カードローンの選び方

カードローンを金利で比較して選ぶときの注意点!

更新日:

カードローンを金利で比較して選ぶときの注意点!

「カードローンって金利が安ければいいんでしょ?」
「金利だけで比較すればカードローンって大丈夫なんでしょ?」

実はこんな質問が私のところに時々寄せられてくるのですが、結論から言えばカードローンを金利だけで比較して決めるのは、やや不十分だと言えます。

と言うのも、カードローンの多くは実際に利用をしはじめてみると、金利よりも毎月の返済額の方が意識することが多いからなんです。

あなたも初めてカードローンを選ぼうとするとき、ついつい金利が安いカードローンを探そうとしていませんか?もちろんそれは間違いではありません。

ですが、カードローンを選ぶときは、金利だけでなく毎月の返済額やサービス内容も含めて比較した方が、より後悔の少ないカードローン選びができるんです。

  1. まずは金利をチェックする
  2. 毎月の返済額もチェックする
  3. サービス内容のチェック!

今回はカードローンを比較するときのコツとして「金利・返済額・サービス内容」の3つの視点からカードを選ぶ方法について解説したいと思います。

これを読めば、あなたも失敗の少ない上手なカードローンの選び方ができるようになりますよ!

 

金利の比較だけでは勿体ない!賢いカードローンの選び方!

1.まずは少しでも低金利なカードローンを探す!

賢いカードローンの選び方の第一歩として「まずは低金利のカードローンを探す」ことはやっぱり大切です。

何だかんだ言っても、金利が安ければ安いほど、毎月の利息は安くなりやすいですし、完済時の総支払額も安く済みます。

主なカードローンの金利を比較!

 下限金利上限金利
三井住友銀行カードローン4.0%14.5%
みずほ銀行カードローン2.0%14.0%
三菱UFJ銀行カードローン1.8%14.6%
千葉銀行カードローン1.7%14.8%
オリックス銀行カードローン1.7%17.8%
SMBCモビット3.0%18.0%
プロミス4.5%17.8%

これらの金利を比較するときに重要なのは「下限金利ではなく、上限金利で比較する」こと!

基本的に下限金利になるためには、よほど高い年収になるか、返済実績がしっかりしてないと厳しいです。

特に初めてカードローン審査を申込む場合は、上限金利の契約からスタートすることが大半です。

そのため、カードローンを金利で比較する場合には、まずは上限金利の中から金利の低いカードローンを選ぶことが1つ目のポイントになります。

できれば、残りの条件での比較や審査落ちした時のために、カードローンの候補を3社くらいに絞っておくのがおすすめです。

カードローンを比較する時のポイント!その1

  • 上限金利が安いカードを選ぶ
  • 下限金利での契約はまず厳しい
  • できれば3社くらいに候補を絞る

 

2.毎月の返済額をみて借入予算を決める!

各カードローンの上限金利を比較して、安い金利のカードを3社くらいに絞れたら、毎月の返済額をチェックしてみましょう。

と言うのも、毎月のカードローンの返済額は金利だけでは決定せず、各カード会社の裁量によって予め設定されているからなんです。

各カードローンの返済額を比較!

 10万円20万円30万円40万円50万円
三井住友銀行カードローン2,000円4,000円6,000円8,000円10,000円
みずほ銀行カードローン10,000円10,000円10,000円10,000円10,000円
三菱UFJ銀行カードローン2,000円4,000円6,000円8,000円10,000円
千葉銀行カードローン2,000円4,000円6,000円8,000円10,000円
オリックス銀行カードローン7,000円7,000円7,000円10,000円10,000円
SMBCモビット4,000円8,000円11,000円11,000円13000円
プロミス4,000円8,000円11,000円11,000円13000円
※三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の金利は年率8.1%超の場合です。

表は限度額が50万円までの返済額を比較したものですが、あなたが借りたいと思っている金額から逆算して、毎月の返済額が安いカードローンを選ぶのも良いカード選びの方法と言えます。

