住宅ローンの解説

住宅ローン審査でカードローンはどれだけ影響するのか?

更新日:

住宅ローンの審査でカードローンはどれだけ影響する?

念願のマイホーム購入を考えているけど、家族には内緒でカードローンを借りていたあなた。

こんな時、住宅ローンの審査にははたして問題なく通過するのか?

実は融資先の銀行によって、カードローンをどれだけマイナス評価としてみるのかがかなり違ってくるんです。

そこで今回は住宅ローン審査において、カードローンが影響するケースを3つに分けて解説したいと思います。

カードローンが住宅ローン審査に与える3つの影響

カードの利用残高が残っていると審査に落ちる
返済履歴に滞納が多すぎると審査に落ちる
一部銀行では審査対象外になる

カードローンを持っている時点で、少なからず審査にはマイナス作用はかかります。

ただ大切なのは「現時点でカードローンはどうなっているのか?」という点です。

つまり、今も借りている状態なのか、すでに完済済みなのかで住宅ローンに与える影響もかなり変わってくるということなんです。

 

1.カードの利用残高が残っていると審査に落ちる

今の時点でもカードローンでお金を借りている場合、住宅ローンの審査に通る可能性はかなり低いです。

これは「カード返済にお金を使っているなら住宅ローンの返済は難しい」と銀行側が判断するため。

なので、カードローンや消費者金融からのキャッシングを一括返済&解約をしてしまうのが有効です。

あなたがマイホーム購入のために貯めた頭金の状況次第ですが、銀行側はカードローンの一括返済を条件に融資を適用してくれるケースがほとんどです。

また、一部の高所得者に対しては、カードローンの契約が残っていたとしても審査に通るケースがありますが、ケースとしてはかなり珍しいです。

できれば住宅ローン審査を申し込む前に、銀行窓口や新居の営業マンに正直に相談することをおすすめします。

 

2.返済履歴に滞納が多すぎると審査に落ちる

仮に現在はカードローンを使用していなくても、過去の利用履歴に問題がある場合は審査に落ちるケースがあります。

具体的には、

 ・滞納、遅延を繰り返していた
 ・事故情報が残っていた
 ・現在も契約が続いている

などが主な原因です。

滞納や遅延を繰り返していたり、長期間(3か月以上)滞納を続けていた場合は、信用情報に問題があるとして審査に落ちてしまいます。

また、カードローンの場合「包括契約」と言われる契約形式をとることが多く、あなた自身から解約を申し出ないとカードが解約になることはありません。

そのため、カードローンを完済した時点で発行会社に解約を申し伝えるようにしましょう。(完済後の解約は電話一本でできる場合がほとんどです)

カードローンの利用履歴や返済履歴に関しては、CICやJICCなどの信用情報機関に情報取得をすればすぐにわかるので、心あたりがある場合は調べてみて下さい。

CIC…http://www.cic.co.jp/
JICC…http://www.jicc.co.jp/

 

3.一部銀行では審査対象外になる

仮にあなたがカードローンの完済や解約が済んでいたとしても、信用情報に借入の履歴があると言うだけで住宅ローンの融資が降りないケースがあるようです。

これはごく一部の限られた銀行だけなので、あまり気にする必要はありません。

またフラット35の場合は、過去の返済履歴にカードローンや消費者金融の名前が残っていても、完済・解約済みであれば大きな問題にはなりません。

これに関しては新築の営業マンに事前に相談しておけば、販売店側のローン科が過去の審査履歴を元に色々と判断・アドバイスをしてくれることがほとんどです。

最近はローン特約の契約を結ぶために、カードローンなどの事前アンケートを書くと思うので、その時点で正直に申告をしておきましょう!

 

住宅ローン審査の前にパートナーには正直に告白を!

夫婦円満の秘訣として「家を購入しようか」という話が出た時点で、正直に洗いざらい告白することを強くおすすめします。

これは住宅販売の営業マンからも聞いた話ですが、審査に落ちてから正直に話すよりも、家を買う前に正直に話した方がキズが浅く済むからです。

特に、遅くとも住宅ローン審査を申し込む前には、どんな些細なことであれ全て話すことをおすすめします。

 

特に住宅ローン審査に落ちた後は、担当営業からCICやJICCなどの信用情報を取得するように言われます。

その段階になってからあなたが過去にカードローンを利用していたことが分かると、事態はよけいにややこしくなってしまいます。

そのため、夫婦円満にマイホームを購入するためにも、まずは家を買う前からしっかりと正直に告白するようにして下さいね!

 

 

あなたに最適な住宅ローンを簡単に探す方法!

住宅ローンの借り先を探すのが大変なんです…
そんな時は住宅ローンの無料相談や一括見積もりが便利ピヨ!

住宅ローンの借り先を探すのは良いけれど、情報が沢山ありすぎて困りますよね。

そんな時は住宅ローンの一括見積もりと無料相談を利用するのがおすすめです。

住宅ローンの一括見積もりのメリット!
  1. 無料で利用できる
  2. 面倒な比較はプロが代行
  3. 無料相談までできる

住宅ローンの一括見積もりを利用すれば、金利の比較だけでなく、保証内容や諸費用など総合的な比較をプロが代行してくれるので、住宅ローン選びで失敗する心配がありません。

住宅ローンの場合、金利が1%違うだけでも100万円以上の利息差がでることも多いのに、営業マンに流されるまま提携ローンの契約だけで済ませるのはあまりにも勿体ないです。

次に紹介する住宅ローンの一括見積もりサイトを使えば、あなたに最適な住宅ローンも無料で簡単に見つけられます。

どちらのサイトも無料で利用できるので、住宅ローンの利息を節約するためにも今すぐ利用して下さいね!

 

おすすめの住宅ローン見積もりサイト!

住宅ローンの借り換えにおすすめ

モゲチェックプラザでは、全国120銀行の中から最適な住宅ローンを選べる住宅ローンの無料相談所です。

住宅ローンの借り換えで面倒な手続きや交渉もすべてプロにお任せできるので、忙しいあなたでも簡単に住宅ローンの借り換えが完了します。

金利上昇が見込まれる今だからこそ、モゲチェックプラザに相談すれば、いち早くスマートに住宅ローンの借り換えが完了しますよ!

 

住宅ローン一括見積もり

住宅本舗は、最安値の金利比較だけでなく、諸費用・保証内容・総支払額など総合的な比較をした上で、あなたに最適な住宅ローンを探せる一括見積もりサイトです。

主要銀行の一例として「住信SBIネット銀行・三菱UFJ銀行・りそな銀行・みずほ銀行」など、約60銀行の中からあなたに最適な住宅ローンを一括して申込めます。

また、住宅ローンの審査に落ちた人や細かな相談をしたい人を対象に無料相談も行っています。

あなたも住宅本舗を利用すれば、提携ローンだけではない本当に申し込むべき住宅ローンを見つけることができますよ!

-住宅ローンの解説

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.