消費者金融の特徴

消費者金融の増額審査の申込方法と審査に通る対策!

投稿日:

消費者金融の増額審査に通るにはどうしたらいいですか?
前年度よりも年収がアップしていることが重要ピヨ!

結論から言えば、消費者金融で限度額の増額審査に通るためには、次に紹介する3つの審査基準をクリアしていることがとても重要です。

増額審査のポイント!
  1. 前年度より年収がアップした
  2. 借入額が年収の3分の1以下
  3. 返済履歴がキレイな状態

今紹介した3つの条件をクリアしていれば、あなたも消費者金融の増額審査に通過できる可能性がとても高いと言えます。

基本的に消費者金融の増額審査は、初回審査の限度額が低額すぎた場合か、前年度の年収が大幅にアップした時にのみ、増額できるケースが多いです。

と言うのも、消費者金融は総量規制の金融会社のため、年収の3分の1以上のお金は原則キャッシングができないからです。

ただ、消費者金融でも年収の3分の1以上のお金をキャッシングできる例外的な条件もいくつかあるんです。(詳しくは後述)

今回は消費者金融の増額審査に通過するための条件やポイントを解説していくので、今契約している限度額よりも大きく借りたいあなたは今すぐこの記事をチェックして下さいね!

 

増額審査の申込方法は電話かWEB申込がおすすめ!

増額審査の申込ってどうすればできますか?
電話申込かWEB申込で申込むのが一般的ピヨ!

消費者金融で増額審査を申込む場合は、電話申込かWEB申込かのどちらかで申込むのが一般的な方法です。

増額審査の申込方法は?
WEB申込 各カードローンの会員サイトにログインし、増額審査の申込をすれば完了。必要に応じて本人確認書類や収入証明書を提出すればOK
電話申込 カード裏面に記載されたコールセンターに電話を掛けて増額審査を直接申込む方法。簡単な本人確認が完了したあと、増額可能であれば必要書類を写真等で提出すれば増額完了。
自動契約機 各消費者金融の自動契約機の中に入り、増額審査の手続きを希望すればOK。増額可能と判断された場合は、必要書類を提出することですぐに枠が広がる

各消費者金融によって、細かな違いはあるものの、基本的な申込方法は今紹介した通りになることが多いです。

また、最近では各消費者金融が公式アプリを提供しているので、増額審査の申込をアプリから済ませる方法もあります。

詳しくは、各消費者金融のアプリの使い方を解説した記事を参考にして下さい。

主な消費者金融のアプリローン

 

消費者金融の増額審査に通るための3つの審査対策!

消費者金融の増額審査に通るにはどうしたらいいんでしょうか?
増額審査に通過するための対策を3つ解説するピヨ!

消費者金融の増額審査は、初回限度額が厳しめに設定されている人であれば、大抵の場合は問題なく審査に通過できる可能性が高いです。

ただし、それなりの限度額で契約をしている場合、消費者金融の増額審査に通過できる可能性はかなり厳しいと言えるかもしれません。

今回は消費者金融の増額審査に通過するための、ポイントや対策などについて解説していくので、増額審査に通過したいあなたは今すぐチェックして下さいね!

 

審査対策①:借入合計額を年収の3分の1以下にする

審査対策 1
限度額は
年収の1/3

このブログでも何度も解説している通り、消費者金融は総量規制のカードローンなので、年収の3分の1以上のキャッシングができません。

総量規制とは?
国や銀行を除いた、貸金業者から年収の3分の1以上のお金をキャッシングできない法律。主に消費者金融などが対象となる。

ちなみに、住宅ローンや自動車ローンなど銀行から借りたお金や、質屋などによる有担保のキャッシングは総量規制の対象外となる。

消費者金融は原則年収の3分の1以上のお金が借りれないため、増額審査を申込むときは、他社からの借入合計額を年収の3分の1以下に抑えておく必要があります。

特に他社カードローンやクレジットカードなど、普段から利用していないカードなどがあれば、先に解約手続きを済ませてキャッシング枠を広げておくことが増額審査の事前準備としてはとても大切です。

 

審査対策②:前年度よりも年収がアップしている状態にする

審査対策 2
年収対策が
意外と大切

また、消費者金融は年収の3分の1以上は借りれないのであれば、あなた自身の年収をアップさせることも、増額審査の対策ではとても有効と言えます。

あなたは「年収アップなんて今すぐにはできない」と思うかもしれませんが、実は増額審査における年収アップ対策と言うのは、意外と簡単にできてしまうんです。

今すぐできる年収アップ対策

  • 税込み年収で申告する
  • ボーナス込みの申告をする
  • 副収入があればそれも申告

消費者金融の審査では、手取り年収ではなく税込み年収での申告でOKなので、少しでもあなたの年収を高く見せられる様に申告しましょう。

また、夏と冬にボーナスの収入がある場合は、それもきちんと申告し、必要に応じて源泉徴収票などを提出するのがおすすめです。

これだけでも給与明細に記載された年収よりも高い年収で申告できるはずなので、あなたも今すぐ試してみて下さいね。

ちなみに、源泉徴収票などは会社の経理担当者に伝えたら、すぐに再発行を行ってくれます。

もし会社に源泉徴収票の再発行をお願いしにくい時は、最寄りの役所で住民税決定通知書などの収入証明書を発行してもらうのがおすすめです。

各カードローンの収入証明書や年収対策については、下にまとめた各記事を参考にして下さい。

参考記事

 