特に銀行カードローンの中には、100万円以上のまとまった金額をキャッシングしないと、毎月の返済額が割高な設定になっているカードも多いです。

逆に金利が高いと言われる消費者金融系のカードローンでも、限度額が50万円までなら、毎月の返済額は銀行カードローンよりも安いケースは意外と多いです。

そのため、カードローンを比較するときは、金利だけではなく、毎月の返済金額も合わせて比較する方法がおすすめです。

ちなみに、もしあなたが限度額50万円までのキャッシングを考えていて、低金利なカードローンを探しているのなら、三井住友銀行カードローンか三菱UFJ銀行カードローンのどちらかを選んでおけば間違いないかと思います。

参考記事
三井住友銀行カードローンの審査基準と口コミのまとめ!

参考記事
三菱UFJ銀行カードローンの審査基準と口コミのまとめ!

カードローンを比較する時のポイント!その2

  • あなたが借りたい希望予算を決める
  • 毎月の返済額が安いカードを選ぶ
  • おすすめは三井住友銀行カードローン!

 

3.口座開設なし・電話確認なしなどのサービス内容のチェック!

金利や返済額での比較が完了したら、最後に口座開設の有無や電話確認の有無などのサービス面での内容を比較してみるのがおすすめです。

各カードローンのサービス内容を比較!

 即日融資口座開設電話確認無利息
三井住友銀行カードローンなし
みずほ銀行カードローン必要
三菱UFJ銀行カードローンなし
千葉銀行カードローン必要
オリックス銀行カードローンなし
SMBCモビット対応なしWEB完結でなし
プロミス対応なし応相談あり

特に金利や返済額など、融資における条件面で大きな違いが特に無ければ、これらのサービス面から比較してカードローンを決めるのも有効です。

特に、急いでお金を借りたいけれど、会社や勤務先への電話確認は避けたいという場合には、SMBCモビットのWEB完結申込がとてもおすすめ。

SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば、電話確認なし・郵便物なしで即日キャッシングができるので、今すぐお金を借りたいという時にとても便利だと2chなどで評判になっています。

参考記事
モビットの審査基準と口コミのまとめ!

また、無利息キャッシングや2000円分のプリペイドカードなど、カードローンの契約が完了してからのサービス面を重視したいという人にはプロミスがとても人気になっています。

プロミスでも、モビットと同様、審査申込が完了したあとに電話で相談することで、在籍確認の方法を相談することもできるので、勤務先への電話確認に不安があるときはプロミスをぜひ利用してみて下さい。

参考記事
プロミスの審査基準と口コミのまとめ!

カードローンを比較する時のポイント!その3

  • 口座開設の有無などサービス面で比較してみる
  • 金利や返済額に差が無い時に有効!
  • 特にSMBCモビットやプロミスがおすすめ!

 

そもそもカードローンの金利って高いの?

カードローンの金利に関連して気になることと言えば「カードローンの金利や利息ってどれだけ高いの?」という疑問ではないでしょうか?

一般的なイメージとして、カードローンの金利はとても高いという印象がありますし、消費者金融系のカードローンは年率が最大18.0%なので、金利だけを見るととても高く感じるのも無理のない話かもしれません。

では、年率18.0%のカードローンで10万円借りたとしたら、毎月の利息は一体いくらになるのか?

カードローンの金利計算は、主に以下の計算式で計算が可能です。


10万円×18.0%÷12か月
=毎月1500

つまり、カードローンで10万円を借りた所で、毎月の利息は1500円にしかなりません。

また、100万円以上のキャッシングをする時は、法律上、必ず金利は年率15.0%まで下がるので、まとまった金額を借りても利息はそこまで高くはなりません。


100万円×15.0%÷12か月
=毎月12500

あとは、各カードローンが設定する毎月の最低返済額を参考にしながら、あなたが確実に返せる金額分だけを希望限度額として審査を出せば、返せなくなるなどの心配はほぼなくなると言えます。

もちろん、住宅ローンや自動車ローンなどの金利と比べたら、カードローンの金利は割高かもしれません。

ですが、カードローンの場合「担保なし・融資が早い・使途自由」といった利便性が高い事を考えれば、借り過ぎない限りとても便利で安心なものだと言えるのではないでしょうか?

