三菱UFJ銀行カードローン

バンクイックとみずほ銀行カードローンを比較してみた!

更新日:

バンクイックとみずほ銀行カードローンってどっちがおすすめなの?
みずほ銀行の口座があるかないかで決めるのがおすすめピヨ!

三菱UFJ銀行カードローンとみずほ銀行カードローンの2つを比較した場合、結論としては審査を急ぎたい人やみずほ銀行の口座を持っていない人は三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」が圧倒的におすすめです。

と言うのも、みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行の口座開設がカード発行の条件となっているだけでなく、審査の完了時間も最短で2週間となっているため、あまりおすすめできないからです。

三菱UFJ銀行とみずほ銀行を比較
三菱UFJ銀行 みずほ銀行
金利 年率1.7%~14.6% 年率2.0%~14.0%
口座開設 不要 絶対必要
審査時間 最短2日 最短2週間
土日審査 受付可能 平日のみ
返済方法 ATM・振込・引落など 口座引落のみ
最低返済額 月々2000円~ 月々1万円~
カード発行 テレビ窓口・郵送など 郵送のみ

両銀行の違いを比較すれば分かると思いますが、三菱UFJ銀行の「バンクイック」なら、最短2日で土日審査にも対応しているのに対し、みずほ銀行は平日審査のみなうえ最短2週間後のキャッシングなので、急ぎたい人には特に不便と感じるはずです。

また返済方法もみずほ銀行の場合は口座引落のみとなっているので、実際に利用してからも不便さが目立つカードローンと言えます。

その点、三菱UFJ銀行のバンクイックなら、土日祝でもカードローンを受取ることができますし、カード受取後は月々2000円からの返済なのでとても安心です。

今回は三菱UFJ銀行カードローンとみずほ銀行カードローンの違いを比較して行きますが、結論としては三菱UFJ銀行のバンクイックの方がおすすめです。

審査時間も最短2営業日なので、あなたもさっそくバンクイックの審査に通るかお試し診断で調べてみましょう!

 

三菱UFJ銀行「バンクイック」とみずほ銀行カードローンを比較

バンクイックとみずほ銀行カードローンにはどんな違いがあるんですか?
次に紹介する7つの違いから比較すると分かりやすいピヨ!

バンクイックとみずほ銀行カードローンの違いを比較する上で大切なのは、冒頭で紹介した「金利・審査時間・口座開設・在籍確認・返済方法・返済額・発行方法」の7つの項目が大切です。

逆に言えばこれらの項目さえきっちり確認すれば、自然とあなたにとってどちらのカードローンが最適なのかが見えてくるはずです。

今回は今紹介した7つの項目を1つずつ比較して行きたいと思います。

 

比較①:「金利」はみずほ銀行がやや割安

point 1
金利は
みずほが安い

まずカードローンで一番比較しやすいのが「金利」です。

金利が安ければ安いほど、毎月の返済や利息に関わるお金がお得になる訳ですが、三菱UFJ銀行とみずほ銀行を比較した場合、みずほ銀行カードローンにやや軍配が上がると言えます。

金利早見表
バンクイック 年率1.8%~14.6%
みずほ銀行 年率2.0%~14.0%

通常、カードローンの下限金利は最大限度額を契約しない限り出現しないので、金利を比較する時は上限金利で比べることが大切です。

上限金利で比較した場合、僅かではありますがみずほ銀行カードローンの方が低金利と言えます。

ですが、この0.6%という金利差は、10万円を借りた時の利息差にして僅か50円にしかなりません。(それぞれの上限金利で10万円を一か月借りた場合の金利差。バンクイックの利息が約1216円、みずほ銀行が約1166円)

そのため、金利が安いカードだけで選ぶのではなく、この後で説明する毎月の返済額や返済方法の多様さと言った総合的な部分で比較することが大切と言えます。

 

