銀行カードローンの特徴

銀行カードローンの返済額を6銀行で比較してみた!

更新日:

銀行カードローンの返済額って結局どこが一番安いんですか?
基本は三菱UFJ銀行カードローンだけど、条件によって色々変わるピヨ!

結論から言えば、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックを申し込めば、毎月の返済金額を安く抑えられる人が増えると言えます。

ただし、あなたが希望する限度額や、契約する銀行カードローンの金利によっては、他の銀行カードローンの方が返済額が安くなるケースもあるので注意が必要です。

主な銀行カードローンの最低返済額と金利
最低返済額 金利(年率)
三菱UFJ銀行 月々1,000円~ 年率1.8%~14.6%
三井住友銀行 月々2,000円~ 年率4.0%~14.5%
みずほ銀行 月々10,000円~ 年率2.0%~14.0%
千葉銀行 月々2,000円~ 年率1.7%~14.8%
愛媛銀行 月々2,000円~ 年率4.4%~14.6%
福岡銀行 月々2,000円~ 年率3.0%~14.5%
※上図の金利や返済額の詳細は、必ず各公式サイトでご確認をお願い致します。

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックの場合、契約する金利が年率8.1%以下になると毎月の最低返済額が1000円~になるので、公務員や一部上場企業に勤めるサラリーマンのあなたにとてもおすすめです。

また、三井住友銀行やみずほ銀行などは、住宅ローンの契約をしていることを条件に、カードローンの金利を利下げしてくれる優遇サービスもあるので、一概にバンクイックだけがおすすめという訳でもありません。

今回は6つの銀行を比較して、あなたにとって最適な返済額を設定できる銀行カードローンを紹介したいと思います。

もしあなたが少しでも毎月の返済額を安く抑えたいと考えているのなら、今すぐこの記事をじっくりと読み進めて行って下さいね!

 

銀行カードローンの返済額を6銀行で比較してみた!

毎月の返済額は利用残高によって変動するピヨ!
事前に借りたり金額から返済額を比較するのが賢い方法なんですね。

銀行カードローンの返済額は、あなたが契約する限度額ではなく、利用残高に応じて変動するので、仮に100万円の限度額で契約しても、利用残高が10万円であれば毎月の返済は月2000円~の返済となります。

つまり、あなたが借りたいキャッシング額の予算から、どの銀行カードローンの返済額が一番安いのかを比較するのが、賢い銀行カードローンの比較方法と言えます。

また、利用残高が100万円までになるのか、100万円以上の借入を行うかにもよって、どの銀行カードローンの返済額が一番安いのかは変わるので注意が必要です。

 

比較①:残高100万円までの返済額早見表

100万円までならメガバンクのカードローンがおすすめピヨ!
年率8.1%以下で契約できるならバンクイックの返済額が一番安いんですね。

まず、利用残高が100万円までの銀行カードローンの返済額は、三菱UFJ銀行のバンクイックがぶっちぎりで安いです。

次いで、三井住友銀行・みずほ銀行の返済額が安定的に安く、3番手に地方銀行カードローンの返済額が安いという順番になっていると言えそうです。

残高100万円までの返済額早見表
10万円 20万円 30万円 40万円 50万円 60万円 70万円 80万円 90万円 100万円
三菱UFJ銀行 1,000円 2,000円 3,000円 4,000円 5,000円 6,000円 7,000円 8,000円 9,000円 10,000円
三井住友銀行 2,000円 4,000円 6,000円 8,000円 10,000円 11,000円 12,000円 13,000円 14,000円 15,000円
みずほ銀行 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円
千葉銀行 2,000円 4,000円 6,000円 8,000円 10,000円 12,000円 14,000円 16,000円 18,000円 20,000円
愛媛銀行 2,000円 5,000円 5,000円 10,000円 10,000円 15,000円 15,000円 15,000円 15,000円 15,000円
福岡銀行 2,000円 4,000円 6,000円 8,000円 10,000円 20,000円 20,000円 20,000円 20,000円 20,000円
※三菱UFJ銀行カードローンの金利は年率8.1%以下の場合の返済金額です。
※返済金額は簡易的なものであり予告なく変更される場合があります。最新・詳細な情報は必ず各公式サイトでご確認をお願い致します。

