銀行カードローンの特徴

銀行カードローンの審査時間はどれくらい?審査時間を短縮する方法!

更新日:

銀行カードローンの審査時間ってどれくらい掛かるの?
銀行によって最短翌営業日~約2週間とかなり幅があるピヨ!

銀行カードローンの審査時間は、あなたが申込む銀行によってかなり時間にバラつきがあり、口座開設が必要なタイプのカードを申込むと、最長で2週間以上審査完了までに時間が掛かるものがあります。

主な銀行カードローンの審査時間
審査時間(最短) 土日融資
三菱UFJ銀行 最短翌営業日 土日OK
三井住友銀行 最短翌営業日 土日OK
みずほ銀行 約2週間程度 平日のみ
千葉銀行 約2週間程度 平日のみ
愛媛銀行 最短翌営業日 土日OK
福岡銀行 約2週間程度 平日のみ
※銀行口座を持っていない場合の審査時間。銀行口座があると融資完了までの時間が短くなる場合があります。

銀行カードローンの審査時間や土日融資の判断は、各銀行によって大きく違うので、今紹介した表を参考にながらあなたにとって最適な銀行カードローンを探すようにしましょう。

ちなみに、今紹介した比較表は、銀行口座を持っていない場合の融資完了までの審査時間ですが、銀行口座を持っていることで審査時間が短縮できるケースも多いです。

今回は銀行カードローンの審査時間を比較するときのポイントや、審査時間を短縮する方法などを解説して行くので、審査を急ぎたいあなたは今すぐチェックして下さいね!

 

審査結果を急ぎたいなら三菱UFJ銀行のバンクイックがベスト!

審査結果をどうしても早く知りたいんですが…
それなら三菱UFJ銀行のバンクイックがおすすめピヨ!

もしあなたが少しでも審査時間を短縮して、急いでお金を借りたいと考えているのなら、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックがとてもおすすめです。

バンクイックの特徴!
  1. 審査時間は最短翌営業日!
  2. 口座開設なしで借りれる!
  3. 土日祝もカード受取りOK!

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、銀行の中でも審査時間がとても短く、最短翌営業日には審査結果が分かるので、急いでお金を借りたい時にとても便利です。

また、契約できる金利も年率1.8%~14.6%ととても低金利で借りれるので、初めてカードローンを利用するあなたも安心して利用することができます。

三菱UFJ銀行のバンクイックなら、三菱UFJ銀行の口座を持っていない人でも審査を申込める上、土日祝のカード受取にも対応しているので、平日は仕事で忙しいあなたにもピッタリです。

もしあなたが今すぐお金を必要としているのなら、さっそくバンクイックの申込を済ませておきましょう。

バンクイックを利用すればあなたが今抱えているお金の問題を素早く解決してくれますよ。

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

銀行カードローンを審査時間で選ぶときの3つのポイント!

銀行カードローンの審査時間ってどうやって比較すればいいですか?
口座開設や土日審査の有無などで比較すると分かりやすいピヨ!

銀行カードローンの審査時間は各銀行によってばらつきが多く、一概にどれくらい掛かるかとは言うことができません。

ですが、銀行カードローンの審査時間を予測する条件や目安時間などは、各公式サイトをチェックすれば十分推測することができます。

そこで今回は、銀行カードローンの審査時間の目安について、実際に調べて分かった内容を紹介したいと思います。

審査時間を決めるポイント!
  1. 口座開設が必要か
  2. 土日に対応しているか
  3. 振込やカード一体型の有無

ポイント①:審査時間は口座開設の有無で変わる

point 1
口座開設で
時間は決まる

複数の銀行カードローンに審査を申込むと分かりますが、銀行カードローンの審査時間のほとんどはカードローンの郵送や口座開設の手続きで消費されています。

つまり、銀行カードローンの審査時間を短くしたい時は、口座開設なしのカードローンを選ぶか、すでに口座開設が完了している銀行カードローンを申込む方法がおすすめです。

主な銀行カードローンの審査時間
口座あり 口座なし
三菱UFJ銀行 最短翌営業日 最短翌営業日
三井住友銀行 最短翌営業日 最短翌営業日
みずほ銀行 最短2営業日 約2~3週間
千葉銀行 約2~3週間 約2~3週間
愛媛銀行 最短翌営業日 約2~3週間
福岡銀行 約1週間~10日程度 約2~3週間