比較②:少額融資ならバンクイックの方が「返済額」が安い

point 2
バンクイックなら
月々2000円~

毎月の返済額はどちらも前月の最終利用残高によって変動する仕組みとなっています。

返済金額早見表
利用残高 バンクイック みずほ銀行
10万円 2,000円 10,000円
20万円 4,000円 10,000円
30万円 6,000円 10,000円
40万円 8,000円 10,000円
50万円 10,000円 10,000円
※上記の表はあくまで簡易的なものです。最新の返済金額などの情報は必ず各公式サイトをチェックして下さい。

上図からみても分かる通り、実は50万円までの少額融資を考えているのなら、毎月の返済額はバンクイックの方が安く設定されているんです。

そのため「少しだけお金を借りたい」「100万円とかの大金は必要ない」と言った時には三菱UFJ銀行のバンクイックの方が毎月の返済負担を軽くさせることができます。

 

比較③:みずほ銀行だと「返済方法」は口座引落だけ

point 3
みずほ銀行は
口座引落のみ

また毎月の返済額に関しても、バンクイックとみずほ銀行カードローンで大きな違いがあります。

返済方法
バンクイック 提携ATM・振込・口座引落
みずほ銀行 口座引落のみ

三菱UFJ銀行なら、カードローンを受取った後は、提携ATMからの直接入金や振込返済・口座引落と言った様々な返済方法を選ぶ事ができます。

またどの提携ATMを利用しても手数料が無料になるので、提携ATMを利用した借入や返済がとても便利になっています。

それに対し、みずほ銀行では口座引落のみに対応しており、その他の返済方法はあくまで随意返済(繰上返済)扱いなので、必ずみずほ銀行からの口座引落が必要となってしまいます。

こうした微妙な利便性の低さを考えると、みずほ銀行カードローンよりもバンクイックの方に軍配が上がると言わざるを得ません。

 

比較④:「審査時間」は圧倒的にバンクイックが早い

point 4
バンクイックなら
最短2営業日

また、両者の審査時間を比較した場合、圧倒的に審査が早いのは三菱UFJ銀行の「バンクイック」と言えます。

審査時間を比較する
バンクイック 最短2営業日(土日審査OK)
みずほ銀行 最短2週間(土日審査NG)

例外的に、みずほ銀行の口座を持っている人に限っては、もう少し審査時間が短くなるという事例も報告されていますが、公式のアナウンスではみずほ銀行カードローンの審査時間は最短2週間となっています。

そのため、急いでお金を借りたい時や週末にお金を用意したい時などはバンクイックに審査を申込んだ方が早いと言えます。

審査時間にここまでの差がでる最大の理由は、次に紹介する「口座開設」の有無が大きく関わってくるからです。

 

比較⑤:「口座開設なし」を希望するならバンクイック

point 5
バンクイックなら
口座開設なし

実はみずほ銀行カードローンの場合、カードローンの発行条件に「みずほ銀行の口座があること」が絶対条件となっているんです。

そのため、カードローンの審査に通過できたとしても、その後、みずほ銀行の通帳とカードが届くまでに時間が掛かるので、結果的に審査完了までの時間が長引いてしまいます。

その点、三菱UFJ銀行のバンクイックなら、口座開設なしで審査が完了しカードローンが発行されるので、カードが郵送されるまでの時間や手間が掛かりません。

その上、バンクイックなら土日祝もカードを受取る方法があるので、みずほ銀行カードローンよりも素早いカード受取が実現可能となっています。

 

比較⑥:バンクイックなら土日祝もカード受取が可能!

point 6
バンクイックなら
土日祝も借りれる

基本的に銀行カードローンの多くは、郵送でのカード受取が中心となっており、三菱UFJ銀行やみずほ銀行も例外ではありません。

ですが、バンクイックなら、運転免許証さえあれば土日祝でも三菱UFJ銀行の中にある「テレビ窓口」でカードを受取ることができるんです。

テレビ窓口の利用法
  • 三菱UFJ銀行に来店
  • テレビ窓口の中に入る
  • 運転免許証を提出
  • カードの受取が完了!

