総量規制対象外

銀行カードローンは総量規制対象外で借りれるのか聞いてみた

更新日:

銀行カードローンって総量規制対象外で借りれるの?
実際に電話で聞いてくるピヨ!

結論から言えば、銀行カードローンは総量規制対象外でキャッシングできるのは事実でした。(電話で確認済み)

ただし、総量規制対象外だからと言って青天井で借入ができる訳ではなく、あなた自身の与信内容や他社の返済実績など総合的な判断を慎重に行った上でキャッシング額を決定していると回答を受けました。

今回は知っていても意外と聞きづらい総量規制対象外の話について、とある銀行カードローンに直接電話でお伺いしてみました。

あなたもこれを読めば、ずっと知りたかった銀行カードローンと総量規制対象外についての話を知ることができますよ!

 

そもそも総量規制対象外とは?

そもそも総量規制対象外って何なの?
年収の3分の1以上の金額でも借りれる項目のことピヨ!

すごく乱暴な言い方をすれば「年収の3分の1以上のお金を借りれる借金のこと」を総量規制対象外と言います。

本来、消費者金融や信販会社などでは、あなたの年収の3分の1以上のお金を借りることはできません。(これを「総量規制」と呼びます。)

しかし、それでは住宅ローンや自動車ローンなど、生活の上で必要不可欠なお金が必要なときに資金を用意することができず困ってしまう国民が増えてしまいます。

そこで国は、銀行からの融資や顧客に一方的有利になる借り換えなどは総量規制の対象外として、融資を受けられるようにしたのです。

これにより今の私たちはマイホームやマイカー購入のために銀行でローンを組めえるようになっているのです。

総量規制の対象外となる項目については、下記の記事を参考にして下さい。

総量規制の項目のまとめ

 

銀行カードローンはどうして総量規制対象外で借りれるのか?

どうして総量規制対象外で借りれるんですか?
銀行カードローンでは銀行法を元に融資を行っているためです。

銀行法とは、銀行が正しい運営を行っていくために国が定めた法律で、「公共性に由来する信用維持・預金者保護など、金融の円滑のための銀行業務の健全・適切な運営を確保することを目的とする(1条)」と定められています。

また貸金業法では「銀行からの融資は総量規制の対象外とする」とされているので、「国民の生活向上のためであれば銀行が発行したカードローンは総量規制対象外となる」と言うのが銀行側の判断であり主張と捉えることができます。

これを詭弁と捉えるかどうかは各人の判断になると思います。

ですが、少なくとも銀行に取材を申し込んでいる限りの印象としては、「生活の利便性向上のために上手に使って欲しい」という銀行ならではの意図を感じ取ることができます。

話が逸れてしまいましたが、結論として銀行カードローンは以下のような理由で総量規制対象外のカードローンとして発行していると言えます。

銀行カードローンが総量規制対象外となる理由

  • 元々、銀行からの融資は総量規制対象外(貸金業法)
  • 国民の生活向上のために融資を行う(銀行法)
  • 地元市民の生活や利便性を向上させたい(地方銀行)

ちなみに、企業利益を優先させた銀行(主にメガバンク)などでは、利用者への過剰な貸し付けを回避するため、年収制限や限度額制限を自主的に設定しているケースがほとんどです。

もちろん地方銀行カードローンでも申込者の年収に合わせた限度額の設定を前提にしていますが、より申込者の要望に寄り添った融資をしてくれるのは地方銀行ならではの良さだと言えます。

 

他社カードローンを借りる時は総量規制対象外になるのか?

銀行カードローンを借りた状態で他社で借りるとどうなりますか?
他社カード会社様の判断によって変わるかと思います。

銀行カードローンで残高がある状態で、他社カードローンに審査を申込んでも、本当に総量規制対象外の扱いをしてくれるのか?

実はこの辺りは各銀行や消費者金融によって判断が異なることが多いです。

カードローンの申込ページを見ると「他社借入(銀行カードローンは除く)」と書いてあることもあれば、「他社借入」とだけ書いてあるケースもあります。

この辺りは本当に各カード会社の判断にゆだねられている部分が大きいので、不安なときは事前に申し込み先のカードローンデスクに問い合わせてみましょう。

できれば、借り先を増やすよりも、借り先は低金利の銀行カードローン一本に絞った方が、毎月の返済負担も重くなりにくいです。

銀行カードローンならいつでも増額審査を申込めるので、もし追加資金が必要になった時は、借り先を増やすのではなく銀行のカードローンデスクに増額審査の相談をしてみましょう。

 

おまとめローンや借り換えローン目的で借りれるのか?

銀行カードローンはおまとめや借り換え目的で借りれますか?
もちろんご利用頂けます。

銀行カードローンでは、顧客に一方的有利になる借り換えであれば、おまとめローンや借り換えローン目的での利用も承認してくれます。

多くの銀行カードローンがおまとめ目的や借り換え目的を否認している中、いくつかの銀行ではおまとめ目的での利用も認めてくれるとても貴重な存在と言えます。

これは銀行が営利目的でない地方銀行の特性を持っているからだと言えます。(メガバンクやネットバンクは営利目的の銀行)

そのため、もしも複数の消費者金融やクレジットカードのリボ残高が減らずに困っている時は、一度銀行カードローンに相談されてみることをおすすめします。

 

総量規制対象外って審査は甘いんですか?

ぶっちゃけ審査は甘いんですか?
厳正な審査を行っているので、甘くはありません。

電話取材のときはもう少しお互いにオブラートな表現でやり取りをしましたが、銀行カードローンの審査は決して甘くはありません。

年収の3分の1以上も借りれる総量規制対象外の銀行カードローンと聞くと、なんだか審査が甘いイメージを抱く人も少なくはありません。

ですが、銀行カードローンの場合、しっかりとした年収確認や信用情報の確認はもちろん、必要に応じて勤務先への電話確認を行っているので、審査はしっかりと行われていると言えます。

もちろん、住宅ローンや自動車ローンなどの高額な資金融資と比べれば、審査基準は低めに設定されているかもしれませんが、担保なし・保証人なしで借りれるカードローンの審査は実は意外としっかりしています。

ただ、銀行カードローンでは、配偶者の安定収入を条件に専業主婦も審査を申込めたり、年金収入がある60歳~69歳の高齢者も審査を申込める、と言った例外的な措置が多いのも事実です。

地元住民の利便性向上に努める地方銀行の根底方針があるからこそ、私たちが勝手に「審査が甘いのかも?」と淡い期待を寄せてしまうのかもしれませんね。

 

地方銀行は地元住民の支援を真面目に考えている銀行です

私は過去に何度も銀行カードローンの受付センターに電話取材をお願いしていますが、どの時間帯に電話を掛けても丁寧な対応をしてくれるので本当に気持ちがいいです。

そんな地方銀行が発行するカードローンだからこそ、融資条件もメガバンクに負けない条件で借りることができ、審査申込者の対象も広いのだと思います。

万が一返済が難しい月があったとしても、銀行カードローンなら一緒に返済プランの練り直しを行ってくれるので、女性も安心できるカードローンとしても人気です。

審査時間も最短翌日には審査結果の連絡が届くので、急いでいる人にもとてもおすすめです。

きっと銀行カードローンを利用すれば、あなたも安心して便利にお金を借りることができますよ。

 

カード選びに迷ったらコレ!おすすめカードローンのまとめ!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

 

SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

-総量規制対象外

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.