クレジットカードとの比較

カードローンを使ったリボ払いの金利手数料の見直しのメリットは?

更新日:

カードローンを使ったリボ金利の見直しって何かいいことあるんですか?
毎月の支払手数料を大きく節約できる可能性が高いピヨ!

クレジットカードのリボ払いは、カードローンを使って金利の見直しをすると、毎月の金利手数料を大きく節約できる可能性が高いです。

特に、銀行カードローンなどの低金利カードローンは、毎月の最低返済額も安いので、金利の見直し後も返済金額に負担が掛かりにくいメリットがあります。

リボ払いの金利を見直すメリット!
  1. 金利手数料を節約できる
  2. 毎月のリボ払いが安くなる
  3. 完済までの支払い回数が減る

カードローンと違い、クレジットカードのリボ払いは「1.最低返済額が安すぎる」「2.金利が年率14.5%と割高」「3.支払い額の半分が手数料に消える」と言ったデメリットが発生しやすい支払い方法です。

特にクレジットカードのリボ残高が100万円を超えていて、毎月の返済額を2万円以下に設定しているのなら、今すぐカードローンを使った金利の見直しをおすすめします。

カードローンによる金利見直しを行えば、毎月の返済負担もそのままに、金利手数料だけを大きく節約できる可能性があるからです。

もちろん、いくつかの注意点やデメリットも存在するので、今から解説する記事にしっかり目を通して、カードローンによるリボ払いの金利見直しの方法をマスターして下さいね!

 

リボ払いの節約はちょっとした工夫で節約できます!

リボ払いの金利を見直したいんですが…
少しでも金利手数料を節約する方法ってないんですか?

最初は少しだけと思って使っていたクレジットカードのリボ払いも、残高が大きくなるにつれて「このままで大丈夫なんだろうか?」とあなたも不安になってはいませんか?

結論から言えば、クレジットカードのリボ払いは決して放置してよい問題ではありません!

なぜなら、あなたが毎月支払うリボ払いの金利の約半分はカード会社への手数料(利息)として消えてしまうからです。

つまり、いつまでもクレジットカードのリボ払いを放置していても、決して問題は解決することなく、今の請求金額を永遠に支払い続ける可能性だってあるのです。

リボ払いを組んだらもう人生終わりなんですか?
ちょっとした工夫でいくらでもリボ地獄は脱出可能ピヨ!

もちろん、クレジットカードのリボ払い問題は放置していても解決する問題ではありません。ですが、ちょっとした工夫でいくらでも解決に向かわせることは可能です。

リボ払い地獄から抜け出す4つのヒント!
  1. 現金主義になる
  2. 毎月の支払金額を増やす
  3. カードの繰上返済をする
  4. 金利の見直しを実行する

実は今紹介した4つの方法を実践するだけで、あなたのリボ地獄はいつでも抜け出すことができるんです。(もちろん完全な解決には時間が掛かります)

大切なことは「今ある問題を決して放置しない」こと。

もしあなたが少しでもリボ払いの金利手数料を節約したいと思うのなら、下にまとめた記事もとても参考になると思うので、ぜひチェックして下さいね!

リボ地獄から抜け出すヒント

 

カードローンでリボ払いの金利を見直す手順とメリット!

カードローンを使ったリボ払いの金利見直しってどうすればいいんですか?
低金利のカードローンに申し込んで借り換えるのが一般的ピヨ!

もしあなたがカードローンを使ってリボ払いの金利を見直したいと思うのなら、以下の手順で借り換えていくのがおすすめです。

リボ払いの金利見直し方法!
  • 低金利のカードローンを申込む
  • クレジットカードのリボ残高を借換え
  • 不要なカードは解約する

クレジットカードのリボ払いは、残高が大きくなるほど高額な金利手数料が請求されやすいので、リボ残高が100万円を超えた時点でカードローンに借り換えた方がメリットが大きいです。

他にも、カードローンを使ったリボ払いの金利見直しのメリットは、主に以下の3つが挙げられます。

 

メリット①:金利手数料を節約できる

point 1
カードローンなら
金利を節約できる

元々、クレジットカードのリボ払いの金利は年率15%と、一般的な銀行カードローンと比べても大きな差はあまりありません。

ただ、問題なのは、クレジットカードのリボ払いの場合「利用残高がどれだけ大きくなっても金利が年率15%に固定されたまま」という点です。

その点、低金利の銀行カードローンを利用すれば、カードローンの契約限度額に応じた金利が適用されるので、100万円以上の限度額契約ができれば、年率15.0%以下の金利で契約できるケースがほとんどです。

そのため、リボ残高が100万円以上あるのなら、一度低金利のカードローンに審査を申込み、契約できる限度額と金利がいくらなのかを確認してみることをおすすめします。

カードローンの仮審査を申込んでおけば、契約できそうな限度額と金利を本審査の前に聞くことはできるので、借換えが上手く行くか心配な場合でも一度申込をしてみることをおすすめします。

提示された金利条件次第では、本審査をキャンセルすることもできるので、一度申込先のカードローンに相談してみましょう。

 

メリット②:毎月のリボ手数料が安くなる

point 2
カードローンの方が
手数料が安くなる

これはあなたの現在のリボ残高とこれから契約するカードローンによって条件は変わりますが、基本的に低金利のカードローンに切り替えた方が、カードの利用手数料(利息)を節約できる傾向にあります。