銀行カードローンの審査時間は、大抵は銀行口座を持っているだけで審査時間が大幅に短縮されるので、もし審査を急ぎたい場合は今あなたが持っている口座の銀行に審査を申込むのがおすすめです。

ちなみに、三菱UFJ銀行・三井住友銀行・愛媛銀行の3銀行に関しては、銀行口座を持っていなくても全国どこでも審査を申込めるのでとてもおすすめです。

 

ポイント②:土日審査に対応している銀行は早い

point 1
土日審査は
ある方が便利

銀行カードローンの審査は、WEB審査の申込自体は24時間いつでも受け付けていますが、土日祝の審査手続きは休止しているケースがとても多いです。

つまり、あなたが金曜の夜に審査を申込んだ場合、土日祝の審査業務が休止している銀行だと、実際の審査業務は週明けの月曜日からということになります。

この点を踏まえると、少しでも審査時間を短縮したい場合は、土日祝の審査業務にも対応している銀行カードローンを選ぶのが賢い選択と言えます。

主な銀行カードローンの審査受付時間
平日 土日祝 その他
三菱UFJ銀行 9:00~21:00 9:00~17:00 12/31-1/3は休み
三井住友銀行 9:00~21:00 9:00~21:00 1/1は休み
みずほ銀行 9:00~20:00 終日休み 12/31-1/3は休み
千葉銀行 7:00~23:00 7:00~23:00 12/31-1/3は休み
愛媛銀行 8:00~20:00 8:00~20:00 1/1は休み
福岡銀行 9:00~20:00 終日休み 銀行休業日は休み

もしあなたが少しでも審査結果を早く知りたのであれば、土日祝も審査業務を行っている三菱UFJ銀行・三井住友銀行・千葉銀行・愛媛銀行などがおすすめです。

特に週末に合わせてキャッシングをしたい場合などは、審査時間が最短翌営業日で完了する三菱UFJ銀行カードローンや三井住友銀行カードローンなどがおすすめと言えます。

 

ポイント③:キャッシング方法がカード郵送以外にあるか

point 1
借入の多彩さも
大切なポイント

銀行カードローンの審査時間でもっとも影響が大きいのが「審査通過後のカード受取の方法」です。

極端な話、審査に通過した後のキャッシング方法が多彩であればあるほど、より柔軟に素早くキャッシングを完了させることができます。

つまり、カードローンの受取方法が郵送しか対応していない銀行ほど審査に時間が掛かりやすいと言えます。

主な銀行カードローンのキャッシング方法
三菱UFJ銀行 テレビ窓口(土日もOK)・振込融資・郵送
三井住友銀行 ローン契約機(土日もOK)・振込融資・キャッシュカード一体型・郵送
みずほ銀行 振込融資・キャッシュカード一体型・郵送
千葉銀行 振込融資・郵送
愛媛銀行 振込融資・郵送
福岡銀行 振込融資・郵送

テレビ窓口やローン契約機と言うのは、消費者金融で言うところの自動契約機みたいなもので、中に入り所定の手続きを行うことでカードローンの受取が可能となります。

また、キャッシュカード一体型は、手持ちのキャッシュカードにカードローン機能が加わるサービスのことで、これが利用できれば審査時間を圧倒的に短くすることができます。

基本的に地方銀行のカードローンは、審査通過後に契約書手続きの完了後にカードが郵送されるので、都市銀行と比べて審査に時間が掛かりやすいのが難点です。

ただその分、カードが到着するまでの間は振込キャッシングの依頼にも対応してくれるので、カード発行までどうしても待てない時は担当オペレーターに相談してみることをおすすめします。

もし少しでも確実に審査時間を短くしたいなら、三菱UFJ銀行カードローンか三井住友銀行カードローンを選んでおくことをおすすめします。

これらの銀行カードローンは口座開設なしで申込めるうえ、土日祝でもカードの受取を無人契約機でできるのでおすすめです。

詳しくは各銀行カードローンのキャッシング方法を参考にして下さい。

キャッシング方法の解説

 