審査対策③:過去の返済履歴で目立った滞納がない状態にする

審査対策 3
滞納や延滞は
無いことが前提

消費者金融の増額審査を申込む時に最も注意したいのが「過去の返済履歴で目立った滞納や延滞がない状態」のときに審査を申込むことです。

消費者金融では、新規審査・増額審査に関わらず、何らかの審査申込があった時点で提携する信用情報機関に情報照会を行い、あなたの過去の返済履歴で何か問題が無かったかを調べます。

主な信用情報機関
CIC 主に消費者金融や信販会社が加盟する信用情報機関。JICCと内容が重なることが多い
JICC 主にクレジットカードが加盟する信用情報機関。CICと内容が重なることが多い。
JBA 主に銀行から受けている融資の内容を記録する信用情報機関。住宅ローンや自動車ローンの内容が記載されていることが多い。

これらの信用情報機関で滞納や延滞がないと分かれば、増額審査に通過できる見込みが高くなると言えます。

また自分の信用情報がどうなっているのかを知りたい場合には、各信用情報機関に問い合わせることで、個人情報の開示請求も可能になっています。

信用情報機関への情報開示請求の手順などについては、下の記事を参考にして下さい。

信用情報の開示請求手順

 

消費者金融の増額審査を申込んだときの注意点は?

消費者金融に増額審査を申込んだときの注意点って何かありますか?
増額審査の時の注意点をまとめたピヨ!

本来、消費者金融の増額審査は何度でも申し込むことができます。

ただ、限度額の増額審査は完全なノーリスクでできる訳ではなく、いくつかの注意点を守らないと、限度額が減額されるリスクもあることに注意が必要です。

増額審査のときの注意点!
  1. 与信が悪いと減額される!
  2. 複数社から借りないこと!
  3. 毎月の返済額に注意する!

 

注意点①:増額審査時の与信内容が悪いと減額される!

point 1
増額審査は
与信が大事

限度額の増額審査を申込むときは、初回審査のときと比べて与信内容が良くなった状態に申込むのが理想的です。

そのため、リストラや転職などで年収が急激に下がったタイミングなどで増額審査を申込むのは絶対に避けた方がいいと言えます。

増額審査を避けるべきタイミング

  • 前年度より年収が下がった
  • 他社で新たな借入を作った
  • 返済で滞納や延滞が目立つ など

こうした与信内容が悪化しているタイミングで増額審査を申込んでも、審査に落ちる可能性が高いので申込は控えるようにしましょう。

最悪の場合、増額審査を申込んでも限度額が減額されるリスクもあるので、年収が下がったタイミングで無理に増額審査を申込むのは避けた方が無難と言えます。

 

注意点②:複数社からの借入・遅延履歴があると審査に通らない!

point 1
他社借入は
極力少なく

また、消費者金融は総量規制のカードローンとなるため、年収の3分の1以上のお金を借りることができません。

そのため、あなたが他社で新たな借入を作ってしまった状態で、本命の消費者金融に増額審査を申込んでも審査に落ちる可能性の方が高いです。

対策として、増額審査を申込むときは、複数社からの借入を減らし、完済実績を先に作ってから増額審査を申込むのがおすすめです。

他には、完全な完済はムリだったとしても、他社の限度額を減額させることで、目的の消費者金融の増額に成功するパターンもあります。

また、他社のを含め、過去2年間で目立った滞納や延滞がある場合も増額審査には通りづらい状態と言えるので、少なくとも直近の半年間は滞納や延滞の無い状態にしてから審査を申込むのも、有効な増額審査対策と言えます。

 

注意点③:毎月の返済額を十分考えた上で申し込むこと!

point 1
増額すれば
返済は増える

これは増額審査に通った後の注意点になりますが、消費者金融で限度枠を広げてキャッシングをすると、借入残高に応じて毎月の最低返済額が増える点には十分注意してください。

