銀行カードローンの特徴

銀行カードローンの限度額について分かりやすく解説してみた!

更新日:

銀行カードローンの限度額っていくらまで借りれるんですか?
基本的には年収の3分の1までと考えた方がいいピヨ!

銀行カードローンの限度額は、契約するカードローンによって違いはあるものの、総じて年収の3分の1を上限とした限度額になることが多いです。

主な銀行カードローンの限度額を比較
限度額 金利
三菱UFJ銀行 限度額500万円 年率1.8%~14.6%
三井住友銀行 限度額800万円 年率4.0%~14.5%
みずほ銀行 限度額800万円 年率2.0%~14.0%
千葉銀行 限度額800万円 年率1.7%~14.8%
愛媛銀行 限度額800万円 年率4.4%~14.6%
福岡銀行 限度額1,000万円 年率3.0%~14.5%

銀行カードローンの限度額は最大500万円~1,000万円まで契約できるカードが多いので、おまとめ目的や借換目的などにも人気があります。

また、消費者金融を比較すると銀行カードローンの方が低金利で安心なので、初めてキャッシングをする場合や少額融資を考えている場合にも、銀行カードローンはとてもおすすめです。

今回は初めてキャッシングを考えているあなたに、銀行カードローンの限度額の特徴や増額方法などを解説して行くので、今すぐチェックして下さいね!

 

銀行カードローンの初回限度額はどうやって決まるの?

銀行カードローンの初回限度額は、低い金額になりやすいピヨ!
まとまった資金が必要な時は収入証明書を出した方がいいんですね。

一時期に比べると、銀行カードローンの初回限度額はかなり慎重な金額になっており、初回審査から100万円以上の高額融資を引き出せるケースは少なくなりました。

銀行カードローンの限度額のポイント
  1. 初回は30万円~50万円が多い!
  2. 年収が高いほど期待値は高い!
  3. 限度額は年収の3分の1まで!
  4. 収入証明書の提出がポイント!
  5. 利用実績や他社借入が影響する

基本的に銀行カードローンの初回限度額は、これらの項目を中心にして具体的な金額を決定して行くことが多いです。

中には、毎月の家賃や住宅ローンの返済額、配偶者の収入なども審査の項目に入れる銀行もあるので、最終的な限度額の決定方法は各銀行カードローンによって判断が大きく異なると思っておきましょう。

今回紹介する初回限度額の決定方法は、あくまで一般的などの銀行カードローンも採用する項目をまとめているので、より具体的な限度額の決定方法が知りたい場合は、各記事を参考にして下さい。

 

ポイント①:初回限度額は30万円~50万円が多い!

point 1
初回限度額は
30万円が中心

あなたの年収や属性にも寄りますが、銀行カードローンの初回限度額は30万円~50万円の間に落ち着くことが一般的には多いです。

一昔前までは、100万円以上の高額融資もポンッと出していた銀行カードローンもありますが、カードローンの不正利用を防止するため、初回審査の限度額は低めの金額で設定されるケースが増えてきました。

ですが、あなたが100万円以上の限度額を希望すれば、あなたの与信内容や提出書類の内容次第では、どの銀行カードローンでも高額融資を検討してくれるチャンスは十分あります。

ただ、最近の傾向としては、銀行カードローンの審査に着実に通りたい場合は、限度額を30万円前後の少額希望にした方が審査に通りやすい傾向であることは間違いありません。

 

ポイント②:年収が高い人ほど初回限度額の期待値は高い!

point 2
年収の高さで
限度額は決まる

もしあなたが銀行カードローンの初回審査から高い限度額を希望する場合は、前年度の年収が高い状態になっていることが重要な条件となります。

基本的に銀行カードローンの審査では、前年度の年収(最新の源泉徴収票)を元にして融資額を決定するので、年収が高ければ高いほど銀行カードローンの初回限度額の期待値は高いと言えます。

ちなみに、銀行カードローンは源泉徴収票の提出を基本としていますが、銀行によっては直近の給与明細の提出でも対応しているケースがあるので、転職直後や就職直後は給与明細OKの銀行カードローンを選ぶのがおすすめです。