銀行カードローンの審査時間が長引いてしまうときの原因

書類提出が雑だったり希望額が高すぎると審査時間が長引くピヨ!
丁寧な書類提出や希望額を低めにする事は、審査時間短縮の大切な対策なのね。

消費者金融と比べると、銀行カードローンの審査時間は長引きやすいので、できる限り審査時間が長引くようなマイナスの行為は避けておきたいとあなたも思いますよね。

そこで、銀行カードローンを申込む時に、審査時間が長引いてしまう可能性のある代表的な原因を3つ紹介したいと思います。

審査時間が長引く原因は?
  1. 希望限度額が高い
  2. 申込内容に不備がある
  3. 与信内容に問題がある

原因①:希望限度額が高すぎる

point 1
希望額は
控えめに

高い限度額を低金利で借りれるところが銀行カードローンの魅力の一つであることは間違いありません。

ですが、あなたが希望する限度額が高くなれば高くなるほど、銀行カードローンの審査時間が長引きやすくなり、審査自体も厳しくなりやすいので注意が必要です。

元々銀行カードローンの限度額は、あなたの年収や審査内容に応じて適切な限度額を設定してくれるので、限度額の高望みをするのは避けた方が無難と言えます。

希望限度額はできれば50万円以下の今すぐ必要な金額に絞って申込をしておき、あとから増額審査を申込む方法がおすすめです。

一般的に銀行カードローンの限度額は、年収の3分の1が上限の目安になっているので、それ以上の金額を希望すると借入理由などを聞かれやすくなります。

銀行カードローンの限度額についての詳しい情報は、下の記事でも解説してあるので、ぜひ参考にして下さい。

銀行カードローンの限度額

 

原因②:提出書類や申込内容に不備がある

point 2
書類不備には
要注意!

銀行カードローンの審査で注意したいのが「提出書類や申込内容の不備」です。

審査時間が長引く原因として実際によくあるのが「電話番号の入力ミス」や「必要書類が正しく読み取れない」と言った、審査内容に不備がある場合です。

審査に時間が掛かるケース

  • 本人と連絡が取れない
  • 電話番号やアドレスに入力ミスがある
  • 勤務先住所に電話確認が取れない
  • 必要書類の有効期限が過ぎている
  • 提出書類の文字が読み取れない
  • 顔写真部分を隠してしまっている など

これらの内容に一つでも当てはまると審査時間が長引いてしまったり、最悪の場合は審査に落ちの理由にも繋がってしまうので注意が必要です。

特に電話番号やメールアドレスは、あなたに直接連絡を取るための"生命線"とも言えるので、絶対に入力ミスや間違いがないようにしましょう。

その他、必要書類の提出方法などで注意したいポイントなどは下の記事にまとめてあるので参考にして下さい。

必要書類の提出方法

 

原因③:過去の返済履歴で何か問題がある

point 3
与信内容は
本当に大事

銀行カードローンの審査時間が長引く3つ目の原因として「与信内容の問題」と言うのがあります。

与信内容と言うのは、あなたの年収や過去の返済実績、勤務先の情報など、カードローン審査に影響する信用情報全ての事を指しますが、中でも他社の返済履歴や支払い状況と言うのはとても重要です。

信用情報とは?
信用情報とは、クレジットやローンなどの取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報のこと。

CICやJICCなどの信用情報機関には、他社カードローンやクレジットカードなどの支払実績を過去2年分は履歴として残しているので、目立った滞納や支払遅れがない状態にしておくことがとても大切です。

この与信内容が悪目立ちしていると、銀行カードローンの審査に時間が掛かりやすく、審査落ちの可能性も高めてしまうので注意しましょう。

信用情報に関しては、少なくとも直近半年間に関しては滞納や延滞のない状態にしておくことが大切です。

また、もしもあなた自身の信用情報がどうなっているのかを確認したい場合は、下の記事を参考にすれば、実際に個人情報の開示請求をする事も可能です。

信用情報機関について

 

銀行カードローンの審査時間を無理やり短縮する裏ワザ!

どうしても今すぐキャッシングをしたいんですが難しいでしょうか?
あまりおすすめはしないけど、いくつか裏ワザ的な方法があるピヨ!

