事業資金の調達

個人事業主の資金調達に使えるカードローンのススメ!

更新日:

個人事業主なんだけど何か上手に資金調達できる方法ってない?
それならビジネクストのカードローンがおすすめピヨ!

もしあなたが個人事業主や創業間もない法人企業なのであれば、一度ビジネクストで資金調達を考えてみるのがおすすめです。

ビジネクストは東証一部上場企業のアイフル(株)のグループ会社なので、審査・利用・サービスの面においても安心して利用することができます。

何より、ビジネクストなら法人・個人事業主を対象にした、ビジネス専用のカードローンを発行できるので、少額の事業資金の調達に持って来いの方法と言えるんです。

ビジネクストがおすすめな理由!
  1. カードローン発行ができる!
  2. 個人事業主・赤字決算もOK!
  3. ファクタリングにも対応!
  4. クレジットカード発行にも対応!

ビジネクストなら、通常は敬遠されがちな個人事業主・赤字決算企業に対しても、融資可能かを真剣に考えているので銀行ローンの審査に落ちた人にもおすすめです。

また、売掛債権をビジネクストに売却して現金を即日調達する「ファクタリング」にもビジネクストは対応しているので、急いで事業資金を調達したいときにもとてもおすすめです。

ビジネクストなら土日・平日問わず審査業務を受け付けているので、もしあなたが事業資金の調達に困っているのなら、今すぐビジネクストに審査を申込んでみましょう!

ビジネクストなら審査時間もとても短く、最短即日融資も可能なので、資金ショート一歩手前のあなたの会社を今すぐ立て直すことができますよ!

 

個人事業主が資金調達にカードローンを使うメリットとデメリットは?

個人事業主がカードローンを使う時って何かデメリットはありませんか?
資金調達でカードローンを使うメリット・デメリットをまとめてみたピヨ!

法人企業と比べると個人事業主は与信情報が低いので、実際に利用できる資金調達の方法は限られていることが多いです。

ですが、ビジネクストが発行するカードローンを利用すれば、あなたが創業2期目以降の法人・個人事業主であれば、審査に通る可能性が十分あります。

とは言え、個人事業主が事業資金の調達方法としてカードローンを使うと、どんなメリットやデメリットが発生してしまうのか?

結論から言えば、以下のようなメリット・デメリットが発生しやすいと言えます。

個人事業主のカードローン
メリット デメリット
融資が早い 金利が高い
返済額が一定 返済の長期化
審査が甘い 信用評価の低下

一般的に個人事業主は与信内容が低いので、国や銀行などからの融資がおりにくいです。

その点、銀行以外のノンバンクが発行するカードローンを利用すれば、比較的柔軟な審査のもとで融資を受けることができるうえ、審査時間も短いので、急いで資金調達をしたい時などに心強いです。

ただ、その一方で、毎月支払う金利や利息が銀行よりも割高になってしまう点や、ノンバンクからの借入残高があるという信用情報が、後々の銀行融資などでマイナス評価に繋がる可能性も残ります。

ただ、与信内容の悪化と資金ショートによる倒産を比べたら、のっぴきならない状況の人もいると思うので、状況に応じてカードローンを使うことは正しい選択と言えます。

その他、個人事業主が事業資金調達の目的でカードローンを利用する時のメリット・デメリットを以下に詳しくまとめたので、ぜひ参考にして下さい。

個人事業主のカードローン

 

ビジネクストのカードローンが個人事業主におすすめな理由!

カードローンは限度額の範囲内で何度でも借りれるから、細かな資金調達に持って来いピヨ!
融資の度に審査を申込む手間を考えたら、素早い資金調達はありがたいですね♪

通常、ビジネスローンと言えば、融資が必要な度に審査を申込む必要があり、融資決裁が下りるまでの手間と時間を考えれば、決して効率的な法方とは言えませんでした。

ですが、ビジネクストならカードローンタイプによる事業者ローンを利用できるので、限度額の範囲内であれば何度でも即日で資金を調達することが可能です。

また、限度額も1万円~1,000万円の総量規制対象外で借りれるため、あなたの目的や予算に応じて、必要な限度額を設定することが可能です。

ビジネクストの基本的な情報
融資対象 業歴1年以上の法人・個人事業主
審査年齢 申込者の年齢が満20歳以上満69歳以下
審査時間 最短翌営業日※1
融資額 1万円~1,000万円
金利 年率8.0%~18.0%
担保・保証人 原則不要※2
返済方法 元金定率リボルビング返済※3
その他 来店不要

ビジネクストの面白い所は、他のビジネスローンと比べて、審査時間が短く、担保や保証人なしで審査を申込むことができる点です。

何より、来店不要で審査申込から融資実行まで完了するので、審査の手続きの度に来店する必要がなく、審査結果が出るまでの間も事業に集中することができます。

その他、個人事業主のあなたがビジネクストのカードローンの利用がおすすめな理由としては以下のようなものがあります。

 

特長①:業歴1年目でも融資可能!