実はこの方法を利用すれば、平日・土日祝関係なく、あなたがバンクイックの審査に通過した時点で、すぐにキャッシングを利用することができるんです。

カード郵送の時間を短縮できるのはバンクイックだけなので、ぜひあなたも利用してみましょう!

 

比較⑦:バンクイックなら「在籍確認」も相談可能

point 7
バンクイックなら
在籍確認も相談可

在籍確認とは、あなたが本当に会社に勤務しているかを確かめるために、カード会社が勤務状況を調べることを言います。

カードローンで行われる在籍確認の方法は、直接あなたの勤務先に電話を掛ける方法が中心です。

ですが、バンクイックなら本人確認の電話が掛かってきたタイミングで、「在籍確認の方法について相談があるのですが」と伝えれば、書類確認への変更や電話の時間帯の調整など、できる範囲での相談に応じてくれるので安心です。

一方、みずほ銀行カードローンでは原則、電話確認は必ず発生するそうなので、職場バレを避けたい人は迷わずバンクイックを選んだ方が安心と言えます。

 

みずほ銀行の口座がある人はみずほ銀行カードローンがおすすめ

じゃぁみずほ銀行カードローンはどんな人におすすめなんですか?
みずほ銀行の口座を持っている人やまとまった資金が必要な人におすすめピヨ!

今回は三菱UFJ銀行のバンクイックとみずほ銀行カードローンの比較を7つの項目を中心に行いましたが、総合的に言えばバンクイックの方に軍配が上がると言えます。

ですがそれは、決してみずほ銀行カードローンにメリットがない訳ではなく、次の様な場合はみずほ銀行カードローンを利用した方が良いと言えます。

みずほ銀行カードローンがおすすめな人
  1. みずほ銀行の口座がある
  2. 200万円以上の資金が欲しい
  3. 住宅ローンを組んでいる

これらの項目に一つでも当てはまっている場合には、あなたはみずほ銀行カードローンを選んだ方が、バンクイックよりも便利に利用できる見込みが高いです。

 

みずほの特長①:みずほ銀行の口座があれば審査が早い

特長 1
口座があれば
審査は早まる

みずほ銀行カードローンの審査時間は最短2週間となっていますが、それはあくまで「みずほ銀行の口座を持っていない人」のお話です。

実は、すでにみずほ銀行の口座やキャッシュカードを持っていれば、みずほ銀行から審査通過・書類確認完了のお知らせが届いた時点ですぐにキャッシングすることができるんです。

審査通過のお知らせが届いた時点で、あなたのみずほ銀行のキャッシュカードにカードローン機能が加わっているので、みずほ銀行の口座を持っていれば審査時間はそこまで待つ必要はありません。

 

みずほの特長②:限度額200万円以上は返済額が下がる

特長 2
みずほ銀行は
大きい金額に強い

みずほ銀行カードローンの真価が発揮できるのは、実は少額融資ではなく200万円以上のまとまった資金を必要とする場合なんです。

と言うのも、限度額が200万円を超えた場合の毎月の返済額の安さはバンクイックを大きくしのぐため、まとまった資金を必要とする時は迷わずみずほ銀行カードローンを選んだ方がお得と言えます。

残高100万円以上の返済金額早見表
利用残高 バンクイック みずほ銀行
100万円 20,000円 10,000円
200万円 40,000円 20,000円
300万円 60,000円 30,000円
400万円 80,000円 40,000円
500万円 100,000円 50,000円
600万円 - 60,000円
700万円 - 70,000円
800万円 - 80,000円
※上記の表はあくまで簡易的なものです。最新の返済金額などの情報は必ず各公式サイトをチェックして下さい。

上の表はみずほ銀行カードローンで限度額が200万円以上に設定された場合の返済金額の早見表ですが、バンクイックよりも明らかに毎月の返済額が安いことが分かります。

もちろん毎月の返済額が安いと言うことは、それだけ長期返済になりやすいというリスクもありますが、毎月の家計を圧迫させにくいというメリットもあります。

そのため、カードローンやクレジットカードなどの他社からの借入を一つにまとめたい時や、子供の留学費用や歯列矯正の費用などのまとまった資金を用意したい時などには、みずほ銀行カードローンはとても便利と言えます。

