カードローンのキャッシング方法

カードローンとアプリローンの違いとは何か?分かりやすく解説!

更新日:

カードローンとアプリローンの違いって何があるんですか?
カードレスでキャッシングできるかの違いがあるピヨ!

最近テレビCMなどで話題になっている「アプリローン」ですが、アプリローンとは「カードローンを持たずにキャッシングできるサービス」と思って頂ければ問題ないかと思います。

アプリローンの特徴!
  1. カードレスで借りれる!
  2. 来店不要で借りれる!
  3. 書類提出が簡単!

これまでの消費者金融では、カードローンを発行することで、提携ATMなどからキャッシングできるサービスが主流でした。

ですが、スマホ文化の発展に伴い、スマホアプリを操作してキャッシングできるようにしたのが、アプリローンです。

 

アプリローンのキャッシング方法はとても簡単!

アプリローンはどうやってキャッシングすればいいんですか?
セブン銀行ATMに表示されたQRコードを読み取るだけでOKピヨ!

アプリローンを利用したキャッシング方法はとても簡単で、セブン銀行ATMに表示されたQRコードを公式アプリで読み取るだけでキャッシングを完了させることができます。

アプリローンの利用手順!
  • 公式アプリをインストール
  • セブン銀行ATMを立ち上げる
  • 表示されたQRコードを読み取る
  • 暗証番号を入力
  • キャッシング金額を入力
  • キャッシング完了!

アプリローンを利用すれば、セブン銀行ATMで24時間いつでもキャッシングすることができるので、土日祝の即日キャッシングも簡単にできます。

また、アプリローンならキャッシングだけでなく返済もセブン銀行ATMから操作が可能なので、カードローンの受取をしなくてもキャッシングを利用し続けられるのが大きなメリットと言えます。

 

カードローンとアプリローンの違いとは?

カードローンとアプリローンの違いは何ですか?
一番の違いは、カードがあるかどうかピヨ!

結論から言えば、カードローンとアプリローンの違いは、カードの有無だけであり、その他、あまり大きな違いはありません。

カードローンとアプリローンの違い
カードローン アプリローン
カード発行 カードあり カードなし
カード受取 来店or郵送 受取も可能
提携ATM 多数 セブン銀行ATMのみ
返済方法 提携ATM・銀行振込・口座引落
即日融資 どちらも対応可能
審査時間 同じ
金利
限度額

カードローンとアプリローンの違いはあくまで「カードを使うかどうか」に限られているので、審査時間や金利・限度額と言ったサービスの根幹部分には違いはありません。

そのため、違う点があるとすれば、キャッシング方法でカードローンを使ってお金を借りるか、アプリでQRコードを読み込んで使うかの違いだけと思っておけば大丈夫です。

ちなみに。カードローンの発行後でもアプリローンは使えますし、アプリローン利用後でもカードローンの受取は可能です。

そのため、アプリローンの位置づけとしては「カードローンに加わった新しいキャッシングサービス」と考えておくと分かりやすいかもしれません。

 

カードローンとアプリローンの特長を比較!

カードローンとアプリローンにはそれぞれの特徴があるピヨ!
両方のメリット・デメリットを知ることが大切なんですね。

カードローンとアプリローンには、それぞれ独自の特徴があるので、あなたのキャッシング目的や利用スタイルに合わせて選ぶのがおすすめと言えます。

カードローンとアプリローンの比較
メリット デメリット
カードローン
  • 簡単に使える
  • 提携ATMが多い
  • 無料提携ATMがある
  • カードが増える
  • バレる可能性がある
  • 残高確認が面倒
アプリローン
  • カードレス
  • 来店不要&WEB完結
  • 残高確認が簡単
  • 提携ATMが限定
  • ATM手数料が掛かる
  • 電池切れのリスク

 

カードローンのメリットは「利便性の高さ」など

カードローンならキャッシュカードと同じ感覚で使えるピヨ!
初めてキャッシングする時はとても分かりやすくていいですよね♪

カードローンとアプリローンを比較した場合、カードローンを利用する時の最大のメリットと言えば「利便性の高さ」に尽きると言えます。

カードローンのメリット!

