事業資金の調達

事業資金の調達が今すぐできる!あなたにおすすめな資金調達の方法のまとめ!

更新日:

最近、事業資金の調達に苦しんでいるんです…
銀行や国から融資を断られても資金調達の方法は色々あるピヨ!

もしあなたが法人もしくは個人事業主で、事業資金の調達に頭を悩ましているのなら、次の5つの方法から資金調達を試してみることをおすすめします。

今すぐできる事業資金の調達方法!
  1. 国からの融資・助成金
  2. 銀行からの融資
  3. ノンバンクの融資
  4. ファクタリング
  5. クラウドファンディング

国や行政からは、条件さえ満たせばいつでも融資や助成金を引き出すことができます。

また、銀行に関しても同様で、メガバンクでは相手にされなくても、信用金庫や地方銀行で融資の相談をすれば、事業資金の調達に成功しやすい傾向がありおすすめです。

また、国や銀行から融資を断られた場合でも、ノンバンクからの事業融資やファクタリングを利用することで、最短即日であなたの事業資金を調達することも十分に可能なんです。

つまり、方法や手段さえ選ばなければ、事業資金の調達方法はあなたが思っている以上に簡単にできるということ!

特に東証一部のアイフル(株)のグループ会社であるビジネクストなら、最短即日で事業資金の融資に応じたり、売掛債権を利用したファクタリングにも対応しているので、安心かつ最短で事業資金の調達に成功します。

ビジネクストなら平日・土日祝いつでも審査に応じてくれるので、まずはあなたがビジネクストの審査に通るか「スピード診断」で今すぐ調べてみましょう。

ビジネクストのスピード診断なら、審査履歴を残すことなく、無料で何度でも融資可能か判断できるので、あなたも今すぐ試してみて下さいね!

 

最短即日で事業資金の調達ができるビジネス会社のまとめ!

ビジネクスト

ビジネクストは東証一部上場のアイフル(株)のグループ会社で、ノンバンク系のビジネスローンとしては、最も信用できる金融会社として定評があります。

また、金融商品の内容も、ビジネスローンやファクタリングだけでなく、不動産担保ローン・法人クレジットカード・振込代行など多岐に渡る商品を取り扱っているのも特徴です。

赤字決算や債務超過の場合でも、融資可能か前向きに検討してくれるほか、個人事業主も審査を申込めるので、法人・個人事業主の両方から人気が高い資金調達の方法と言えます。

 

事業資金エージェント

事業資金エージェントは、あなたの売掛金を買い取ることで、最短3時間後に入金を完了してくれる、とってもスピーディーな事業資金の調達会社です。

事業資金の調達方法はファクタリングになるため、保証人や担保の発生せず、手数料も1.5%~と業界最低水準で資金調達が可能になるため、運転資金の捻出で銀行を頼るよりも安い手数料・早いスピードで資金調達に成功します。

今はファクタリングの必要がなくても、万が一の時に備えて相談や仮審査だけでも受け付けてくれるので、運転資金の調達に困らないように先に申込みだけでも済ませておくことをおすすめしますよ!

 

資金調達プロ

資金調達プロなら、最短10秒の無料診断で、あなたが持っている売掛金を売却して事業資金の調達ができるか瞬時に診断をしてくれます。

ファクタリングとは、あなたが持っている売掛金を別の金融会社が買い取ってくれるサービスで、日本政府も推奨している新しい資金調達の方法です。

資金調達プロなら、資金繰りに困っていたり資金ショートしそうな事業主に対しても、最短即日で入金を行ってくれるので、銀行融資よりもはるかに早い資金調達を期待することができますよ!

 

事業資金の調達はファクタリングがおすすめ!

そういえば"ファクタリング"って何なんですか?
売掛金や売掛債権を別の業者が買い取るシステムのことピヨ!

ファクタリングとは、あなたが持っている売掛金や売掛債権を別の事業者に買い取って貰い、すぐに現金を調達する方法のことを言います。

ファクタリングとは

画像引用元:資金調達プロ

つまり、ファクタリングを利用すれば、あなたが持っている売掛金を現金化するだけなので、銀行のような融資審査が必要なく、赤字決算や債務超過を起こしている状態でも簡単に事業資金の調達を行うことができるんです。

ファクタリングは国が推奨する事業資金の調達方法!

でも、こんな方法をして、何か法律に問われることはないんですか?
実は売掛債権の利用促進は国の施策なんだピヨ!

