企業などになる場合は、転職前に審査を申し込んだ方が審査に通りやすいので、必ず転職前に審査申込を済ませておきましょう。

 

質問②:カードローンとクレジットカードのどちらを用意した方がいいですか?

カードローンとクレジットカードのどちらを用意した方がいいですか?

理想を言えば、カードローンとクレジットカードの両方を用意しておくと安心と言えます。

ただ、どちらか一方だけと考えている場合、まとまった資金を必要とするならカードローンを選び、月数万円だけ補填をすれば十分というならクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

ちなみに、三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、カードローンの審査通過後にクレジットカードの発行も可能なので、どちらにするべきか迷った時はSMBCモビットのカードローン審査がおすすめです。

SMBCモビットのクレジットカード

 

質問③:キャッシングがある状態でも投資をするべきですか?

キャッシングがある状態でも投資をするべきですか?

絶対にキャッシングの完済を先に終わらせましょう!

カードローンやクレジットカードの金利は年率15.0%前後なのに対し、長期・分散・積立投資の利回りは、世界中のトップファンドでも年率5.0%くらいが限界です。

つまり、将来へのお金の問題を解決するための最短ルートは「投資を始めること」ではなく「今ある借金をすべてゼロにすること」だと言えます。

さらに言えば、投資には元本割れのリスクがありますが、キャッシングは繰上返済による利息節約の効果が期待できます。

何をどう考えても、キャッシングの早期返済の方が大切なので、積立投資を始めるときは、必ずすべての借金を完済してからにしましょう。

 

転職するときのマネー対策の考え方は人の数だけ存在します!

転職する理由にもよるけど、マネー対策は今から始めるのがベストピヨ!
まずは転職して年収を上げて、余ったお金で積立投資を始めてみたいと思います♪

今回は転職するときのマネー対策について、資金調達の方法や将来への備えについてなど、色々な角度からお金の対策について話をしました。

転職時のマネー対策については、人の数だけ考え方があるので、今回紹介したことだけが正しい訳ではありません。

そのため、転職と同じくらい、お金の問題については、今回の記事だけでなく色々な書籍やサイトを参考にして、あなたにとって最適な解決方法を考えるようにすることが大切です。

あなたの将来設計や転職後の収入状況などを見据えて、あなたにとって最適なマネー対策を考えるようにして下さいね。

 

カード選びに迷ったらコレ!おすすめカードローンのまとめ!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

普通預金の口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も口座開設なしで審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

-お金と生活費の話

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2019 All Rights Reserved.