クレジットカードとの比較

リボ払いと分割払いの違い!分かりやすく解説してみた!

更新日:

リボ払いと分割払い違いって何があるの?
リボは毎月一定、分割払いは対象商品だけ一定額になるピヨ!

クレジットカードの支払い方法には「リボ払い」と「分割払い」という法方がありますが、これらの違いは一体何なのか?

結論から言えば、リボ払いは「利用金額や利用件数に関わらず、毎月の支払金額を一定にして支払う方法」で、分割払いは「指定した購入商品の支払金額を複数回に分けて支払う方法」と言えます。

リボ払いと分割払いの違いとは?
リボ払い 利用金額や利用件数に関わらず、毎月の支払金額を一定にして支払う方法
分割払い 指定した購入商品の支払金額を複数回に分けて支払う方法

最近はリボ払いの方が普及していますが、分割払いも上手に活用すれば役に立つシーンも多いです。

今回はリボ払いと分割払いの違いやメリットを、それぞれ分かりやすく解説して行きたいと思います。

 

リボ払いと分割払いはどちらの方が優秀なのか?

リボ払いと分割払いってどっちの方が優秀なの?
状況に応じて使い分けるのが賢い方法ピヨ!

リボ払いと分割払いは、どちらも1度の支払金額を安く抑える方法なのは間違いありません。

ただ、冒頭で紹介した通り「リボ払い」と「分割払い」では支払い方法の仕組みがそもそも違うので、活躍するシーンが異なってきます。

例えば、カードの請求額が大きすぎたときは、リボ払いを選択し毎月の支払金額を軽くして早めに完済を目指すのがおすすめです。

一方、特定の高額商品(家電や家財)を購入した時は、分割払いを選択することでカードの毎月の請求額に負担を掛けずに商品を購入することができます。

どちらも借金なので、できれば利用しないに越したことはありませんが、もしもの時に備え、リボ払いと分割払いのそれぞれのメリット・デメリットを知っておくことはとても大切です。

 

リボ払いを活用するメリットとデメリット

リボ払いのメリット・デメリットってなんですか?
良くも悪くも返済額が安くなることピヨ!

リボ払いのメリットとデメリットは色々とありますが、分かりやすく言えば「良くも悪くも毎月の返済額が安くなる」と言うことです。

リボ払いは、利用金額や利用件数に関わらず、毎月の支払金額を一定にすることができるので、毎月の支払い負担が軽くなり家計が軽くなります。

ただし、毎月の支払金額が安くなると言うことは、それだけ完済まで時間が掛かり金利(手数料)が発生しやすくなる点に注意が必要です。

リボ払いのメリットとデメリットとは?
メリット デメリット
家計への負担が少ない 返済が長期化しやすい
返済額を安くできる 利息割合が大きくなる
返済額を変更できる 枠一杯まで借りた時が大変

リボ払いなら毎月の支払い額を一定額にできるので、家計のコントロールも行いやすく、毎月の支出を大きく抑えることができます。

その分、完済までに時間が掛かり利息が大きくなる傾向があるので、家計が落ち着いた段階で、リボ払いの支払金額の引き上げや繰上返済を積極的に行う必要があります。

その他、リボ払いの詳しいメリットやデメリットについては、下記記事で詳細に解説してあるのでぜひ参考にして下さい。

リボ払いのメリット・デメリット

 

リボ払いの利用が向いているシーン

ちなみに、リボ払いの利用が向いているシーンとしては、主に以下のようなシーンが当てはまると言えます。

  • カードの請求額が予想以上に多かった時
  • 急な収入源など家計が悪化した時 など

これらの時は分割払いよりもリボ払いを活用した方が、分かりやすく毎月の支払い負担を安く抑えることができるのでおすすめです。

リボ払いの良い所は「利用額や利用件数に関わらず、毎月の支払い額が一定になること」なので、大きな買い物はしてないけれど細かな出費が続いて請求額が大きくなった時に活躍してくれると言えます。

 

リボ払いの利用が向いていないシーン

逆に、リボ払いの利用が向いていないシーンは、以下のようなシーンが当てはまります。

  • 金額が大きい買い物をした時
  • 家計に余裕がある時
  • 無計画な利用 など

もしあなたの毎月のカードの請求額が平均して大体同じなら、大きい買い物をしたときは分割払いを選択しておいた方が、家計の計算は簡単になります。

また、リボ払いの金利は年率14.5%と割高なので、家計に余裕があるのならできる限り使わない方が得策です。

特に無計画にリボ払いをダラダラと使い続けると、あっという間にカードの残高が膨れ上がり、クレジットカードの枠を埋め尽くしてしまいます。

あくまでリボ払いは「家計が苦しくなった時の緊急一時しのぎ策」という意識で使うことが大切です。

常習的に使ってしまうと、返済額より利用残高が増え続け、一瞬で枠を埋め尽くし、後々泣きを見る羽目になります。(私がそうでした…)

 

分割払いを活用するメリットとデメリット

分割払いを利用するメリットって何があるんですか?
指定した支払い代金だけを複数回に分けることができる点ピヨ!

