お金と生活費の話

【絶対ダメ!】カードローンを使ってマンション購入の頭金にしてはいけない理由

更新日:

【絶対ダメ!】カードローンを使ってマンション購入の頭金にしてはいけない理由
マンション購入を考えているんですが、カードローンを使って頭金にするのはまずいですか?
悪いことは言わないから、それは絶対に辞めた方がいいピヨ…

あなたもマンション購入を考えるときに「カードローンを使って頭金を用意すれば、住宅ローンの返済額が安くなるのでは?」と思ったことはありませんか?

確かに、マンションの頭金を10万円でも多くすれば、毎月支払う住宅ローンの金額を減らすことができますよね。

でも、カードローンでマンションの頭金を用意するのは、かなり危険な考え方なんです。

理由は色々と上げることができますが、一番大きな理由としては、カードローンの金利の方が明らかに住宅ローンよりも高金利になるためです。

頭金にカードローンを使ってはダメな理由!
  1. 住宅ローンの方が金利が安い
  2. 銀行は債務状況を全てお見通し
  3. 住宅ローンは借金完済が条件!

今後日本の経済がどんなに変化したとしても、住宅ローンの金利がカードローンの金利を上回ることは絶対にありません。

同じ100万円を借りるのなら、カードローンより住宅ローンで借りた方が、低金利かつ返済期間も長いので、毎月の支払い負担は間違いなく軽くなります。

少しでも頭金を多くしたいという気持ちはとても分かりますが、金利負担だけを考えても、マンション購入の頭金にカードローンを使うのは絶対に辞めておきましょう。

 

カードローンで頭金を絶対に用意してはダメな3つの理由!

1.住宅ローンの方が金利が安い

カードローンで頭金を作ってはダメな一番大きな理由として「住宅ローンの方が金利が安い」という点があります。

カードローンの金利は年率3.0%~18.0%なのに対し、住宅ローンの金利は年率1.0%~のものが多いです。

それを考えれば、カードローンで100万円を1年間借りたときの金利差は、カードローンで18万円、住宅ローンで1万円と、年間で17万円もの差になります。

そこから考えても頭金が足りない時は、住宅ローンで頭金や引越し金の費用を借りた方がまだマシと言えます。

 

2.銀行はあなたの債務状況を全てお見通し

また、住宅ローン審査を申し込むと、銀行は信用情報機関に連絡して、あなたの債務状況をくまなくチェックします。

債務状況の中には、クレジットカードの利用履歴はもちろん、カードローンや携帯電話の支払い状況まで確認します。

そのため、マンション購入の頭金が足りないからと言ってカードローンでお金を借りても、銀行側はすべてお見通しだと言えます。

 

3.住宅ローンの融資条件は借金完済が条件!

マンションの購入費用に頭金を絶対に使ってはいけない最後の理由として、「住宅ローンの融資条件には借金完済が条件」となっていることが多いからです。

前述のとおり、銀行はあなたの現在の債務状況を信用情報機関を通じて、すべて把握した上で住宅ローンを進めるので、住宅ローンの融資条件として「今ある借金を完済させること」という条件を間違いなく提出してきます。

そのため、せっかくカードローンを利用して頭金を用意したとしても、銀行の住宅ローン契約のときに借金完済を条件提示されてしまうと、意味がなくなってしまうのです。

 

カードローンで頭金を作るより効率的な方法3選!

じゃぁ頭金が作れない時は、諦めた方がいいんでしょうか?
そんな事はないピヨ!知恵と工夫があれば、頭金は用意できるピヨ!

もしあなたが「カードローンで頭金を用意するのは諦められるけど、マンション購入は諦めきれない」と言う時には、以下の3つの方法を試してみて下さい。

カードローンより確実な頭金の用意方法!
  1. 親の援助をお願いしてみる
  2. 購入物件のグレードを下げる
  3. リスクの低い投資商品を購入する

今紹介した3つの方法はカードローンで頭金を用意するよりも、低リスクでお金を用意できる可能性が高いのでとてもおすすめです。

最後の投資に関しては元本割れのリスクがあるので、必ずしもおすすめできる訳ではありませんが、自信のある方はぜひチャレンジされてみて下さい。

 

カードローンより確実な頭金の用意方法!

1.親の援助をお願いしてみる

point 1
頭金の援助は
まずは親に相談

カードローンで頭金を用意するより、最も確実な方法として「親からの援助を受けられないか相談してみる」と言うのがあります。

親からの援助は、年間500万円までなら贈与税が掛からずにお金を受取ることができるうえ、信用情報にも何の履歴も残りません。

そのため、最も確実に頭金を確保できる手段と言えます。

うちの親はそんな感じじゃないんだよなぁ…
たぶんうちはムリかも…

こんな時は素直に諦めて、次の対策に進みましょう!

