カードローンの返済方法

カードローンで繰上返済をするメリットを分かりやすく解説!

更新日:

カードローンで繰上返済をするメリットって何なんですか?
早期完済や利息の節約などに大きな効果があるピヨ!

もしあなたが少しでも早期完済を目指したいと考えているのなら、カードローンの繰上返済はとても効果的な方法と言えます。

カードローンの繰上返済の効果は色々とありますが、代表的な効果としては次の3つの様なメリットがあります。

繰上返済の効果!
  1. 利息を節約できる
  2. 完済期間が短くなる
  3. 信用実績が高まる

また、カードローンを繰上返済ができるようになると言うことは、毎月の家計管理の能力を鍛えることにも繋がるので、カードローンを自力完済できる頃にはお金の管理能力も間違いなく向上しています。

カードローンの繰上返済を続けていくことで、利息の節約や完済期間の短縮ができる実務的なメリットはもちろん、お金の嗅覚や価値感覚みたいなものも鍛えていけるいくことができます。

カードローンを自力返済して行くことは途方もない道のりに感じるかもしれませんが、ちょっとした工夫や知恵を使うことで、カードローンの金利や利息は簡単に下げることができます。

今回はカードローンの繰上返済のメリットを中心に解説しますが、もしあなたがカードローンの金利や利息を下げたい場合には、下の記事も必ずチェックして下さいね。

カードローンの金利を下げる

 

繰上返済を行う時の基本的な流れ!

カードローンの繰上返済はどうすれば出来ますか?
発行されたカードローンを提携ATMに挿入すればできるピヨ!

カードローンの繰上返済の方法は、通常の返済方法と同様「提携ATM・銀行振込」のどちらか好きな方法で繰上返済を行う事ができます。

繰上返済の基本的な流れ
  • 提携ATMにカードを挿入する
  • 「ご返済」or「お預け入れ」を選択
  • 繰上返済の金額を入金する
  • 繰上返済の完了

カードローンの繰上返済の手順は、通常の返済方法と大きな違いはないので、繰上返済したい金額を入金すればOKです。

ただし、カード会社によっては繰上返済をした日によって、当月分の繰上返済の扱いになるか、翌月の返済に充当されるのかルールが異なる時があるので注意して下さい。

繰上返済の詳細なルールについては、返済日や返済方法などにもよってかなり異なるので、繰上返済の前に必ずカード会社に確認しておくことをおすすめします。

 

カードローンの繰上返済やるべき3つのメリット!

カードローンの繰上返済の具体的なメリットを教えて下さい
代表的なメリットを3つ紹介するピヨ!

カードローンの繰上返済を実行するメリットは、冒頭で紹介したような「資金管理能力の向上」や「節約能力の向上」などお金に関する能力が伸びるなど実務上でのメリットもありますが、今回は金銭に関する実質的なメリットについて3つ紹介したいと思います。

 

メリット①:利息を節約できる

メリット 1
利息節約の
効果が大きい

カードローンの繰上返済をする上で、最も重要なメリットとしてあるのが「利息の節約効果が大きい」ということです。

これはたった1000円単位での繰上返済をした場合でも高い節約効果があることが分かっており、毎月継続的に繰上返済を続けることが大きな節約に繋がるんです。

年率17.8%で50万円を借りた場合
返済プラン 返済額13,000円と比べて
返済額 返済回数 総支払い額 利息 回数差 利息差
13,000円 58ヶ月 746,160円 246,160円 0ヶ月 0円
14,000円 52ヶ月 717,377円 217,377円 6ヶ月 28,783円
15,000円 47ヶ月 694,862円 194,862円 11ヶ月 51,298円
16,000円 43ヶ月 676,713円 176,713円 15ヶ月 69,447円
17,000円 39ヶ月 661,751円 161,751円 19ヶ月 84,409円
18,000円 37ヶ月 649,220円 149,220円 21ヶ月 96,940円

上の表は、年率17.8%でプロミスから50万円を借りた場合の返済シミュレーションですが、毎月1,000円づつ繰上返済を続けるだけでも、利息を3万円近くまで節約する事に成功しています。