もしあなたがどうしても特定の銀行カードローンを使って早くキャッシングを行いたいと考えているのなら、次のような方法で審査時間を早めたりできます。

審査時間を早める裏ワザ
  1. 即日口座開設の銀行を狙う
  2. 消費者金融をつなぎ融資に使う

これらの方法は、絶対に成功する方法ではないうえ、あまり胸を張って教えられる方法でもないので、実践する時は自己責任の上で試すようにして下さい。

 

裏ワザ①:即日口座開設の銀行を狙う

即日で口座開設をする銀行を探してそこで借りるピヨ!
口座開設を条件にする銀行があれば、こっちの方が審査が早くなる時があるんですね。

銀行の中には、ネットバンクや窓口手続きなどにより、最短即日で口座開設してくれる銀行があります。

つまり、口座開設を条件にしている銀行があれば、先に口座開設の手続きを終わらせてしまい、後から銀行カードローンを申込めばいいのです。

口座開設後に審査を申込む
  • 口座開設を済ませる
  • WEB審査を申込む
  • キャッシュカードにカードローン機能が加わる
  • キャッシング利用開始!

ただし、この方法が成立するのは、キャッシュカード一体型のカードローンを発行している銀行に限られるので注意が必要です。

それ以外の銀行で利用する場合は、振込キャッシングでの対応になるかと思いますが、事前に振込融資が可能かどうか審査担当者に確認をしておく必要があります。

また、銀行によっては口座開設すら即日でできないケースもあるので、その場合はWEB審査で一日も早くカードローンの申込を済ませた方が結果的に早いケースも多いです。

どちらの申込手順の方が早くなるかは、各銀行や窓口担当者の裁量などにより本当にブレるので、あまりおすすめできる方法ではありません。

急ぎたい時は、三菱UFJ銀行カードローンか三井住友銀行カードローンなら、最短翌営業日にはカード受取が可能なので、そちらを申込んだ方が確実と言えます。

 

裏ワザ②:消費者金融をつなぎ融資に使う

最短30分で審査が完了する消費者金融から先に借りるピヨ!
消費者金融で借りている間に、銀行カードローンの審査を済ませるんですね。

これはよほどの事情がない限り絶対にやって欲しくない申込方法です。

手順としては、審査時間が最短30分で完了する大手消費者金融に審査を申込み、今すぐ必要な金額を先に消費者金融で借りてしまいます。

その後、銀行カードローンに審査を申込んで、カードローンが手元に届くまでの間は消費者金融から借りたお金を使えば、高い利息を支払う期間が最小限で済みます。

消費者金融をつなぎで利用する方法
  • 先に消費者金融を申込む
  • キャッシングをする
  • 銀行カードローンを申込む
  • 審査通過後、カードを受取る
  • 消費者金融から借り換える

この方法なら割高な消費者金融の金利を最小限に抑えられますが、リスクやデメリットが多い方法なので、おすすめはできません。

と言うのも、銀行カードローンは消費者金融などすでに借入のある人からの審査を嫌う傾向にあるので、審査に通りづらい状況を自ら作ってしまうことになります。

また、消費者金融から銀行カードローンに借り換える時に、消費者金融の解約手続きを忘れてしまうと、ずっと信用情報に履歴が残り続けるので、借換え完了後は解約手続きをすることも忘れてはいけません。

一見便利な方法に見えて、実はとても手間が掛かる申込手順なので、よほどの事情がない限り使わないようにしましょう。

どうしても審査を急ぎたい時などは、審査時間が最短30分で完了するプロミスがおすすめです。

プロミスなら最短30分で審査が完了し、最大30日間まで無利息キャッシングもできるので、短期間の借入にもとても相性が良いと言えます。

プロミスの審査基準やサービスの特徴などは下の記事にまとめてあるので参考にして下さい。

プロミスの審査について

 

銀行カードローンの審査時間でよくある質問

銀行カードローンの審査時間についてよくある質問をまとめたピヨ!
ここにない質問や疑問などがありましたらお気軽にお問合せ下さいね♪

最後に銀行カードローンの審査時間についてよくある質問や疑問などをまとめました。

もしここでまとめきれていない質問や疑問などがありましたら、お気軽に質問フォームよりご連絡下さいませ。

 

質問①:土日祝も審査を申込めますか?