 

2.購入物件のグレードを下げる

point 1
今時の中古は
かなりの良物件

頭金を増やせないと言うことは、そもそものマンションの購入金額が高いという可能性もあります。

せっかくだし新築を買いたいんだよなぁ…
駅に近いタワーマンションにやっぱり住みたいです!

こういう時はだいたい予算オーバーになっているので、まずはあなたが購入できるマンションの購入予算を冷静に考えて、頭金を捻出できるグレードまで購入物件を考えることが大切です。

新築にこだわなくても、中古物件のリノベーションを検討したり、新築のオプション契約を辞めたり、マンションの購入なら低階層の購入を検討するなど、購入予算を押さえる方法は色々あります。

マンションを買えたのはいいけど、返すのにかなり苦労しそう…

頭金を捻出できないほどの購入予算を組むと、買ってから苦労や後悔する人が多いので、もう一度家を購入する理由を考え直してみることが大切です。

 

3.リスクの低い投資商品を購入する

point 1
お小遣いの範囲内で
投資を勉強してみる

これは頭金を用意するのとは別の話ですが、住宅ローンよりも金利の高い金融商品があるのなら、そこに少額だけ投資をしてみるのも一つの方法です。

最近であれば、ソーシャルレンディングの「maneo」や「ロボ投信」などが代表的な利回りの高い安定商品としてあります。

比較的リスクの低い投資商品
maneo ソーシャルレンディングとして歴史が長いサイト。日経新聞などでも何度か取り上げられており、知っている人は知っている投資方法の一つ。ただし、元本割れのリスクは常にあります。
ロボ投信 AIが預けたお金を自動的に、運用成績の良いファンドの投資信託に振り分けて運用してくれるサービス。投資初心者でも比較的安全にお金を運用できます。こちらも元本割れのリスクは常にあり、5年以上の長期投資目線で見ておく必要があります。
外貨預金 銀行などに口座を開き、ドル建てやユーロ建てでお金を預けておく方法。10年くらいのスパンで考えて、1ドル100円以下の時に買って、1ドル120円以上の時に売るのが鉄板。ただし、想定外のリスクが発生したり元本割れするリスクは常にあります。

これらの投資商品はすべて元本割れするリスクがあります。

ですが、あなたが失っても後悔しないくらいの金額(1000円~3000円くらい)を、毎月少しづつ積み立てて行くことで、5年後や10年後に大きくお金が貯まっていることもあります。

今すぐマンションの頭金にすることは難しいですが、一つの選択肢として知っておいても損はないと思います。

当たり前ですが、一発逆転を狙ってマンションの購入費用の大半を投資につぎ込む事だけは絶対に辞めましょう!

投資は常に元本割れのリスクがあり、想定外の事象で大金を失うリスクが常に付きまとっていることを忘れてはいけません。

最近であればコインチェック事件が記憶に新しいですが、ああ言った私たちが想定できない事件はいつでも起こりうることを想定した上で、投資を行うことが鉄則です。

投資は日常生活で意識しないで済む程度の金額に抑えることがポイントです。

 

マンションの頭金が不足しているのなら購入を見送ることも大切

今回はカードローンでマンションの頭金にすることの危険性をお伝えしました。

マンションの購入費用で頭金を用意する時は、何があってもカードローンを利用するのだけは絶対に避けましょう!

もし可能なら、信用情報に履歴の残らない親や親族を頼ってお金の相談をしてみる方がカードローンで借りるよりよっぽど建設的です。

また、マンションのグレードを下げてみたり、オプション購入を控えることで、購入価格を抑えて頭金のねん出をすることだって可能です。

方法は一つではないので家族で色々と話し合って決めて下さいね。

でも、どうせ住むならやっぱり新築の高階層がいいんだけど…

そんな時は、一度マンションの購入を先送りにして、貯金計画を立てることから始めるのも一つの方法です。

建設技術は日進月歩で進んでいるので、5年も待てば今よりももっと良い物件は山ほど出てくるので、焦らず考えて行きましょう!

 

カード選びに迷ったらコレ!おすすめカードローンのまとめ!

SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

アイフル・ファーストプレミアムローン

アイフルのファーストプレミアムカードローンは、年率3.0%~9.5%という銀行カードローンよりも安い金利でキャッシングできます。

また、限度額が100万円~800万円という金額で借りれるので、教育資金や歯列矯正などまとまった資金が必要な時にも便利です。

初めて借りた日から最大30日まで無利息キャッシングもできるので、会社の経費など一時的な費用の立て替えや、お給料日までのつなぎなど、幅広い用途でお金を低金利で借りることができますよ!

-お金と生活費の話

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.