ビジネクスト

個人事業主がビジネクストを利用する7つのメリット!

更新日:

ビジネクストを利用するメリットって何でしょうか?
2期連続で赤字でも審査を申込める点が最大のメリットピヨ!

ビジネクストは、東証一部上場のアイフル株式会社のグループ会社で、2001年より設立しているビジネスローンとしてとても歴史の長い会社となっています。

そんなビジネクストの最大のメリットは、銀行では敬遠されがちな、個人事業主でも審査を申込む事ができ、赤字決算や債務超過の状態でも審査を前向きに検討してくれることです。

ビジネクストのメリット!
  1. 法人・個人事業主もOK!
  2. 最短翌日には融資可能!
  3. 来店不要で審査が完了!
  4. 赤字・債務超過でも可能!
  5. カードローンで借りれる!
  6. 総量規制対象外で借りれる!
  7. 利息は経費計上できる!

通常、これらのメリットは、銀行や国民生活金融公庫などではあまり考えられない条件なので、もしあなたが個人事業主として仕事をしているけれど、一時的に資金が欲しいという時にはぜひ一度ビジネクストに相談してみましょう。

ビジネクストなら原則無担保・無保証で最短即日融資が可能なので、納税資金や運転資金を緊急で要する法人・自営業の心強い味方になってくれること間違いありません。

まずはビジネクストのスピード診断を利用してあなたが今すぐビジネクストの融資を受けられるかさっそく調べてみましょう!

スピード診断を利用しても信用情報などの履歴に情報は残らないので、あなたもさっそく調べてみて下さいね!

 

ビジネクストを利用するべき7つのメリット!

ビジネクストを利用するメリットって具体的に何なんでしょうか?
今回はビジネクストを利用するメリットを7つにまとめてみたピヨ!

ビジネクストは法人だけでなく、個人事業主も審査を申込むことができるので、銀行とは違った条件で融資を受けることが期待できます。

また、資金繰りを急ぎたい場合などは、最短で即日融資なども可能なので、WEB審査を申込んだあとに必要書類を用意しておけば、審査もスムーズに進みやすいです。

今回ははじめてビジネクストの利用を検討するあなたに、ビジネクストを利用する7つのメリットを紹介したいと思います。

 

メリット①:法人・個人事業主が借りれる事業者ローン

Merit 1
個人事業主も
借りれる!

通常、個人事業主が融資を受けようとすると、銀行では嫌な顔をされたり、国民生活金融公庫などを頼ろうとしてもお役所的な対応を受けて、嫌な思いをした経験がありますよね。

こうした個人事業主に対する冷たい風や対応も、ビジネクストなら心配する必要がありません。

アイフルのグループ会社であるビジネクストなら、民間のビジネスローン会社として歴史もノウハウもあるので、国や銀行のようなたらいまわしになる心配がありません。

もちろん、法人企業もビジネスローンを組むことができるので、もし銀行融資のスピードでは間に合わない資金対策があるなら、ぜひ一度ビジネクストに相談してみましょう!

 

メリット②:審査は「最短翌日」で融資がはじまる!

Merit 1
審査は
最短翌日!

国や銀行から事業者ローンの審査を申込んでも、融資完了まで何週間何か月も待つ必要があり、融資が下りるまでの間やきもきした経験がありませんか?

ビジネクストならあなたがWEBで申込んだ情報を元に仮審査を行い、融資の可能性があると判断した人にのみ必要書類の提出を求めるので、他の金融機関と比べても融資完了までのスピードがとても早いです。

審査の申込時間や申込内容にもよりますが、早ければ最短翌日には融資をスタートさせることができるので、緊急でお金が必要になった時は迷わずビジネクストに相談されることをおすすめします。

 

メリット③:「来店不要」で審査が完了する!

Merit 1
ビジネクストなら
来店不要!