また、毎月5,000円の繰上返済を続けることができれば、返済期間を約2年短縮し、利息も10万円近くを節約することができることが分かります。

これはあくまで簡易的な返済シミュレーションに過ぎませんが、繰上返済を利用することで、利息を大きく節約できることが十分わかるかと思います。

繰上返済は継続的に続けることで利息節約の効果を最大化できるので、1,000円づつでも構わないので少しづつ多めに返済して行きましょう。

生活に支障をきたさないレベルで返済を続けて行くことで、毎月の資金管理(キャッシュ・コントロール)の力も付いてくるので、地道に続けて行きましょう。

 

メリット②:完済期間が短くなる

メリット 2
完済期間も
短縮できる

メリット①で紹介した通り、繰上返済を続けて行けばカードローンの完済期間も短縮することができます。

また、繰上返済の凄いのは、返済額が増えれば増えるほど、高金利のカードローンの利息節約や返済回数の短縮効果が大きくなる点にあります。

50万円を借りた時の繰上返済シミュレーション
年率17.8% 年率14.5% 両者の差は?
返済額 返済回数 総支払い額 返済回数 総支払い額 返済回数 総支払い額
13,000円 58ヶ月 746,160円 53ヶ月 676,442円 5ヶ月 69,718円
14,000円 52ヶ月 717,377円 48ヶ月 658,347円 4ヶ月 59,030円
15,000円 47ヶ月 694,862円 43ヶ月 643,730円 4ヶ月 51,132円
16,000円 43ヶ月 676,713円 40ヶ月 631,662円 3ヶ月 45,051円
17,000円 39ヶ月 661,751円 37ヶ月 621,513円 2ヶ月 40,238円

上の表はプロミス(年率17.8%)と三井住友銀行カードローン(年率14.5%)で50万円を借りた場合の返済シミュレーションですが、返済金額を増やしていくほど、両社の利息差や返済回数の差が縮んでいるのが分かります。

つまり、カードローンの繰上返済には、多少金利の高いカードローンを契約した場合でも、繰上返済の返済金額を増やせば、低金利カードローンとの利息差や返済回数の差は埋めることができるということなんです。

もちろん、できる限り低金利のカードローンを契約した方が、元金に充当される金額が増えやすいのは間違いありません。

ですが、金利の高いカードローンを契約した場合でも、繰上返済をやりくりすることで利息を節約できることを忘れないで下さい。

 

メリット③:信用実績が高まる

メリット 3
完済実績は
与信を高める

カードローンで繰上返済をする3つ目のメリットとしては「信用実績を高めることができる」という点が挙げられます。

基本的にカードローンなどの金融審査では、未来の将来性よりも過去の実績を重要視して融資を決定する傾向にあります。

そのため、過去に繰上返済などで完済実績のある人であれば、全くキャッシングをしたことがない人(スーパーホワイト)よりも審査に通過する見込みが高くなりやすいです。

つまり、カードローンでだらだらと借り続けるより、メリハリをつけて借りた後は素早く完済をする人の方が、その他の金融審査でも高い評価が付きやすいということ。

また、繰上返済を小まめに継続的に行うことで、借り先のカード会社からの信用も高まるので、生活に支障の出ない範囲で積極的に繰上返済を行っていくようにしましょう。

 

カードローンの繰上返済を実行する時の注意点

カードローンの繰上返済で何か注意することってありますか?
繰上返済をする時に知っておくとよい注意点を3つ紹介するピヨ!

もしあなたがカードローンの繰上返済を考えているのなら、次に紹介する3つのポイントに注意を払うと、より効率よく安全に早期完済を目指せるようになります。

繰上返済の注意点は
  1. 高金利のローンから返済
  2. 金利を下げる努力も大切
  3. 余剰資金も残しておく

繰上返済はメリットが多いですが、今紹介した注意点を知っておくだけで、より効率よく安全に繰上返済ができるようになるので、ぜひ覚えて下さい。

 

