カードローンとは

改めて考える!カードローンの本当のメリットとは?

更新日:

改めて考える!カードローンの本当のメリットとは?

「カードローンってやっぱり怖い」
「結局お金を借りるのって悪いことでしょ?」
「だけど、今月の生活が苦しくて…」

もしあなたがそんな風に思い悩んでいるのなら、5分だけ今からお話しすることを聞いて下さい。

確かにカードローンでお金を借りることはキャッシングと呼ばれ、世間的にはあまり良いイメージはありません。

ですが「お金を借りること」それ自体は本当に悪いことだと、あなたは本気で思っていますか?

と言うのも、大抵の人は大人になれば夢のマイホームといって、何の考えもなしに住宅ローンを契約して行きます。

「ローン」と言えば聞こえは良いかもしれませんが、あれも「キャッシング」と同じ借金です。

 

つまり「お金を借りること」それ自体は決して悪いことではなく、むしろ「どういった使い方をするのか?」の方が大切なんです。

そこで今回は「カードローンを利用するメリット」について改めて考えてみました。

キレイゴトなんか全て捨て去ってしまって、あなたの本音として「今、本当にお金が必要なのか?」という視点から読み進めていって下さい。

 

カードローンを利用した人が語る本当のメリット5選!

私が知る限り、カードローンを実際に利用している人たちが語ってくれたことは(私の体験談も含み)次の5つの様なメリットがあると言っています。

 

1.誰にもバレない

まずカードローンを実際に使っている人が口を揃えて言うのは「誰にもバレずに借りれる」ということでした。

実際、今のカードローンはプライバシー保護を最大限に配慮してくれるので、誰にも気づかれずに安心してキャッシングすることができます。

また審査のときも電話なし郵便物なしで完了するタイプも登場してきたので、より秘匿性の高いサービスになりました。

お金を借りるときも、提携先の銀行やコンビニATMから借入と返済の両方ができるので、キャッシュカード感覚で利用することができます。

 

2.生活費の補てんに

金融庁のアンケートによると、生活費の補てんとしてカードローンを利用する割合が多いということが分かっています。

つまり、誰にも言えない悩みとして「生活費が足りないから」という理由から一時的にカードローンを利用して生活費の補てんとして利用している人が多いようです。

実際、他のローン商品と言うのは使用目的がはっきりしていないと(家や車の購入、学費の立て替えなど)お金を借りることができませんでした。

その点、カードローンであれば使途自由になっているので、生活費の補てんとしても使えることがメリットして挙げられます。

 

3.養育費や趣味の立て替えとして

またカードローンは使途自由だからこそ、生活費の補てんだけでなく、養育費や趣味などの一時的な建て替えとして使っている人も多くいます。

実際にあった声として、子供のお稽古事や趣味のゴルフクラブの購入費用などに使っている人もいました。

「子供にバレエを習い続けさせたいけど…」
「仕事の付き合いでゴルフに誘われたけど…」

こんな時にカードローンを持っていれば、一時的な補てんとして使えるのでとても便利です。

 

4.未来の自分への投資

カードローンは使途自由と言っても、投資や起業のための事業性のある使い方は禁止になっていることが多いです。

ただし、将来の海外出張などを見据えた英会話教室に通うためなどの自己投資として使うことはOK!

恥ずかしい話、私は学生時代の学費を払うことができず、最終的にはカードローンに頼って学費を工面し、社会人なってから払い終えたという過去があります。

こんな風にカードローンは正しく使えば、一時的な生活費の補てんとして使えるだけでなく、将来の自分へ向けた投資も行うことができるんです。

 

5.いざという時の安心感

他にもカードローンを持っていれば、急な出張や病気、水回りのリフォーム費用など、緊急時における財源として確保しておくことができます。

カードローンは限度額の枠さえ広げておけば、借りた分だけに対して利息が発生するので、余分な経費が発生しません。

しかも年会費や更新費は一切かからないので、クレジットカードと比べても費用面でお得なんです。

カードローンにはポイントが付かないのが残念ですが、クレジットカードに比べてまとまったお金を一度に借りることができるのは大きな安心感につながります。

 

確かにカードローンは「借金」に変わりはない。けれど!

今回はカードローンを使うことによるメリットを中心に解説をしました。

カードローンのメリット

誰にもバレない
生活費の補てんに
養育費や趣味の立て替えとして
未来の自分への投資
いざという時の安心感

もちろん、メリットばかりではありません。

カードローンを使えば、キャッシングをすることになるので、借金と言う形であなたの肩に重くのしかかります。

ですが「お金を借りる=悪いこと」と感情的に反応するのではなく、「どうやれば正しく使えるのか?」と理性的に考えるようにしてみて下さい。

お金と言うのは使い手を選ぶものです。

だからこそ、カードローンを使ってお金を借りることは、今回はなしたメリットを参考にしながら、あなたが本当に必要とするときに大切に使ってください。

キャッシュカード感覚で使い過ぎてしまう人は論外ですが、この拙文を最後まで読んで頂けるあなたであればきっと大丈夫。

カードローンを正しく使い、今はなしたメリットや恩恵を最大限受け取って下さいね。

 

カード選びに迷ったらコレ!おすすめカードローンのまとめ!

SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

アイフル・ファーストプレミアムローン

アイフルのファーストプレミアムカードローンは、年率3.0%~9.5%という銀行カードローンよりも安い金利でキャッシングできます。

また、限度額が100万円~800万円という金額で借りれるので、教育資金や歯列矯正などまとまった資金が必要な時にも便利です。

初めて借りた日から最大30日まで無利息キャッシングもできるので、会社の経費など一時的な費用の立て替えや、お給料日までのつなぎなど、幅広い用途でお金を低金利で借りることができますよ!

-カードローンとは

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.