地方銀行カードローン

地方銀行カードローンの仮審査と本審査の違いとは?

更新日:

地方銀行カードローンの仮審査と本審査の違いって何なの?
機械的なスコアリングが仮審査、最終確認が本審査になるピヨ!

ローン商品やカード会社によって、仮審査と本審査の細かな定義は違いますが、基本的にカードローンにおける仮審査と本審査の違いは「審査を行っているのが誰なのか?」で決まる部分が大きいです。

仮審査と本審査の違いって?
仮審査 入力した内容を元にスコアリング採点と信用情報の確認を行い、融資可能と判断した場合にのみ本審査に移る
本審査 本人確認や収入証明書などの書類確認を行い、申告内容が事実であることを確認できれば融資が実行される

基本的に地方銀行カードローンでは、WEB審査を申込んだ時点で本人確認の電話があり、仮審査を進めて行きます。(申込内容や方法によっては本人確認の電話がない場合もあります。)

もし仮審査に通過できれば、地方銀行カードローンから審査結果の連絡があるので、電話担当者の指示に従って本人確認や収入証明書などの書類を写メで送信することになります。

審査結果の連絡は早ければ最短翌日には届きますが、口座開設なしでのWEB審査の場合は、カードローンの郵送が完了するまでに早くても1週間は掛かるので、ゆとりをもって早めに審査を済ませておくことをおすすめします。

今回はそんな地方銀行カードローンの仮審査と本審査に関わる素朴な疑問について情報をまとめたのでぜひ参考にして下さい。

また、もしここで取り扱っていない疑問点などがありましたら、質問フォームよりお気軽にご連絡下さいね!

 

地方銀行カードローンの仮審査と本審査の流れを教えて!

地方銀行カードローンの審査の流れってどんな感じなの?
「WEB審査⇒仮審査⇒本審査⇒カード発行」の流れが基本ピヨ!

地方銀行カードローンにWEB審査を申込んだ場合、基本的には下のような流れで審査が進んで行くことになります。

地方銀行カードローンの審査の流れ
  • WEB審査の申込が完了
  • 本人確認の電話が掛かる
  • 仮審査の開始
  • 審査結果のお知らせ
    (ここまで最短翌日)
  • 本審査の開始
  • (※場合によって在籍確認の電話が発生)
  • 本審査の結果連絡
  • カードローンの発行・郵送
  • キャッシング開始

細かな審査の流れについては、多少手順が前後する場合はありますが、基本的には上のような流れで地方銀行カードローンのWEB審査が進んでくことが多いです。

仮審査に通過できれば、まず本審査では落ちる心配はないので、審査に不安を感じる方は、まずは地方銀行カードローンの審査基準や対策を知っておくと効果的です。

地方銀行カードローンの審査基準について

 

地方銀行カードローンの仮審査はどれくらいで結果が分かるの?

地方銀行カードローンの仮審査ってどれくらいで結果がでるの?
早ければ最短翌日には審査結果の連絡があるピヨ!

地方銀行カードローンでは仮審査の結果連絡まではとてもスピーディーに進んでいきます。

地方銀行の公式サイトでもアナウンスされてある通り、最短翌日には審査結果が分かるので、急いでお金お借りたい人にもおすすめです。

ただし、カードローンが発行され自宅に届くまでは、早くとも1週間近くかかるので、審査については早めに申し込んでおくことが大切です。

ちなみに、審査結果を少しでも早くしたい場合は、地方銀行に電話をして、審査を早く進めて欲しいとお願いする方法が意外と効果的です。

必ずしも対応してもらえる訳ではありませんが、もし審査を急いでもらいたい時には、ダメ元で相談してみましょう。

 

仮審査に通ったのに本審査で落ちるってことはあるの?

仮審査には通るのに本審査で落ちるってことはあるの?
本当にごく稀だけど、ゼロじゃないピヨ!

たまに「仮審査には通ったのに本審査で落ちた」と言った口コミを見かけますが、これは地方銀行カードローンでも十分起こり得る話です。

主な原因として「在籍確認が取れなかった」「申告内容に嘘が発覚した」「仮審査の後、審査申込者と連絡が取れなくなった」などが挙げられます。

本審査で落ちる主な原因

  • 在籍確認が取れなかった
  • 申告内容に嘘が発覚した
  • 審査申込者と連絡が取れなくなった
  • 指定された書類を提出できなかった
  • 審査中、新たな与信問題が発覚した など

ここで紹介したのはあくまで本審査で落ちる人の一例ですが、事例としては本当に珍しく、そこまで心配する必要はない案件と言えます。

ただし、もし仮審査には通過したけど、本審査が心配という時は「1.嘘の申告はしない」「2.提出書類はしっかり揃える」「3.審査担当者の心証を悪くしない」という点に注意すれば大丈夫です。

仮審査に通過すると言うのは、就活で言う「内定」みたいなもので、新たな問題が起きなければ、そのまま融資が実行されるという状態に近いです。

本審査では勤務先確認の電話や本人確認書類の写メ送信など手間は発生しますが、何か不安なことがあれば気軽に地方銀行カードローンに相談してみましょう。

 

地方銀行カードローンなら審査で不安なことも気軽に聞けます

地方銀行カードローンに限らず、どこのカード会社・ローン会社でも仮審査と本審査の形式をとっているのが一般的です。

基本的に仮審査さえ突破できれば、余程の事が無い限り本審査は過度に心配する必要はないので、まずは仮審査に通るための対策を考えることが大切です。

地方銀行カードローンの審査のポイント!
  1. 安定収入がある
  2. 返済履歴がキレイ
  3. 他社借入が少ない

これらの条件をあなたが満たしているのなら、地方銀行カードローンの審査に通る見込みはとても高いのでさっそく審査を申込んでみましょう。

もし細かい審査条件や対策などを知りたい場合は、下に記事をまとめましたのでぜひ参考にして下さい。

地方銀行カードローンの審査基準

地方銀行カードローンは電話対応もとても丁寧なだけでなく、返済についての相談やアドバイスも受けられる安心の銀行カードローンになっています。

審査時間も最短翌日には連絡が届くので、急いでお金を借りたいという人にもおすすめです。

申込対象者が、神奈川・東京・群馬(前橋市・高崎市・桐生市)に限定されてはいますが、専業主婦や年金生活者も審査を申込めるので、ぜひ相談してみましょう。

まずは地方銀行カードローンの3秒診断を利用して、あなたが今すぐキャッシングできるかさっそく調べてみて下さいね!

あなたも地方銀行カードローンを利用すれば、安心してお金を借りることができますよ!

 

カード選びに迷ったらコレ!おすすめカードローンのまとめ!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

 

SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

-地方銀行カードローン

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.