特長 1
業歴1年目も
審査申込OK!

通常、個人事業主からの金融審査は業歴が長くないと申込みすらできない事が多いです。

それに対し、ビジネクストなら業歴1年目の個人事業主も審査の申込が可能なので、他のビジネスローンと比べても早い段階から資金調達ができるようになります。

また、審査時間も短く、最短即日融資にも対応しているので、決算資金や納税による資金ショートも素早く回避することができます。

 

特長②:赤字決算・債務超過でも審査可能!

特長 2
赤字決算でも
審査が可能!

法人・個人事業主問わず、ビジネスローンを組む時の鉄則として、赤字決算や債務超過のときは審査はまず通らないというルールがあります。

これは「晴れの日に傘を押し付け、雨の時に傘を奪いにくる」という銀行の腐った行動パターンからくる戒めでもあるのですが、実際に赤字体質の事業には融資が下りにくいのは事実です。

そんな時、ビジネクストなら赤字決算や債務超過の事業に対しても、融資ができないか真剣に考えてくれるので、銀行とは違った審査結果が出やすいのが特徴です。

必ずしも審査に通る訳ではありませんが、もしあなたが銀行の融資審査に落ちた場合でも、ビジネクストを申込んでみる価値は十分にあると言えます。

 

特長③:来店不要で借りれる

特長 3
来店不要で
即日融資!

ビジネスローンの多くは、銀行・ノンバンクを問わず、必要書類を持参するために何度も来店する必要があり、融資が下りるまでにとても手間が掛かることが多いです。

そんな時、ビジネクストなら全ての手続きをWEB・郵送・FAXで対応できるので、一度も来店することなく融資完了まで手続きを進めることができるんです。

ビジネクストを利用すれば「せっかく大手からの発注があったのに運転資金の調達に時間が掛かって断らないといけない。」なんて心配がなくなるので、とてもおすすめです。

 

特長④:総量規制対象外!

特長 4
個人事業主でも
総量規制対象外

本来、個人事業主がカードローンを申込むときは、あくまで生活費の補てん目的で借りることを条件とするため、年収の3分の1以上の限度額ではカードローンを契約する事はできませんでした。

ですがビジネクストなら、事業資金目的でのカードローンの発行を行っているので、あなたの年収の3分の1以上の資金を調達することができます。

もちろん、事業内容や決算書の内容をみて限度額が決まるので、必ずしも1,000万円の資金調達に成功する訳ではありませんが、個人名義で借りるよりも大きい事業資金を調達したい時にはとてもおすすめです。

 

カードローンで資金調達をする時の注意点!

個人事業主のカードローンは特にキャッシュフローに注意するピヨ!
毎月のキャッシュフローが赤字にならないように計画的に使う必要があるんですね。

個人事業主が資金調達の方法としてカードローンを利用する場合は、主に次のような点に注意を払う必要があります。

資金調達の注意点
  1. 金利・手数料
  2. 毎月のキャッシュフロー
  3. 売掛金の未回収

カードローンで資金調達を行った時に一番注意したいのは「毎月のキャッシュフロー」で間違いありません。

どれだけ割高な金利や手数料を取られたとしても、毎月の収入が多ければ赤字決算にはなりえないからです。

とは言え、取引先が突然の売掛金未払いが発生し、キャッシュフローが急激に悪化するというリスクも当然考慮しなければいけません。

そのため、個人事業主がカードローンで資金調達をする時は、必ず毎月のキャッシュフローから考えて、確実に支払える金額に抑えておくことが大切と言えます。

 

注意点①:金利・手数料の借り換え先は常に探しておく

注意点 1
借り換え先は
常に検討する

ビジネクストに限らず、ノンバンク系のカードローンは金利や手数料が割高になっている傾向があるので、毎月のキャッシュフローを圧迫しがちです。

そのため、もし仕事に余裕があるのなら、少しでも金利や手数料の安い金融機関を常に探し続けることも大切です。

ビジネクストは銀行よりも金利が高いので、銀行からの融資がおりるまでの"つなぎ融資"的なポジションで使うのがベストな利用方法と言えます。

 

注意点②:毎月のキャッシュフロー管理は必ず徹底!

注意点 2
毎月のCFは
絶対に把握する

時々、自分のビジネスのキャッシュフローがいくらになっているのか把握していない個人事業主や法人がいますが、それは経営状態としてはとても危ない状態と言えます。

経営状態が良好でイケイケどんどんの時はそれで問題ありませんが、融資額が増えすぎてしまった結果、毎月の支出が収入を上回ってしまい、毎月のキャッシュフローが劇的に悪化することは意外とあります。

特にカードローンは毎月支払いが発生するタイプのローンなので、キャッシュフローの管理としては比較的簡単な部類に入ります。

だからこそ、経営の第一歩として、まずは「毎月の収入がいくらで支出がいくらになるのか?」キャッシュフローの管理をすることで、カードローンが原因による破綻を防いでいきましょう。

 

注意点③:突然の売掛金未回収への対応策も用意しておく

注意点 3
未払いへの
対応策を用意

個人事業主や法人の中小企業が倒産する理由として意外と多いのが、「取引先の企業への売掛金が回収できずキャッシュフローが悪化し倒産する」ケースです。

もし、あなたが今メインで取引している企業が突然の倒産、売掛金の未払いや遅延が発生した場合、あなたならどうやって対応するでしょうか?

