みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは口座開設なしでも審査を申し込めるのか?

更新日:

みずほ銀行カードローンは口座開設なしでも審査を申し込めるのか?
みずほ銀行カードローンって口座開設なしでも借りれるんですか?
口座開設なしで借りれる銀行カードローンには何がありますか?

電話対応も丁寧で、利用してからの安心感や満足度がとても高いみずほ銀行カードローン。

ですが、みずほ銀行カードローンの審査条件としては、口座開設を完了させることが条件となっているので、口座開設なしでみずほ銀行カードローンを利用する事はできません。

主な銀行カードローンの口座開設の条件
三菱UFJ銀行 口座開設なし 最短2営業日
三井住友銀行 口座開設なし 最短2営業日
口座開設あり オリックス銀行 2週間ほど
口座開設あり 千葉銀行 2週間ほど
口座開設なしで銀行カードローンから借りたいんだけど?
それなら三菱UFJ銀行か三井住友銀行がおすすめピヨ!

もしあなたが口座開設なしで銀行カードローンから借りたいと思うなら、三菱UFJ銀行カードローンか三井住友銀行カードローンのどちらかがおすすめです。

これらの銀行カードローンは口座開設なしなうえ、キャッシング完了までの期間が短く、銀行内に設置された契約機を使えば、土日祝でもカードをすぐに受け取ることができます。

特に三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、毎月の返済額もとても安いのでおすすめです。

まずは三菱UFJ銀行カードローンのお試し診断を利用して、あなたが今すぐキャッシング可能かどうか、さっそく調べてみましょう!

 

みずほ銀行カードローンの審査で口座開設なしにできない理由

でも、どうしてみずほ銀行は口座開設が審査で必要なの?
引落口座として設定する必要があるからだピヨ!

三井住友銀行や三菱UFJ銀行では口座開設なしでカードローン審査を申し込めるのに、どうしてみずほ銀行カードローンでは口座開設が必要になるのか?

これっておかしな話だとあなたも思いますよね。

同じ銀行カードローンなのに、どうして口座開設ありと口座開設なしに分かれてしまうのか?

実はこれにはみずほ銀行側の事情があることが理由なんです。

みずほ銀行で口座開設が必要な理由
  1. 引落口座が必要だから
  2. 不正利用を防ぐため

1.引落口座にみずほ銀行の口座が必要だから

なぜみずほ銀行カードローンでは口座開設が必要なのか?

実はこれについて、直接電話で取材を行ってみたところ、以下のような回答を口頭で頂くことに成功しました。

どうして口座開設が必要なのでしょうか?
みずほ銀行カードローンでは、カードの支払方法に口座引落を設定しているため、どうしてもみずほ銀行の口座が必要となります。ご了承くださいませ。
では、みずほダイレクトの口座は有効でしょうか?
はい。みずほダイレクトはインターネット支店の口座ですので、みずほ銀行カードローンの審査申込でご利用いただけます。

つまり、みずほ銀行カードローンでは引落口座の設定にみずほ銀行の口座を設定しているから、どうしてもみずほ銀行の口座が必要とのことでした。

 

2.カードローンの不正利用を防ぐため

でも、口座振替の設定なんて、どこの口座でもできるんじゃないの?
たぶん、不正利用を防ぐ目的があると思うピヨ

「口座引落にみずほ銀行の口座が必要」と言われても、納得できない人もいるかもしれません。

たしかに、SMBCモビットやプロミスなど、大手のカードローンではどこの銀行口座を指定しても、口座振替に対応してくれるのに、どうしてみずほ銀行カードローンでは振替口座の指定がみずほ銀行だけに限定されてしまうのか?