あなたが希望する限度額にもよりますが、とりあえず三菱UFJ銀行のバンクイックを契約しておけば金利も返済額も抑えやすいのでおすすめです。

ただし、今回紹介したバンクイックの返済金額は年率8.1%以下の金利で契約できた場合なので、年率8.1%以上の金利で契約することになると、返済額は変わるので注意が必要です。

詳しい三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の金利や返済額については、下の記事を参考にして下さい。

参考記事

 

比較②:残高100万円以上の返済額早見表

100万円以上を希望する場合は、愛媛銀行の返済額が安いピヨ!
愛媛銀行は全国審査に対応して口座開設なしだから嬉しいですね♪

実は利用残高が100万円を超える場合の返済額は、愛媛銀行カードローンが一番安い金額に設定されているんです。

その次に、三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行が同じくらいの返済額に設定されており、3番手に残りの地方銀行カードローンとなっていると言えます。

残高100万円以上の返済額早見表
100万円 200万円 300万円 400万円 500万円 600万円 700万円 800万円 900万円 1,000万円
三菱UFJ銀行 10,000円 20,000円 30,000円 40,000円 50,000円
三井住友銀行 15,000円 25,000円 35,000円 45,000円 55,000円 60,000円 65,000円 70,000円
みずほ銀行 10,000円 20,000円 30,000円 40,000円 50,000円 60,000円 70,000円 80,000円
千葉銀行 20,000円 30,000円 40,000円 50,000円 60,000円 70,000円 80,000円 90,000円
愛媛銀行 15,000円 25,000円 30,000円 35,000円 40,000円 50,000円 50,000円 50,000円
福岡銀行 20,000円 30,000円 40,000円 50,000円 60,000円 70,000円 80,000円 90,000円 100,000円 110,000円
※三菱UFJ銀行カードローンの金利は年率8.1%以下の場合の返済金額です。
※返済金額は簡易的なものであり予告なく変更される場合があります。最新・詳細な情報は必ず各公式サイトでご確認をお願い致します。

愛媛銀行カードローンは、地方銀行カードローンではあるものの、審査対象エリアが全国になっており、口座開設なしで審査を完了できるので、実はメリットが多い銀行カードローンになっています。

また愛媛銀行カードローンなら専業主婦の方からの審査申込にも対応しているので、もしあなたが専業主婦の場合は迷わず愛媛銀行カードローンを申し込んでみましょう。

愛媛銀行カードローンについて

 

銀行カードローンの返済額を調べる時の大切なポイント!

銀行カードローンの返済額を調べるときのポイントって何がありますか?
事前に借入予算を決めて、繰上返済を前提に考えることピヨ!

銀行カードローンの返済額を考えるときに忘れてはいけないのは、返済額の比較だけでなく、どういった利用目的・返済計画なのかを考えることが大切です。

返済額の大切なポイント!
  1. 返済額は残高で決まる!
  2. 最低返済額に要注意!
  3. 繰上返済の効果は絶大!

特に銀行カードローンの返済額は、消費者金融よりも割安なことが多いので、つい安心してダラダラと使ってしまいがちですが、それはとても危険です。

銀行カードローンは返済額が安い分、完済までの期間が長期化しやすいので、次に紹介する3つのポイントをしっかりとチェックして、あなたのカードローンライフに役立てて下さい。

 

ポイント①:返済額は利用残高で決まる

point 1
利用残高に
要注意!

冒頭でも紹介した通り、銀行カードローンの返済額は、限度額ではなく利用残高に応じて決まるので、借り過ぎには十分な注意が必要です。

よくあるのが、最初は少額融資で借りていたのに、その後もズルズルと使い続けていたために、毎月の返済金額が段々と大きくなり、最終的に家計を圧迫する原因になったパターンです。

これを回避するためには、とにかく最初から利用目的をはっきりとさせて、それ以外の目的では絶対に使わないことです。

銀行カードローンの利用目的は?

