消費者金融の特徴

消費者金融でおまとめローンを組む時の注意点!

更新日:

消費者金融でおまとめローンを組む時の注意点ってなんですか?
おまとめローンの正しい利用方法を理解しておくことが一番大切ピヨ!

結論から言えば、消費者金融でもおまとめローンを組むことができますが、いくつかの条件が必要となります。

そのため、もしあなたが消費者金融でおまとめローンを考えているのなら、貸金業法に基づくおまとめローンの正しい契約内容を理解しておくことがとても大切です

消費者金融のおまとめローン条件!
  1. おまとめ専用ローンを使う
  2. 追加融資はできない
  3. 完済証明書が必要なこともある

これらの内容を正しく理解すれば、消費者金融でもおまとめローンを総量規制対象外で組むことができます。

今回は消費者金融でおまとめローンを組むときの注意点を解説するので、ローンの一本化を真剣に考えているあなたはしっかりと目を通して下さいね!

 

おまとめローンを考えるならプロミスとアイフルがおすすめ!

おまとめローンでおすすめの消費者金融ってありますか?
大手ならアイフルとプロミス、中小なら中央リテールがおすすめピヨ!

もしあなたが消費者金融でおまとめローンを組むことを考えているのなら、プロミス・アイフル・中央リテールの3社がおすすめです。

これらの3社なら貸金業法に基づくおまとめローンを用意してあるので、電話で申込めば審査の対応も丁寧で早いので安心です。

プロミス

プロミスは貸金業法に基づくおまとめローンの取り扱いがありますが、WEB審査からの申込は受け付けていません。

そのため、おまとめローンを希望するときは電話による申込か、自動契約機の中に入り電話オペレーターに相談する必要があります。

プロミスの公式サイト

 

アイフル

アイフルでは、過去にアイフルを利用している方を対象にした「おまとめMAX」や、初めてアイフルを利用する人を対象にした「借換えMAX」など、多彩なおまとめローン・借り換えローンの商品があります。

「おまとめMAX」「借換えMAX」のどちらも、貸金業法に基づくおまとめローンなので、一時的に総量規制対象外で年収制限を超えた金額を借り換え可能です。(その後、完済証明書等が必要な時もあります)

他にもアイフルなら、年率3.0%~9.5%で借りれる「ファーストプレミアムカードローン」などの取り扱いもあるので、借り換えやおまとめと相性のよい消費者金融となっています。

アイフルのローン商品一覧

 

中央リテール

東京の渋谷にある中小消費者金融の中央リテールは、おまとめローン最後の砦とも言われる柔軟な審査が特長です。

また、WEB審査の申込も受け付けており、最短1営業日で融資も実行してくれるので、今すぐにでもおまとめローンを契約したい時にもおすすめです。

中央リテールの公式サイト

 

銀行カードローンのおまとめローン利用は審査が厳しい

おまとめローンなら銀行カードローンの方が有利なんじゃないの?
今の銀行カードローンは年収の3分の1以上のお金を借りれないピヨ!

一時期は、金利の安さから銀行カードローンを利用したおまとめローンが流行りました。

ですが、銀行側が年収の3分の1以上の融資を自粛するようになったため、銀行カードローンを使ったおまとめローンを利用することが難しくなりました。

元々、銀行は総量規制対象外で融資を実行することができる金融機関ですが、カードローン利用者への過剰な貸付を防ぐため、銀行カードローンに関しては年収の3分の1以上の融資をしないようになりました。

ですが、貸金業法によれば「顧客に一方的有利な貸し付けは総量規制の対象外とする」と法律で定められているので、本来なら借換え目的やおまとめ目的の借金なら総量規制対象外になるはずです。

ところが、法律上はOKだとしても、金融機関側がなかなか動いてくれないのが、これまでの貸金業界でした。

ただ、最近は消費者金融が多重債務者の状況を受け、貸金業法に基づくおまとめローンであれば、総量規制対象外による融資を行うという動きがでてきたのです。

消費者金融がおまとめローンを発売しだした経緯
  • 銀行カードローンを利用したおまとめが流行る
  • 銀行側が過剰な融資を自粛する
  • おまとめできない人が増える
  • 消費者金融がおまとめローンを提供する

こういった流れがあるため、実は消費者金融でおまとめローンを組んでいる人も最近は徐々に増えつつあります。

最近ではクレジットカードのリボ残高の借り換えや、払えなくなった銀行カードローンのおまとめ目的などにも、消費者金融のおまとめローンが活躍するようになりました。

 

消費者金融でおまとめローンを組むときの注意点3選!

消費者金融のおまとめローンはどこに申し込んでもいいんですか?
おまとめローンの専用商品を申込むことが前提です。

ただ、誰でも無条件でおまとめローンを消費者金融で組める訳ではありません。

あくまで「貸金業法に基づくおまとめローン」を申込むことで、正式な総量規制対象外のおまとめローンを消費者金融で申込むことができます。

また、おまとめローンを申込むときは、直接電話で「おまとめしたいです」とはっきり要望を伝えることが大切です。(通常のカードローン審査とおまとめローン審査は違います。)

そのため、審査を申込む時は、WEB審査ではなく電話審査で申し込む様にしましょう。

その他、消費者金融でおまとめローンを組むとき、ぜひ知っておいて欲しい注意点は以下の通りです。

 