 

みずほの特長③:住宅ローンを組んでいると優遇金利がある

特長 3
住宅ローンで
金利優遇あり

もしあなたがみずほ銀行で住宅ローン(フラット35含む)を組んでいるのなら、迷わずみずほ銀行カードローンを申込むことをおすすめします。

と言うのも、みずほ銀行で住宅ローンを組んでいる場合、カードローンの金利が店頭表示よりも0.5%下がって利用できるからです。(利下げ後の金利は年率1.5%~13.5%となります。)

本来、カードローンの金利は限度額を高くしないとなかなか下がらないので、住宅ローン契約者に対しての独自の優遇措置となっており、かなりおすすめです。

 

みずほ銀行の口座がない人はバンクイックを選べば間違いなし!

じゃぁバンクイックはどんな人におすすめなの?
少額融資やみずほ銀行の口座を持ってない人におすすめピヨ!

逆に、三菱UFJ銀行カードローンは「少額融資」や「みずほ銀行の口座がない人」に対して、とてもおすすめできるカードローンと言えます。

バンクイックがおすすめな人
  1. 早く借りたい人
  2. 口座開設が面倒な人
  3. 少額融資を考えている人

他にもバンクイックなら、在籍確認の方法について本人確認の電話が掛かってきた時に相談できるなどのメリットがあります。

また、提携ATMの利用手数料が無料になることなども考えれば、初めてカードローンを選ぶ人は、とりあえずバンクイックを選んでおけば間違いないと思います。

 

バンクイックの特徴①:審査時間は最短2日で土日審査もOK!

特長 1
審査時間は
最短2日!

バンクイックのすごい所は、銀行カードローンなのにも関わらず、審査時間は最短2日で土日審査にも対応している点です。

他の銀行カードローンの多くは、審査完了までに1週間~2週間ほど掛かるのに対し、三菱UFJ銀行のバンクイックなら最短2日なので、急いでお金を借りたい人にもおすすめです。

また、三菱UFJ銀行の中にあるテレビ窓口を利用すれば、土日祝でもカードローンを受取れるので、平日は仕事で忙しいあなたも空いた時間に落ち着いてカードローンを受取ることができるのも嬉しい特徴の一つと言えます。

 

バンクイックの特徴②:口座開設なしで審査を完了できる!

特長 2
バンクイックなら
口座開設なし

バンクイックのもう一つの特徴として「口座開設なし」で審査を最後まで完了させることができるという点があります。

みずほ銀行カードローンを含め、多くの銀行カードローンでは口座開設を条件にカードローンを発行しますが、三菱UFJ銀行にはそれがありません。

そのため、あなたが三菱UFJ銀行の口座を持っていなかったとしても、最短2日でバンクイックを手に入れることができるので、これ以上銀行口座を増やしたくないという時にもおすすめです。

 

バンクイックの特徴③:少額融資なら返済額が安いので安心!

特長 3
少額融資なら
返済額が安い!

バンクイックの良さを最大限に引き出せるのは、利用残高が50万円以下の少額融資で利用する時だと言えます。

残高100万円までの返済金額早見表
利用残高 月々返済額 利用残高 月々返済額
10万円 2,000円 60万円 12,000円
20万円 4,000円 70万円 14,000円
30万円 6,000円 80万円 16,000円
40万円 8,000円 90万円 18,000円
50万円 10,000円 100万円 20,000円
※上記の表はあくまで簡易的なものです。最新の返済金額などの情報は必ず各公式サイトをチェックして下さい。

利用残高が50万円までなら、他の銀行カードローンや消費者金融と比べても、かなり割安の返済額で利用を続けることができます。

そのため、「今すぐ少額だけ借りたい」と言った時は、バンクイックを選ぶととても満足できると言えます。

ただし、利用残高が50万円を超えてくると毎月の返済負担額はとても割高になってきやすいので注意が必要です。

 