  • 会社の飲み会
  • 子供の養育費
  • 生活費の補てん
  • 冠婚葬祭の費用 など

どんな目的でお金を借りたとしても、一番大切なのはカードローン依存にはならず、目的を果たした後はきちんと完済を目指すことが大切です。

カードローンは確かに便利ですが、手持ちの預金でお金を払える時は身銭を切れる習慣を身に着けて行きましょう。

カードローンやクレジットカードは便利ですが、毎月の家計を健全化させるためには、カード依存から脱却することも大切です。

キャッシュレス時代とは少し逆行しますが、現金主義に戻ることにより、家計感覚が鋭くなるメリットもありますよ。

 

ポイント②:最低返済額だけを払い続けない

point 2
最低返済額は
ボーダーライン

返済金額の安い銀行カードローンは、毎月の家計負担が軽くなる一方で、完済までの道のりが長くなるデメリットもあります。

例えば、年率14.5%でお金を借りて、最低返済金額で支払い続けると、完済までに78カ月も掛かることになります。

最低返済額での返済シミュレーション
借入残高 最低返済額 完済回数 総支払額
10万円 2,000円 78カ月 154,259円
20万円 4,000円 78カ月 308,574円
30万円 6,000円 78カ月 462,898円
40万円 8,000円 78カ月 617,229円
50万円 10,000円 78カ月 771,542円

今回は三井住友銀行の公式サイトにある返済シミュレーターを利用しましたが、基本的にどこの銀行カードローンを選んでも、消費者金融よりは毎月の返済額は安くなります。

ですが、返済金額が安くなると言うことは、元金返済分の金額も安くなると言うことなので、結果的に完済までの期間が長期化しやすく、結果的に完済時の総支払額が割高になりやすいです。

そのため「最低返済額で支払い続けるのは損な行為」と肝に銘じておき、次に紹介する繰上返済を積極的に実行していきましょう。

 

ポイント③:月1,000円の繰上返済で1年短縮される

point 3
繰上返済の
効果は抜群

銀行カードローンの返済額を考えるときに、最も重要なのが「いかに早い段階から繰上返済に踏み切れるか」だと言えます。

と言うのも、銀行カードローンの繰上返済を行えば、完済期間を短縮できたり、完済時の利息節約に大きく貢献できるからなんです。

30万円を年率14.5%で借りた時の返済シミュレーション
返済金額 返済回数 総支払い額 総利息額
6,000円 78カ月 462,898円 162,898円
7,000円 61カ月 425,128円 125,128円
8,000円 51カ月 401,963円 101,963円
9,000円 43カ月 386,228円 86,228円
10,000円 38カ月 374,817円 74,817円

毎月の最低返済額6000円で支払いを続けるよりも、たった1000円だけでも繰上返済を続けることで、完済までの期間を1年以上短縮しつつ、3万円近くの利息節約に繋がります。

毎月1000円の繰上返済と考えれば、あなたが日常的に利用しているコンビニを週3日までに減らしたり、毎月のタバコを2箱減らせば簡単に実現できる金額です。

また、会社の無駄な飲み会などを1回休むだけで3000円~5000円の節約にも繋がるので、繰上返済は意外と簡単だとあなたも思いますよね。

いきなり全ての生活スタイルを変えることは難しいかもしれませんが、少しずつ変えられる部分がから変えて行くようにしましょう。

「最大の投資は自己投資」なんて言いますが、カードローンの繰上返済もかなり投資効率のよいお金の使い方です。

利回り14.5%の金融商品なんてまず存在しない事を考えれば、1000円札1枚を繰上返済に使うだけで、大きなリターン(利息節約・期間短縮)が得られるのは投資効率としては最高と言えます。

今すぐケチになれとはいいませんが、カードローンの繰上返済は自己投資以上にリターンの大きい投資だと考えて前向きに取り組んでみましょう。

 

毎月の返済方法や返済日は銀行カードローンによってかなり違う

銀行カードローンの返済日や返済方法はどうなっていますか?
分かりやすく一覧表にしてみたピヨ!

消費者金融とは違い、銀行カードローンは毎月の返済日や返済方法などのルールが各銀行によってバラバラになっています。

そのため、あなたが申込を検討している銀行カードローンの返済方法や返済日については、事前に確認しておくと、契約後の確認作業が少なくて済みます。

 

返済日は「指定日返済」か「サイクル返済」

point 1
返済日は
2通り

基本的に銀行カードローンの返済日は「毎月1回、指定された日までに支払いを完了させる」というルールになってます。

ただし、銀行によっては指定日返済以外に、「最終返済日から35日以内に次の返済を完了させる」という「サイクル返済」を選べる銀行もあります。

主な銀行カードローンの返済日
三菱UFJ銀行 指定日返済:毎月1日~末日で好きな日を指定
サイクル返済:最終返済日から35日ごとの返済
三井住友銀行 毎月5日,15日,25日,末日で好きな日を指定
みずほ銀行 毎月10日
千葉銀行 毎月10日
愛媛銀行 毎月末日
福岡銀行 口座引落:毎月1~26日で好きな日を指定
ATM返済:毎月14日までに返済

