コラム

モアタイムシステムとは?キャッシング業界から見たモアタイムのメリット・デメリット!

更新日:

モアタイムシステムってなんですか?
土日祝でも24時間いつでも振込が反映できるシステムピヨ!

モアタイムシステムとは、24時間365日「即時振込」ができるサービスのことを言います。

これまで平日15時までだった振込反映時間だったのが、平日夜間や土日祝でも即時振込されるようになり、カードローンからの振込キャッシングをより便利に使えるようになりました。

モアタイムには全国銀行協会(全銀協)に加盟する全国500行以上の金融機関が対応し、3大メガバンクはもちろん、多くの地方銀行・ネット銀行でも平日夜間・土日祝の振込に対応するようになりました。

モアタイムシステムの特長!
  1. 土日祝も振込ができる
  2. 平日夜間でも振込が可能
  3. 金融機関によって対応が異なる

モアタイムシステムが導入されたことで、銀行の営業時間を気にすることなく、平日深夜や土日祝にも振込したお金が即時反映されるようになりました。

振込の口座反映に掛かる時間などは各金融機関によって対応時間などが異なりますが、概ね即時振込される営業時間が大幅に拡大されたのは事実です。

これにより特定の口座に振込入金するときはもちろん、カードローンの振込キャッシングをする時に、銀行の営業時間を気にせずより便利にキャッシングができるようになりました。

今回はモアタイムが導入されたことで、キャッシング業界がどう変わるのかを中心に解説したいと思います。

もしモアタイムシステムの全般的なことを知りたい場合は、下記のリンクにまとめた全銀協の資料などが分かりやすいと思います。

ご参考にどうぞ。

(外部サイト)モアタイムの関連情報

 

モアタイムシステムで変わるキャッシングのメリット!

モアタイムで振込時間が拡大されたからカードレス時代になるピヨ!
キャッシュレスではなくカードレス時代なんですね

では、モアタイムシステムが導入されたことにより、キャッシング業界には具体的にどんなメリットや恩恵があるのか?

主には次のようなメリットがあると考えることができます。

モアタイム導入後の振込融資のメリット
  1. 振込キャッシングの時間が拡大
  2. カードレスで借りれる
  3. ネットバンクとの併用が便利!

メリット①:「振込キャッシング」の営業時間が拡大!

Merit 1
振込融資の
利便性up!

モアタイムが導入された事により、平日夜間や土日祝の振込時間が大幅に拡大されました。

これにより、金融機関からの振込キャッシングもよりスピーディーに対応してもらえるようになったので、振込による平日15時以降の振込キャッシングや、土日祝の即日キャッシングが可能になります。

 

メリット②:「カードレス」にキャッシングができる!

Merit 2
カードレスで
財布がスッキリ

また、振込営業時間が拡大したことで、お金が必要なときに振込予約をすれば最短3分で即時振込を行ってくれるので、わざわざカードローンを持ち歩く必要がありません。

振込先に指定しているキャッシュカードさえ持っていれば、すぐにお金を使えるので、お財布の中に一枚分のカードスペースを開けることができます。

 

メリット③:「ネットバンク」との併用で利便性アップ!

Merit 3
ネット銀行で
返済も便利に

もしあなたがネット銀行の口座を持っているのなら、カードローンの毎月の返済も手持ちのスマホから簡単に返済することができ、モアタイム導入の銀行口座なら振込返済のお金も即時反映させることが可能です。

このため、カードローンの枠に空を作りたい時も、振込返済で素早く枠を作ることができるので、より便利にカードローンを使うことができます。

 

モアタイムシステムを利用する時の注意点!

モアタイムのメリットは分かったけど、注意点ってあるの?
日曜の深夜など、振込が即時反映されない時間帯があるピヨ!

もちろん、モアタイムも完璧なシステムではないので、利用する時にはいくつかの注意点を知っておく必要があります。

モアタイムの注意点とは?
  1. お給料の振込は対象外
  2. 金融機関で反映時間が変わる
  3. 日曜夜間はほとんど非対応
  4. 返済期日の規約が変わる可能性

 

注意点①:「給与振込」はモアタイムの対象外

注意点1
給与振込は
今まで通り

まず、モアタイムシステムで一番注意しないといけないことは、お給料の振込に関しては従来通りであるという点です。

これは全国銀行協会(全銀協)の公式案内文書でも解説されてある通りなのですが、毎月振込まれるお給料に関してはモアタイムの対象外になるそうです。

画像:2018-11-12_17h05_44.png

今後、サービスやシステムの改善が行われるかもしれませんが、少なくとも2018年12月の時点ではそういったシステム改善の話は出てきていないので注意しましょう。

 

注意点②:「口座反映時間」は金融機関で異なる

注意点2
金融機関で
時間が変わる

もう一つの注意点として、口座反映時間は各金融機関によって大きくことなるため、必ずしも振込キャッシングのお金がすべての銀行や時間帯で即時反映される訳ではないという点があります。

