三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの返済方法・返済日・返済金額のまとめ!

投稿日:

三井住友銀行カードローンの返済方法って何があるんですか?
大きく分けて「提携ATM・振込・口座引落」の3種類があるピヨ!

三井住友銀行カードローンでは「ATM返済・振込返済・口座引落」の3種類の返済方法があり、あなたの都合のよい返済方法を自由に選ぶことができます。

三井住友銀行カードローンの返済方法は?
ATM返済 三井住友銀行カードローンの提携ATMから、契約した返済日までに入金する方法。提携ATM手数料が無料で使えるので、手数料分お得。
振込返済 指定された銀行口座に返済日までに振込で返済する方法。振込手数料はこちら側の負担となるが、ネットバンキング等を使えば外出せずに返済を完了できる。
口座振替 毎月指定した引落日に三井住友銀行カードローンから、口座引落で返済する方法。毎月一定額づつ返済が進んで行くため、ムリなく完済を目指せるのがメリット。

三井住友銀行カードローンでは、今紹介した3つの返済方法の中から、好きな返済方法を選ぶ事ができるので、初めてカードローンを利用するあなたも便利に使うことができます。

また、三井住友銀行カードローンなら口座開設なしでキャッシング審査を完了できるので、三井住友銀行の口座を持っていない人にも人気が高いです。

今回は三井住友銀行カードローンの返済方法や返済日・返済金額などについて解説していくので、三井住友銀行カードローンの返済に関する情報が知りたいあなたはしっかりとチェックして下さいね!

 

三井住友銀行カードローンの返済日は5日、15日、25日、末日の4通り

三井住友銀行カードローンの返済日はいつですか?
毎月5日,15日,25日,末日の好きな日から選べるピヨ!

三井住友銀行カードローンの返済日は、毎月5日,15日,25日,末日の中から好きな日にちを選ぶことができます。

どの返済日を設定しても、金利や手数料などに違いはありませんので、あなたのお給料日に合わせて設定しておくと、返済金額が足りませんと言った心配も少なくなりやすいです。

また、返済日の変更は三井住友銀行のカードローンプラザに連絡をすれば、いつでも対応してくれるので、転職などで給与支払日などが変わった時は早めに連絡をするようにしましょう。

 

三井住友銀行カードローンの返済方法を分かりやすく解説!

提携ATMからの返済が手数料も掛からず返済できるからおすすめピヨ!
三井住友銀行ATM以外でも手数料が無料になるのは嬉しいわね♪

三井住友銀行カードローンの返済方法は「提携ATM・振込返済・口座振替」の3種類ありますが、中でも提携ATMからの返済が手数料も掛からず好きなタイミングで返済できるのでおすすめです。

もちろん、振込返済や口座振替を利用するメリットもあるので、ここでは三井住友銀行カードローンの返済方法について詳しく解説したいと思います。

 

返済方法①:提携ATMからの返済は手数料無料!

返済方法 1
提携ATMなら
手数料無料!

三井住友銀行カードローンの返済方法の中でも、最も人気のある返済方法が「提携ATMからの返済」です。

提携ATMの返済方法の流れ
  • 提携ATMにカードを挿入
  • 「ご返済」or「預け入れ」を選択
  • 返済金額を入金
  • 返済完了!

提携ATMを使った返済方法なら、ATMの入金操作と同じ感覚で返済ができるので、初めてカードローンを利用するあなたも戸惑うことなく操作を完了させることができます。

また、提携ATMの手数料が無料になるので、他の返済方法と比べても手数料分だけお得に利用できるのもメリットと言えます。

提携ATMからの返済は、三井住友銀行ATMだけでなく、全国の主要コンビニ(セブン銀行ATM,ローソン銀行ATM,E-net)などでも利用できるので、近くに三井住友銀行がないあなたも便利に利用することができます。

提携ATMの返済がおすすめな人

  • 便利に利用したい人
  • 近くに提携ATMがある人
  • 返済手数料を節約したい人 など

 

返済方法②:振込返済なら外出せずにスマホで完了!