あなたは意外に思うかもしれませんが、実はこのファクタリングという事業資金の調達方法は欧米ではポピュラーな資金調達の方法として知られています。

また、国の経済産業省中小企業庁でも、正式に文章を公開し、売掛債権の利用促進を進めているんです。

つまり、ファクタリングは今国が推奨している新しい事業資金の調達方法で、運転資金の調達が難しかったり資金ショートを起こしそうな時でも、素早く現金を手に入れられる画期的な法方と言えます。

ファクタリングの詳しい特徴やメリットについては、下の記事でも詳しく解説してあるので、ぜひ参考にして下さい。

ファクタンリグのメリット・デメリット

 

法人・個人事業主でも事業資金の調達方法は同じ!

事業資金の調達って個人事業主だと厳しいんじゃないんですか?
法人・個人事業主でも資金調達の方法はあまり変わらないピヨ!

もしかしたらあなたは個人事業主だと資金調達なんてできっこないと思っているかもしれませんね。

たしかに、法人企業に比べて個人事業主だと、銀行に対しての信用は低いですし、思ったように融資を受けられる可能性は低いかもしれません。

ですが、正しい資金調達の方法を知れば、あなたが法人や個人事業主でも関係なく、今すぐ事業資金の調達を始めることができるんです。

今すぐ始められる事業資金の調達方法!
国・行政 国民生活金融公庫などを利用すれば、最も低金利で資金調達が可能。その他、条件を満たせば国・都道府県・市町村単位での助成金や補助金を受取ることもできる。
銀行 国や行政に次いで、低金利で資金調達が可能。また不動産担保ローンなどを利用すれば低金利・柔軟な審査を期待できる。メガバンクの審査が厳しい時は、信用金庫や地方銀行などもおすすめ。
ノンバンク ビジネクストなどの民間の金融業にあたれば、銀行よりも柔軟な審査を期待できる。その分、金利は高くなりがちだが、融資スピードが圧倒的に早く、つなぎ融資や資金ショートの回避に活躍できる。
ファクタリング 売掛金や売掛債権を買い取ってくれるサービス。国が利用促進を進めている新しい事業資金の捻出方法で、運転資金の捻出のために不動産を担保に入れがちな中小企業への新しい活路として注目されている。
クラウドファンディング ファクタリングに並ぶ新しい資金調達の方法として注目されている。返済義務のないお金(代わりに返礼品やサービス提供などを行う)を一般ユーザーから集めることで、創業資金・開業資金など資金を集めることができる。

これまでは事業資金の調達と言うと、国や銀行から融資を下すしか方法がなく、それでも融資が下りない時はノンバンク系のビジネスローンに頼るしか方法がありませんでした。

また、20年以上前のノンバンクは業界イメージが悪く、違法な高金利で暴利を貪るヤミ金が横行していた時代もありました。

ですが、2000年以降の金融業界では、ノンバンクのイメージが劇的に変わり、サービス内容や融資スピードで言えば国や銀行をはるかに上回る内容の良さに変化しました。

また、ファクタリングやクラウドファンディングなど、新しい資金調達の方法の登場により、法人・個人事業主関係なく色んな方法で事業資金の調達ができるようになりました。

つまり、これからの時代の資金調達は、国や銀行に頼ることなく、より安い手数料で素早く事業資金や運転資金の調達ができるようになったと言えます。

事業資金の調達方法の中でも、ファクタリングやクラウドファンディングは、赤字決済や債務超過と言った決算書の内容とは関係なく資金調達が可能なので、中小法人や個人事業主にとって大きなチャンスと言えます。

特にファクタリングは、申込を済ませば最短即日で入金されるサービスがほとんどなので、今すぐ運転資金が必要というときに大活躍してくれること間違いありません。

ファクタリングを初めて利用する場合でも、審査担当者が分かりやすく丁寧に説明・対応してくれるので、あなたも安心して利用することができますよ。

 

資金調達①:国や行政からは低金利or無利子で借りれる

調達 1
国や行政は
低金利で安心

事業資金の調達方法として真っ先に思い浮かぶのが、国や行政を相手にした調達方法です。

開業資金や運転資金が必要な場合でも、国民生活金融公庫に相談すれば、銀行よりも低金利で融資を受けられる可能性が高いので、もっとも安全性が高い資金調達一つと言えます。

また、あなたの事業内容や資金目的によっては、各行政(都道府県・市町村)で独自の補助金や助成金を受けることもできるので、一度は役所に問い合わせることも大切です。

これらの国や行政からの事業資金の調達は、金利も低金利や無利子・返済義務のないものも多く、安全な資金調達の方法として人気がある一方で、手続きに時間が掛かったり審査が厳しいという側面もあります。