返済額早見表
10万円 20万円 30万円 40万円 50万円 60万円 70万円 80万円 90万円 100万円 200万円 300万円 400万円 500万円 600万円 700万円 800万円
SMBCモビット 4,000円 8,000円 11,000円 11,000円 13,000円 16,000円 18,000円 21,000円 23,000円 26,000円 36,000円 46,000円 56,000円 66,000円 76,000円 86,000円 96,000円
プロミス 4,000円 8,000円 11,000円 11,000円 13,000円 16,000円 18,000円 21,000円 23,000円 26,000円 40,000円 60,000円 80,000円 100,000円
アイフル※1 5,000円 9,000円 13,000円 13,000円 15,000円 18,000円 21,000円 24,000円 27,000円 30,000円 40,000円 50,000円 60,000円 70,000円 80,000円 90,000円 100,000円
三菱UFJ銀行※2 1,000円 2,000円 3,000円 4,000円 5,000円 6,000円 7,000円 8,000円 9,000円 10,000円 20,000円 30,000円 40,000円 50,000円
三井住友銀行 2,000円 4,000円 6,000円 8,000円 10,000円 11,000円 12,000円 13,000円 14,000円 15,000円 25,000円 35,000円 45,000円 55,000円 60,000円 65,000円 70,000円
みずほ銀行 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 20,000円 30,000円 40,000円 50,000円 60,000円 70,000円 80,000円
※1…アイフルの返済金額はサイクル制(35日ごとの返済)を採用した場合の返済金額です。
※2…バンクイックの返済額は金利8.1%以下のときのものです。
※…返済金額は簡易的なものです。最新・詳細の情報は必ず各公式サイトをご確認下さい。

消費者金融の場合、限度額が50万円までなら毎月の返済額もそこまで高くなりませんが、限度額が100万円を超えてくると毎月の返済額が高くなっていく傾向にあります。

そのため、消費者金融で限度額の増額審査を申込むときは、予めあなた自身の収入と支出のバランスを見た上で、毎月の返済額がいくらまでなら払えるのかを考えておくことが大切です。

 

新規審査より増額審査の方が安全と断言できる理由

追加でお金を借りるたい時、新規審査と増額審査のどっちがおすすめなの?
確実に増額審査を申込んだ方がメリットが大きいピヨ!

カードローンの審査を申込むときに、新規審査と増額審査のどちらを申し込んだ方がいいのか悩む人も多いと思います。

ですが、結論から言えば、消費者金融や銀行カードローンから追加でキャッシングしたい時は、増額審査を利用した方がメリットが大きいと言えます。

と言うのも、複数社から借りた場合と1社で借りた場合とでは、毎月の返済額に差が出るからです。

複数社と1社で借りた場合の返済額は?
複数社 1社のみ
借入額 30万円+70万円 100万円
返済額 11,000円+18,000円 26,000円
返済合計額 29,000円 26,000円
金利 年率18.0% 年率15.0%

上の表はあくまで簡易的なシミュレーションですが、複数社から借りた時の毎月の返済合計額は、1社で借りたときよりも割高になるケースが多いです。

また、法律上、消費者金融の限度額は100万円を超えると年率15.0%に必ず下がるので、1社でまとまったお金を借りた方が利息も節約できるメリットに繋がります。

他にも、複数の消費者金融から借りてしまうと、返済期日の管理が大変になってしまうので、そう言う意味でも1社に絞って借りた方が効率的に返済ができると言えます。

そのため、消費者金融や銀行カードローンなどで追加キャッシングを考える場合は、新規審査を申込むのではなく増額審査を利用した方がメリットが大きいと肝に銘じておいて下さい。

例外的に、金利の高い消費者金融から銀行カードローンに切り替える場合などに、一時的に複数社で借入をすることは問題ありません。

ただその場合は、なるべく早い段階で銀行カードローンへの借り換えを済ませ、使わなくなった消費者金融のカードは解約をするようにしましょう。

その他、カードローンの増額審査と新規審査の詳しい違いなどは、下の記事を参考にして下さい。

新規審査と増額審査の比較

 

消費者金融から総量規制対象外で借りれる例外的なケースとは?

消費者金融って総量規制対象外で借りることはできないんですか?
いくつかの例外的なケースはあるピヨ!

ちなみに、消費者金融でも例外的に総量規制対象外でお金を借りれるケースと言うのは存在します。

それがおまとめ目的や借換目的による一時的な借入の増加です。

主な消費者金融のおまとめローン
商品名 金利 最大限度額
アイフル おまとめMAX 年率3.0%~17.5% 800万円
アイフル かりかえMAX 年率3.0%~17.5% 800万円
プロミス 年率おまとめローン 6.3%~17.8% 300万円
中央リテール おまとめローン 年率10.95%~13.0% 500万円

これらのおまとめローンは「貸金業法に基づくおまとめローン」と呼ばれるもので、総量規制対象外でお金を借りることができます。

ただし、おまとめローンでお金を借りる時は、過去に利用していたカードローンの完済証明書や解約手続きの証書などが必要になる点に注意してください。

詳しくはおまとめローンのメリットなどを参考にして頂けると幸いです。

おまとめローンのメリット

 

消費者金融の増額審査でよくある質問

消費者金融の増額審査でよくある質問をまとめたピヨ!
ここにない質問や疑問があればお気軽にお問合せ下さいね♪

最後に消費者金融の増額審査でよくある質問や疑問をQ&A形式でまとめました。

もしここにまとめきれていない質問や疑問などがありましたら、お気軽に質問フォームよりご連絡下さい。

 

質問①:増額審査で在籍確認の電話が掛かる事はありますか?