返済方法 2
ネット口座なら
振込返済も便利

三井住友銀行カードローンでは振込での返済にも対応していますが、振込手数料はこちら側の負担となるので、通常時はあまりおすすめできません。

ですが、SMBCダイレクトを利用すれば、三井住友銀行宛の振込手数料が24時間いつでも無料になるので、SMBCダイレクトを持っている人にはとてもおすすめです。

他にも、振込手数料が無料になるネット口座は色々とあるので、上手に使えば、いつでもスマホで手数料無料で振込返済を実行することもできるようになります。

振込返済がおすすめな人

  • SMBCダイレクトを持っている人
  • 提携ATMからの返済が面倒な人 など

 

返済方法③:口座振替なら返済日を忘れられる!

返済方法 3
口座振替なら
返済管理もラク

三井住友銀行カードローンでは、毎月あなたが指定した返済日に合わせて、事前に設定した返済用の口座から自動引落を行ってくれるサービスがあります。

このサービスを利用すれば返済日をいちいち覚えておく必要がないので、無理なく返済を続けられるメリットがあります。

また、毎月の引落は返済日の夜間に行われれるので、お給料日に合わせて設定しておけば、残高不足になる心配もありません。

ちなみに、少しでも早く確実に完済を目指したい場合は、口座引落の設定を行い、提携ATMから都度返済を行っていく方法がおすすめですよ。

口座振替がおすすめな人

  • 返済日を覚えるのが面倒な人
  • 早く効率的に完済を目指したい人 など

 

三井住友銀行カードローンの返済方法はいつでも変更可能!

返済方法っていつでも変更できるんですか?
カードローンプラザに連絡すれば、いつでも変更手続きを行ってくれるピヨ!

三井住友銀行カードローンでは、返済方法が3種類に分かれていますが、どの返済方法を採用しても毎月の返済金額や金利に違いはありません。

そのため、もしあなたが何か別の返済方法に変更したい場合は、三井住友銀行のカードローンプラザに連絡すれば、いつでも返済方法を変更してくれるので便利です。

三井住友銀行 カードローンプラザ
012-923-923(1月1日を除く9:00-21:00)

三井住友銀行のカードローンプラザなら、1月1日を除いた9:00-21:00なら平日・土日祝問わずいつでも連絡できるので、平日は仕事で忙しいあなたも退勤後や休日に落ち着いて連絡することができます。

ちなみに、返済方法を口座振替に変更する時は、口座引落の申込や設定に時間が掛かるので、早めに申し込むようにしましょう。

 

三井住友銀行カードローンの返済金額の早見表

三井住友銀行カードローンの返済額はいくらなの?
残高100万円以下と100万円以上で返済早見表を作ってみたピヨ!

三井住友銀行カードローンの返済額は、カードローンの利用残高に応じて設定されるので、限度額ギリギリまで借りてしまった時がもっとも返済金額が高い状態となります。

逆に言えば、限度額がどれだけ高くても、あなたが少額だけ借りているのなら、返済金額は月々2000円~利用できるので、毎月の家計への負担が少なく済みます。

あなたの収入状況にもよりますが、一つの目安として残高が100万円以上になると、毎月の返済額も増えてくるので注意した方が良いと言えます。

 

借入残高が100万円までの返済額早見表

三井住友銀行カードローンの返済額早見表!
借入残高 返済額 借入残高 返済額
10万円以下 2,000円 60万円以下 11,000円
20万円以下 4,000円 70万円以下 12,000円
30万円以下 6,000円 80万円以下 13,000円
40万円以下 8,000円 90万円以下 14,000円
50万円以下 10,000円 100万円以下 15,000円
※返済額はあくまで簡易的なシミュレーションとなります。最新・詳細な情報は必ず公式ホームページをご確認下さい。

三井住友銀行カードローンなら、消費者金融の返済額と比べると、毎月の返済額はかなり安く抑えられています。

とは言え、借入残高が50万円を超えてくると、毎月の返済額も1万円を超えてくるので、毎日ちょこちょこと使うのではなく、利用目的をはっきりさせて利用することが大切です。

 

借入残高が100万円以上の返済額早見表

三井住友銀行カードローンの返済額早見表!
借入残高 返済額 借入残高 返済額
100万円 15,000円 500万円 55,000円
200万円 25,000円 600万円 60,000円
300万円 35,000円 700万円 65,000円
400万円 45,000円 800万円 70,000円
※返済額はあくまで簡易的なシミュレーションとなります。最新・詳細な情報は必ず公式ホームページをご確認下さい。