分割払いを活用する最大のメリットは「指定した商品だけ複数回に分割して支払うことができる」と言う点です。

例えば、普段は毎月3万円のカード支払いをしている人が、急きょ6万円の電子レンジを購入しても、分割6回払いを選択すれば、毎月の支払いは4万円で済むことになります。

リボ払いだと、毎月の支払いが一定額になるだけなので、単発で大きい商品を購入する時は、リボ払いより分割払いの方が利息の節約にも繋がります。

リボ払いのメリットとデメリット
メリット デメリット
大きい買い物で活躍 利息が付いてしまう
リボ払いより利息が減る リボより毎月の支払い額は増える
計画的な支払いができる 乱用すると訳が分からなくなる

リボ払いに比べ、分割払いなら最初から支払い回数が決まっているので、より計画的な返済が行いやすいのが特長です。

また、リボ払いよりも支払い回数が少ないので、完済時の手数料(利息)負担が安くなりやすいのもメリットと言えます。

ただし、分割払いを多用すると、いつ・どの支払いが終わるのかが分かりづらくなり、結果的に毎月の支払い額が増えてしまうので注意が必要です。

最近では分割払いでカード決済をした後でも、指定日まで手続きを行えばリボ払いに変更できるサービスもあります。(カード会社によります。)

ただし、リボ払いや分割払いを乱用すると、後々の支払いが大変になることも忘れないで下さい。

 

分割払いの利用が向いているシーン

クレジットカードの分割払いの利用が向いているシーンは、主に以下の通りです。

  • 金額の大きい商品を購入した
  • 分割手数料を節約したい など

分割払いのメリットは、指定した商品のみ支払い回数を指定できるので、金額が大きい商品だけ分割払いに変更する利用方法がおすすめです。

また、リボ払いよりも支払回数が少ない傾向にあるので、分割手数料を少しでも節約したい時にもおすすめです。

家具や家電など、急きょ必要だけどお金が足りないと言う時には、クレジットカードの分割払いが活躍する機会が多いです。

 

分割払いの利用が向いてないシーン

逆に、クレジットカードの分割払いが向いていない利用シーンは、主に以下の通りです。

  • 少額決済が多いのに請求額が高い時
  • 分割払いでも支払いが厳しい時

分割払いは指定した商品の支払い回数を変更するのが基本なので、少額決済が多い時には不向きな支払方法と言えます。

また、分割払いを選んでも毎月の支払いが厳しいと感じた時には、一度リボ払いに切り替え、カードの新規利用は一切控えて返済に集中して行くことも大切です。

ちなみに。カード会社の中には、当月支払いの請求額を分割請求できるクレジットカードもありますが、翌月以降の支払金額がさらに増えるのであまりおすすめできません。

リボ払いにしろ分割払いにしろ、所詮は「問題の先送り」であることを自覚して、どこかでツケを支払わないといけないと考えておきましょう。

 

リボ払いも分割払いも借金であることを忘れない!

リボ払いも分割払いも結局は「借金」ピヨ!
毎月の収入状況を見たうえで慎重に使いたいと思います。

今回はクレジットカードのリボ払いと分割払いの違いやそれぞれのメリット・デメリットなどを中心に解説をしました。

結論として「毎月の支払いがきついならリボ払い」を選択し、「単発で高額商品を購入するなら分割払い」を選択すれば大体は正解になると思います。

ただ、リボ払いも分割払いも所詮は「支払いの先送り」をしている状態に過ぎず、どこかでツケを払わなければなりません。

そのため、クレジットカードを利用する時は「リボや分割があるからいいや~」と気軽に使うのではなく、「今月の収入はいくらだから、ここ以上の利用は危険だ」としっかりと現金計算をしながら利用することが大切です。

もし現金決済が嫌でクレジットカードを利用しているようであれば、それはカード地獄の入り口に立っていると言えるので、まずはカード生活から離れ身銭を切った現金主義の生活に慣れる所から初めてみましょう。

リボ払いや分割払いは上手に使えば便利ですが、あくまで問題の先送りができる一時しのぎに過ぎない支払方法だと自覚した上で利用するようにしましょう!

 

リボ払いの返済が大変と感じたときは?

リボ払いの残高が多すぎて困ってるんです…
そんな時はカードローンによる借り換えがおすすめピヨ!

もしあなたのクレジットカードのリボ残高が多すぎる場合には、低金利のカードローンを使った借り換えがとても便利です。

リボ残高をカードローンで借り換えるメリット!
  1. カードローンの方が低金利!
  2. リボ手数料を節約できる!
  3. 完済期間を短縮できる!

クレジットカードの金利は年率15.0%が多いですが、カードローンで見直しを行えば、金利を大幅に節約できます。

もしあなたがリボ払いの利息を少しでも減らしたいと考えているなら、次に紹介するカードローンを使えば金利を節約できる可能性が高いです。

審査時間もとても短く、クイック診断ができるものばかりなので、あなたも今すぐ試してみて下さいね!

リボ払いの見直しに強いカードローン3選!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

契約できる金利も年率1.8%~14.6%となっているので、クレジットカードのリボ残高が高くなり過ぎた時には、バンクイックに借り換えることで支払利息を節約できる可能性が高いです。

返済額も月々1000円~と家計を圧迫しにくい設計になっているので、まずは三菱UFJ銀行カードローンのお試し診断を試してみて下さいね!

 

SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで、勤務先への電話確認なしで審査を完了できるので、安心して借り換えを完了させることができます。

また、SMBCモビットならカードローン審査の通過後に、クレジットカード機能を付け加えることもできるので、リボ払いの借り換えが完了した後に、新しくクレジットカードを作り直す手間も掛かりませんん。

アイフルと同様、SMBCモビットの金利も年率3.0%~18.0%と低金利に設定されてあるので、あなたも安心して借り換えることができますよ!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

千葉銀行

千葉銀行カードローンは年率1.7%~14.8%という低金利で借りれる安心の銀行カードローンになっています。

また、千葉銀行カードローンならあなたの年収に合わせて無理のない限度額と金利を設定してくれるので、借り過ぎる心配が少ないです。

配偶者に安定した収入があれば専業主婦の方も審査を申込めるので、女性からの支持もある人気で安心の銀行カードローンになっています。

-クレジットカードとの比較

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.