これには色々な大人の事情(口座開設数を増やしたいなど)経営戦略上の問題もあるのでしょうが、一番のポイントは「カードローンの不正利用を防ぐため」であると言えます。

カードローンの不正利用とは?
悪い人は、カードローンの申込を第三者に無理やり行わせ、そのお金を無理やり回収する犯罪行為を行う集団もいます。

こういったカードローンの不正利用の被害を最小限に抑える為、みずほ銀行カードローンでは、みずほ銀行の口座のみを振替口座に指定していると考えられます。

あくまで今のは私の推測でしかありませんが、みずほ銀行カードローンの担当者に問い合わせた時に「安心して利用できる環境を整え続ける」という印象があったので、たぶんそういう事なのだと思います。

 

みずほ銀行カードローンの審査をどうしても急ぎたい時は?

じゃぁどうしてもみずほ銀行で急いで借りたい時は?
店頭で口座開設を済ませてからネット申込する方法が一番早いピヨ!

もしあなたがどうしてもみずほ銀行でカードローンを発行したいと思うのなら、以下の手順で審査を申し込むのが一番早い方法となります。

みずほ銀行カードローンの申込み方法
  • 店頭で口座開設を完了させる
  • ネットでカードローンを申込む
  • 2週間程度でキャッシングできる

もしあなたがみずほ銀行カードローンの審査を少しでも早く完了させたいと思うのなら、ネット申込ではなく、店頭でみずほ銀行の口座を開設した後に、ネットで審査を申し込む方法が一番早いです。

みずほ銀行カードローンの審査時間
ネット 翌営業日以降
店頭 翌々営業日以降
郵送 申込書到着後、翌々営業日以降
電話 申込受付後、翌々営業日以降

参考元(https://www.faq.mizuhobank.co.jp/faq/show/635?site_domain=default

みずほ銀行の公式サイトの情報を調べたところ、店頭申込みよりもネット申込の方が1営業日だけ審査期間が早くなるようです。

ただ「手続きが面倒だ」「店頭まで来店する暇なんてない」という場合には、ネット申込が一番手間が掛からない手軽な申込方法だと言えます。

どちらにしろ、みずほ銀行カードローンは他の銀行と比較しても審査に時間が掛かりやすいカードローンなので、審査の申込はなるべく早めに余裕をもって申し込む様にして下さいね。

 

審査が丁寧に進むからこそ安心して利用できるのがみずほ銀行!

今回はみずほ銀行カードローンの審査は口座開設なしで申し込めるのかについて解説をしました。

結論として、みずほ銀行カードローンでは融資条件として口座開設が必ず必要となるので、これ以上口座を増やしたくないという人は三井住友銀行カードローンか三菱UFJ銀行カードローンがおすすめとなります。

悩みましたが、口座開設なしの三菱UFJ銀行カードローンにしました!
みずほ銀行の口座があったので、そのまま審査を申し込みました!
急いでいたので三井住友銀行カードローンにしました。

もしあなたが審査を急いでいるか、余計な口座を増やしたくないと思うのなら、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックがおすすめです。

逆に、すでにみずほ銀行の口座(みずほダイレクト含む)を持っているのなら、みずほ銀行カードローンがおすすめと言えます。

みずほ銀行カードローンなら、キャッシュカードにカードローン機能を加えた「一体型」か、キャッシュカードとは別に専用のカードローンを発行してくれるので安心です。

特にみずほ銀行カードローンは審査を丁寧に行って、不正利用者を出さないよう徹底しているので、利用してからの安心感がとても大きいと言えます。

もしあなたが安心できるところからキャッシングしたいのであれば、ぜひみずほ銀行カードローンを申込んでみて下さいね!

 

あなたにおすすめの銀行カードローンのまとめ!

みずほ銀行

みずほ銀行カードローンは、年率2.0%~14.0%という金利の安さで借りれる低金利の銀行カードローンとして人気があります。

みずほ銀行カードローンを契約すれば、みずほ銀行ATMの利用手数料が無料になる特典が付いてくるので、ATM手数料を節約したい方にも人気があります。

もしあなたがみずほ銀行の口座を持っているのなら、間違いなくみずほ銀行カードローンがおすすめですよ!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

 

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持てる返済負担がとても軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

-みずほ銀行カードローン

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.