クレジットカードとの比較

リボ払いの金利はいくら?返済シミュレーションを元にリボ払いの問題点を考えてみた!

更新日:

リボ払いの金利って結局いくらなんですか?
年率14.5%~16.0%のところが多いピヨ!

結論から言えば、クレジットカードのリボ払いの金利は年率15.0%のものが中心です。

そのため、あなたが100万円以上のリボ残高がある場合は、一度金利の安いカードローンなどに借り換えた方が手数料を大きく節約できる可能性が高いです。

リボ払いの金利の特徴!
  1. 年率15.0%が多い
  2. 完済完了まで長期化しやすい
  3. カードローンの方が安いケースもある

基本的にリボ払いの金利は年率15.0%で設定されている事が多いので、カードローンの金利とあまり大差はありません。

ただし、クレジットカードのリボ払いで厄介なのは「毎月の最低支払金額を安く設定できてしまう」点です。

カードローンの場合、利用残高に応じた最低支払金額が存在しますが、クレジットカードのリボ払いではそれがありません。

つまり、リボ残高が100万円ある状態でも、毎月の返済金額を1万円に設定できてしまうので、結果的にカードローンよりも長い返済期間になってしまう問題点があるんです。(これについては後述)

リボ払いの問題点!
  1. 返済金額を設定できてしまう
  2. 返済期間が長期化しやすい
  3. 支払金額の半分以上が利息で消える

これらの問題点がリボ払いにはあるため、もしあなたのリボ残高が100万円を超えているなら、低金利のカードローンなどに借り換えてしまうのも一つの方法です。

今回はクレジットカードのリボ払いの問題点である「金利」について分かりやすく解説して行くので、リボ払いの金利や手数料の節約方法を知りたい人ほどしっかりと目を通して下さいね!

 

リボ払いの手数料が高くなる原因は「返済元金が安すぎること」

クレカのリボ払いってカードローンより高いって本当なの?
リボの返済額が安すぎると十分起こり得るピヨ!

結論から言えば、リボ払いで設定する「毎月の支払金額」を安く設定し過ぎると、毎月の返済金額の半分以上がカード会社への手数料(利息)で消えしまい、カードローンより高い利息を払い続けることになります。

2018-09-02_14h20_59.png
2018-09-02_14h26_03.png

キャプチャは「楽天カード」で残高100万円を毎月1万円のリボ払いに設定したときのシミュレーション結果です。

リボ払いがいくら一定額だと言っても、毎月の支払いが元金1万円+手数料12500円では明らかにおかしいと思いますよね。

2018-09-02_14h27_09.pn

今度は残高100万円を毎月10万円のリボ払いに設定した時のシミュレーション結果です。

これだと手数料として支払う金額は合計68,750円なので、まだ納得できる人も多いかと思います。

これらのシミュレーション結果と、今回はオリックス銀行カードローン(150万円コース年率6.0%)の返済シミュレーション結果を比較してみました。

リボ払いvsオリックス銀行カードローンで比較
リボ(1万円) リボ(10万円) オリックス銀行
初回返済額 22,500円 112,500円 20,000円
支払回数 100回 10回 105回
支払合計 1,631,250円 1,068,750円 1,207,159円
支払手数料 631,250円 68,750円 207,159円

※シミュレーション結果はあくまで簡易的なものです。詳細は各ホームページでご確認下さい。

これらの返済シミュレーションの比較から言えることは次の2つです。

  1. 毎月の最低返済額が安すぎるのは問題
  2. 低金利のカードローンを使えば金利の見直しができる

つまり、クレジットカードのリボ払いの仕組み自体が問題と言うよりも、毎月の支払額が安すぎることが返済を長期化し、慢性的なリボ地獄に陥る原因だと言えます。

また、その打開策として、オリックス銀行カードローンなどの低金利カードローンを正しく利用することで、リボ払いの金利をムリなく見直しができる事も重要な事実です。

 

主なクレジットカードが設定するリボ払いの金利一覧

クレジットカードのリボ金利っていくらが相場なの?
基本は15.0%のものが多いピヨ!

