低金利のカードローン

低金利カードローンを利用するメリットを分かりやすく解説!

更新日:

低金利のカードローンを利用するメリットって具体的に何がありますか?
最大のメリットは利息の節約で間違いないピヨ!

あなたが今考えている通り、低金利のカードローンを利用する最大のメリットは「毎月の利息が安くなること」で間違いありません。

少しでも低金利のカードローンが契約できれば、それだけ毎月の利息は安くなるので、返済負担も軽くなりやすいとあなたも思いますよね。

ですが、実は低金利のカードローンを利用するメリットは、これだけでなく、次のようなメリットもあると言えるんです。

低金利のカードローンを利用するメリット!
  1. 利息の節約効果が大きい!
  2. 借り換えにも効果を発揮!
  3. 繰上返済の効率が高い!

もしあなたが低金利のカードローンを利用すれば、毎月の利息節約の恩恵を受取れるだけでなく、他社カードからの借り換えや繰上返済などを行った際に、効率よく返済と完済を目指していくことができます。

中でも三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、年率1.8%~14.6%の低金利で借りれるだけでなく、毎月の返済も月1000円~利用することができるのでとてもおすすめです。

また、三菱UFJ銀行のバンクイックなら、三菱UFJ銀行の口座を持っていない人でも口座開設なしで審査を完了できるので、これ以上口座を増やしたくないというあなたにもおすすめです。

もしあなたが低金利のカードローンを探しているのなら、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックを利用すれば、あなたも返済負担の軽いカードで今あるお金の問題を解決することができますよ。

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

低金利のカードローンはどういったものがあるのか?

バンクイック以外に低金利のカードローンってあるんですか?
主なカードローンの金利比較表を作成してみたピヨ!

もしあなたが三菱UFJ銀行カードローンのバンクイック以外の低金利カードローンを探しているのなら、次にまとめたカードローンの比較表を参考にして下さい。

人気のある低金利カードローン13社の比較!
下限金利 上限金利 最大限度額 最低返済額 審査時間 ワンポイント解説
三菱UFJ銀行 年率1.8% 年率14.6% 500万円 1,000円~ 最短翌営業日 口座開設なし、土日祝も審査可能
三井住友銀行 年率4.0% 年率14.5% 800万円 2,000円~ 最短翌営業日 土日祝も審査可能
みずほ銀行 年率2.0% 年率14.0% 800万円 10,000円~ 約2週間 みずほ銀行の口座があれば最短2営業日で融資可能
千葉銀行 年率1.7% 年率14.8% 800万円 2,000円~ 最短翌営業日 派遣・パート・アルバイトの方も申込みOK
愛媛銀行 年率4.4% 年率14.6% 800万円 2,000円~ 最短翌営業日 全国対応!専業主婦・年金受給者の方も申込みOK
福岡銀行 年率3.0% 年率14.5% 1,000万円 2,000円~ 最短2営業日 住所or勤務先が九州・山口の方、福岡銀行の口座を持っている人限定
SMBCモビット 年率3.0% 年率18.0% 800万円 4,000円~ 最短30分 WEB完結申込で電話確認なし。来店不要、土日祝も即日融資OK!
プロミス 年率4.5% 年率17.8% 500万円 4,000円~ 最短30分 最大30日間まで無利息。2000円分のプリカが貰えるなど
アイフル 年率3.0% 年率18.0% 800万円 4,000円~ 最短30分 全国に自動契約機あり、最大30日間まで無利息キャッシング可能。
ファーストプレミアム 年率3.0% 年率9.5% 800万円 4,000円~ 最短30分 総量規制の対象。最大30日間まで無利息キャッシング可能。
ビジネクスト 年率3.0% 年率18.0% 1,000万円 応相談 最短即日 法人・個人事業主限定。担保なし・保証人なしで融資可能。
中央リテール 年率10.95% 年率13.0% 500万円 要確認 最短1営業日 総量規制対象外で融資可能。融資には東京渋谷までの来店が必要。

低金利のカードローンを探すときのポイントは「上限金利・返済金額・限度額」の3つを中心に比較すると分かりやすいです。

特にカードローンの金利は、初めは最も高い上限金利から契約がスタートすることがほとんどなので、低金利のカードローンを探すときは下限金利ではなく上限金利で探すことが大切です。