ビジネクストをおすすめしたいメリットとして「来店不要」で審査が完了し、キャッシングの利用を開始することができる点があります。

通常、国や銀行に融資をお願いするためには、必要書類を持参して何度も来店する必要があり、融資が下りるまでの手間も時間も掛かります。

その点、ビジネクストなら日本全国あなたがどこにいても、WEBから簡単に審査を申込めるだけでなく、必要書類の提出はメール・FAX・郵送などで完了するので、他の金融機関と比べても融資が下りるまでのスピードが圧倒的に早いです。

また融資方法も、事業者ローンであれば、銀行振込の「ビジネスローン」、限度額の範囲内で何度でも借りれる「カードローン」の好きな方を選べるのでとてもおすすめです。

※ビジネスローンとカードローンの詳しい違いなどについては、下の記事を参考にして下さい。

ビジネスローンとカードローンの違い

 

メリット④:「赤字決算」「債務超過」でも申込みOK!

Merit 1
赤字や債務超過も
審査を申込める!

確実に資金を回収できる見込みがあるにも関わらず、赤字決算や債務超過を理由に融資を断られて悔しい思いをした経験があなたにもありませんか?

銀行側の都合とは言え、決算書の内容もロクに見ずに、赤字決算だけを理由に融資を断る傲慢な銀行なんてこっちから願い下げですよね。

その点、ビジネクストなら仮に二期連続で赤字決算が続いていたとしても、決算書の内容をしっかりとみて、あなたの事業の将来性や資産状況を見たうえで、冷静に融資の判断を行ってくれます。

特に、節税対策のために赤字になっている時や、設備投資を行った直後で赤字決算になった時などは、ビジネクストにしっかりと事情を伝えれば、これらの事情も加味した上で審査を進めてくれる余地があります。

ビジネクストなら銀行にはない柔軟な対応もお願いできるので、赤字決算だからと諦めるのではなく、審査を申込んでみて下さいね。

 

メリット⑤:融資は「カードローン」で契約ができる!

Merit 1
必要金額を
何度でも借りれる

ビジネクストの面白いメリットとして、事業者ローンにも関わらず、限度額の範囲内で何度でも借りれる「カードローン」での契約が可能な点があります。

通常、事業者ローンは個別契約と呼ばれ、融資を必要とする度に審査の申込が必要ですが、カードローンにはそれがありません。

カードローンの場合、包括契約と呼ばれる「限度額の範囲内で何度でも借りれる」という利点があるため、運転資金を効率よく使いたいときにとても便利です。

銀行カードローンなどは、使途自由と言いつつ事業資金では使えないなどの不便さがあるのに対し、ビジネクストなら事業資金として自由に使えるので、あなたのビジネスをより加速させることができますよ。

 

メリット⑥:「総量規制対象外」で借りれる!

Merit 1
ビジネクストは
総量規制対象外

総量規制対象外と言うのは「年収の3分の1以上のお金はキャッシングする事ができない」という、貸金業法で定められた法律です。

本来、総量規制は消費者金融やカードローンなどの貸金業者に適用され、銀行から借りたお金は総量規制対象外の扱いとなります。

ですが、ビジネクストは事業資金目的での融資となるため、総量規制の対象外となり、あなたの年収の3分の1以上の融資も受けることが法律で認められているんです。

個人名義でカードローンを契約してしまうと、総量規制の問題で融資額に制限が付きやすいですが、ビジネクストなら年収の3分の1以上でも借りれるので、事業目的でカードローンを利用したい場合は、迷わずビジネクストを選んでみましょう。

ただし、ビジネクストは銀行よりも金利が割高に設定されているため、借り過ぎには十分注意し、確実に資金を回収できる事業計画や返済計画を立ててから審査を申込むようにしましょう。

 

メリット⑦:確定申告で「利息は経費計上」できる!

Merit 1
払った利息は
経費計上できる

本来、個人名義で契約したカードローンは、毎月支払う利息があったとしても経費計上することができません。

ですが、ビジネクストなら個人事業主はもちろん、法人名義でも契約することができるので、毎月発生する利息をしっかりと経費計上することができるんです。

法人であればあなあが契約する顧問税理士に相談すれば、カードローンの利息をきちんと経費精算に割り振ってくれますし、個人事業主の場合なら毎年の確定申告できちんと処理をすれば還付金が返ってきます。

カードローンの利息を堂々と経費計上できるのもビジネクストならではの利点なので、あなたもぜひ利用してみて下さいね!

 

ビジネクストにはこんなデメリットに注意!

ビジネクストのメリットは分かったけど、デメリットはないんですか?
ノンバンク系の民間ローンだから、銀行よりも金利は高いピヨ!