国や行政からの資金調達の特徴

  • 安全性が高い
  • 低金利・無利子のものが多い
  • 助成金や補助金制度もある
  • 但し、手続きが面倒なものが多い

事業資金を調達する初めの一歩としては難易度が高く感じるかもしれませんが、必要書類さえ用意すればすんなり審査を通してくれる融通の良さもあるので、慣れてしまえば銀行よりも相手をするのが楽な相手とも言えます。

国から事業資金を調達する方法

 

資金調達②:銀行は信用金庫や地方銀行がおすすめ

調達 2
銀行なら
信金or地銀

もしあなたが中小法人や個人事業主なのであれば、大手メガバンクを相手にするよりも、地方銀行や信用金庫に融資の相談を持って行った方が話が早いです。

特に信用金庫は営利目的の銀行ではなく、地方の活性化を目的にして作られた銀行なので、メガバンクのようなゴリゴリした上から目線の営業は少ないです。(営業マンにもよりますが…)

金利の安さだけで言えば都市銀行の方が安いですが、信用金庫や地方銀行は柔軟性のある審査を期待できるので、普段から彼らと取引をしておくと、資金繰りが悪化した時にサポートしてくれやすくなります。

銀行からの資金調達の特徴

  • 低金利で借りれる
  • 信用金庫や地方銀行がおすすめ
  • 普段から口座取引をしておく
  • 融資に時間が掛かりやすい

銀行融資で事業資金を調達する場合の注意点として、融資決裁が降りるまでの時間がすごく掛かりやすいという点があります。

また、散々待たせるだけ待たして融資否決ということもザラにあるので(特にメガバンク)、銀行での取引は一行取引ではなく二行取引などでリスクヘッジをするなどの対策も必要です。

銀行から事業資金を調達する方法

 

資金調達③:ノンバンクなら柔軟かつスピーディな融資が可能

調達 3
ノンバンクなら
最短即日!

ノンバンクとは、預金業務を行わない民間の金融業者のことで、主に消費者金融やクレジット会社、リース会社、信販会社などが該当します。

ノンバンクからの資金調達のメリットは、融資決裁が下りるまでのスピードが圧倒的に早いことです。

法人・個人事業主を対象にしたビジネスローンでも、最短即日融資などは割と当たり前に対応してくれるので、銀行融資がおりるまでの"つなぎ融資"や納税資金の捻出などに最適です。

ノンバンクからの資金調達の特徴

  • 最短即日融資が可能!
  • 審査書類が少ない!
  • 保証人・担保なし
  • 銀行よりも金利が割高

ノンバンクは、国や銀行からの融資審査に落ちた人も審査の対象にしてくれるので、まだ会社の業歴が浅い状態でも審査に通りやすい特徴があります。

ただし、審査に通りやすい一方で金利が銀行よりも割高になりやすいので、事業資金の調達を行う前に毎月のキャッシュフローの確認や事業計画をしっかりと確認しておくことをおすすめします。

ノンバンクから事業資金を調達する方法

 

資金調達④:ファクタンリングなら審査なしで即日調達!

調達 4
ファクタリングは
即日で調達可能

売掛金を別の会社が買い取ることで事業資金を調達できるファクタリングは、あなたの与信内容に関わらず、売掛金の金額だけで事業資金を即日調達することが可能です。

手数料として売掛金の1.5%~5.0%前後がファクタンリグ事業者に取られることになりますが、長期売掛金や売掛債権などを素早く現金化できるので、銀行のビジネスローンよりも低リスクで資金調達できるのが大きなメリットと言えます。

からの資金調達の特徴

  • 審査なしで資金調達できる
  • 最短即日で調達可能
  • 売掛債権も売却できる
  • 手数料として1.5%~取られる

日本ではあまり馴染みのないファクタリングですが、欧米では一般的に使われている資金調達の方法で、上図に使えば銀行の利息よりも安い手数料で現金化できるのでかなりおすすめです。

また、日本の経済産業省中小企業庁でも、ファクタリングの利用促進を進めているので、国が認めた新しい資金調達の方法として、大手を振って利用していきましょう!

ファクタリングで事業資金を調達する方法

 

資金調達⑤:クラウドファンディングは返済義務がない

調達 5
返済義務のない
新しい調達方法

銀行やノンバンクの融資も断られた、ファクタリングをできるほどの売掛金も持っていない…。

もしあなたがそんなスタートアップ状態なのであれば、あなたの夢をみんなに語って資金を集めるクラウドファンディングに挑戦してみるのもおすすめです。

クラウドファンディングとは、一般ユーザーに資金を募集することで、事業資金を調達し、その代わりとしてお金以外のモノやサービスを提供する、新しい資金調達の方法として注目されています。

クラウドファンディングの特徴

  • 返済義務がない
  • 返礼品を返す必要がある
  • 手数料がかなり割高
  • 資金が集まらない時もある

クラウドファンディングは日本では歴史も認知度も浅く、まだまだ黎明期の状態なので、手数料が割高(募集金額の20%など)なのがネックですが、返済義務なしで資金を調達できるのは大きな魅力と言えます。

もしあなたが世間にあっと驚かせるサービスを開発していたり、共感してもらえるモノやサービス・プロジェクトを考えているのなら、一度クラウドファンディングで出資者を探してみるのも面白いですよ。

銀行から事業資金を調達する方法

 

事業資金の調達で銀行とノンバンクの違いは何か?