例えば、SMBCモビットで振込キャッシングを選択した場合の、主な口座反映の時間は以下の通りです。

SMBCモビットで振込融資をしたときの一例
振込先銀行名 月曜 火~金曜 土曜 日曜
三井住友銀行 9:30~23:30 0:30~23:30 0:30~23:30 4:30~18:50
三菱UFJ銀行 9:30~23:30 0:30~23:30 0:30~23:30 4:30~18:50
ゆうちょ銀行 9:30~23:30 0:30~23:30 0:30~23:30 4:30~18:50
セブン銀行 9:30~14:50 9:30~14:50 - -
みずほ銀行 9:30~14:50 9:30~14:50 - -
※上記時間帯は受付完了後、最短3分で、お振込みいたします。
※上記時間帯以外は、翌営業日の受付時間以降に反映になります。
※受付時間は予告なく変更される場合があるので、最新情報は各公式サイトの参照をお願い致します。

三菱UFJ銀行や三井住友銀行は振込の口座反映時間が土日祝も対応しているのに対し、セブン銀行やみずほ銀行は従来通りの営業時間となっています。

モアタイム導入後の振込反映時間は振込先の金融機関によってかなり違いが出てくるので、振込キャッシングに指定している受取口座の内容をチェックしておくことをおすすめします。

 

注意点③:「日曜夜間」はほとんど対応できてない

注意点31
日曜夜間は
ほぼ全滅

モアタイム導入後に振込キャッシングを利用する時に最も注意が必要なのが、「日曜夜間」はほとんどの金融機関が振込の即時反映に対応していないという点です。

注意点②でもお伝えしたとおり、多くの金融機関では日曜の夕方から月曜の朝までの間は、振込操作が行われても翌営業日まで口座反映がされない仕様になっています。

そのため、日曜に飲み会などで出費が予想される時は、あらかじめ早めに振込キャッシングを済ませておくか、これまで通りカードローンを財布の中に入れておいてキャッシングする必要があります。

ちなみに、SMBCモビットやプロミスなど一部の大手カードローンでは、セブン銀行ATMに表示されたQRコードを読み取るだけでキャッシングできる「アプリローン」の提供を行っています。

振込キャッシングの即時反映ができない時間帯であっても、セブン銀行ATMがあればいつでもアプリローンでキャッシングできるので安心です。

アプリローンの詳細

 

注意点④:「返済期日」の利用規約が今後変わる可能性も…

注意点4
利用規約が
変更されるかも

今のところ可能性としては限りなく低いですが、モアタイムシステムが改善されていき、本当に24時間いつでも振込操作が即時反映されるようになれば、各キャッシング事業者の返済期日に関する利用規約が変更される可能性はあります。

通常、土日祝を挟んだ場合の返済期日は、翌営業日まで持ち越しになっていることが多く、実質的に返済期日が延長されている状態でした。

画像 返済日イメージ

ところが、モアタイムシステムの導入により、振込入金の24時間即時反映が実現されれば、土日祝関係なく返済期日通りの支払いを迫られる利用規約に変わる可能性が出てきたということです。

元々返済期日は毎月○日までと決まっていた訳なので、土日祝を挟んだ返済期日の延長は例外的な措置とも言えますが、利用規約の変更が起こる可能性があることは忘れない様にしておきましょう。

 

モアタイムシステムでよくある質問

最後にモアタイムに関する質問をまとめたピヨ!
ここにまとめていない質問などがあればお気軽にご連絡下さい♪

最後にモアタイムに関する質問などをまとめました。

今回はあくまでモアタイム導入により、キャッシング業界がどういう影響があるのかをまとめたものになりますが、少しでも参考になる部分があれば幸いです。

また今回まとめたQ&Aは、あくまでモアタイム導入後の振込キャッシングについてのQ&Aとなります。

そのため、モアタイムシステムの根本的な部分の詳しい解説などが知りたい場合は、その他のサイトを参照されるようお願い致します。

 

質問①:追加の手数料等は発生しますか?

モアタイムが導入された事による追加の振込手数料等は今のところ発生していません。

ただ、従来通りの提携ATMの利用手数料や時間外手数料等は発生するので、詳しくは各銀行・コンビニATMの公式ホームページを参考にして下さい。

 

質問②:今使っているカードローンは対象ですか?

モアタイムの反映時間は、振込元の金融機関(キャッシング事業者)と振込先の金融機関(振込キャッシングの受取口座)の両者の営業時間が対応している時にのみ反映されます。

そのためどのキャッシング事業者がどう振込キャッシングの即時反映が行われるかは、一概には言うことができません。

まずは契約しているカード会社に問い合わせ、振込先にしている銀行口座への振込反映時間を調べみることをおすすめします。

 

モアタイムシステムの導入により振込融資の選択肢が広がる!

モアタイムの今後の展開次第ではキャッシングがより便利になるピヨ!
アプリローンやローンカードとの併用で上手に使いたいですね!

今回はモアタイムシステムの簡単な説明と、振込キャッシングがどう変わったのかについて解説をしましたが如何でしたでしょうか?

あなたが契約するカードローンや振込先に指定する銀行口座次第では、モアタイムの恩恵をあまり受けることができないケースもあると思います。

そのため、現時点においては、まだまだカードローンを利用したキャッシングの方が振込融資よりも利便性が高いと言えます。

ですが、今後さらにモアタイムシステムが改善され、本当の意味で24時間365日の即時反映がすべての銀行で出来る様になった時は、振込キャッシングの利便性はとても上がると思います。

まだまだ導入されて日の浅いモアタイムシステムですが、今後の展開を見守りつつ、計画的なキャッシングを行うようにしましょう!

 

カード選びに迷ったらコレ!おすすめカードローンのまとめ!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

 

SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も口座開設なしで審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

-コラム

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.