もちろん、ビジネクストを利用するのはメリットだけでなく、いくつか注意するべきデメリットも存在します。

ビジネクストのデメリット
  1. 銀行より金利が高い
  2. 返済方式は慎重に選ぶ
  3. 追加の提出書類の可能性
  4. 与信内容の問題

特にビジネクストはノンバンク系のビジネスローンとなるため、銀行と比べて金利が高くなりやすい点に注意が必要です。

ノンバンクのメリットとして、融資スピードが早く審査が柔軟になりやすい一方で、金利が割高になりやすい点に注意が必要です。

銀行とノンバンクのどちらを利用するべきは一長一短な部分も多いので、次に紹介する4つのデメリットを正しく理解した上で、ビジネクストを利用されることをおすすめします。

 

デメリット①:金利は銀行よりも高い

Demerit 1
ノンバンクは
金利が高い

これはノンバンク系のさだめとも言えるのかもしれませんが、ビジネクストで事業者ローンを組むと、銀行よりも割高になりやすいというデメリットがあります。

元々、銀行の事業者ローンは担保提供や保証人提供を求められることも多いので、それらの内容を条件として低金利で融資を行うという内情があります。

一方、ビジネクストは原則保証人なし担保なしで融資を行うため、どうしても金利が割高になってしまうのは避けることができません。

そのため、銀行の審査に落ちた時のすべり止め目的や、銀行の融資が下りるまでのつなぎ融資目的での利用で活躍しやすいと言えます。

 

デメリット②:返済方式は慎重に選ぶ必要がある

Demerit 2
返済方式は
慎重に選ぶ

ビジネクストの事業者ローンは、「ビジネスローン」と「カードローン」の2種類の中から、好きな方を選ぶことができます。

事業者ローンの返済方法
元利均等返済 ビジネスローンを選ぶと選択可能。最長5年(60回以内)での返済を行う。
元金一括返済 ビジネスローンを選ぶと選択可能。最長1年(12回以内)で返済を行い、返済最終月に元金を一括で返済する。
元金定率リボルビング返済 カードローンを選ぶと選択可能。最長5年(60回以内)で返済を行うが、通常のカードローンの返済金額と少し異なる。

この中で注意したいのが、ビジネクストのカードローンを選択した場合の返済金額についてです。

ビジネクストのカードローンは「元金定率リボルビング返済」と呼ばれるもので、毎月の返済は「均等に分割した元金+利息」の返済となり、初回の返済金額が多く、返済回数が増えるにつれて返済金額が減るしくみになっています。

元金定率リボルビング返済の例
支払回数 支払元金 支払利息 支払総額
1回目 40,000円 24,657円 64,657円
10回目 40,000円 20,219円 60,219円
30回目 40,000円 24,657円 64,657円
50回目 40,000円 493 円 40,493円
総額 2,000,000円 628,743円 2,628,743円

通常のカードローンは、元利均等リボルビング払いや残高スライド払いという仕組みが多い中、ビジネクストは元金均等払いなので、結果的には返済回数を節約し利息も節約できるメリットがあるとも言えます。

何にせよ、あなたが初めてビジネスローンを利用する時は、通常のカードローンとは少しだけ返済方法が異なる点に注意をしましょう。

 

デメリット③:追加で提出書類が発生する可能性

Demerit 3
追加書類が
発生するかも

これはビジネクストに限った話ではありませんが、事業者ローンを組む時は、金融機関側から追加で必要書類の提出を求められることは意外とあります。

ただ、これらの追加書類の提出を求められるのは、言い方を変えれば、それだけ貸し手側が「真剣に融資の検討を行ってくれている証拠」とも言えます。

なので、もしあなたがビジネクストに審査を申込んだときに、追加での必要書類の提出を求められた時は、嫌な顔をせずになるべく早い段階で追加の必要書類を提出するようにして下さいね。

ビジネクストの基本的な必要書類に関しては、以下に情報をまとめたので、ぜひ参考にして下さい。

ビジネクストの必要書類

 

