カードローンの審査基準

転職した後でカードローンの審査に通るための3つの対策!

投稿日:

転職した後でもカードローンの審査に通るでしょうか?
いくつかのコツや条件を満たせば大丈夫ピヨ!

結論から言えば、転職した直後だったとしても、いくつかの条件を満たしていれば、あなたもカードローン審査に通過できる見込みはかなりあると言えます。

転職後にカードローンを申込む時のコツ!
  1. 役所で収入証明書を用意する
  2. メインバンクのカードローンを申込む
  3. 希望限度額を少額にする

今紹介した3つの審査対策を行っておけば、仮にあなたが転職直後の状態だったとしても、カードローンの審査に通る見込みが高いと言えます。

たしかに、カードローンの審査では目安として最低でも半年以上の勤務実績が欲しいのは事実です。

ですが、勤務実績以上に十分な年収があることを証明したり、限度額を少額にすることによって、たとえあなたの勤務年数が転職直後の短い状態だったとしても、審査に通る見込みは十分あります。

まずはあなたが今すぐ審査に通るのか、プロミスのお試し診断で今すぐ調べてみましょう。

プロミスのお試し診断を利用すれば、あなたが今すぐキャッシングできるか素早く判断してくれるので、とてもおすすめですよ。

 

そもそもカードローンの基本的な審査基準は?

そもそも、カードローンの審査基準はどうなっているんですか?
基本的には「年収・返済履歴・借入金額」の3つが大切ピヨ!

結論から言えば、勤務年数が短すぎることだけが理由で、すべてのカードローン審査に落ちるということはまずありません。

と言うのも、カードローンの基本的な審査基準は「年収・返済履歴・借入金額」の3つが中心となっており、これらの審査項目が良好なのであれば、転職直後のあなたでも審査に通る見込みは十分あるからです。

カードローンの審査基準は?
  1. 安定した収入がある
  2. 返済履歴で問題がない
  3. 借入金額が少ない

転職直後で審査が落ちる原因としては、「年収」に関する項目で、「転職直後だから具体的な年収予測が立てにくい≒融資しにくい」と判断されることが考えられます。

ですが、他社からの借入件数や金額も少なく、過去2年間の間で目立った滞納や延滞が無ければ、あなたもカードローン審査に通過して今日からキャッシングすることも十分可能なんです。

カードローンの審査基準

 

転職直後にカードローンを申込むときのポイント!

転職直後の審査の場合「収入証明書」がポイントになるピヨ!
転職直後だからこそ審査対策は丁寧にしておく必要があるんですね。

カードローンの審査基準において、そこまで勤務年数が直接的な審査落ちの原因に繋がらないとは言え、やはり転職直後の状態では審査が通りにくいのは事実です。

そこで今回は、転職直後のあなたにおくる「転職した後のカードローン審査の対策ポイント」を解説したいと思います。

転職直後のカードローン審査は?
  1. 役所で収入証明書を用意する
  2. メインバンクのカードローンを利用する
  3. 在籍確認を相談できるカードを選ぶ
  4. 希望限度額を少額にする

 

審査対策①:役所で収入証明書を用意する

審査対策 1
収入証明書を
役所で用意

転職直後のカードローン審査で悩みがちなのが「収入証明書の提出」という人も少なくありません。

前の就職先の給与明細はすぐに提出できても、転職先では給与明細や源泉徴収票をまだ受取っていないという人も多いと思います。

もしあなたが転職直後の間もない状態にも関わらず、収入証明書の提出が必要なときには、最寄りの役所で収入証明書の発行手続きをするのがおすすめです。

収入証明書の再発行方法
源泉徴収票 会社の経理担当者に言えば即日での発行が可能。
住民税決定通知書 最寄りの役所に行けば1通500円程度で発行が可能。
納税証明書 最寄りの役所に行けば1通500円程度で発行が可能。
確定申告書 最寄りの税務署に行けば1通500円程度で発行が可能。

仮に、会社に源泉徴収票の再発行を伝えにくかったとしても、住民税決定通知書なら最寄りの役所に行くだけで簡単に即日発行ができるので、収入証明書が必要なときにおすすめです。