  • 利用方法が分かりやすい!
  • 提携ATMの台数が多くどこでも使える
  • 手数料が無料になる提携ATMが多い など

カードローンの利用方法は、キャッシュカードと同じ様な感覚で使えるため、初めてキャッシングをするあなたも特に戸惑うことなく利用できる点が大きなメリットです。

また、提携ATMの台数もとても多く、大手コンビニATMはもちろん、多くの銀行ATMでも利用できるケースが大半です。

主なカードローンと提携ATM
三菱UFJ銀行 三菱UFJ銀行ATM,ローソンATM,セブン銀行ATM,E-net など
三井住友銀行 三井住友銀行ATM,ローソンATM,セブン銀行ATM,E-net,ゆうちょ銀行ATM など
みずほ銀行 みずほ銀行ATM,ローソンATM,セブン銀行ATM,E-net など
SMBCモビット 三菱UFJ銀行ATM,三井住友銀行ATM,プロミスATM,ローソンATM,セブン銀行ATM,E-net など
プロミス 三菱UFJ銀行ATM,三井住友銀行ATM,プロミスATM,ローソンATM,セブン銀行ATM,E-net など
アイフル アイフルATM,ローソンATM,セブン銀行ATM,E-net など

提携ATMの利用台数が多ければ多い程、日本全国どこにいても素早くキャッシングできるようになるので、カードローンの利便性の高さは抜群に高いと言えます。

また、各カードローンによって手数料が無料になる提携ATMもあるので、キャッシングや返済手数料を節約したい時にもカードローンを利用するのがおすすめです。

カードローンの返済手数料

 

カードローンのデメリットは「残高確認が面倒」など

カードローンの場合、利用残高などを確認しづらいピヨ!
返済残高を会員サイトでチェックしないといけないのは確かに面倒ね

アプリローンと比較した場合、カードローンを利用する時のデメリットとしては「確認作業が面倒」と言った点が挙げられます。

カードローンのデメリット!

  • 利用残高の確認などが面倒
  • 毎月の返済額や返済日を忘れがち
  • カード保有や保管がバレる可能性がある

カードローンの多くは、毎月の利用残高に応じて返済金額が決定することが多いので、毎月の利用残高の把握はとても大切になってきます。

にもかかわらず、カードローンの利用残高を確認する方法は、カードローンの専用サイトにログインするか、カード会社に電話すると言った方法しかないため、確認するのに手間が掛かってしまいます。

カードローンの残高確認の方法
会員サイト カードローン発行後にログインできる「会員専用サイト」にログインすることで、残高確認や返済日の確認などが可能。大手カードローンなら大抵ある。
電話確認 カード会社に電話をすることで、利用残高や返済日の確認が可能。プロミスなど、一部のカード会社では自動音声により確認することができる。
提携ATM 提携ATMにカードローンを挿入することで、残高確認を行うことができる。また提携ATMによっては利用明細に次回返済日などが記載されているケースもある

カードローンの利用残高の確認方法は手間が掛かるため、返済日や借入残高の意識が薄れがちになり、返済期日を忘れたり、気が付いたら残高一杯まで借り過ぎていたということも珍しくありません。

一方、アプリローンなら公式アプリを立ち上げるだけで素早く確認できるので、カードローンよりも借り過ぎになる心配が少ないと言えます。

返済日を忘れないための対策として、各カード会社では返済日が近づくとメールでお知らせしてくれるサービスなどを提供しています。

また、カードローンと公式アプリの併用は可能なので、カードローンの審査通過後にアプリもインストールしておくと、利用残高や返済日の確認も素早くできておすすめです。

 

アプリローンのメリットは「カードレスで借りれる」こと

アプリローンならカードレスで利用できるピヨ!
財布の中にカードを入れなくていいからバレずに済みそうです♪

アプリローンを利用する最大のメリットとして「カードレスでキャッシングを利用できる」という点などがあります。

アプリローンのメリット!

  • 来店不要・WEB完結!
  • カードレスで借りれる!
  • 残高確認もすぐにできる!