また、金利の安さ以外にも、あなたが考えているキャッシング予算に応じた最低返済額がいくらになっているのかも、金利比較だけでは見えてこない大切な比較ポイントと言えます。

他にも、カードローンの金利は契約する限度額の高さに応じて利下げられる仕組みになっているので、最大限度額が安いカードローンほど低金利で契約しやすいという特徴などがあります。

低金利のカードローンを探すときは、これらの条件を総合的に考えていくのがおすすめの方法と言えます。

今紹介した金利比較の方法を考えていくと、最終的には三菱UFJ銀行のバンクイックが「上限金利・返済金額・限度額」のバランスが取れた低金利のカードローンと言えます。

もしあなたが低金利のカードローンの比較方法について、もう少し詳しく知りたいと感じた場合は、下の記事もぜひ参考にして下さい。

低金利カードローンの比較

 

低金利のカードローンを利用するときのメリット!

低金利のカードローンを利用するメリットを詳しく解説するピヨ!
上手に使えば返済金額や利息の節約効果を大きくできるんですね♪

冒頭で紹介した通り、低金利のカードローンを利用するメリットは毎月の利息が安くなるだけではありません。

この低金利の良さを上手に生かしていけば、あなたが気にしている利息や金利の問題を最小限に抑えることも可能なんです。

次に紹介する低金利カードローンのメリットを上手に活かせば、あなたもカードローンを安心して利用できるようになるので、ぜひ参考にして下さいね。

 

メリット①:毎月の利息を安く抑えられる!

メリット 1
低金利すれば
利息は安い!

低金利のカードローンの最大のメリットは何と言っても「毎月の金利を安く抑えられること」で間違いありません。

では、具体的にいくら位の利息を節約できるかと言うと、50万円を年率18.0%と14.5%で借りた場合の1か月の利息差は約1458.4円となります。

年率18.0%と年率14.5%で1か月借りた時の利息差
年率18.0% 年率14.5% 1か月の利息差
10万円 1500円 1208.3円 291.7円
20万円 3000円 2416.6円 583.4円
30万円 4500円 3625円 875円
40万円 6000円 4833.3円 1166.7円
50万円 7,500円 6041.6円 1458.4円
100万円 15,000円 12083.3円 2916.7円
※小数点2以下は切り捨て。
※表示された金額は1か月あたりの利息を簡易的に計算したものです。

消費者金融系の金利は年率3.0%~18.0%、銀行系は年率2.0%~14.5%で契約することが多いので、今回は代表的な金利となる年率18.0%と年率14.5%の金利で1か月の利息差を計算しました。

限度額が50万円くらいであれば、毎月の利息差もそこまで大きくないのですが、利用残高が100万円を超えるあたりから、毎月支払う利息差が大きくなりやすいです。

また、キャッシングする利用残高に関わらず、低金利のカードローンを契約するだけで毎月の利息を節約できるのなら、あなたも低金利のカードローンを契約したいと思いますよね。

低金利のカードローンを契約すれば、それだけで日々の利息が浮き、生活にゆとりがでるので、もしあなたが初めてカードローンを申し込む時は、迷わず低金利のカードローンを選ぶようにしましょう。

 

メリット②:浮いた利息を繰上返済に回しやすい!

メリット 2
浮いた利息で
繰上返済を!

また、低金利のカードローンを選べば毎月の利息が安くなるので、浮いた利息金額の分だけ繰上返済に回していけば、他のカードローンよりも早期完済に近づけることができます。

当たり前ですが、カードローンは借入残高が少なくなるほど支払う利息額は安くなっていくので、借入日から早い段階で繰上返済をした方が毎月の返済額を安く抑えることができます。

消費者金融系などの金利の高いカードローンを選ぶと、浮いた利息を繰上返済に回すと言った方法が取りづらいので、低金利カードローンならわではのメリットと言えます。

また、提携ATMの手数料などを節約したときに発生するお金も繰上返済に回していけば、無理に生活費を圧迫することなく上手に繰上返済を実行することができます。

提携ATMの手数料を無料にする方法については、下の記事に詳しく解説してあるので、ぜひ参考にして下さい。

カードローンの手数料を無料にする方法

 

メリット③:借り換えやおまとめの効果が大きい!

