審査落ちの原因

なぜカードローンの審査で嘘をつくと審査に落ちるのか?

更新日:

なぜカードローンで嘘を付くと審査に落ちるのか?

「少しくらい年収を高く申告してもバレでしょ」
「勤務年数は本当は半年だけど1年に増やしても大丈夫?」

カードローンの審査の時に、どこまでの嘘がバレでどこまでの嘘がバレないのか?

お金に本当に困っているからこそ、少しでも条件を良くするためについつい嘘をつきたくなりますよね。

だけど、カードローン審査の時に嘘は絶対にダメです。

一番の大きな理由は「あなたが嘘をついていないか?」ということ自体が、カードローンの審査基準になっているからなんです!

カード審査でダメな嘘の例

年収を大きく申告する
勤務年数を長く申告する
借入額を少なく申告する
勤務先を架空の会社にする

これらの内容は、すぐにバレるものから、バレにくいものまであります。

ただし、虚偽の申告だとバレた時には、強制解約&一括返済を求められるケースがあるので、できるかぎり正直に申告することが鉄則となります。

 

1.年収を大きく申告する

審査で一番多いのが「年収を高めに申告するという嘘」です。

基本的に年収と言うのは、一般人が計算している年収と、金融業界が計算している年収に違いがあるので、実のところあまり気にする項目ではありません。

むしろ、年収を高めに申告するよりも、収入証明書を提出して審査を申し込んだ方が審査の印象が良くなるので、プラス評価に繋がりやすいと言えます。

もちろん、収入証明書不要のカードローンの場合、年収で嘘をつくことも可能です。

ただし、この場合は過去のカード類の返済履歴や、勤務先・勤務年数などを基準にして想定の年収を調べられてしまうので、

カード会社側が想定する年収よりも高すぎる年収を申告した場合は、収入証明書の提出を求められる場合があるので注意しましょう。

 

勤務年数を長く申告する

年収の嘘と同じで、勤務年数を長く申告してもすぐにはバレにくいと言えます。

ただ、そんなことはカード会社側も知っているので、審査の評価としてはあまり参考にしていません。

ただし、勤務年数が極端に短すぎたり、長すぎたりした場合、在籍確認を行うタイミングで詳しく確認されるケースがあります。

特にCICやJICCなどの信用情報機関には、あなたの過去の勤務年数なども保存されてあるので、急に勤務年数が長くなったりすると、明らかに嘘だとバレるので気を付けましょう。

カードローンの場合、勤務年数が少なくとも半年以上あれば審査条件としてはクリアしているので、正直に申告しても大丈夫かと思われます。

 

借入額を少なく申告する

これは一番やってはダメな嘘の申告です。

あなたの現在の借入額と言うのは、CICやJICCなどの信用情報機関にすべて登録されているので、嘘だと分かった瞬間に審査落ちの理由として扱われてしまいます。

そのため、クレジットカードのキャッシング枠や、消費者金融から借りたお金など、そういった金額があれば、嘘をつかずに正直に申告した方が賢明です。

もちろん借り過ぎが原因で審査に落ちる場合もありますが、嘘の申告をしてもかならずバレてしまうので、ここだけは正直に申告をした方が良いです。

 

勤務先を架空の会社にする

勤務先を嘘の内容で申告するのもとても危険な行為です。

普通、勤務先で嘘の申告をすることはまずないのですが、たまに自営業や農業と偽って申告をする人がいます。

ただ、この自営業や農業と自分の職業を偽って申告をするのは非常に危険です。

カード会社側でも、前年度の収入証明書などの提出書類を出すようにいってくるので、職業に関しても正直に申告した方が良いと言えます。

 

カードローンの審査で嘘をついても逮捕まではされないが…

今回はカードローン審査で嘘をついてバレるかバレないかをまとめました。

繰り返しになりますが、基本的に審査では嘘はつかない方が賢明です。

カード会社も申込者が嘘をついていないかを調べた上でお金を貸しているので、あなたが申告内容で嘘をついている時点で、審査落ちの理由になります。

また、もし万が一、審査が取った後に嘘だとバレた場合は、逮捕まではされないにしても、カードの強制解約と一括返済が待っているので辞めた方が良いです。

ぜひカードの審査は正直に、間違いの無いように申し込むようにして下さいね!

 

 

 

カードローン審査に落ちた後におすすめ消費者金融のまとめ!

プラン

中小消費者金融の中でも、消費者金融のプランなら毎月の返済額が2000円からで済む、とても返済負担額の少ない業者として人気があります。

最大限度額が50万円までしかないのが難点ですが、全国対応・来店不要・WEB完結で借りれるのはとても大きなメリットです。

金利が年率15.0%~20.0%と法定金利ギリギリですが、その分審査も甘いので、絶対に借りたい時はプランがおすすめです。

 

中央リテール

消費者金融の中央リテールは、おまとめローン最後の砦とも言われる、審査の柔軟性がとても高い中小消費者金融として人気があります。

その審査の甘さや柔軟性は2chなどでもたびたび話題に上がり、本当に借金で首が回らなくなった人たちが救われてきた実績があります。

仮審査に通過後は渋谷まで来店する必要がありますが、来店審査までたどり着ければ、あなたも借金問題を解決できる絶好のチャンスを手に入れることができますよ。

 

キャレント

消費者金融のキャレントは、最大500万円まで借りれる全国対応の中小消費者金融です。

年率7.8%~18.0%という大手消費者金融にも負けない融資条件でキャッシングできるので、大手審査に落ちた時の次点候補として人気があります。

審査は全国対応、来店不要・WEB完結で借りれるので、女性も安心して利用できる中小消費者金融として人気です。

-審査落ちの原因

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.