利用残高が100万円を超えると毎月の返済額も高額になりやすいので注意が必要です。

ですが、クレジットカードのリボ払いや消費者金融の金利と比べれば、三井住友銀行カードローンの金利はとても安いので、借り換え目的やおまとめ目的と相性が良いです。

つまり、三井住友銀行カードローンで高額な借入を利用する時は、複数社からの借入を一本化したい時や、クレジットカードのリボ金利を見直したい時などにとてもおすすめと言えます。

ちなみに、三井住友銀行で住宅ローンの契約をしていると、カードローンの金利が0.5%下がり、年率3.5%~14.0%で利用できるようになります。

他にも三井住友銀行カードローンの金利を引き下げる方法はいくつかあるので、あなたが金利の利下げに興味がある場合は、下の記事もぜひ参考にして下さい。

三井住友銀行カードローンの利下げ交渉

 

三井住友銀行カードローンで完済を少しでも早めたい時は?

少しでも早く完済を目指したい時はどうすれがいいのかしら?
そんな時は毎月1000円づつでも繰上返済するのがおすすめピヨ!

もしあなたが一日でも早く三井住友銀行カードローンの完済を目指したい時や、利息を1円でも節約したいと考えている場合には、月1000円づつで構わないので繰上返済を行うようにして下さい。

実は、三井住友銀行カードローンの場合、毎月の利用残高に応じて返済額が安くなる「残高スライド方式」を採用しているのでs、最低返済額だけを支払い続けてしまうと、完済期間が長くなりやすいデメリットを持っているんです。

「残高スライド元利定額」とは?
毎月の利用残高に応じて、最低返済額が決まる返済方式のこと。借入残高が安くなるほど返済金額が安くなるため、返済負担額が軽くなるメリットがある一方、完済までの期間が長くなるデメリットがある。

特に三井住友銀行カードローンの返済方法で口座引落を選択してしまうと、いつまでも最低返済額だけを支払い続けることになるので、なかなか元金が減らず完済までの日数が伸びやすいので注意が必要です。

そこでおすすめしたいのが、毎月1000円づつでもいいから細かく繰上返済を行う方法です。

実はたった1000円づつでも小まめに繰上返済を行って行った方が、完済までの日数が短くなり、完済時の利息も安く抑えることができるんです。

30万円を年率14.5%で借りた時の返済シミュレーション
返済金額 返済回数 総支払い額 総利息額
6,000円 78カ月 462,898円 162,898円
7,000円 61カ月 425,128円 125,128円
8,000円 51カ月 401,963円 101,963円
9,000円 43カ月 386,228円 86,228円
10,000円 38カ月 374,817円 74,817円
※参考サイト:三井住友銀行カードローン公式サイト
※返済シミュレーションは簡易的な内容です。詳細な情報等は必ず公式サイトでご確認お願い致します。

もしあなたが毎月1,000円づつ繰上返済を行うだけでも、最低返済額で返済を続けていた時に比べて、完済期間を1年以上短縮できるだけでなく、支払利息も6万円以上節約することができます。

もしかしたら毎月1,000円づつ繰上返済をするのがしんどいと感じるかもしれませんが、毎日のコンビニ通いやお酒やタバコを少しだけ我慢するだけで、意外と簡単にお金は貯まるものです。

特に煙草に関しては、ひと月に2箱減らすだけで約1,000円も浮かせられるので、健康にもお財布にも優しい最高の節約術と言えます。

三井住友銀行カードローンの完済日を1日でも早く近づけたいのであれば、たった1,000円でも構わないので積極的に繰上返済を実行するようにして下さいね。

その他、三井住友銀行カードローンの詳しい返済シミュレーションをまとめた記事もあるので、ぜひ参考にして下さい。

参考記事

 

万が一、返済ができなくなった時は迷わず相談すること!

今月だけどうしても返済が厳しいんですが…
そんな時は迷わず三井住友銀行に返済の相談をするピヨ!

返済を続けて行く間に、どうしても今月だけ返済が難しい、返済ができないって時があるかもしれません。

もしそんな「返済ができない!」となった時には、迷わず三井住友銀行のカードローンプラザに返済の相談をするのがおすすめです。

返済相談でできること
  1. 返済期日の一時延長
  2. 返済金額の一時減額
  3. 契約金利の見直し

もし返済できない理由が、お給料日の支払い遅れなどによるものが原因であれば、正直に伝えることで返済期日の一時延長などの措置を取ってくれます。

また、冠婚葬祭など急な出費が重なってしまった場合などは、当月分の返済金額だけ一時減額してくれるなどの相談にも応じてくれます。

その他、転職や入院などで毎月の収入状況が著しく悪化した場合には、正直に三井住友銀行カードローンに相談することで根本的な返済計画の見直しについても相談することができます。