バンクイックとみずほ銀行カードローンでよくある質問

バンクイックとみずほ銀行カードローンでよくある質問をまとめたピヨ!
ここにない質問などがありましたらお気軽にご連絡下さいね♪

最後にバンクイックとみずほ銀行カードローンでよくある質問をまとめました。

もしここでまとめきれていない質問や疑問点などがありましたら、お気軽にご連絡ください。

 

質問①:どちらがおすすめですか?

どちらがおすすめですか?

簡単に言えば、みずほ銀行の口座があればみずほ銀行カードローンを選び、それ以外の人はバンクイックを選んでおけば間違いありません。

ただし、限度額が200万円以上のまとまった金額を希望する場合は、みずほ銀行カードローンの方が毎月の返済額が安くなります。

一方、バンクイックは勤務先への在籍確認の方法について相談できるので、職場バレを防ぎたい時におすすめです。

質問②:金利が安いのはどちらですか?

金利が安いのはどちらですか?

バンクイックの金利は年率1.8%~14.6%、みずほ銀行カードローンの金利は年率2.0%~14.0%となっています。

カードローンの金利は上限金利で契約することがほとんどなので、みずほ銀行カードローンの方が0.6%ほどですが、金利を押さえて契約できます。

ただ、次に解説する返済額で考えれば、少額融資はバンクイック、200万円以上の融資はみずほ銀行カードローンとして選ぶのがおすすめです。

 

質問③:返済額が安いのはどちらですか?

返済額が安いのはどちらですか?

借入残高が50万円までならバンクイックの方が圧倒的に安いと言えます。

ですが、残高が50万円を超えてくるとみずほ銀行カードローンの方がだんだんと割安になっていき、残高が200万円を超えたあたりで、完全にみずほ銀行カードローンの方が割安になっていきます。

そのため、50万円の少額融資ならバンクイック、200万円以上の融資ならみずほ銀行カードローンと考えておくと分かりやすです。

50万円~200万円の間はどちらか好きな方を選んでも特に問題ないかと思います。

 

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら在籍確認の相談もできます!

バンクイックなら在籍確認の相談や提携ATMの無料などメリットが多いピヨ!
初めてカードローンを選ぶならバンクイックの方がおすすめなのね♪

今回は三菱UFJ銀行の「バンクイック」とみずほ銀行カードローンの違いを比較してきましたが如何でしたでしょうか?

どちらも一長一短の特徴やメリットがありますが、総合的に考えればバンクイックを利用した方が安心して利用できる人の方が多いと思います。

特にバンクイックなら、本人確認の電話が掛かってきた時に在籍確認の方法について相談できる点や、提携ATMの手数料が無料になるなどのメリットも多く、初めてカードローンを利用する人にとっては安心できる要素が多いです。

また、審査時間も最短2日で完了するので、あなたが早めにお金を借りたいと思うなら、消費者金融よりも金利が安く、他の銀行よりも審査時間の早い三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックはとてもおすすめです。

バンクイックなら電話対応もとても丁寧ですし、利用後の対応も安心して相談できるので、あなたが今すぐ審査に通過できるかバンクイックのお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックを利用すれば、あなたも間違いなく安心してお金を借りることができますよ!

 

あなたにおすすめの銀行カードローンのまとめ!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持てる返済負担がとても軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

みずほ銀行

みずほ銀行カードローンは、年率2.0%~14.0%という金利の安さで借りれる低金利の銀行カードローンとして人気があります。

みずほ銀行カードローンを契約すれば、みずほ銀行ATMの利用手数料が無料になる特典が付いてくるので、ATM手数料を節約したい方にも人気があります。

もしあなたがみずほ銀行の口座を持っているのなら、間違いなくみずほ銀行カードローンがおすすめですよ!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

-三菱UFJ銀行カードローン

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.