給与明細OKの銀行カードローン

 

ポイント③:限度額は年収の3分の1まで!

point 3
限度額は
年収の1/3まで

ちなみに、冒頭でも紹介した通り、銀行カードローンの限度額は年収の3分の1を上限にされることが多いので、審査を申込む時点からおよその限度額を予想することは可能です。

仮にあなたの年収が300万円だった場合は、他社から高額な借入などがない限り、銀行カードローンで契約できる限度額は100万円が上限となります。(年収300万円×3分の1=限度額100万円)

つまり、ほとんどの銀行カードローンが宣伝している最大限度額を契約できる人はまず存在しないという事になります。

そのため、銀行カードローンを選ぶときは限度額の高さで比較するのではなく、あなたが持っている銀行口座や審査時間などで比較するのがおすすめです。

具体的な銀行カードローンの選び方や比較方法については、下の記事に詳しく解説してあるのでぜひ参考にして下さい。

銀行カードローンの選び方

 

ポイント④:初回審査ほど収入証明書の提出が大事!

point 4
収入証明書は
とても大事!

もしあなたが高額なキャッシングを希望したい場合は、銀行が指定した収入証明書を提出することで、初回審査から限度額50万円以上のカードローン契約も可能になります。

銀行カードローンの主な収入証明書

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書 など

銀行カードローンの初回限度額が低額になる理由として、不正利用の防止が原因と伝えましたが、収入証明書を提出することでまとまった資金をキャッシングすることも可能になります。

そのため、50万円以上の高額なキャッシングを希望したい場合は、事前に収入証明書を用意しておくと、銀行カードローンの審査もスムーズになりやすいです。

ちなみに、源泉徴収票は会社の経理担当者に、所得証明書は最寄の役所に言えば即日発行してくれるので、ぜひ頼んでみましょう。

カードローン審査の必要書類についての詳細はこちらの記事を参考にして下さい。

参考記事

 

ポイント⑤:限度額は利用実績や他社借入が影響する!

point 5
限度額は
与信が影響

銀行カードローンの限度額は基本的に年収の3分の1が目安となりますが、すでに他社カードローンやクレジットカードなどでまとまった金額を借りている場合は、銀行カードローンで借りれる限度額は控えめになる可能性が高いです。

これはカードローンやクレジットカードなどが、保証人なし・担保なしで借りれるお金のため、個人で契約できる借入合計額に制限がつきやすいことが原因です。

本来、銀行から借りるお金は総量規制対象外となりますが、銀行カードローンに関しては例外的な扱いになるので、まとまった資金が必要なときは他社からの借入額に十分注意しましょう。

 

銀行カードローンの限度額に関する素朴な疑問

銀行カードローンの限度額に関する素朴な情報をまとめたピヨ!
公式サイトでは解説されてない情報があるので助かります♪

ここでは各銀行カードローンの公式サイトでは解説されていない、銀行カードローンの限度額に関する素朴な疑問を解説したいと思います。

もしここで解説しきれていない疑問などがありましたら、お気軽に質問フォームよりご連絡頂けたら幸いです。

 

限度額の疑問①:銀行カードローンは総量規制対象外ではないのか?

銀行カードローンって総量規制対象外じゃないんですか?
今は年収に応じた限度額が設定される風潮になっているピヨ!

カードローンについて詳しい人なら、銀行から借りているお金は総量規制対象外ということをご存じだと思います。

総量規制対象外とは?
年収の3分の1以上のお金を借りれる借金の事。主に銀行や国から借りたお金が対象で、他にも担保ありの借金(住宅ローン等)、顧客に一方的有利な借り換え、事業資金などが総量規制対象外に該当。

つまり、本来なら銀行が発行する銀行カードローンも総量規制対象外になることは間違いありません。

ですが、最近の銀行カードローンの風潮として、顧客への過剰融資を防止するため、審査申込者の年収に応じた限度額を融資するようになりました。

そのため、最近の銀行カードローンは年収の3分の1以上の融資は難しいと言えます。

 

限度額の疑問②:銀行カードローンの限度額は増額が可能なのか?