土日祝も審査を申込めますか?

WEB審査の申込であれば24時間365日いつでも申込が可能です。

ただし、銀行によっては土日の審査業務は休止していることもあるので、審査結果の連絡は平日に行われるという銀行も珍しくありません。

もしあなたが平日は仕事で忙しいという場合には、三菱UFJ銀行や三井住友銀行などであれば土日祝でも審査業務を行っているのでおすすめです。

 

質問②:銀行カードローンは即日融資ができないの?

銀行カードローンは即日融資ができないの?

残念ながら銀行カードローンは即日融資ができません。

これは、カードローンの不正利用を防ぐため、審査申込者の情報を警視庁のテータベースと照会し、反社会的組織の人間でないかを確認した上でカードローンの発行を行っているからです。

この警視庁のデータベース照会にどうしても1営業日掛かってしまうので、銀行カードローンでは即日融資ができなくなりました。

もしあなたがどうしても今日中にお金を借りたい場合は、審査が最短30分で完了する消費者金融を利用するようにしましょう。

即日融資ができるカードローン

 

質問③:審査時間を早くしてもらうことはできますか?

審査時間を早くしてもらうことはできますか?

銀行カードローンでは難しいと言えます。

あなたのイメージ通り、銀行は殿様商売・お役所気質な所が今も残っているので、審査申込者の要望にいちいち答えてくれる見込みはほぼないと言えます。

そのため、審査をどうしても急ぎたい場合は大手の消費者金融を利用した方が話が早いことが多いです。

また、三菱UFJ銀行カードローンや三井住友銀行カードローンなどは、審査時間も短く最短翌営業日には融資も可能なので、そちらの利用を検討されてみて下さい。

 

銀行カードローンの審査時間を短縮したいならバンクイックがおすすめ!

銀行カードローンならバンクイックが審査時間が短くておすすめピヨ!
毎月の返済額も月々1000円~というのも安心感があって嬉しいわね♪

今回は銀行カードローンの審査時間について、各銀行の審査時間の比較や審査時間が長引く原因などを中心に解説してきましたが、如何でしたでしょうか?

銀行カードローンの審査は、あなたが申込む銀行によって本当にバラバラなので、審査を申込む前に事前に公式サイトをしっかりとチェックすることをおすすめします。

もしあなたが少しでも早く安心できる所からお金を借りたいと思うなら、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックがとてもおすすめです。

バンクイックのメリット!
  1. 口座開設なし!
  2. 審査は最短翌営業日!
  3. 土日祝も融資可能!

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、あなたが三菱UFJ銀行の口座を持っていなくても、カードローン審査を最後まで完了できるうえ、最短翌営業日には審査が完了するので、審査結果を急ぎたいあなたにとてもおすすめです。

また、土日祝の審査業務・カード受取にも対応しているので、平日は仕事で忙しいあなたも、今から審査を申込んでおけば週末に落ち着いてカードを受取ることもできます。

何より、バンクイックなら毎月の返済額が1000円~になっているので、初めてカードローンを利用するあなたも安心して利用できること間違いありません。

もしあなたが少しでも審査時間を早くしてキャッシングを始めたいと思うなら、まずはバンクイックのお試し診断を利用して、あなたが今すぐキャッシング可能かどうかさっそく調べてみましょう。

バンクイックのお試し診断を利用すれば、信用情報に履歴が残ることなく無料で何度でも試せるのでとてもおすすめです。

あなたもバンクイックを利用すれば、今目の前に広がっているお金の問題を今すぐ解決できるようになるので、今すぐ申込を済ませて下さいね。

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

人気の高い銀行カードローンのまとめ!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持てる返済負担がとても軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

みずほ銀行

みずほ銀行カードローンは、年率2.0%~14.0%という金利の安さで借りれる低金利の銀行カードローンとして人気があります。

みずほ銀行カードローンを契約すれば、みずほ銀行ATMの利用手数料が無料になる特典が付いてくるので、ATM手数料を節約したい方にも人気があります。

もしあなたがみずほ銀行の口座を持っているのなら、間違いなくみずほ銀行カードローンがおすすめですよ!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

-銀行カードローンの特徴

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2019 All Rights Reserved.