三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行のバンクイックと多目的ローンの違いは?

更新日:

三菱UFJ銀行のバンクイックと多目的ローンの違いは?

三菱UFJ銀行には、2つのキャッシングプランがあります。

それがカードローン「バンクイック」によるキャッシングと、「多目的ローン」によるキャッシングです。

どちらも使途自由(事業性を除く)で使えるフリーキャッシングのため、いまひとつ両者の違いが分からないという人もいるのではないでしょうか?

結論から言えば、両者のキャッシングプランは似ているようで全然違います。

バンクイックと多目的ローンの違いとは?

 バンクイック多目的ローン
使い道使途自由旅行、歯科治療など
見積書不要必要
金利年率1.8%~14.6%年率5.475%
限度額10万~500万円50万~300万
借入期間自由6カ月以上10年以内
契約体系包括契約個別契約

最後の契約体系ですが、簡単に言えば包括契約は限度額の範囲内で何度でもキャッシングできるのに対し、個別契約は融資手続きが完了した後は返済だけを続ける、という違いだとイメージして頂けたら分かりやすいかと思います。

どちらも一定の審査が必要ですが、どちらかと言えばカードローン「バンクイック」の方が気軽にキャッシングできるという印象があると言えます。

ただ、利用目的がはっきりしているのなら、多目的ローンの方が低金利で借りれるので、返済の負担も軽くなりやすいです。

今回は三菱UFJ銀行にある2つのキャッシングプラン「バンクイック」と「多目的ローン」の違いについて分かりやすく解説したいと思います。

 

カードローン「バンクイック」の特徴とメリット

まずカードローン「バンクイック」の特徴としては、大きく3つのポイントが挙げられます。

バンクイックの特徴!

  1. 使途自由
  2. 返済金額が安い
  3. 何度でも使える

バンクイックの特徴①「使途自由」

point 1
バンクイックなら
使途自由で便利!

三菱UFJ銀行にある2つのフリーキャッシングを比較する上で重要なのが、カードローン「バンクイック」なら使途自由に使えるという点があります。

多目的ローンでキャッシングする場合、旅行や歯科治療など利用目的が限定されてしまい、色んな用途や目的でお金を借りることができません。

その点、カードローンのバンクイックを使えば、旅費や歯科治療の費用ねん出はもちろん、あらゆる生活費の補てんとして使える用途の広さがポイントとなります。

多目的ローンなどのフリーローンを使う場合、利用目的に沿った見積書の提出が必要になる為、審査手続きも手間が掛かりやすいです。

その点、バンクイックなら本人確認書類と収入証明書の2つの資料を提出するだけでキャッシング手続きが進むので、気軽に借りれるという点も大きなメリットと言えます。

バンクイックの特徴②「返済金額が安い」

point 2
バンクイックなら
毎月の返済が安い

カードローン「バンクイック」のもう一つの特徴として、毎月の最低返済金額が安いという特徴が挙げられます。

バンクイックの返済金額は、利用しているカードの借入残高に応じて増減するので、あなたが過度に借り入れをしない限り、安い返済金額でカードローンを利用できます。

主な銀行カードローンの返済金額

 10万円20万円30万円40万円50万円
三菱東京UFJ銀行2,000円4,000円8,000円10,000円12,000円
三井住友銀行2,000円4,000円8,000円10,000円11,000円
みずほ銀行10,000円10,000円10,000円10,000円10,000円
オリックス銀行7,000円7,000円7,000円10,000円10,000円

これら主要なカードローンで比較しても、三菱UFJ銀行のカードローンの返済額はとても安いので、長期的な利用にも向いていると言えます。

万が一、毎月の返済がどうしても厳しくなった時でも、バンクイックなら返済の相談も気軽にできるので安心です。

また他の銀行カードローンと比較しても、提携ATMの手数料が無料になったり、テレビ窓口で土日祝でもカードを受取れるなどの利便性の高さは三菱UFJ銀行ならではだと言えます。

 

バンクイックの特徴③「何度でも使える」

point 3
バンクイックなら
何度でも使える

三菱UFJ銀行のカードローンと多目的ローンを比較する上で、最も大きな違いとなるのが「何度でも使えるか」という点です。

実は多目的ローンの場合、一度お金を借りたら、追加の融資やキャッシングには再度審査や手続きが必要になってしまいます。(個別契約)

その点、カードローン「バンクイック」なら、限度額の範囲内で何度でも追加の融資やキャッシングができます。(包括契約)

しかも、解約を申し出ない限り、完済後もいつでも好きな時にキャッシングを再開できるので、緊急でお金が必要になったときも素早くキャッシングできて安心です。

カードローンの契約内容は「包括契約」と呼ばれるスタイルが一般的で、双方が解約を申し出ない限り、限度額の範囲内で何度でも借入を実行することができます。

またバンクイックなら年会費や更新費が一切かからないので、財布の中に1枚だけ持っておけば、会社の出張費用の一時立替と言った緊急時の費用建て替えにも活躍してくれるので安心です。

 

多目的ローンを使ったキャッシングの特徴とメリット

ここまではカードローンの利便性を中心に解説してきましたが、多目的ローンにもカードローンにはないメリットや特徴がたくさんあります。

その中でも、三菱UFJ銀行の多目的ローンの大きな特徴は以下の3つにまとめられるかと思います。

多目的ローンの特徴!

