地方銀行カードローン

地方銀行カードローンの金利とバンクカードローンの違い!

更新日:

地方銀行カードローンって金利優遇はないの?
住宅ローン契約者には金利優遇タイプのカードがあるピヨ!

地方銀行では、キャッシング機能が付いたカードローンが2
種類存在します。

それが「地方銀行カードローン」と「バンクカードローン」と呼ばれるもので、地方銀行で住宅ローンを契約している人を対象に「バンクカードローン」の金利優遇を受けることができます。

地方銀行カードローンとバンクカードローンの違い
地方銀行カードローン バンクカードローン
金利 年率1.9%~14.6% 年率13.6%
限度額 10万円~1,000万円 10万円~50万円
特徴 おまとめ・専業主婦OK 金利優遇あり

2つともお金を借りれるという意味では同じカードローンですが、細かなサービス内容を比較していくといくつかの違いがあることが分かります。

もしあなたが住宅ローンを地方銀行で契約していて、限度額50万円のキャッシングで構わないのなら、バンクカードローンの契約がおすすめです。

逆に、まとまった資金を低金利で借りたいと考えているのなら、地方銀行カードローンの方が総量規制対象外・低金利で借りれるので、幅広い目的で利用できます。(事業性資金は除く)

地方銀行ならあなたの年収に応じた最適な限度額とカードを選んでくれるので、まずは公式サイトで地方銀行カードローンの申込を済ませてみましょう。

地方銀行ならきっとあなたにとって心強い味方になってくれること、間違いありませんよ。

 

地方銀行カードローンとバンクカードローンの違いとは?

地方銀行カードローンとバンクカードローンって何が違うの?
審査年齢や職業基準に大きな違いがあるピヨ!

どちらも同じカードローンですが、地方銀行の公式サイトで情報を詳しくチェックすると、以下の違いがあることがはっきりと見えてきます。

地方銀行カードローン バンクカードローン
審査年齢 満20歳以上69歳以下 満20歳以上65歳以下
申込み条件 神奈川・東京・群馬 横浜バンクカードの個人本会員
他社借入 借入があっても申込み可能 他社カードローンがある場合は不可
主婦の申込 専業主婦・年金受給者もOK 安定収入のある方のみ

群馬県は前橋市・高崎市・桐生市のみ

どちらも審査条件に特徴がありますが、地方銀行カードローンなら専業主婦や年金受給者の方も審査を申込めるという利点があります。

また、すでに他社からカードローンの発行をしている場合でも、地方銀行カードローンなら審査ができるので、おまとめローンや一本化目的での利用も可能です。

 

バンクカードローンなら金利優遇を受けられる!

point 1
バンクカードローンなら
金利優遇がある!
バンクカードローンってどんな人におすすめなの?
地方銀行で住宅ローンを契約している人におすすめピヨ!

もしあなたが地方銀行で住宅ローンを契約しているなら、バンクカードローンを利用した方が安い金利でキャッシングできる可能性があります。

バンクカードローンの金利
限度額 通常のバンクカードローン 住宅ローン利用者 地方銀行カードローン
50万円 年率13.6% 年率11.5% 年率14.6%
100万円 年率6.5% 年率14.6%
300万円 年率9.5% 年率8.8%
500万円 年率4.5% 年率4.8%

結論として、限度額が50万円までなら地方銀行カードローンよりもバンクカードローンの方が金利が安いです。

ただし、50万円以上の金額を借りたい場合は住宅ローンを契約している人のみバンクカードローンで増額することができます。

そのため、地方銀行で住宅ローンを契約していない場合は、地方銀行カードローンを利用した方がまとまった資金も借りやすく、金利も有利な条件で借りれるようになります。

 

地方銀行カードローンなら安い金利で専業主婦や年金受給者も申込み可能!

point 2
地方銀行カードローンなら
総量規制対象外で借りれる
じゃぁ地方銀行カードローンにはどんな特徴があるの?
総量規制対象外によるまとまった資金の融資が期待できるピヨ!

地方銀行カードローンの最大の特徴ともいえるのが「総量規制対象外」で借りることができるということ!

最近の銀行カードローンの流れとして、過剰な融資を自粛すると言う流れがあるため、総量規制対象外での融資を行わないという機械的な対応をする銀行が増えてきました。

そんな中、地方銀行カードローンでは、審査申込者の借入や収入状態をしっかりと審査し、あなたの年収に見合った限度額を融資してくれるので、とても頼りがいのある銀行カードローンになっています。

地方銀行カードローンの特徴!
  1. 年収にあった限度額を借りれる
  2. 毎月の返済額は月2000円から
  3. 専業主婦・年金受給者もOK
  4. おまとめや一本化に強い

こういった安心して利用できる特徴が地方銀行カードローンにはあるので、今はバンクカードローンよりも地方銀行カードローンの利用者の方が増えてきているのが特長です。

何より、審査申込者の年齢や年収、事情に合わせた融資を検討してくれるのは、本来の銀行業務のあるべき姿とも言えるので、そういう意味でも地方銀行カードローンはとてもよいカードローンと言えます。

過去に取材電話を何度かしましたが、電話対応がいつも丁寧なのでとても安心してお話ができる雰囲気が流れています。

万が一、毎月の返済で困ったことが起きても、地方銀行なら安心して返済の相談もできる感じがしました。

 

金利優遇がなくても地方銀行カードローンがおすすめ!

結局、どっちのカードローンがおすすめなの?
地方銀行カードローンの方が総合的にはおすすめピヨ!

たしかに、地方銀行のバンクカードローンでもキャッシングはできますし、住宅ローンの契約者には金利優遇を受けられるメリットがあります。

ですが、すでに他社カードローンを利用している場合は審査を申込めない事や、審査年齢が満20歳~65歳と制限されているなど、不便な点も多いです。

その点、地方銀行カードローンなら住宅ローン利用者でなくとも低金利で借りれるうえ、専業主婦や年金受給者の方も審査を申込めるメリットがあります。

しかも、最短翌日には審査結果が届くので、急いで借りたい時にも心強いです。

もしあなたが少しでも早く低金利で安心できる銀行カードローンを探しているのなら、地方銀行カードローンはとても便利なので、ぜひ利用されて下さい。

あなたも地方銀行カードローンを利用すれば、自分の収入に見合った安心して使えるカードを手に入れることができますよ。

 

カード選びに迷ったらコレ!おすすめカードローンのまとめ!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

 

SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

-地方銀行カードローン

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.