また、カードローンによっては、限度額が50万円までなら収入証明書の提出なしで審査が完了するものも多いので、転職先の初任給が振込まれるまでの間は、少額キャッシングで生活費を確保するのも一つの方法と言えます。

その他、カードローンの必要書類については、下の記事に詳しくまとめてあるので、ぜひ参考にして下さい。

カードローンの必要書類

 

審査対策②:メインバンクのカードローンを利用する

審査対策 2
メインバンクで
カード発行する

転職直後で間もない時は、あなたがメインで利用している銀行のカードローンを申込むのも一つの方法です。

普段から取引をしている銀行であれば、あなたの取引履歴の内容や預貯金額などに応じて、カードローンの審査も優遇してくれる可能性が僅かながらにあがります。

特に楽天銀行カードローンなどは、楽天会員のランクに応じて審査優遇を行うと公式にアナウンスされているので、普段から楽天をメインに利用している人は、楽天銀行カードローンを申し込んでみるのが良いかもしれません。

これと同じような現象が、公式にはアナウンスされていなくても、各銀行で存在する可能性が少なからずあるので、まずはあなたがメインで利用している銀行カードローンを申込んでみましょう。

 

審査対策③:在籍確認を相談できるカードを選ぶ

審査対策 3
在籍確認は
相談できる

転職直後のカードローン審査で意外と頭を悩ませるのが「勤務先への電話確認」ではないでしょうか?

顔なじみの前の職場であれば在籍確認の電話もしやすかったけど、まだ馴染みきれていない転職先の職場となれば、在籍確認の電話も抵抗を感じてしまいますよね。

そんな時、大手消費者金融系のカードローンであれば、在籍確認の方法や手順などについて、電話で相談することが可能なんです。

主なカードローンの在籍確認について
SMBCモビット 「WEB完結申込」を利用することで、勤務先への電話確認なしで審査を完了させることが可能。郵便物も届かないので、一番おすすめ。
プロミス WEB審査の申込終了後に、コールセンターに電話を掛ければ、在籍確認の方法について相談が可能。
アイフル WEB審査の申込終了後に、コールセンターに電話を掛ければ、在籍確認の方法について相談が可能。

一方、銀行カードローンのほとんどは、在籍確認の対応については柔軟な対応は行ってくれず、事務的に淡々と処理されてしまうケースが多いので注意が必要です。

もしあなたが転職先の人に気付かれずにキャッシングをしたいと考えているのなら、SMBCモビットのWEB完結申込がおすすめです。

SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく審査が最後まで完了するので、ぜひ申し込んでみましょう。

その他、SMBCモビットのWEB完結申込の条件や、在籍確認の詳しい流れなどについては、下の記事で参考にして下さい。

カードローンの在籍確認

 

審査対策④:希望限度額を少額にする

審査対策 4
希望限度額は
控えめに!

転職直後のカードローン審査で、最も効果のある審査対策が「希望限度額を少額にして申し込む」という方法です。

カードローンの多くは担保なし・保証人なしで融資を行うキャッシングサービスのため、あなたが確実に返済できる金額しか融資をしたがりません。

そのため、転職直後などで収入の増減が予想できない状態の人に対して融資額も厳しくなりがちになるので、カードローン審査を申込む時はあえて限度額を30万円以下などの少額で申し込むのがおすすめと言えます。

限度額を低くするメリット

  • 審査時間の短縮
  • 審査通過率のアップ
  • 借り過ぎの予防 など

カードローンの限度額を低くしておけば、100万円以上の高額融資を申し込んだ人と比べても、審査時間が短くなりやすい傾向にあります。

また、限度額を低くして審査を申込む人ほど、審査に通過する人の割合も増えて行く傾向にあるので、少しでも早く確実にカードローン審査に通りたい場合は、ぜひ限度額を30万円以下の少額で申し込むようにしましょう。

他にも、カードローンの限度額を少額に設定しておくことで、借り過ぎの予防ができるなどのメリットが多いのでとてもおすすめです。

ちなみに、カードローンの多くは、審査に通過した後でも増額審査でカードローンの枠を広げることが可能です。

そのため、まずは今すぐ必要な金額だけをカードローン審査で通過しておき、後から本当に必要な金額を増額審査で申し込む方法もおすすめです。

増額審査についての詳しい手順や審査基準などに付いては、下の記事に詳しくまとめてあるので、ぜひ参考にして下さい。

カードローンの増額審査

 

転職直後で注意すべきカードローンの審査基準とは?