銀行カードローンの限度額は増額できるんですか?
増額審査を申込めばいつでも増額ができるピヨ!

結論から言えば、銀行カードローンの限度額はいつでも増額審査を申込むことで増額が可能です。

限度額増額の手順は?
  • カード会社に連絡
  • 増額希望を伝える
  • 審査結果のお知らせ
  • 限度額の増額完了

限度額の増額審査に掛かる時間は、各銀行カードローンによってまちまちですが、三菱UFJ銀行や三井住友銀行など審査対応が早い銀行なら最短翌営業日には審査結果が分かるのでおすすめです。

 

限度額の疑問④:銀行カードローンで限度額を増額するためには?

銀行カードローンの増額は誰でもできるんでしょうか?
一定の条件を満たさないと限度額の増額は難しいピヨ!

銀行カードローンの増額審査を申込むためには、誰でも無条件に申し込めるのではなく、審査に通過してから一定期間(目安は半年)過ぎないと申し込めないケースが多いです。

銀行カードローンの増額審査の条件!
  1. 年収がアップしている
  2. 利用期間が半年以上ある
  3. 滞納や延滞がない

基本的には今紹介した3つの条件を満たすことが銀行カードローンの増額審査を申込むための条件となります。

また、みずほ銀行カードローンなど一部の銀行によっては、増額ではなく再審査という形で限度額の増額を申込むことになるので、審査結果によっては限度額が減額されるリスクがあることも忘れてはいけません。

そのため、増額審査を申込むときは、少なくとも前年度よりも年収がアップしたタイミングで申し込むようにしましょう。

その他、カードローンの増額審査などについては、下の記事で詳しくまとめてあるので、ぜひ参考にして下さい。

銀行カードローンの増額審査

 

限度額の疑問④:銀行カードローンの限度額が減額されるって本当?

銀行カードローンの限度額が減額されるって本当なんでしょうか?
可能性は低いけどないとは言い切れないピヨ!

急な転職やリストラなどにより、あなたの年収が大幅に下がった場合には、契約している銀行カードローンによっては限度額が減額される可能性は十分あります。

ただ、銀行カードローンが減額されるのは、あくまで「大幅な年収悪化」や「他社借入の異常な増加」があった時に限定されるので、あなたが返済期日を守って普通に使い続ける限りは問題ありません。

銀行カードローンは安定した収入のある人を対象に発行していることを忘れずに、日ごろから返済期日をきちんと守って利用していれば心配ないので安心して下さい。

 

限度額の疑問⑤:限度額を増額すると返済額はどうなるの?

限度額が高くなると返済額も高くなるんでしょうか?
毎月の返済額は利用残高に応じて変動するピヨ!

銀行カードローンの毎月の返済額は、限度額で決まるのではなく利用残高で決まる仕組みになっています。

今回は年率14.6%でバンクイックを100万円の限度額で契約した時の返済金額を一覧表にしてみました。

年率14.6%時のバンクイックの返済額
利用残高 返済額 利用残高 返済額
10万円 2,000円 60万円 12,000円
20万円 4,000円 70万円 14,000円
30万円 6,000円 80万円 16,000円
40万円 8,000円 90万円 18,000円
50万円 10,000円 100万円 20,000円
※返済金額はあくまで簡易的なシミュレーションです。最新・詳細の情報は必ず公式サイトをご確認下さい。

例えば、あなたが限度額100万円でバンクイックを契約した場合、、利用残高が30万円であれば、毎月の返済額は月々20,000円ではなく月々6000円になるということです。

もちろん借入残高が増えてしまうと毎月の最低返済額が増えてしまうので、仮に高い限度額で契約できたとしても使い過ぎることなく計画的に利用するようにしましょう。

銀行カードローンの返済額

 

銀行カードローンの限度額についてよくある質問

銀行カードローンの限度額についてよくある質問をまとめたピヨ!
ここにない質問や疑問などがあればお気軽にお問い合わせ下さい♪

最後に銀行カードローンの限度額についてよくある質問をQ&A方式でまとめました。

もしここにまとめきれていない質問や疑問点などがありましたら、いつでもお気軽に質問フォームよりご連絡下さい。

 

質問①:銀行カードローンは総量規制対象外ですか?