売掛金の未払いが発生するリスクに備え、日ごろからキャッシュを貯めておくのも一つの方法ですし、カードローンなどで確実な融資枠を確保しておくのも一つの方法です。

また、ビジネクストなら売掛債権の買取を行ってくれるファクタリングもあるので、もしもの時に備えて金融商品が豊富で、審査スピードも早いノンバンクとの付き合いを1社は持っておくことも実は大切と言えます。

当たり前ですが、カードローンを利用する場合は、法人・個人事業主関係なく「借り過ぎ」には十分注意が必要です。

カードローンは限度額の範囲内で何度でも借りれるメリットがある一方で、多重債務や債務超過になるリスクもあることを忘れてはいけません。

毎月のキャッシュフローを厳しく見極めて、どの金額までなら適正に扱えるかを考えて使うようにして下さいね!

 

個人事業主の資金調達に関してよくある質問

個人事業主の資金調達についてよくある質問をまとめたピヨ!
ここにない質問や疑問点などがありましたらお気軽にご連絡下さいね♪

最後に個人事業主の資金調達の方法についてよくある質問をまとめました。

もしここでまとめきれていない質問や疑問点などがありましたら、お気軽に質問フォームよりご連絡下さいね。

 

質問①:カードローンを使った資金調達って危なくないですか?

カードローンを使った資金調達って危なくないですか?

事業目的での利用が認められているカードローンを使えば怖い事はありません。

重要なのは、カードローンを契約した後の毎月のキャッシュフローが悪化しないように、常に資金管理を行うことです。

便利だからと言ってついつい借り過ぎてしまわないことが、カードローンを資金調達で使う時の一番大切なことと言えます。

 

質問②:カードローン以外の資金調達は何がありますか?

カードローン以外の資金調達は何がありますか?

カードローン以外にも、ファクタリングやクラウドファンディングなど、個人事業主でも事業資金を調達できる手段はいくらでもあります。

また、必要条件さえ満たせば、都道府県や市町村単位で補助金や助成金の支給なおも行っているので、最寄りの役所に問い合わせてみることも効果的です。

銀行以外から資金調達をする方法はいくらでもあるので、詳しくは下の記事を参考にして下さい。

おすすめの事業資金の調達方法

 

質問③:個人事業主でも審査に通りますか?

個人事業主でも審査に通りますか?

もちろん通ります。

中でもビジネクストなら業歴が1年以上あれば審査を申込めるだけでなく、最短即日で審査結果が分かるので、急いで資金調達を行いたい時にとても便利です。

ビジネクストの詳しい審査基準や審査に通るためのコツなどについては、下の記事にまとめてあるので、ぜひ参考にして下さいね!

ビジネクストの審査に通る方法

 

ビジネクストなら個人事業主も安心して資金調達ができます!

初めての資金調達にはビジネクストが安心ピヨ!
東証一部上場のアイフル(株)のグループ会社と言うのは心強いですね♪

今回は個人事業主の資金調達の方法としてカードローンを利用した方法をまとめました。

ビジネス系のカードローンの中でも、ビジネクストなら東証一部上場のアイフルのグループ会社なので、あなたも安心して利用できること間違いありません。

特にビジネクストなら、他のビジネスローンとは違い、本人確認書類と確定申告書が提出できればすぐに審査を申込めるので、初めてビジネスローンを利用するあなたにとてもおすすめです。

ビジネクストのメリット!
  1. 法人・個人事業主もOK!
  2. 最短即日には融資可能!
  3. 来店不要で審査が完了!
  4. 赤字・債務超過でも可能!
  5. カードローンで借りれる!
  6. 総量規制対象外で借りれる!
  7. 利息は経費計上できる!

ビジネクストを利用すればこれだけのメリットがあるので、銀行のつなぎ融資目的や、資金ショートの緊急回避策としてもとても有効に活用することができます。

また、ビジネクストなら最短即日で融資実行も可能なので、納税資金や決算資金など急いでお金が必要な時にもとても心強い存在になってくれます。

もしあなたがビジネクストの審査に通るか不安に感じているのであれば、まずはビジネクストのスピード診断を利用して、あなたが今すぐビジネクストの融資を受けられるかさっそく調べてみましょう。

ビジネクストを利用すれば、初めてビジネスローンを利用するあなたにとって心強い味方になってくれること間違いありませんよ。

 

カード選びに迷ったらコレ!おすすめカードローンのまとめ!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

普通預金の口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も口座開設なしで審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

-事業資金の調達

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2019 All Rights Reserved.