みずほ銀行カードローン

みずほ銀行でキャッシングする方法!必要書類まで解説!

更新日:

みずほ銀行でキャッシングする方法!必要書類まで解説!

「子供の習い事を続けさせたい」
「今月の生活費が少し苦しいかも」

そんなちょっとお金が必要と言う時に便利なのがみずほ銀行でのキャッシングです。

実はみずほ銀行では2種類のキャッシング方法があり、あなたの用途や要望に合わせて好きな方法を選ぶ事ができるんです。

みずほ銀行の主なキャッシング方法
カードローン クレジットカード
年率2.0%~14.0% リボ年率14.5%
年会費・更新費無料 年会費が掛かるものもある
最大限度額800万円 ポイントがもらえる

みずほ銀行では、カードローンと「みずほマイレージクラブ」と呼ばれるキャッシュカード一体型のクレジットカードの2種類のキャッシングカードが存在します。

結論から言えば、まとまった資金が必要なときはカードローンが便利で、少額の融資だけで大丈夫なのであればクレジットカードの契約が便利です。

特にみずほ銀行カードローンなら、審査も24時間受け付けていて、来店不要でキャッシング手続きが完了するので手間も掛かりません。

すでにみずほ銀行の口座を持っている人なら、キャッシング完了までの手続きもスムーズなので、ぜひ申し込んでみて下さいね!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

 

キャッシング目的ならカードローンの方が安心!

みずほ銀行が発行するクレジットカードでも、5万円~10万円と言った少額のキャッシングであれば可能です。

ですが、クレジットカードによるキャッシングの場合、返済が一括返済になったり、キャッシングの利率が割高になりやすいデメリットがあります。

クレジットカードのデメリット
金利が高い クレジットカードによるキャッシング金利は年率14.5%であることが多く、みずほ銀行カードローンより割高になりやすいです。
限度額が少額 クレジットカードの限度額は多くても30万円前後になることが多いです。
時間が掛かる クレジットカードはカードが発行されるまで4週間近く掛かるケースもあります。

つまり、まとまった資金を借りたい時やすぐに借りたい時、長期的な融資を考えている時は、クレジットカードよりもカードローンによるキャッシングの方が便利で安心と言えます。

特に今紹介したクレジットカードによるキャッシングのデメリットを全て克服したのがみずほ銀行カードローンなので、まとまった資金が必要なときに特におすすめです。

すでにみずほ銀行の口座を持っていれば、カードローンの審査手続きはとてもスムーズに進むので特におすすめ。

また、口座開設なしでもカードローン審査を申込めるので、銀行口座をこれ以上増やしたくない方にもおすすめだと言えます。

 

みずほ銀行カードローンでキャッシングするメリット!

みずほ銀行カードローンでキャッシングするメリットとしては、主に次のような3つのメリットが挙げられます。

  1. まとまった金額を借りれる
  2. 年会費や更新費が無料!
  3. 不正使用のリスクが低い

 

カードローンのメリット①「まとまった金額を借りれる」

point 1
カードローンなら
大きく借りれる

みずほ銀行カードローンとクレジットカードによるキャッシングを比較した場合、もっとも大きな特徴の差となるのが「借りれる最大限度額の差」にあります。

通常、クレジットカードの場合、一度に借りれるキャッシング金額は多くても30万円前後になることが多いのに対し、みずほ銀行カードローンなら限度額が最大800万円まで設定することができます。

そのため、留学資金やお子さんの習い事費用の立て替え、会社の出張費などの一時的な建て替えなどにも使えてとても便利です。

みずほ銀行カードローンのキャッシング枠は、あなたの年収や職業などの審査要件を判断した上で融資額が決定されます。

そのため、カードローンの限度額はすべての人が800万円を借りれる訳では無い点に注意して下さい。

 

カードローンのメリット②「年会費や更新費が無料!」

point 2
カードローンなら
年会費や更新費が無料

みずほ銀行カードローンのもう一つのメリットとして「年会費や更新費が永年無料で使える」という点があります。

クレジットカードの多くは、年会費を無料にする条件を満たさないと、毎年一定の金額が掛かるカードが多く、ゴールドカード以上になると必ず年会費が掛かるものが圧倒的に多いです。

その点、みずほ銀行カードローンなら年会費や更新費が無料なので、とりあえず契約しておき、必要な時が来たら一気に使うと言った利用方法も可能です。

「数年後に家のリフォームがある」「親の入院が心配」と言った急な出費に対しても、みずほ銀行カードローンを1枚持っているだけで選択肢の幅が広がるので安心です。

みずほ銀行カードローンなら年会費無料で持ち続けられるので、必要な時が来るまでじっくりと持っておくこともできます。

 

カードローンのメリット③「不正使用のリスクが低い」

point 3
カードローンは
不正使用のリスクが低い

カードローンを活用する隠れたメリットとして「第三者による不正使用のリスクが低い」という点があります。

クレジットカードなどの場合、カード番号と暗証番号が一度でも流出すれば、第三者による不正使用が簡単にできてしまうリスクが常にあります。

その点、カードローンはカードによる決済機能は持ち合わせていないので、ネットショッピングには直接的には使えません。

「提携ATMにカードを差し込みキャッシングする」という、シンプルなキャッシング機能になっているからこそ、不正利用の心配が少なく安心して活用できます。

万が一、みずほ銀行カードローンを紛失したとしても、すぐにカードローンデスクに電話をすれば、カードの利用停止措置を行ってくれるので安心です。

また、必要な手続きを行えばすぐにカードローンの再発行手続きも行ってくれるので、紛失や盗難などのトラブルにも強い、安心の銀行カードローンだと言えます。

 

みずほ銀行のクレジットカードのメリット!