アプリローンを利用すれば、審査申込からキャッシング完了まで、すべてWEB上で完結させることができるので、自動契約機や郵送などでカードローンを受取る必要がありません。

そのため、審査通過後に自動契約機に入る必要がありませんし、財布の中のカードローンがバレてしまう心配などもありません。

また、カードローンのデメリットであったような、返済日や借入残高のチェックもアプリ上ですぐに確認できるので、お金への管理意識も高まりやすいメリットがあります。

 

アプリローンのデメリットは「電池切れに弱い」こと

アプリローンの利用中は電池切れには要注意ピヨ!
電池切れ対策で、カードローンやモバイルバッテリーが必要そうですね…

アプリローンを利用する時のデメリットとしては「充電切れ」や「提携ATMが限定される」点などがあります。

アプリローンのデメリット!

  • セブン銀行ATMしか使えない
  • ATM手数料が必ず掛かる
  • 充電切れの時は何もできない など

まず、アプリローンが利用できる提携ATMは、今のところセブン銀行ATMに限定されているため、近くにセブン銀行ATMがないと何もできません。

また、セブン銀行ATMでアプリローンを利用した場合、利用金額に応じて手数料が発生するので、手数料を節約したい人には不向きなサービスと言えます。

何より、アプリローン利用時の最大の注意点は「スマホの充電が切れると何もできない」という点です。

「旅行先や外出先でお金を借りたいのにスマホの充電が切れて途方に暮れた…」なんてことを防ぐためにも、アプリローンの利用時はカードローンやモバイルバッテリーなどを携帯しておくことをおすすめします。

近くにセブン銀行ATMがない時は、公式アプリから銀行口座へ振込キャッシングを利用することも可能です。

ただし、カード会社や振込先の銀行口座などによって、振込反映の最短時間が大きく異なるので、振込反映時間は必ず確認しておきましょう。

また、アプリローンの審査通過後でも、カードローンの発行はいつでも対応可能になっているので、万が一に備えカードローンの発行を行っておくこともおすすめします。

アプリローンのデメリット

 

結論、カードローンとアプリローンの併用がベスト!

両方の特徴を生かすためにも、カードとアプリの併用がおすすめピヨ!
利用スタイルに合わせてメインの方法を選んでみたいと思います♪

カードローンとアプリローンは、それぞれに特徴があり、両者の特徴を比較すると一長一短な部分が多く目立ちます。

そのため、結論としては、あなたの利用スタイルや目的に合わせてメインのキャッシング方法を決めておき、必要に応じてもう一つのキャッシング方法をサブ的に使う方法がおすすめです。

カードローンをメインで使う場合

カードローンをメインで使う場合

  • 多くの提携ATMでカードローンが使える
  • 無料提携ATMで手数料を節約
  • 残高確認はアプリでチェック
  • 返済日の通知設定も忘れずに

カードローンをメインにした利用方法では、提携ATMの多さを生かしたキャッシングができたり、提携ATMの利用手数料の節約などが可能になります。

また、カードローンのデメリットであった返済額や返済日の意識は、公式アプリをインストールしておくことで、しっかりとカバーすることができます。

アプリローンをメインで使う場合

アプリローンをメインで使う場合

  • 普段は振込やセブン銀行をメインに使う
  • セブン銀行ATMがない時はカードを使う
  • 電池切れに備えてカードローンを携帯

アプリローンをメインに利用する時は、振込キャッシングが即時反映される銀行口座を設定しておくか、近くのセブン銀行ATMを探しておくことが前準備ですが、カードローンを財布から出さずにキャッシングができます。

また、セブン銀行ATMが近くにない時や、スマホの充電が切れたときに備えてカードローンを携帯しておくと、万が一の時も安心です。

どちらか一方だけ使うと言うよりも、両方の長所を生かした使い方をするのがベストな利用方法と言えます。

今回紹介した利用方法を参考にして、あなたに合った利用スタイルを探してみましょう。

 

カードローンとアプリローンの違いでよくある質問

カードローンとアプリローンの違いでよくある質問をまとめたピヨ!
ここにない質問や疑問点などがあればお気軽にご連絡下さいね♪

最後にカードローンとアプリローンの違いでよくある質問をQ&A方式でまとめました。

もしここにまとめきれていない質問や疑問点などがありましたら、お気軽に質問フォームよりご連絡下さいませ。

 

質問①:アプリローンを使うと手数料は掛かりますか?