銀行によっては、返済方式や返済方法を選択することで、毎月の返済日が変わってしまうので、カードローンを契約するときに担当オペレーターにしっかりと確認しましょう。

また、返済日を指定できる銀行は、契約完了後も返済日の変更ができるケースが多いので、転職などが起きた時は早めに連絡して返済日の変更を行いましょう。

ちなみに、返済日が土日祝や銀行休業日になっている場合は、翌営業日まで返済日がずれ込むケースが多いです。

ただし、この辺も予告なく変更が行われたり、各銀行によって判断が異なる場合があるので、カードローン申込時に担当オペレーターに確認することをおすすめします。

 

返済方法は「ATM返済・口座引落・振込返済」が主流

point 2
返済方法は
3通り

銀行カードローンの返済方法は「口座引落」を基本としていますが、銀行によっては「提携ATMからの返済」や「振込返済」などにも対応しているケースがあります。

主な銀行カードローンの返済方法
三菱UFJ銀行 口座引落・ATM返済・振込返済
三井住友銀行 口座引落・ATM返済・振込返済
みずほ銀行 口座引落のみ
千葉銀行 口座引落のみ
愛媛銀行 ATM返済・振込返済
福岡銀行 口座引落・ATM返済・振込返済

ちなみに、毎月の支払いを口座引落に設定した場合、繰上返済の金額分は提携ATMや銀行振込で入金するケースが大半です。

また、提携ATMや振込返済で銀行カードローンの支払いを続ける場合は、事前連絡なしで多めに返済することができるので、積極的に繰上返済が行いやすいと言えます。

返済方法については、口座引落に限定されていない限り、カードローンのヘルプデスクに連絡することでいつでも変更できるので、あなたが続けやすい返済方法を選びましょう。

口座引落が発生するタイミングは、各銀行によって変わりますが、日付が変わるタイミングや、銀行業務の営業開始時に引落が発生することが多いです。

ただ、どのタイミングで引落が発生するかは銀行によって異なるので、不安な場合は各銀行に問い合わせてみて下さい。

その他、カードローンの返済方法については、下の記事でも解説してあるので参考にして下さい。

カードローンの返済方法

 

毎月の返済額が支払えない時は銀行に迷わず連絡する!

もし毎月の返済が難しい時はどうしたらいいですか?
まず真っ先に銀行に相談するのがおすすめピヨ!

もしあなたが銀行カードローンを利用している時に、どうしても最低返済額を支払できない時は、迷わず銀行カードローンに返済相談の電話を掛けるようにしましょう。

もしも返済できない時は?
  1. 銀行に相談する
  2. 返済日の一時延長
  3. 返済金額を減額する
  4. 返済プランの見直し

もしあなたが一時的に返済ができない時は、返済日の一時的な延長や、返済額の一時的な減額などを銀行カードローンに相談できます。

また、転職やリストラなどが原因で、当面の間、収入が悪化しそうな場合などは、早めに銀行に相談することで返済プランの見直しを行ってくれるケースもかなり多いです。

銀行カードローンの返済ができない時に一番やってはいけないのが「銀行に相談せず、そのまま放置すること」です。

銀行なら返済についての相談もいつでも丁寧に乗ってくれるので、返済できないことに気持ちが引けていたとしても、しっかりと相談を行うようにしましょう。

銀行カードローンに返済相談をするときは、「1.どうして返済できないのか?」「2.それは今後もそうなのか?」「3.どうしたら返済できるのか?」の3つを事前に考えておくと話がスムーズに進みやすいです。

返済できないことを開き直るのではなく、返済する意思があることを伝えることで、銀行側で忖度が働き何らかの救済措置を行ってくれることが増えます。

詳しくは下にまとめた記事を参考にして、万が一、カードローンが返済できない時の知識を補完しておきましょう。

返済できない時は?