その他、転職直後のカードローン審査で注意するべきポイントはありますか?
いくつか知っておいた方が良いポイントをまとめてみたピヨ!

次に、転職直後にカードローン審査を申込むときに知っておいた方がよいポイントを分かりやすく3つにまとめました。

転直直後の審査ポイント!
  1. 大手への転職ならプラス評価に!
  2. 理想は半年以上の勤務実績!
  3. 他社借入額は極力少なく!

 

ポイント①:転職先が大手企業なら審査通過率も期待できる

point 1
大手企業だと
審査も期待大

もしあなたの転職先が東証一部上場の大手企業や官公庁などに就職するのであれば、たとえ転職直後であってもカードローンの審査はかなり期待できると言えます。

一般的な傾向として、カードローンの審査では「官公庁・上場企業 > 中小企業 > 零細企業 > 自営業・個人事業主」の順番で審査評価が高くなる傾向にあります。

そのため、もしあなたが大手企業からベンチャー企業に転職した場合などは、カードローンなどの金融審査は一気に厳しくなるので、転職する前にカード等の作成を徹底しておくことをおすすめします。

参考記事

 

ポイント②:転職後は最低でも半年以上の勤務実績が欲しい

point 2
勤務年数は
長い方が有利

また、カードローンの審査では勤務年数が長い人ほど有利になりやすい傾向があり、1年以上同じ職場に勤務していればカードローンの審査では問題はないと言われています。

そのため、最低でも半年以上の勤務実績があった方がカードローンの審査は通りやすいのですが、その他の審査項目が良ければ転職直後でもカードローンの審査に通過する見込みはゼロではありません。

ただし、限度額が低く設定されがちになるなどの制限が付くことはありますが、勤務年数の短さだけを理由に審査に落ちることはまずないので、自身を持って審査を申込みましょう。

参考記事

 

ポイント③:他社の借入額は極力少なくしておくのがおすすめ

point 3
他社借入額は
極力少なく

また、クレジットカードや他社カードローンなど、他社からの借入額を極力少なくして審査を申込む事も、転職直後のカードローン審査ではとても重要な対策となります。

カードローンの限度額は、年収の3分の1以上の金額を借りることができないので、カードローンやクレジットカードのキャッシングなどの借入額は極力抑えておくことがとても大切です。

他社借入額の注意点

  • 年収の3分の1以下にする
  • 繰上返済などで借入額を減らす
  • リボ払いはキャッシングと同じ扱い

ちなみに、クレジットカードのショッピング一括払いは問題ありませんが、リボ払いや分割払いに設定した時の残高はキャッシング残高と同じ扱いになってしまいます。

そのため、もしあなたのリボ残高が年収の3分の1以上ある場合は、先にこれらのリボ払いの問題を解決してから、新規のカードローン審査を申込むことをおすすめします。

これは転職直後に限らず、あらゆるカードローン審査で共通して言えることなので、ぜひ覚えておいて下さいね。

もしあなたがクレジットカードのリボ払いに悩んでいるのなら、低金利のカードローンを利用した借り換えがとてもおすすめです。

クレジットカードのリボ金利は年率15.0%もありますが、カードローンに借り換えを行えば、年率15.0%以下の金利で借り換えられることも難しくありません。

低金利のカードローンについては、ぜひ下の記事を参考にして下さい。

借り換えに強いカードローン特集

 

転職後のカードローン審査でよくある質問!