増額審査で在籍確認の電話が掛かる事はありますか?

基本的には掛かって来ないと言えます。

ただ、あなたが審査を申込んでから滞納や延滞を起こしがちだった場合には、勤務先への在籍確認が発生する可能性があります。

また、消費者金融によっては転勤や転職などで勤務先が変わった場合も、電話確認が行われる場合があるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

増額審査の在籍確認

 

質問②:消費者金融で減額される可能性はどれだけありますか?

消費者金融で減額される可能性はどれだけありますか?

そこまで心配する事ではありません。

あくまで、大幅な年収ダウンや他社借入の増大など、与信情報に劇的な悪化がみられない限り、増額審査で消費者金融の限度額が減額される可能性はほぼないと言えます。

理想としては、年収が上がったタイミングで増額審査を申込むのがおすすめです。

 

質問③:増額するなら銀行カードローンとどっちがおすすめですか?

増額するなら銀行カードローンとどっちがおすすめですか?

もし消費者金融と銀行カードローンの2社を持っているのなら、早い段階で銀行カードローン1社にまとめた方が、毎月の返済額は安く抑えやすいです。

ただし、銀行カードローンの返済額は本当に安いので、返済の長期化や完済時の利息の増大などがデメリットとしてあります。

そのため、銀行カードローンでまとまった資金を借りる時は、必ず繰上返済を前提にした上で借りることが大切です。

参考記事

 

借入残高が100万円を超えそうな場合は銀行カードローンの検討を!

まとまった資金を借りるときは銀行カードローンがおすすめピヨ!
借入残高が100万円を超えるかどうかが目安なんですね♪

今回は消費者金融の増額審査についての審査ポイントや注意点などを中心に解説をしました。

消費者金融は総量規制の対象ではありますが、年収の3分の1までなら限度額の増額は可能になっています。

ただし、消費者金融での借入残高が100万円を超えるようであれば、銀行カードローンに切り替えた方が毎月の返済額を安く抑えられると言えます。

銀行カードローンのメリット
  1. 毎月の返済額が安い
  2. 低金利で利息が増えにくい
  3. 安心感がある

利用残高が50万円までなら消費者金融の返済額でもそこまで大きな負担はありませんが、残高が100万円を超えた消費者金融の返済額は2万6000円前後となりとても割高です。

その点、銀行カードローンなら利用残高が100万円になった場合でも、毎月の返済額は1万円~1万5000円くらいになるので、毎月の返済負担としてもかなり抑えることができます。

また、銀行カードローンの方が消費者金融と比べても金利が安いので、繰上返済を行ったときの元本割合が大きくなるメリットもあります。

中でも、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、金利も安く毎月の返済額も安いので、消費者金融の増額審査を検討しているあなたにもとてもおすすめです。

もしあなたが消費者金融で増額審査を考えているのなら、三菱UFJ銀行のカードローンに借り換えて毎月の返済額を安く抑えてみませんか?

バンクイックなら毎月の返済額も安く、三菱UFJ銀行の口座を持っていなくても、最短翌営業日にはキャッシングが出来るので、今すぐ追加のお金が必要なあなたの心強い味方になってくれますよ。

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

安心して利用できる大手消費者金融のまとめ!

SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

プロミス

プロミスなら最短30分で審査が完了し、50万円まで収入証明書なしで即日キャッシングができる利便性の高いカードローンとして人気です。

また、無利息キャッシングを何度でも利用できるので、出張費や飲み会費用の立て替えなどにも使える、頼りがいのあるカードローンに成長してくれます。

あなたも今からプロミスに審査を申込めば、土日や外出先であっても、数時間後にはキャッシングを完了させることができますよ。

※無利息キャッシングは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※申込み時間によっては即日融資に間に合わない場合がございます。

 

アイフル

アイフルなら初めて借りる人限定で、最大30日まで無利息でキャッシングできるサービスがあり、短期間の借入やキャッシング目的ととても相性が良いです。

また、電話対応もとても丁寧で安心できると評判で「女性が安心して利用できるカードローン」としても人気があります。

アイフルならカードローンの発行も自動契約機や郵送・郵便局留めなど、色々な方法で受取れるので、初めてカードローンを利用するあなたも安心して利用することができますよ。

-消費者金融の特徴

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2019 All Rights Reserved.