デメリット④:与信内容が悪くなる可能性

Demerit 4
ノンバンクは
与信内容が悪い

これはノンバンクを利用する時のさだめとも言えますが、ビジネクストに限らず、ノンバンクでお金を借りると、銀行審査での評価が下がりやすい傾向にあります。

これは、銀行側からすれば「ノンバンクじゃないと借りれない経営状態の可能性がある」というレッテルを張られてしまう可能性があるからです。

限られた時間で大量の企業を相手に審査を進める銀行としては、一社一社の細かい情報なんて見てられないので、結果的に減点方式で融資の是非を決めてしまうため、ノンバンクの利用履歴があるだけで、銀行の都合ではマイナス評価になりやすいのです。

ただ、だからと言ってノンバンクの利用を避けた方がいいのかと聞かれたら決してそんな事はありません。

仮にノンバンクの利用があったとしても、その後のきちんと完済したり、決算書の内容で資産が潤沢にある企業に対しては、銀行も積極的に融資を行ってくれます。

そのため、ノンバンクだから与信内容が悪くなると考えるのではなく、今あるあなたの会社を守るための最善の一手としてノンバンクがありなのかを考える事が正しいです。

少なくともビジネクストなら銀行よりも融資スピードが早く、銀行とは違った審査結果で融資を受けられるので、銀行とノンバンクの両方を上手に使い分けることが一番大切です。

 

ビジネクストのメリット・デメリットに関する質問

ビジネクストのメリット・デメリットに関する情報をまとめたピヨ!
ここにまとめきれていない質問などがあればお気軽にお問合せ下さいね!

最後にビジネクストのメリットやデメリットについて良くある質問をまとめました。

もしここにまとめきれていない質問や疑問点などがありましたら、お気軽に質問フォームよりご連絡下さい。

 

質問①:銀行の審査より緩いんですか?

銀行の審査より緩いんですか?

緩いかどうかは分かりませんが、銀行とは異なった審査基準で融資を検討してくれることは間違いありません。

特にビジネクストなら、2期連続で赤字決算をしていたり、債務超過を起こしている場合でも、融資の検討を行ってくれるので、銀行で断られた場合でも審査を申込んでみる価値は十分あると言えます。

 

質問②:追加融資って受けられるんですか?

追加融資って受けられるんですか?

事業者ローンをカードローンで契約した場合は、限度額の範囲内であれば何度でも利用することができます。(追加融資は増額審査が必要です。)

また、ビジネスローンを契約した場合は、追加融資が必要なたびに審査を申込む必要があります。

もしあなたが運転資金の目的で何度も小まめにお金を借りたいと考えているのなら、ビジネクストではカードローンを申込む事をおすすめします。

 

質問③:ビジネクストは本当に大丈夫なんですか?

ビジネクストは本当に大丈夫なんですか?

大丈夫です。

何をもって大丈夫なのかは分かりませんが、少なくともビジネクストに関して言えば、東証一部上場のアイフル(株)のグループ会社なので、きちんとした会社であることは間違いありません。

当然、万が一返済ができない月があっても、丁寧に対応してくれますし、事業破たんを起こした場合でも法律に則った手続きを行ってくれるので、とてもまじめで安心できる会社だと思いますよ。

 

ビジネクストの融資は個人事業主にメリットが多いです!

ビジネクストなら創業まもない個人事業主でも融資のチャンスがあるピヨ!
法人はもちろん、個人事業主にもチャンスがあるのは嬉しですね♪

今回はビジネクストのメリットやデメリットを中心に解説をしてきましたが、如何でしたでしょうか?

ビジネクストはノンバンク系のビジネスローンなため、あまり知名度が高くないかもしれません。

ですが、ビジネスローンとしての歴史はとても長く、東証一部上場のアイフル(株)のグループ会社なので、安心して利用できることは間違いありません。

特にビジネクストなら創業してから1期を完了した法人・個人事業主であれば、誰でも審査を申込めるので、追加の運転資金が必要になったり、納税資金が必要なときに心強い味方になってくれます。

またビジネクストのスピード診断を利用すれば、信用情報に履歴を残すことなく、あなたの事業に融資が下りるかどうかの判断をすぐに行ってくれるので早速試してみましょう。

ビジネクストは創業資金や開業資金には使うことはできませんが、個人事業主にも融資を行ってくれるとても貴重なビジネスローン会社なので、あなたも今すぐ利用してみて下さいね!

 

カード選びに迷ったらコレ!おすすめカードローンのまとめ!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

SMBCモビット

SMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

普通預金の口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も口座開設なしで審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

-ビジネクスト

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2019 All Rights Reserved.