メリット 3
借換え時の
節約効果が高い

もしあなたが複数社から借入を行っている場合には、今すぐ低金利のカードローン1本にまとめることをおすすめします。

おまとめローンのメリット

  • 支払日が1つになる
  • 返済金額が安くなる
  • 金利が安くなる
  • 信用情報に傷が残らない など

特に低金利のカードローンを利用すれば、毎月支払っていたカードの合計額よりも、安い金額で支払いをまとめることができるので、家計負担を大幅に軽くすることができます。

なによりおまとめローンは、単なる家計の見直し行為なので、信用情報上などで傷が残る心配がありません。

それどころか、他社の完済実績を履歴に残すことができるので、完済した時にあなたの与信が高まる見込みの方が大きいです。

もしあなたが今の時点で複数社からの借入がある場合には、今すぐ低金利のカードローンへの借り換えや一本化を行いましょう。

おまとめローンについて

 

低金利のカードローンのメリットが活かせるシーン3選!

低金利のカードローンが生きるシーンにはどんなものがありますか?
今回は低金利のカードローンが生きる利用シーンを3つ紹介するピヨ!

低金利のカードローンのメリットが生かせるシーンは色々とありますが、その中でも今回は代表的な事例を3つ紹介したいと思います。

低金利のメリットが生きるシーン!
  1. 初めての人におすすめ
  2. 短期・長期のどちらでも活躍
  3. まとまった資金が必要な時に

 

シーン①:初めてだからこそ低金利で安心に借りれる

シーン 1
低金利は
安心感がある

低金利のカードローンの多くは銀行カードローンが多いので、老若男女問わず幅広い世代の人から支持されています。

やはり銀行が発行するカードローンとしての安心感が大きく、かつ、銀行系ならではの低金利で安心してキャッシングできると言うのは、初めてカードローンを利用する人にとっては大きな決め手となりやすいです。

また、銀行カードローンは低金利になるため、毎月の返済額も安くなりやすく、家計負担が重くなりにくいのも、初めてカードローンを選ぶ人におすすめできる理由と言えます。

 

シーン②:短期借入・長期借入のどちらにも低金利は有利

シーン 2
短期にも長期にも
低金利は生きる

カードローンの金利は借りたその日から発生してしまうので、会社の出張費や飲み会の一時的な立替でお金を借りたとしても、必ず金利は発生してしまいます。

それだったらたとえ短期間の一時的な立替えであったとしても、金利は安く抑えたいとあなたも思いますよね。

また、海外旅行や歯の治療費など、まとまった資金が必要な時にも金利が安い方が毎月の返済負担が軽くなりやすいのは言うまでもありません。

つまり、低金利のカードローンになるほど、短期間・長期間のどちらでも返済負担・利息を軽くして安心してキャッシングが出来ると言えます。

 

シーン③:まとまった資金が必要な時にこそ低金利が生きる

シーン 3
大きな資金は
低金利が生きる

もしあなたが子どもの留学費用や海外旅行など、まとまった大きな資金を必要としている時には、低金利のローン商品を利用することが最も大切です。

特に100万円以上のまとまった資金を必要とする時には、金利を1%でも安く抑えることで、毎月の利息や完済時の利息を大きく減らすことができます。

最近の低金利のカードローンは、あなたが契約する限度額に応じて金利が利下げされる仕組みになっているので、まとまった資金が必要なときこそ低金利のカードローンを利用するようにしましょう。

 

低金利のカードローンにはもちろんデメリットもある

低金利のカードローンにはデメリットってないんですか?
もちろん申込む時や利用時の注意点はいくつかあるピヨ!

今回は低金利のカードローンを利用するメリットを中心に解説していますが、もちろん低金利のカードローンも万能ではありません。

特に審査を申込む時や、契約が完了した後の利用方法には、下にまとめたような項目に注意する必要があります。

低金利カードの注意点!
  1. 繰上返済を前提に使う
  2. 低金利ほど審査は厳しめ
  3. 目的に応じたカード選びを

実際には、低金利のカードローンを選んだ方がメリットが多いですが、今紹介したような注意点を守ることで、より低金利のカードローンを上手に使える様になると言えます。

特に低金利のカードローンになるほど、毎月の最低返済額が安くなりやすいので、早い段階で繰上返済をしてないと完済時の総支払い額が割高になりやすい傾向にあるので注意が必要です。