アプリローンを使うと手数料は掛かりますか?

アプリローン自体には利用手数料は発生しません。

ですが、アプリローンを利用する時にセブン銀行ATMを利用することになるので、セブン銀行ATMに対しての利用手数料が発生します。

一方カードローンなら、提携ATMの利用手数料が無料になるところもあるので、ATM手数料を節約したいときはカードローンの利用をおすすめします。

 

質問②:カードローンとアプリローンはどちらがおすすめですか?

カードローンとアプリローンはどちらがおすすめですか?

一概にどちらがおすすめかとは言えません。

一つの目安として、提携ATMの手数料を節約したり便利に使いたいならカードローン、カードレスで使いたい時や誰にも気づかれたくない時などにはアプリローンがおすすめと言えます。

ただ、今回解説したように、どちら一方だけを使うのではなく、両方の長所を生かしたキャッシング方法が一番おすすめかと思います。

 

質問③:全てのカードローンでアプリローンが使えるんですか?

全てのカードローンでアプリローンが使えるんですか?

今のところ、SMBCモビット・プロミス・アイフルなど大手の消費者金融でのみアプリローンの利用に対応しています。(2019年1月時点)

ですが、今後は各銀行がアプリローンに対応していく可能性もゼロではないので、最新の情報は各銀行カードローンや消費者金融のホームページなどをご確認下さい。

 

カードローンの審査に通過したらアプリローンのインストールを!

カードローンの審査に通過したら公式アプリもインストールしておくピヨ!
返済日のリマインド通知などもあるから助かりますね♪

今回はカードローンとアプリローンの違いについて、両者の特徴やメリット・デメリットを中心に解説してきましたが、如何でしたでしょうか?

結論としては、両者の特徴や強みを生かすためにも、あなたの利用スタイルに合わせて両方を併用してみるのが一番のおすすめと言えます。

ただ、初めてキャッシングをする時は、利用方法が分かりやすいカードローンの利用から始めてみるのがおすすめです。

カードローンのメリット!
  1. 提携ATMの台数が多い!
  2. 手数料無料の提携ATMがある!
  3. キャッシュカード感覚で使いやすい

一度カードローンを利用してみると分かりますが、利用方法がとてもシンプルなので、アプリローンの様に利用方法で戸惑う心配がありません。

また、提携ATMの利用台数も多いので、キャッシングの度に提携ATMを探してうろうろする必要がないのも大きなメリットです。

特にSMBCモビットやプロミスなどは、手数料が無料になる提携ATM(三井住友銀行ATM)があるので、手数料を少しでも節約したいあなたにはとてもおすすめと言えます。

中でも、プロミスなら審査時間は最短30分で完了し、審査通過後もカードローン・アプリローンどちらの利用も申し込めるのでとてもおすすめです。

まずはプロミスのお試し診断を利用して、あなたが今すぐキャッシング審査に通過できるかさっそく調べてみましょう。

プロミスを利用すれば、あなたも最短30分で審査が完了して、今抱えているお金の問題を誰にも気づかれずに素早く解決することができるようになりますよ。

※無利息キャッシングは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※申込み時間によっては即日融資に間に合わない場合がございます。

 

初心者におすすめのキャッシングカードのまとめ!

プロミス

プロミスなら最短30分で審査が完了し、50万円まで収入証明書なしで即日キャッシングができる利便性の高いカードローンとして人気です。

また、無利息キャッシングを何度でも利用できるので、出張費や飲み会費用の立て替えなどにも使える、頼りがいのあるカードローンに成長してくれます。

あなたも今からプロミスに審査を申込めば、土日や外出先であっても、数時間後にはキャッシングを完了させることができますよ。

※無利息キャッシングは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※申込み時間によっては即日融資に間に合わない場合がございます。

 

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

SMBCモビット

SMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

-カードローンのキャッシング方法

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2019 All Rights Reserved.