転職後のカードローン審査でよくある質問をまとめたピヨ!
もしここにまとめていない質問などがあればお気軽にご連絡下さいね♪

最後に転職後のカードローン審査についてよくある質問をQ&A形式でまとめました。

もしあなたがここにまとめていない内容で質問や疑問などがあれば、ぜひお気軽に質問フォームよりご連絡頂けたら幸いです。

全てのご質問にお答えできている訳ではありませんが、必ず目を通しているので、ぜひお気軽にご連絡下さいませ。

 

質問①:転職直後だと審査に落ちますか?

転職直後だと審査に落ちてしまうでしょうか?

確かに転職前に審査を申込んだ方が審査通過率は高い傾向にありますが、転職直後だからと言って審査を諦める必要はありません。

カードローンの審査は、あくまで「年収・返済実績・借入残高」の3つの要素を中心にして総合的に融資可能かどうかを判断するため、審査を申込んでみる価値は十分あると言えます。

 

質問②:まだお給料を貰っていないんですが審査に通りますか?

まだお給料を貰っていないんですが審査に通りますか?

限度額が50万円までなら収入証明書なしで審査に通るカードローンが多いので、それらのカードローン審査を申込むのがおすすめです。

また、収入証明書の提出を求められた場合は、最寄りの役所で住民税決定通知書などの書類を提出すれば収入証明となるのでおすすめです。

その他、収入証明書不要のカードローンについては、下の記事を参考にして下さい。

収入証明書なしのカードローン

 

質問③:転職先での在籍確認が不安なんですが…

転職先での在籍確認が不安なんですが…

もし勤務先への電話確認に不安があるのなら、消費者金融が発行するカードローンを選べば、在籍確認の方法について相談できるのでおすすめです。

中でも、三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで、あなたの携帯や勤務先への電話確認なしで審査が最後まで完了するのでおすすめです。

SMBCモビットなら審査時間も最短30分で完了し、土日祝の即日キャッシングにも対応しているので、今すぐ誰にも気付かれずにキャッシングしたい場合は、ぜひSMBCモビットを利用してみましょう。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

転職直後のカードローン審査ならプロミスがおすすめ!

転職直後のカードローン審査ならプロミスがおすすめピヨ!
勤務先への電話確認の方法も相談できるから本当に助かります♪

今回は転職後のカードローン審査について、審査対策や審査のポイントなどを中心に解説してきましたが、如何でしたでしょうか?

カードローンの審査は、転職した後だからと言って諦める必要はなく、限度額を30万円以下の少額にしたり、収入証明書を用意するなどの対策をすれば、あなたが審査に通るチャンスは十分にあります。

また、転職直後のあなたに最適なカードローンがあるとすれば、大手カードローンのプロミスがとてもおすすめです。

プロミスがおすすめな理由!
  1. 最短30分で審査が完了!
  2. 50万円まで収入証明書なし!
  3. 30日間まで無利息キャッシング!
  4. 2000円分のプリカが貰える!
  5. 在籍確認の相談ができる!

三井住友銀行グループのプロミスを利用すれば、審査時間は最短30分で完了し、即日キャッシングもできるので、急いでお金を借りたいあなたにとてもおすすめです。

また、限度額が50万円までなら収入証明書を提出する必要がなく、最大30日間まで無利息キャッシングができるので、転職して間もないあなたの心強い味方になってくれること間違いありません。

しかも、初めてプロミスを利用した人限定で、2000円分の三井住友プリペイドカードが貰えるので、金欠対策の足しにも繋がります。

何より、プロミスなら審査申込完了後に電話で相談することで、勤務先への在籍確認の方法について相談できるので、他のカードローンよりも安心して審査を申込む事ができるんです。

もしあなたが転職直後でどこのカードローンを申込んだらいいのか分からない時は、プロミスなら丁寧に対応してくれるのでとてもおすすめです。

まずはプロミスのお試し診断を利用して、あなたが今すぐプロミスの審査に通過できるか早速調べてみましょう!

プロミスを利用すれば、あなたが今抱えているお金の問題や悩みを今すぐ解決できるようになりますよ!

※無利息キャッシングは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※申込み時間によっては即日融資に間に合わない場合がございます。

 

カード選びに迷ったらコレ!おすすめカードローンのまとめ!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

普通預金の口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も口座開設なしで審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

-カードローンの審査基準

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2019 All Rights Reserved.