例えば、オリックス銀行カードローンで150万円プラン(年率6.0%コース)を契約した場合、リボ払いの簡易的な返済シミュレーションは以下の通りです。

リボ払いvsオリックス銀行カードローンで比較
リボ(1万円) リボ(10万円) オリックス銀行
初回返済額 22,500円 112,500円 20,000円
支払回数 100回 10回 105回
支払合計 1,631,250円 1,068,750円 1,207,159円
支払手数料 631,250円 68,750円 207,159円

※シミュレーション結果はあくまで簡易的なものです。詳細は各ホームページでご確認下さい。

つまり、毎月の返済額は同じであったとしても、毎月支払う金利手数料には大きな違いが出るので、元金返済のスピードも大きく変わるということです。

あなたが契約できる金利プランにもよりますが、カードローンで金利を見直す大きなメリットがここにあります。

 

メリット③:完済までの支払い回数が減る

point 3
元金返済が増えれば
支払い回数は減る

先に話した通り、低金利の銀行カードローンを活用すれば、同じ返済額でも元金返済に充てられる金額が増えるので、結果的に完済完了までの期間を大きく短縮することができます。

また、カードローンの多くは、提携先のATMを利用すればいつでも繰上返済を1000円単位で受け付けているケースが多いので、ちょっとした時間でもすぐに繰上返済を実行することができるんです。

50万円を年率15.0%でリボ払いした時
返済額 支払い回数 総支払い額 手数料総額
10,000円 50回 659,375円 159,375円
11,000円 46回 645,176円 145,176円
12,000円 42回 633,350円 133,350円
13,000円 39回 623,328円 123,328円

上の表でも分かる通り、実はたった1000円繰上返済を毎月実行するだけでも、あなたが支払う利息は大きく節約できますし、完済までの期間も短縮することができます。

赤字家計になるまで無理して繰上返済を続ける必要はありませんが、仕事終わりのコンビニ通いやお酒やタバコなど、ほんの少しの我慢で1000円の節約と繰上返済ができるので、ぜひ試してみて下さいね。

日々の節約方法などについて

 

カードローンでリボ払いの見直しをする時の注意点は?

リボ払いの見直しをする時の注意点ってありますか?
一番大きいのは「空いた枠を再利用しない」ことピヨ!

今回はカードローンを使ったリボ払いの金利見直しをするメリットを中心に解説をしましたが、もちろんデメリットや注意点も存在します。

リボ払いの金利見直しの注意点!
  1. 審査はそれなりに厳しい
  2. 早期完済を目指す
  3. 空いた枠を再利用しない

基本的にリボ残高の借り換えは、カードローンの審査も厳しい傾向にあるので、必ずしも審査に通るとは限りません。

また、仮に審査に通過できたとしても、カードローンが設定する返済金額のまま支払いを続けていても完済が見えてこない時があるので、家計が落ち着いた段階で早めに繰上返済等の対策を行って行くことをおすすめします。

そして、借換え完了後に一番注意して欲しいのが「空いた枠を再利用しない」ということです。

もし新たにカードを使って残高を増やすようなことをすれば「借り換えの残高+新しいカード請求額」と多重債務へ発展する恐れもあります。

あくまでカードローンを使ったリボ払いの金利見直し(借換え)は、リボ地獄を抜け出すための最終手段なんだという意識でもって取り組んで下さいね!

リボ残高借り換えの注意点

 

リボ払いの返済が大変と感じたときは?

リボ払いの残高が多すぎて困ってるんです…
そんな時はカードローンによる借り換えがおすすめピヨ!

もしあなたのクレジットカードのリボ残高が多すぎる場合には、低金利のカードローンを使った借り換えがとても便利です。

リボ残高をカードローンで借り換えるメリット!
  1. カードローンの方が低金利!
  2. リボ手数料を節約できる!
  3. 完済期間を短縮できる!

クレジットカードの金利は年率15.0%が多いですが、カードローンで見直しを行えば、金利を大幅に節約できます。

もしあなたがリボ払いの利息を少しでも減らしたいと考えているなら、次に紹介するカードローンを使えば金利を節約できる可能性が高いです。

審査時間もとても短く、クイック診断ができるものばかりなので、あなたも今すぐ試してみて下さいね!

リボ払いの見直しに強いカードローン3選!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

契約できる金利も年率1.7%~14.6%となっているので、クレジットカードのリボ残高が高くなり過ぎた時には、バンクイックに借り換えることで支払利息を節約できる可能性が高いです。

返済額も月々2000円~と家計を圧迫しにくい設計になっているので、まずは三菱UFJ銀行カードローンのお試し診断を試してみて下さいね!

 

SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで、勤務先への電話確認なしで審査を完了できるので、安心して借り換えを完了させることができます。

また、SMBCモビットならカードローン審査の通過後に、クレジットカード機能を付け加えることもできるので、リボ払いの借り換えが完了した後に、新しくクレジットカードを作り直す手間も掛かりませんん。

アイフルと同様、SMBCモビットの金利も年率3.0%~18.0%と低金利に設定されてあるので、あなたも安心して借り換えることができますよ!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

千葉銀行

千葉銀行カードローンは年率1.7%~14.8%という低金利で借りれる安心の銀行カードローンになっています。

また、千葉銀行カードローンならあなたの年収に合わせて無理のない限度額と金利を設定してくれるので、借り過ぎる心配が少ないです。

配偶者に安定した収入があれば専業主婦の方も審査を申込めるので、女性からの支持もある人気で安心の銀行カードローンになっています。

-クレジットカードとの比較

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.