銀行カードローンは総量規制対象外ですか?

結論から言えば、銀行カードローンは年収の3分の1以上のお金は借りれません。

確かに銀行は総量規制対象外の金融機関ですが、カードローンに関しては別物だと思って下さい。

原則、銀行カードローンから借りれるお金は消費者金融やクレジットカードと同じようなものと考えておきましょう。

 

質問②:限度額を増やすことはできますか?

限度額を増やすことはできますか?

カードローンの利用履歴で滞納や延滞がなく、前年度よりも年収がアップしていれば、限度額を増額できる可能性が高いです。

限度額の増額審査の申込み方法は各銀行によって異なりますが、増額審査の一番確実な申込方法は電話からの申込です。

詳しくは、カード裏面に記載されたヘルプデスクに問い合わせてみて下さい。

 

質問③:限度額が増えると返済額は増えますか?

限度額が増えると返済額は増えますか?

いいえ増えません。

あくまでカードローンの返済額は、利用残高に応じて変動するので、カードの限度額とは別物として考えて下さい。

ただし、高い限度額を契約することで銀行カードローンの金利を引き下げることはできるので、利息節約の目的で限度額を増額させる方法は賢い選択の一つと言えます。

銀行カードローンの金利については、下の記事にも詳しく解説してあるのでぜひ参考にして下さい。

銀行カードローンの金利

 

銀行カードローンの限度額は高くなるほど有利です

銀行カードローンの金利は限度額が高くなるほど安くなるピヨ!
利息節約のために限度額を高くするのも一つの方法なのね♪

今回は銀行カードローンの限度額について、素朴な疑問や増額審査のポイントなどを解説しましたが如何でしたでしょうか?

基本的に銀行カードローンの初回限度額は、あなたの与信内容が良かったり収入証明書を提出しないと、高い限度額を望むことはできません。

ですが、収入証明書をきちんと提出し高い年収があれば、あなたも高い限度額で銀行カードローンを契約できるチャンスがあります。

限度額を高くするメリット
  1. 金利が下がる
  2. 利息節約になる
  3. 返済額が下がる

実は、銀行によっては、契約できる金利によって毎月の返済額が通常よりも安くなるカードローンを発行している所もあるんです。

中でも、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックは、年率8.1%以下でカードローンを契約すると、毎月の返済額が月々1000円~になるのでとてもお得です。

年率8.1%以下のバンクイックの返済額
利用残高 返済額 利用残高 返済額
10万円 1,000円 60万円 6,000円
20万円 2,000円 70万円 7,000円
30万円 3,000円 80万円 8,000円
40万円 4,000円 90万円 9,000円
50万円 50,000円 100万円 10,000円
※返済金額はあくまで簡易的なシミュレーションです。最新・詳細の情報は必ず公式サイトをご確認下さい。

もしあなたが少しでも毎月の利息や返済額を節約したいと思うなら、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックはとてもおすすめなので、さっそく申込を済ませましょう。

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら審査時間も最短翌営業日には連絡が届き、土日祝のカード受取も可能なので、平日は仕事で忙しいあなたも安心して審査を完了させることができますよ。

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

 

人気の高い銀行カードローンのまとめ!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持てる返済負担がとても軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

みずほ銀行

みずほ銀行カードローンは、年率2.0%~14.0%という金利の安さで借りれる低金利の銀行カードローンとして人気があります。

みずほ銀行カードローンを契約すれば、みずほ銀行ATMの利用手数料が無料になる特典が付いてくるので、ATM手数料を節約したい方にも人気があります。

もしあなたがみずほ銀行の口座を持っているのなら、間違いなくみずほ銀行カードローンがおすすめですよ!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

-銀行カードローンの特徴

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2019 All Rights Reserved.