 

銀行カードローンの返済額でよくある質問

銀行カードローンの返済額でよくある質問をまとめたピヨ!
ここにない質問や疑問などがあればお気軽にお問合せ下さいね♪

最後に銀行カードローンの返済額でよくある質問をQ&A方式でまとめました。

もしここにまとめ切れていない質問や疑問点などがありましたら、お気軽に質問フォームよりご連絡下さい。

 

質問①:どこの銀行カードローンの返済額が一番安いですか?

どこの銀行カードローンの返済額が一番安いですか?

あなたが契約する限度額や借入残高にもよって返済額は変わるので、一概にどこの銀行カードローンが返済額が安いとは言えません。

ですが、三菱UFJ銀行のバンクイックなら安定して金利と返済額が安いので、初めて銀行カードローンを利用する人にはとてもおすすめと言えます。

 

質問②:毎月の返済額はどうやって決まるんですか?

毎月の返済額はどうやって決まるんですか?

毎月の返済額は、前月の利用残高に応じて返済額が決定される「残高スライド」と呼ばれる方式で返済金額が決定されることが多いです。

借入残高が増えなければ、毎月の返済額は低額で利用できますが、利用残高が増えると返済金額が高くなる点に注意してください。

また、早期完済を目指す為にも最低返済額を支払い続けるのではなく、1000円づつでも構わないので繰上返済を行っていきましょう。

 

質問③:金利が安いと返済額が安くなりますか?

金利が安いと返済額が安くなりますか?

ほとんどの銀行カードローンにおいて、金利の安さと返済金額には何の相関関係もありません。

あくまで、銀行カードローンの返済額は利用残高によって決定されるからです。

ただし、三菱UFJ銀行など一部の銀行カードローンでは、契約する限度額に応じて金利や返済額の設定が見直されるケースもあります。

詳しくは、今回紹介した記事を参考にして、審査申込時の担当オペレーターに確認してみましょう。

 

三菱UFJ銀行のバンクイックなら毎月の返済額も安くて安心です

三菱UFJ銀行のバンクイックなら毎月の返済額も安くて安心ピヨ!
金利を年率8.1%以下で契約すると、返済額が安くなるのは嬉しいですね。

今回は銀行カードローンの返済額について、6つの銀行の返済額を比較したり、返済額を調べる時のポイントなどを解説しましたが、如何でしたでしょうか?

銀行カードローンの返済額は、あなたが契約する銀行や金利・限度額などによって大きく異なるので、一概にどの銀行カードローンがおすすめとは言えません。

ですが、あなたが年率8.1%の金利でカードローンを契約できるのなら、三菱UFJ銀行のバンクイックはとてもおすすめです。

バンクイックの特徴!
  1. 返済額は月1000円~
  2. 口座開設なしで審査完了
  3. 最短翌日融資もOK
  4. 土日祝の審査・融資もOK

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、月々1000円~の返済負担で持つ事ができる家計の負担も少ない銀行カードローンになっています。

また、ほとんどの銀行カードローンが口座開設を条件にしているなか、三菱UFJ銀行のバンクイックなら口座開設なしで審査が完了し、最短翌営業日には融資が完了するので、急いでお金を借りたいあなたにとてもおすすめです。

もしあなたが平日は仕事で忙しくカードローンの受け取りが難しかったとしても、バンクイックなら土日祝のカード受取にも対応しているほか、郵送でのカード受取も可能なので、平日は仕事で忙しいあなたも安心して審査を完了できます。

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、毎月の返済額も安いので、あなたが少しでも返済金額を軽くして銀行カードローンを利用したいと考えているのなら、さっそくバンクイックに申込をしてみましょう。

あなたも三菱UFJ銀行のバンクイックを利用すれば、今あるお金の問題も素早く解決させることができますよ。

 

人気の高い銀行カードローンのまとめ!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持てる返済負担がとても軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

みずほ銀行

みずほ銀行カードローンは、年率2.0%~14.0%という金利の安さで借りれる低金利の銀行カードローンとして人気があります。

みずほ銀行カードローンを契約すれば、みずほ銀行ATMの利用手数料が無料になる特典が付いてくるので、ATM手数料を節約したい方にも人気があります。

もしあなたがみずほ銀行の口座を持っているのなら、間違いなくみずほ銀行カードローンがおすすめですよ!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

-銀行カードローンの特徴

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2019 All Rights Reserved.