その他、カードローンの金利や利息に関する話は、こちらの記事にまとめたので、ぜひ参考にして下さい。

参考記事
カードローンの利息はいくらするの?毎月の返済額で比較したまとめ!

 

利用実績を積み重ねれば金利の利下げ交渉もできる!

ちなみに、カードローンの金利と言うのは、契約してからの利用期間や実績、あなたの交渉内容次第で利下げ交渉をすることも十分可能なんです。

利用実績を積み重ねる
増額審査を申し込む
他社金利を引き合いに出す

実はこれらの方法で、あなたが今から申し込もうとしているカードローンの金利は、契約後も利下げ交渉を行うことができるんです。

通常、金利の利下げ交渉などは契約が完了する前に行われるのが一般的ですが、カードローン審査の場合、契約が完了したあとでも金利の利下げ交渉が可能です。

そのため、初めのうちは多少割高な設定金利でカードローンを利用していても、あなたが返済期日をしっかり守り、繰り上げ返済も積極的に行ってくれる「上客」であれば、カード会社側としても利下げ交渉に応じてでも長く利用して欲しい優良顧客として扱ってくれやすくなります。

詳しい利下げ交渉までのステップや具体的な利下げ交渉の方法などは、別の記事で詳しくまとめてあるので、ぜひチェックして下さいね!

参考記事
カードローンの金利を下げる方法のまとめ!

 

金利が安く返済額も安い銀行カードローンがおすすめ!

今回はカードローンの選び方の代表例である「金利で選ぶ方法」について解説しました。

金利からカードローンを比較して、もっとも使いやすそうなカードローンを選ぶのはとても大切なことです。

ですが、今回の記事でも解説したように「毎月の返済額」や「オプション内容の有無」など、契約が完了した後の利便性も考えながらカードローンを比較すれば、あなたもより便利で快適にカードローンを使うことができるはずです。

また、金利や返済額が安く、利便性が高いカードローンを探しているのなら、「三井住友銀行カードローン」か「三菱UFJ銀行カードローン」の2つがとてもおすすめだと思います。

三井住友銀行カードローンなら、金利が年率4.0%~14.0%と安定して安く、毎月の返済額も安いので、契約完了後も安心して使うことができます。

同じく、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」も低金利かつ口座開設なしで利用できるので、こちらもとてもおすすめです。

銀行系でおすすめなカードローン!

  • 三井住友銀行…低金利・返済額が安い
  • 三菱UFJ銀行…低金利・口座開設なし
  • 楽天銀行…低金利・楽天ポイントが貰える

参考記事
低金利で安心の銀行カードローンのまとめ!

 

その他、「勤務先への電話確認をなしにしたい」とか「短期間だけ借りたいから無利息キャッシングがある方が嬉しい」など、特殊な要望や事情があるときは、銀行カードローンより消費者金融の方がおすすめです。

特にSMBCモビットなら、あなたの会社や勤務先への電話確認がなしで審査が完了する「WEB完結申込」があるのでとても便利です。

消費者金融系でおすすめのカードローン

  • SMBCモビット…WEB完結申込で電話なし
  • プロミス…無利息キャッシング
  • アイフル…無利息キャッシング

参考記事
サービスが充実した大手カードローンのまとめ!

カードローンは便利に利用すれば、必ずあなたのピンチを助けてくれます。

予算を超えた金額を借り過ぎず、事前にしっかりと返済計画を立てた上で、あなたも上手にカードローンを活用して下さいね。

 

カード選びに迷ったらコレ!おすすめカードローンのまとめ!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

 

SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も口座開設なしで審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

-カードローンの選び方

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.