注意点①:複数のローンがあれば「高金利から完済」が基本

注意点 1
複数ローンは
高金利から返済

もしあなたが複数のカードローンやクレジットカードでキャッシングをしているのなら、まずは高金利のカードから繰上返済をしていくのが基本戦略となります。

当たり前ですが、金利の高いカードローンになるほど高い利息が発生するので優先的に繰上返済をした方が利息の節約に繋がります。

また、複数のカードローンを利用している場合、金利の安いカードの枠が余っているのなら、金利の安いカード一本にまとめてしまう方法もおすすめです。

手順としてはおまとめローンの様な流れにはなりますが、金利の安いカードローン一本に借り換えてしまって、返済をした方がトータルの金利が安くなることは多いです。

注意点として、借り換えや完済が完了した古いカードは必ず解約手続きを入れるようにして下さい。

カードローンやクレジットカードの多くは、完済しても解約手続きを取らない限り契約が続いてしまうので、信用情報上ではキャッシングを利用し続けている評価になってしまいます。

あなたの与信評価を高めるためにも、不要なカードについては早めに解約手続きを完了させるようにしましょう。

 

注意点②:「金利の利下げ」と「利息の節約」の両方が大事!

注意点 2
金利と利息が
早期完済のカギ

カードローンで早期完済を目指すときは、つい繰上返済ばかりに目が行きがちですが、実際には金利を利下げする努力もとても大切です。

カードローンの金利を下げる方法

  • 増額審査を申込む
  • 低金利のカードを探す
  • 利下げ交渉をする

カードローンの金利を下げることは実際にやってみると意外と簡単にできる事も多いので、ぜひやってみて下さい。

また、カードローンの金利を下げる為には、直接カード会社に金利の利下げ交渉を試すことも有効なことが多いです。

利下げ交渉の成功率は決して高くはありませんが、試す価値は十分あるので、ぜひ試してみて下さい。

カードローンの金利を下げる方法や利下げ交渉の具体的な内容などについては、下の記事で詳しくまとめてあるのでぜひ参考にして下さい。

カードの金利を下げる方法

 

注意点③:万が一の出費に備え「余剰資金」も残しておく

注意点 3
余剰資金も
作っておく

本来なら毎月の家計で余ったお金は全額繰上返済に回した方が、トータルの支出は抑えることができます。

もう少し理想論を言えば、普段は毎月の生活費の余りは全力で繰上返済に回し、どうしても緊急の出費(冠婚葬祭等)が発生した場合にのみカードローンから必要資金分だけを借りた方が、トータルの資金効率は抑えることができます。

ですが、この方法では「お金が必要な時はカードを使えばいい」と、いつまで経ってもカードローンの依存体質から抜け出すことが出来ないので、あまりおすすめできません。

そのため、万が一の出費に備え、カードローンとは別口座で貯蓄用口座を作り「貯蓄グセ」を付けることも大切です。

最初は難しいかもしれませんが、貯蓄グセが身につくと、カードローンの自力完済が見えてきた頃には、お金の管理能力が飛躍的に向上しているので、ぜひチャレンジして下さい。

貯金を習慣づける為のコツは「複数の口座や封筒で生活費を管理すること」です。

普段から無駄な買い物や飲み会を避けて節約を意識していけば、お金は意外と貯まって行くものなので、あなたもぜひ試してみて下さい。

貯蓄グセの作り方

 

カードローンの繰上返済は最大級に投資効率がいい!

最も投資効率がいいのはカードローンの早期返済ピヨ!
年率18.0%の投資商品が存在しない事を考えれば当然なのかもしれませんね。

今回はカードローンの繰上返済のメリットについて解説をしていますが、理想論を言えば、カードローンに利用残高が残っている限り全力で繰上返済をするのが最も合理的な行動と断言できます。

と言うのも、カードローンの金利は高いもので年率14.5~18.0%くらいのものが多く、これほど金利の高い金融商品はそう存在しません。

一部の富裕層や資産家を相手にするプライベートバンクの利回りですら年率5%程度であることを考えれば、カードローンの繰上返済や早期返済は資金効率だけで考えれば最強の投資行為と言えるのです。

繰上返済は投資効率がいい!
  1. 金融商品は年率5%程度
  2. カードローンは年率18.0%
  3. 繰上返済は節約効果が大きい
  4. 投資のような元本割れがない

もちろん、実際には生活費として多少の貯蓄を残しておかないと、緊急時の出費が発生した場合に困ってしまうことになるので、余剰資金の全てを繰上返済に回すのはとても危険と言えます。