また、低金利になるほどカードローンの審査は厳しくなりやすいので、希望する限度額を低くするなどして審査に通りやすい状態を作っておくことも大切です。

仮に低金利のカードローン審査に通らなかった場合でも、限度額が50万円までなら大きな利息差にはならなので、そこまで心配する必要はありません。

今紹介した注意点を踏まえて低金利のカードローンを利用すれば、まさに鬼に金棒なので、使いすぎに十分注意して上手に利用していきましょう。

その他、低金利のカードローンを利用する時のデメリットや注意点に関しての詳細を知りたい時は、下の記事に詳しくまとめたのでぜひ参考にして下さい。

低金利カードローンのデメリット

 

低金利のカードローンでよくある質問

低金利のカードローンでよくある質問をまとめたピヨ!
もしここにない質問や疑問点などがあればお気軽にお問合せ下さいね♪

最後に低金利のカードローンについてよくある質問や疑問点などについてQ&A方式でまとめました。

もしここにまとめきれていない質問や疑問点などがありましたら、お気軽に質問フォームよりご連絡下さい。

 

質問①:低金利のカードローンだと利息はどれくらい安いんですか?

低金利のカードローンだと利息はどれくらい安いんですか?

あなたが契約する金利や限度額にもよりますが、10万円を年率12.0%で借りた時の利息は、1日あたり約33.3円となります。

カードローンの金利はあなたが借りたいと思うキャッシング予算を基準にして、どれくらいの金利で契約できそうかを調べていくと分かりやすいと言えます。

 

質問②:どのくらいの金利からが低金利と言えるんですか?

どのくらいの金利からが低金利と言えるんですか?

一概には言えませんが、一般的な相場として消費者金融系の金利は年率18.0%、銀行系は年率14.5%で契約することが多いです。

そのため、これらの金利条件よりも安い金利で契約することができれば、低金利のカードローンと言えると思います。

また、カードローンはあなたが契約する限度額に応じて利下げされるので、同じカードローンでも契約者によって金利が変わる点にも注意して下さい。

 

質問③:今契約しているカードローンを低金利にすることはできますか?

今契約しているカードローンを低金利にすることはできますか?

可能です。

条件としては「限度額を増額する・借換えを前提の交渉をする」などが有効な方法としてありますが、それ以外にもいくつか方法があります。

カードローンの利下げ交渉は事前準備が大切なので、下にまとめた記事を参考にして気軽に試してみて下さいね。

カードローンの利下げ交渉

 

注意点を踏まえれば低金利のカードローンはメリットが多い!

上手に使えば低金利のカードローンはメリットが多いピヨ!
少しでも利息を節約して、早期完済を目指したい時は便利ですね♪

今回は低金利のカードローンを利用する時のメリットや、メリットが生きるシーンについて解説してきましたが、如何でしたでしょうか?

低金利のカードローンを利用するときも、いくつかの注意点に気を付ける必要はありますが、基本的にはメリットが多いのが特徴です。

低金利のメリットのまとめ!
  1. 利息の節約ができる!
  2. 繰上返済が楽になる!
  3. 金利見直しに効果を発揮!

低金利のカードローンを利用すれば、毎月の利息や返済額が安くなるので、家計負担を軽くしてお金を借りることができます。

また、浮いたお金を繰上返済に回していくことで、早期完済や利息節約の恩恵も受けやすいので、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめです。

低金利のカードローンの中でも、三菱UFJ銀行のバンクイックなら年率1.8%~14.6%という低金利で借りれるほか、毎月の返済額が月々1,000円~で利用できるので、初めてのあなたも安心して利用できます。

また、三菱UFJ銀行の口座がなくても口座開設なしで審査が完了するので、これ以上口座を増やしたくない人や三菱UFJ銀行の口座を持っていない人にもおすすめです。

三菱UFJ銀行のバンクイックなら低金利で最短翌営業日には借りることができるので、あなたも今すぐ借りれるかバンクイックのお試し診断を利用してさっそく調べてみましょう。

あなたもバンクイックを利用すれば、今抱えているお金の問題を素早く低金利で解決することができますよ。

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

カード選びに迷ったらコレ!おすすめカードローンのまとめ!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

SMBCモビット

SMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

普通預金の口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も口座開設なしで審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

-低金利のカードローン

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2019 All Rights Reserved.