もちろん、みずほ銀行が発行するクレジットカードにもさまざまなメリットがあります。

クレジットカードのメリット!

  1. 少額キャッシングができる
  2. ショッピングも使える
  3. ポイントがたまる

クレジットカードのメリット①「少額キャッシングができる」

point 1
クレジットカードでも
キャッシングできる

みずほ銀行では「みずほマイレージクラブ」と呼ばれる、独自のクレジットカードを発行しています。

実はこのみずほマイレージクラブでもキャッシング機能が搭載されてあるので、少額のキャッシングであればクレジットカードでも十分効果を発揮します。

カードローンのようなまとまった資金のキャッシングはできませんが、数万円単位の一時的な借入であれば、クレジットカードによるキャッシングでも十分だと言えます。

みずほマイレージクラブなら、VISA・Master・AMEX・JCBの好きなブランドのクレジットカードを発行することができます。

また、マスターカードなら楽天Edyの連携ができたり、VISAカードならSuicaのオートチャージ機能を付けたりと、各ブランドによって搭載できる機能があるので、ぜひチェックして下さい。

 

クレジットカードのメリット②「ショッピングも使える」

point 2
クレジットカードなら
ショッピングも便利

これは当たり前ですが、クレジットカードを使えばショッピングにも使えるので、カードローンよりも使えるシーンが増えると言えます。

特に今の時代、Amazonや楽天などのネットショッピングが当たり前の時代になったので、クレジットカードの方が活躍できるシーンが増えたと言えます。

ただしクレジットカードのリボや分割払いの金利は一律14.5%になっているので、分割をする時はみずほ銀行カードローンの金利の方が安い点を忘れてはいけません。

全体的な傾向として、クレジットカードで分割払いを選択した時の金利は、銀行カードローンの金利よりも割高なことが多いです。

そのため、ネットショッピングではクレジットカードを使い、分割払いを選択する時はカードローンで一時的に立て替えてしまって、金利を安く済ませてしまう方法もあります。

 

クレジットカードのメリット③「ポイントがたまる」

point 3
クレジットカードなら
ポイントも貯まる

みずほ銀行カードローンにはない特徴として、みずほマイレージカードを使えば、利用金額に応じてポイントが付与されるサービスがあります。

特にみずほマイレージカードなら、永久不滅ポイントと呼ばれる、有効期限のないポイントがたまり続けていくので、ポイント長者が生まれやすいと言った特徴もあります。

また永久不滅ポイントは、提携先の店舗やホームページで使えば、通常よりも2倍~6倍も貯まるサービスがあるのでおすすめです。

永久不滅ポイントは1000円につき1ポイントの計算なので、ポイント還元率が悪く見えますが、1ポイントあたり5円相当の価値があるので還元率は0.5%となります。

また、ポイントに有効期限がないので、他の有効期限付きのポイントが貯まるクレジットカードと比較しても、優秀なクレジットカードの部類に入ると言えます。

 

まとまった資金はカードローン、少額決済はクレジットカード!

今回はみずほ銀行で利用できる2つのキャッシングサービスである「みずほ銀行カードローン」と「みずほマイレージクラブ」の2つのサービスを紹介しました。

どちらもキャッシングを利用できる点や、みずほ銀行のキャッシュカードと一体型にできる点など、サービス面での共通点も実は多いです。

ですが、子どもの習い事や養育費だったり、家のリフォームや親の入院が控えている時などは、年会費無料でいつでも大きい資金を借りれるみずほ銀行カードローンの方が便利で安心です。

一方、ネットショッピングを利用したり、数万円単位の少額なキャッシングを考えているだけなのであれば、みずほマイレージクラブのクレジットカードを活用した方が便利です。

あなたがキャッシングを考えている理由や事情に合わせて、どちらか好きなキャッシング方法を選んで下さいね!

合わせて読みたい
みずほ銀行カードローンの詳細はこちら

こちらもおすすめ
みずほマイレージクラブの詳細はこちら

 

あなたにおすすめの銀行カードローンのまとめ!

みずほ銀行

みずほ銀行カードローンは、年率2.0%~14.0%という金利の安さで借りれる低金利の銀行カードローンとして人気があります。

みずほ銀行カードローンを契約すれば、みずほ銀行ATMの利用手数料が無料になる特典が付いてくるので、ATM手数料を節約したい方にも人気があります。

もしあなたがみずほ銀行の口座を持っているのなら、間違いなくみずほ銀行カードローンがおすすめですよ!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

千葉銀行

もしあなたが関東にお住まいなら、年率1.7%~14.8%で借りれる千葉銀行カードローンがおすすめです。

千葉銀行カードローンなら、専業主婦や派遣社員の方も審査を申込めるので、審査や年収に自信のない方にもおすすめです。

WEB完結・来店不要で審査が完了し、千葉銀行の口座がなくても審査を申込めるので、初めて銀行カードローンを利用する方にもおすすめですよ!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

-みずほ銀行カードローン

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.