クレジットカードのリボ払いとカードローンの金利を比較する上で、まず知っておきたいのが「クレジットカードが設定するリボ払いの金利相場」です。

これはファイグーさんが公開している、主なクレジットカードの金利表が分かりやすいと思います。

主なクレジットカードの金利表
カード会社 リボ手数料 分割手数料 分割払いの回数
JCB 8.04%~18.00% 7.92%~18.00% 3~24回
三井住友カード 15.00% 12.00%~14.75% 3~24回
三菱UFJニコス 15.00% 12.25%~15.00% 3~24回
ジャックス 15.00% 12.25%~15.00% 3~20回

参考元:リボ払いを計算したらとんでもなく損をしていた事がわかった話(ファイグー)
※手数料はすべて実質年率です。
※年率はすべてカードによって異なります。

つまり、これらの情報から考えると、クレジットカードのリボ払いの金利(手数料)は年率15.0%が一般的な相場であることが分かります。

それに対し、銀行カードローンの平均的な金利相場は年率4.5%~14.5%であることが多いので、単純な話、クレジットカードのリボ金利を見直したければ銀行カードローンを活用するのがもっとも手っ取り早いと言えます。

ただし、銀行カードローンを使ったクレジットリボの金利見直しは、デメリットや注意点も多いです。

もしあなたがカードローンを使ってリボ払いの金利を見直したいと思うなら、下の記事も必ず目を通してからにして下さい。

リボ払いの金利見直しの注意点!

 

リボ払いの金利を少しでも節約する方法!

リボ払いの金利って節約することはできないんでしょうか?
カードローンの借り換え以外にも色々な節約方法があるピヨ!

クレジットカードの仕組みを正しく理解すれば、リボ払いの手数料節約は実はたくさん方法があります。

その中でも、今回は代表的な方法をまとめました。

リボ払いの金利手数料を節約する方法!
  1. 分割払いに切り替える
  2. 最低返済額を引き上げる
  3. 繰上げ返済を活用する
  4. カードローンで借換する

一番確実にリボ払いの手数料を節約できるのは、何と言っても低金利カードローンを使った金利手数料の見直しですが、実はカードローンを使わなくても手数料の節約は十分可能です。

特にリボ払いではなく分割払いに切り替えることで、支払金額は大きくなる分、手数料を節約することができます。(分割2回なら手数料が無料になるケースもあります)

その他、リボ払いの毎月の最低返済額を引き上げたり、ボーナスに合わせて繰り上げ返済を行うなどをすれば、リボ払いの手数料を大きく節約することができます。

これらのリボ払いの金利手数料を節約する方法の手順や理由などに付いては下の記事で詳しくまとめてあるので、ぜひ下の記事も合わせて読んで頂けたら幸いです。

リボ手数料の節約方法

 

リボ払いの金利が悪なのではなく、意識の低さが問題!

今回はクレジットカードのリボ払いにおける金利手数料のシミュレーションや節約方法などを紹介しました。

たまに、リボ払いのヤバさだけを主張した記事がありますが、それは大きな間違いです。

そもそも論として、リボ払いのヤバさを語る以前の問題として、「リボ払いの返済金額を最低金額に設定しても平気でいれる人の神経」が一番ヤバいと私は思います。

リボ払いも借金だからこそ、まずは返済回数や金利計算を行った上で、正しく活用して行くことが大切です。

今回は楽天カードのリボ払い返済シミュレーションを利用しましたが、最低返済額のままリボ払いを利用するヤバさは十分理解できるはずです。

リボ払いの仕組み自体は、急な出費にも対応できる「一時しのぎ」の効果としてはとても有用な部分は当然あります。

だからこそ、ある程度家計が落ち着いた時を目安にして、今回紹介した方法を参考にしながらリボ払いの手数料を少しでも節約して、一日も早く家計を立て直して下さいね!

 

カード選びに迷ったらコレ!おすすめカードローンのまとめ!

SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

アイフル・ファーストプレミアムローン

アイフルのファーストプレミアムカードローンは、年率3.0%~9.5%という銀行カードローンよりも安い金利でキャッシングできます。

また、限度額が100万円~800万円という金額で借りれるので、教育資金や歯列矯正などまとまった資金が必要な時にも便利です。

初めて借りた日から最大30日まで無利息キャッシングもできるので、会社の経費など一時的な費用の立て替えや、お給料日までのつなぎなど、幅広い用途でお金を低金利で借りることができますよ!

-クレジットカードとの比較

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.