こんな風に三井住友銀行カードローンなら返済ができない状況になったとしても、色々な救済措置を取ってくれるので、とても顧客優先のカードローンとなっています。

もしあなたが初めてカードローンを利用するのなら、顧客優先で動いてくれる三井住友銀行カードローンはとてもおすすめなので、ぜひ審査を申込んで下さいね。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

三井住友銀行カードローンの返済でよくある質問

三井住友銀行カードローンの返済についてよくある質問をまとめたピヨ!
ここにない質問や疑問などがあればお気軽にご連絡下さいね♪

最後に三井住友銀行カードローンの返済についてよくある質問をQ&A方式でまとめました。

もしここでまとめきれていない質問や疑問点などがありましたら、お気軽に質問フォームよりご連絡頂けたら幸いです。

 

質問①:繰上返済はいつできますか?

繰上返済はいつできますか?

基本的にいつでも実行可能です。

返済日までに最低返済額に+αで返済をすれば、差額分は繰上返済という形で処理が行われます。

また、口座引落を選択している場合は、毎月の口座引落が発生したままなので、繰上返済したい金額だけを提携ATMや振込などで返済することになります。

 

質問②:返済日が休日の時はどうなりますか?

返済日が休日の時はどうなりますか?

返済日が土日祝などの休日になっている場合、翌営業日まで返済日が延長されます。

例えば、返済日の5日が土曜日だった場合は、当月の返済日は7日(月)に自動的に変更されます。

 

質問③:遅延損害金はいくらですか?

遅延損害金はいくらですか?

返済期日に遅れてしまった場合、借入残高に対し19.94%(年利)の遅延損害金がかかります。

例えば、借入残高が30万円で返済期日を7日過ぎた場合は、一日あたり約163円の遅延損害金が発生します。(30万円×19.94%÷365日)

また何の連絡もなく返済期日を過ぎてしまうと、三井住友銀行から返済確認の連絡が入ってしまうので、返済期日に遅れそうなときは早めに連絡するようにしましょう。

 

三井住友銀行カードローンなら返済負担も軽いのでおすすめです

三井住友銀行カードローンなら毎月の返済額も月2000円~だからおすすめピヨ!
初めてカードローンを利用する人にもおすすめなのね♪

今回は三井住友銀行カードローンの返済方法や返済金額などについて解説をしてきましたが如何でしたでしょうか?

三井住友銀行カードローンでは返済方法が「ATM返済・振込返済・口座引落」の3種類の中から選べる他、毎月の返済金額が月々2000円~なので、他の銀行カードローンと比較してもとても満足度の高いカードローンになっています。

三井住友銀行カードローンのメリット!
  1. 好きな返済方法を選べる
  2. 返済金額が月2000円~
  3. 返済相談もできる

しかも、三井住友銀行カードローンならあなたの好きな返済方法を選べるだけでなく、返済相談もいつでもできるので、はじめてカードローンを利用するあなたにとっても満足度が非常に高いカードになること間違いありません。

また、三井住友銀行カードローンなら口座開設なしで審査を申込めるので、三井住友銀行の口座がない人からも人気が高く、今もっとも注目されている銀行カードローンとも言われています。

もしあなたがまだ三井住友銀行カードローンの申込がまだなのであれば、返済額・金利・サービス内容と総合的な満足度の高い三井住友銀行カードローンはとてもおすすめです。

審査時間も最短翌営業日には完了し、土日祝のキャッシングやカード受取にも対応しているので、平日は仕事で忙しいあなたにピッタリなカードローンになっていますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

あなたにおすすめの銀行カードローンのまとめ!

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持てる返済負担がとても軽い銀行カードローンとして人気があります。

普通預金口座の開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も口座開設なしで審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

 

みずほ銀行

みずほ銀行カードローンは、年率2.0%~14.0%という金利の安さで借りれる低金利の銀行カードローンとして人気があります。

みずほ銀行カードローンを契約すれば、みずほ銀行ATMの利用手数料が無料になる特典が付いてくるので、ATM手数料を節約したい方にも人気があります。

もしあなたがみずほ銀行の口座を持っているのなら、間違いなくみずほ銀行カードローンがおすすめですよ!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

-三井住友銀行カードローン

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2019 All Rights Reserved.