銀行とノンバンクの違いって何なんですか?
色々と違うけど、表面的には金利や審査基準の違いなどがあるピヨ!

そもそも銀行とノンバンクは、法律や成り立ち、あらゆる面で根本的に違う部分が多いです。

銀行とノンバンクの根本的な違い
銀行 ノンバンク
開業方法 免許制 登録制
預金業務 あり なし
法律 銀行法 貸金業法
主な資金調達 日本銀行 銀行

すごく乱暴に解説すると、簡単に言えば銀行は銀行法に基づき預金業務や融資を行う金融業者で、ノンバンクは貸金業法に基づき融資や金融商品の販売などを行う金融業者のことを言います。

代表的なノンバンクとして、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社、リース会社などがあります。

本来、銀行以外の金融業者のことを総じてノンバンクと言いますが、一般的には消費者金融・クレジット会社・信販会社などを指していることが多いです。

その為、一般的には銀行に比べてノンバンクの方が「審査は甘いけど金利が高い」という解釈をしておけば大筋では間違いありません。

ちなみに、本来は銀行ではない金融機関をすべてノンバンクと定義しているので、厳密には国民生活金融公庫や信用金庫、JAなどもノンバンクの扱いとなります。

ただ、これらの金融機関が提供する金利は良心的なことが多いので、あまりノンバンクというイメージを抱かない人の方が多いかもしれません。

さらに細かい銀行とノンバンクの違いが知りたい人は、下の記事も参考にして下さい。

銀行とノンバンクの違いとは?

 

事業資金の調達でよくある質問のまとめ

事業資金の調達でよくある質問をまとめたピヨ!
ここにない質問などがあればお気軽にお問合せ下さいね♪

 

質問①:ファクタリングにはデメリットはありますか?

ファクタリングにはデメリットはありますか?

売掛金を先に回収するので、一時的にキャッシュフローは改善するものの、要は「給料の前借り」状態なので、ファクタリング依存体質に陥りやすいリスクがあります。

それでも銀行やノンバンクの金利よりも、ファクタリングの手数料の方が安いので、上手に利用した方が賢い選択と言えます。

ただ、最終的には自社での現金資産を蓄えておき、ファクタリングやビジネスローン依存にならない、強い経営基盤を目指すことが大切です。

 

質問②:ノンバンクからの資金調達にリスクはありますか?

ノンバンクからの資金調達にリスクはありますか?

一般的にはノンバンクの方が「審査が甘く、金利が高く、融資が早い」という傾向にあります。

ちなみに、今時のノンバンクは対応がとても丁寧な所が多く、銀行員顔負けの応対品質を見せつけてくれる所の方が多いです。

もちろん、金利面での不安が残る場合には、ファクタリングなど他の安全性の高い方法で事業資金を調達するのも賢い選択と言えます。

 

質問③:ファクタリングについて詳しく教えて下さい。

ファクタリングについて詳しく教えて下さい。

今回は解説を避けましたが、ファクタリングには2社間と3社間と呼ばれる取引の方法があります。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、詳しくは下の記事を参考にして頂けると幸いです。

ファクタリングの基礎知識

 

事業資金の調達は担保や売掛金があれば手段が広がる

土地があれば不動産担保ローン、売掛債権があればファクタリングができるピヨ!
会社で何を持っているかを常に整理・把握しておくことが大事なんですね

今回は事業資金の調達方法について解説をしましたが、如何でしたでしょうか?

事業資金の調達方法は、何も国や銀行だけに頼る必要はなく、今の時代はノンバンクを利用したビジネスローンやファクタリングなども有効な手段となりつつあります。

また、資金調達ではありませんが、レンタル会社やリース会社を利用したキャッシュフローの改善方法などもあるので、必要な設備投資があれば一度調べてみることをおすすめします。

最近ではクラウドファンディングなどによる資金調達も注目されつつあるので、あなたの資金調達の目的や金額に応じて、最適な手段を探してみましょう。

 

カード選びに迷ったらコレ!おすすめカードローンのまとめ!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

 

SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

普通預金の口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も口座開設なしで審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

-事業資金の調達

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2019 All Rights Reserved.