  1. 低金利
  2. 目的が明確
  3. 計画性が高い

多目的ローンの特徴①「低金利」

point 1
多目的ローンなら
低金利で借りれる

まず三菱UFJ銀行の多目的ローンの最大の特徴は、カードローン「バンクイック」よりも低金利で借りれる点です。

バンクイックの金利は年率1.8%~14.6%なのに対し、多目的ローンなら年率5.475%(変動金利)で借りれます。

そのため、借り過ぎたカードローンの一本化や完済目的での借り換えにもとても有効ですし、ブライダル費用や歯列矯正・インプラント治療などのまとまった費用のキャッシングにも相性が良いです。

金利面での優遇制の高さばかりが目立ちますが、多目的ローンを申し込む場合は、見積書の提出が必要です。

つまり「どんな目的でいくら必要なのか?」を銀行側に提示する必要があるので、カードローン審査よりも手間が掛かる点には注意が必要です。

 

多目的ローンの特徴②「目的が明確」

point 2
多目的ローンなら
目的が明確で安心

多目的ローンを活用するもう一つのメリットとしては、目的を明確にしてキャッシングできるという点にあります。

カードローンの場合、使途自由で借りれる反面、借入目的があいまいになりやすく、借入残高が大きくなりやすいデメリットがあります。

その点、多目的ローンなら目的に応じた金額しか借りれないので、借り過ぎになる心配が少なく、安全性の高い金融商品とも言えます。

三菱UFJ銀行なら多目的ローン以外にも、マイカーローンや教育ローン、リフォームローンなどの金融商品があります。

あなたのキャッシング目的によっては、これらの金融商品でお金を借りた方が低金利で借りれる可能性もあるので、審査を申込んだときの本人確認の電話で相談してみるのも有効な方法です。

 

多目的ローンの特徴③「計画性が高い」

point 3
多目的ローンなら
完済までが早い

多目的ローンを活用する3つ目のメリットとして「完済までの道のりが明確」という点が挙げられます。

カードローン「バンクイック」では借入残高に応じて毎月の最低返済額が決まりますが、多目的ローンの場合はキャッシング契約時にローンの償還表が作成されます。

つまり、融資が実行される前に具体的な返済計画を銀行側が作成してくれるので、明確にいつまでに完済できるというゴールが見えやすくなります。

一般的な傾向としては、毎月の返済額はカードローンよりも多目的ローンの方が割高になりやすいです。

もし多目的ローンを組んだときの松木の返済額が厳しいと感じた場合は、銀行窓口で相談して返済回数を増やしてもらえないか相談することをおすすめします。

 

キャッシングの利便性ならバンクイックがおすすめ!

今回は三菱UFJ銀行で取り扱っている2つのキャッシングプランであるカードローン「バンクイック」と「多目的ローン」の比較を行いました。

結論を言えば、もしあなたが「利用用途を広く便利に借りたい」と思うならカードローンがおすすめですし、「借入事由が明確で計画的に借りたい」と思うなら多目的ローンがおすすめです。

特にカードローン「バンクイック」は他の銀行カードローンと比べても毎月の返済額が安く、便利に使えると2chや知恵袋などでも話題になっているので、あなたも安心して使えると思います。

また、多目的ローンを利用する場合は、三菱UFJ銀行の口座開設が必要となりますが、カードローン「バンクイック」なら口座開設なしでキャッシング手続きが完了します。

どちらも便利なので、あなたの事情や都合に合わせて好きなキャッシングプランを選んでくださいね!

 

あなたにおすすめの銀行カードローンのまとめ!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々2000円~、金利は年率1.7%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持てる返済負担がとても軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

みずほ銀行

みずほ銀行カードローンは、年率2.0%~14.0%という金利の安さで借りれる低金利の銀行カードローンとして人気があります。

みずほ銀行カードローンを契約すれば、みずほ銀行ATMの利用手数料が無料になる特典が付いてくるので、ATM手数料を節約したい方にも人気があります。

もしあなたがみずほ銀行の口座を持っているのなら、間違いなくみずほ銀行カードローンがおすすめですよ!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

-三菱UFJ銀行カードローン

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.