注意点①:おまとめ専用ローンを使う

point 1
おまとめ専用の
金融商品を使う

まず、貸金業法に基づくおまとめローン審査は、通常のカードローン審査とは手続きが異なります。

そのため、消費者金融でおまとめローンを申込むときは、WEB審査ではなく電話審査で申込むのが一般的です。

また電話がつながった時は「おまとめローンを考えています」とはっきり伝えることで、必要書類や借入残高など、審査に必要な情報を担当オペレーターが聞いてくれるので、正直に回答しましょう。

中央リテールなど、一部の消費者金融ではおまとめローンの審査申込をWEBで受け付けている場合もあります。

ただ、大抵の場合は、WEB申込ではなく、電話審査や自動契約機からの申込になるケースがほとんどです。

 

注意点②:追加融資はできない

point 2
おまとめローンは
個別契約

カードローンが包括契約なのに対し、正規のおまとめローンは個別契約となっています。

包括契約と個別契約の違い
包括契約 限度額の範囲内なら何度でもキャッシングできる契約。(カードローンやクレジットカードなど)
個別契約 契約した限度額を一度に融資し、その後は返済を続ける。新規融資が必要なときはその都度審査が必要。(住宅ローン、自動車ローン、おまとめローンなど)

カードローンやクレジットカードなどは、利便性を高くするため、限度額の範囲内なら何度でも利用できる包括契約を採用していることがほとんどです。

それに対し、住宅ローンや自動車ローンなど、借入目的がはっきりしているローンについては、個別契約を結ぶことが多いです。

貸金業法に基づくおまとめローンも個別契約を結ぶことが多いので、一度おまとめローンを組んだ後は、完済するまでは追加で融資を受けることができません。

そのため、おまとめローンを組んだ後は「借金完済まで絶対に借りない」と鉄の掟をあなた自身に課すことが大切です。

包括契約と個別契約の違い

 

注意点③:完済証明書が必要なこともある

point 3
完済証明書が
必要な時もある

これはおまとめローンを申込む先の消費者金融の判断にもよりますが、債務内容や審査内容によっては、融資実行後の必要書類として、借換えが完了したことを証明する「完済証明書」の提出を求められる場合があります。

完済証明書とは?
何らかのローンの支払いが完了したことを表す書類。カードローンなどの場合は、支払い明細や、完済の書類を請求することなどができます。

おまとめローンは総量規制対象外で借りれるとはいえ、あくまで一時的に年収制限を超えて借りれるだけに過ぎません。

そのため、借換えやおまとめ・一本化が完了した後は、速やかに完済が完了したカードの解約手続きを行うようにしましょう。

おまとめローンを利用するときに最も注意したい事は「借換えが完了した後のカードで再びキャッシングをすること」です。

一度でもこれをやってしまうと、本当に多重債務に陥ってしまい、残る手段は債務整理しか残されなくなります。

一度でも債務整理を実行すると、事実上二度とローンを組めなくなる恐れがあるので、人生の選択肢と可能性を残すためにも絶対に避ける必要があります。

だからこそ、おまとめローンの手続きが完了した直後に、絶対に古いカードは全て解約するようにして下さい。

 

大手の消費者金融ならおまとめローンの金利は銀行並み!

でも、消費者金融のおまとめローンって金利が高そうなイメージがあるんですが…
実は大手の消費者金融なら銀行カードローン並みの低金利で借り換えが可能ピヨ!

これはあなたが借り換えやおまとめを検討している金額にもよりますが、消費者金融で契約するおまとめローンでも、銀行カードローン並みの低金利で借り換えることができます。

と言うのも、消費者金融の金利は、あなたが契約するおまとめ額によって変動し、おまとめ額が高くなれば高くなるほど、契約できる金利も安くなる傾向にあるからです。

もちろん、銀行のフリーローンや多目的ローンに比べたら金利の安さは見劣りするかもしれませんが、専用のおまとめローンを活用した方が借金に対する理解もあるので安心です。

少なくとも、おまとめ額が100万円を超えるのであれば、銀行カードローンくらいの金利で契約できるので、まずは相談してみることから始めてみましょう!

 

安心して利用できる大手消費者金融のまとめ!

SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビットは、大手消費者金融の中でも、とても安心感のあるカードローンとして社会人に人気が高いです。

最大の特徴は、あなたの勤務先への電話確認なしで審査が完了する「WEB完結申込」があること。

あなたもSMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば、会社への電話確認なしで即日キャッシングができるので、誰にもばれずに内緒で今すぐお金を借りることができますよ!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

プロミス

社会人だけでなく、学生や主婦も審査を申込めるのがプロミスです。

プロミスなら最短30分で審査が完了し、50万円まで収入証明書なしで即日キャッシングができるので、土日や外出先で審査を申込んでも数時間後にはお金を借りることができます。

無利息キャッシングを何度でも利用できるので、会社の出張費や飲み会費用の立て替えなどにも使える、とても使い勝手のよいカードローンとして人気です。

※無利息キャッシングは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※申込み時間によっては即日融資に間に合わない場合がございます。

 

アイフル・ファーストプレミアムローン

もしあなたが初めてアイフルを利用するのなら、ファーストプレミアムカードローンがとてもおすすめです。

ファーストプレミアムカードローンなら、年率3.0%~9.5%という銀行カードローンよりも安い金利で即日融資ができるので、社会人の方にとても人気が集まっています。

契約できる限度額も100万円~800万円と高額なので、教育費や歯の治療費など、まとまった資金が必要な時に心強いカードとして活躍してくれますよ!

-消費者金融の特徴

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.