ですが、1か所に全財産を集めるのが危険なのは、カードローンに限らず、すべての金融商品に共通して言えることです。

それに、カードローンの繰上返済には、投資のような元本割れもないので、一般的な投資商品や金融商品と比べれば、カードローンの繰上返済ほどリターンの大きい投資行為はないのです。

あなたの生活費とのバランスを取ることは絶対に必要ですが、カードローンの繰上返済のメリットはとても大きいので、あなたの予算が許す限り早期完済を目指されてみて下さいね。

 

カードローンの繰上返済でよくある質問

カードローンの繰上返済でよくある質問をまとめたピヨ
ここにない質問や疑問点などがあればお気軽にご連絡下さいね♪

最後にカードローンの繰上返済に関してよくある質問をQ&A形式でまとめました。

もしここにまとめきれていない質問や疑問点などがあれば、お気軽に質問フォームよりご連絡下さいね。

 

質問①:繰上返済ってどうすればできるんですか?

繰上返済ってどうすればできるんですか?

繰上返済の方法は、通常時のカードローンの返済方法をと同じです。

また、提携ATMで返済をする時は、毎月の最低返済額に+αの金額を入金すれば自動的に繰上返済として処理してくれるので簡単です。

その他、繰上返済のルールや仕様については各カード会社で異なることが多いので、事前にカード会社に問い合わせてみることをおすすめします。

 

質問②:繰上返済の金額はいくら位にすればいいんでしょうか?

繰上返済の金額はいくら位にすればいいんでしょうか?

特にこれと言った目安はありません。

ただ、カードローンの金利が高い人(年率10.0%以上の人)ほど、積極的に繰上返済を考えて行った方がいいと言えます。

まずはあなたの毎月の生活費がいくら位なのかを計算してみて、そこから返済に回せるだけの金額を一度計算してみることから始めてみて下さい。

 

質問③:生活費の全額を繰上返済に回しても問題ありませんか?

生活費の全額を繰上返済に回しても問題ありませんか?

非常に危険です。

たしかに、必要最低限の生活費だけを残して、残りを全て繰上返済に回せば、完済までのスピードは圧倒的に早くなります。

ただ、貯蓄ゼロの状態で何年も返済を続けていくと、万が一(冠婚葬祭、リストラ、入院など)が発生した時に、貯蓄がゼロ円というのは相当なリスクとなります。

この時にカードローンからキャッシングできればまだマシですが、カード会社によっては予告なく新規のキャッシングを停止することもあります。

そのため、生活費の不足分をカードローンに頼らなくていいよう、必要最低限の貯蓄は残しつつ、繰上返済を行っていくことが現実的な手段と言えます。

 

カードローンの繰上返済は1000円づつでも構わない

はじめは無理せず1000円単位の繰上返済から始めてみるピヨ!
生活費の見直しをしながら、少しづつ繰上返済を頑張ってみたいと思います♪

今回はカードローンの繰上返済について、繰上返済の手順やメリット、注意点などを中心に解説してきましたが、如何でしたでしょうか?

繰り返しになりますが、カードローンの繰上返済は本当にメリットが多いので、もしあなたが早期完済を本気で目指すのなら、今すぐ1000円づつでも構わないので繰上返済を始めていくことをおすすめします。

早期完済を目指すポイント!
  1. 繰上返済を継続する
  2. 低金利カードに借換える
  3. 毎月の生活費を把握する
  4. 日々の節約を心がける

今紹介した4つのポイントを押さえておくだけでも、カードローンの早期返済はグッと近くなるので、ぜひ試してみて下さい。

また、今紹介した4つのポイントは、カードローンに限らず、住宅ローンや自動車ローンにも共通して言えることですし、あらゆる投資商品・金融商品にも共通して言えることです。

今のあなたは、カードローンの利用でマイナスのキャッシュフロー状態が続いているかもしれませんが、カードローンを自力完済できる頃には、お金の管理能力は絶対に向上しています。

だからこそ、今はカードローンの返済で苦しかったとしても、最後まで諦めず、今回紹介したポイントを押さえて早期返済を目指していって下さいね!

 

カード選びに迷ったらコレ!おすすめカードローンのまとめ!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

SMBCモビット

SMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

普通預金の口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も口座開設なしで審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

-カードローンの返済方法

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2019 All Rights Reserved.