千葉銀行カードローン

千葉銀行カードローンの金利を解説!他行カードローンより金利が安い!

更新日:

千葉銀行カードローンの金利を解説!他行カードローンより金利が安い!

「千葉銀行カードローンの金利ってどうなの?」

カードローンを考えているなら、やっぱり金利や利息って気になりますよね。

実は千葉銀行カードローンは、三菱UFJ銀行や三井住友銀行が発行するカードローンよりも低金利で利用できるんです。

主なカードローンとの金利比較
下限金利 上限金利 最大限度額 最低返済額 審査時間 ワンポイント解説
千葉銀行 年率1.7% 年率14.8% 800万円 2,000円~ 最短翌営業日 派遣・パート・アルバイトの方も申込みOK
三菱UFJ銀行 年率1.8% 年率14.8% 500万円 1,000円~ 最短翌営業日 口座開設なし、土日祝も審査可能
三井住友銀行 年率4.0% 年率14.5% 800万円 2,000円~ 最短翌営業日 土日祝も審査可能
みずほ銀行 年率2.0% 年率14.0% 800万円 10,000円~ 約2週間 みずほ銀行の口座があれば最短2営業日で融資可能
SMBCモビット 年率3.0% 年率18.0% 800万円 4,000円~ 最短30分 WEB完結申込で電話確認なし。来店不要、土日祝も即日融資OK!
プロミス 年率4.5% 年率17.8% 500万円 4,000円~ 最短30分 最大30日間まで無利息。2000円分のプリカが貰えるなど
アイフル 年率3.0% 年率18.0% 800万円 4,000円~ 最短30分 全国に自動契約機あり、最大30日間まで無利息キャッシング可能。

意外なことに、メインのカードローンを比較しても、千葉銀行カードローンは安定的に低金利なのが分かります。

限度額が100万円未満でも金利が安く、100万円を超えてからも金利が安いまま借りれるのは千葉銀行カードローンだけ!

しかも派遣社員や主婦・学生にも積極的に審査を行っているので、あなたもキャッシングできるチャンスが十分あります。

千葉銀行カードローンなら、今すぐ審査に通るか分かる10秒クイック診断をがあるので、さっそく調べてみて下さいね!

 

千葉銀行カードローンの金利を引き下げるためには?

「千葉銀行カードローンの金利を少しでも安くしたい」
「金利の引き下げ交渉がしたい!」

もしあなたがそんな事を考えているなら、次に紹介する4つの引き下げ交渉を試してみて下さい。

千葉銀行カードローンの金利引き下げ交渉術!

増額審査を申し込む
長期利用をする
他社への借り換えを引き合いに出す
金利優遇プランを利用する

千葉銀行カードローンの金利はもともと他の銀行カードローンより安いので、すでに他社カードを利用している場合も借り換える価値は十分あります。

ちなみに。

もしあなたが消費者金融のカードローンを利用しているなら、千葉銀行カードローンへの借り換えをおすすめします。

実は、消費者金融から千葉銀行カードローンへ借り換えるだけで、毎月の返済額がかなり安くなるんです。

主な消費者金融との返済額の差は?
10万円 20万円 30万円 40万円 50万円 60万円 70万円 80万円 90万円 100万円
千葉銀行 2,000円 4,000円 6,000円 8,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円
SMBCモビット 4,000円 8,000円 11,000円 11,000円 13,000円 16,000円 18,000円 21,000円 23,000円 26,000円
プロミス 4,000円 8,000円 11,000円 11,000円 13,000円 16,000円 18,000円 21,000円 23,000円 26,000円
アイフル 5,000円 9,000円 13,000円 13,000円 15,000円 18,000円 21,000円 24,000円 27,000円 30,000円
※アイフルの返済額は35日サイクル制を導入した時のものです。

また、これらの消費者金融よりも千葉銀行カードローンの方が金利も安いので、ぜひ一度検討してみて下さいね!

さらに、千葉銀行カードローンなら次に紹介する金利交渉をすれば、金利の引き下げに成功しやすいのでおすすめです。

必ず金利が下がる訳ではありませんが、ぜひ試してみて下さいね!

 

1.千葉銀行カードローンの金利引き下げ術「増額審査を申し込む」

千葉銀行カードローンに限らず、すべてのカードローンではカードの限度額を上げれば金利が下がる仕組みになっています。

そのため、金利を今すぐ引き下げたいのなら、限度額を増額させる方法が一番確実です。

千葉銀行カードローンの返済額と金利表
限度額 返済額 金利(年率)
100万円 20,000円 9.0%~12.0%
200万円 30,000円 6.0%~12.0%
300万円 40,000円 6.0%~12.0%
400万円 50,000円 5.5%
500万円 60,000円 4.3%
600万円 70,000円 4.0%
700万円 80,000円 3.5%
800万円 90,000円 1.7%

金利の引き下げ交渉なら限度額の増額審査が一番効果的です。

また、カードローンの返済額は借入残高の金額で決まる仕組みになっているので安心。

仮に限度額が200万円あっても、借入残高が10万円なら毎月の返済額は2000円で済むんです。

そのため、金利を引き下げたいのなら積極的に増額審査を活用してみて下さいね!

カードローンの金利引き下げ交渉 その1

  • 限度額の増額審査で金利は下がる
  • カードの返済額は借入残高で決まる
  • 増額だけなら返済額は上がらないから安心

 

2.千葉銀行カードローンの金利引き下げ術「長期利用をする」

「長期利用していたら金利は下がるんじゃないの?」

あなたもそんな風に考えていませんか?

確かに長期利用者への優遇サービスは色々な企業や銀行で行われていますよね。

ですが、カードローンを長期利用していたからと言って金利が勝手に下がることは絶対にありません。

大切なのは、ただ長期利用をするのではなく、長期利用を交渉材料として金利の引き下げ交渉を持ちかけること!

千葉銀行カードローンでは、いつでも金利の見直しや引き下げ交渉に応じてくれます。

もし1年以上千葉銀行カードローンを使っているなら、ぜひ一度カードローンの引き下げ交渉をしてみて下さいね!

カードローンの金利引き下げ交渉 その2

  • 金利の引き下げは長期利用者の方が有利
  • ただし長期利用だけじゃ金利は下がらない
  • 必ずあなたから金利の引き下げ交渉を持ちかける

 

3.千葉銀行カードローンの金利引き下げ術「他社への借り換えを引き合いに出す」

金利の引き下げ交渉として意外と効果があるのが「他社への借り換えを引き合いに出す」という方法です。

「今は千葉銀行で借りてるけど、他のカードの方が金利が安い」

もしこんな状態があれば、さっそく千葉銀行カードローンに引き下げ交渉を持ちかけてみて下さい。

千葉銀行側としても、他社へ借り換えられるくらいなら、金利を引き下げてでも繋ぎとめておきたいと思うもの。

なので、金利の引き下げ交渉を考えるなら、ぜひ他社への借り換えを引き合いにだして交渉してみて下さいね!

カードローンの金利引き下げ交渉 その3

  • 他社への借り換えを引き合いに出す
  • 借り換えられる位なら金利を下げてくれやすい
  • 長期利用者なら応じてくれやすい

 

4.千葉銀行カードローンの金利引き下げ術「金利優遇プランを利用する」

千葉銀行カードローンの金利引き下げ方法で、とても効果的なのが「金利優遇プラン」を利用するという方法です。

実は千葉銀行カードローンでは、住宅ローンの契約者や年収が500万円以上の人に対して、カードローンの金利優遇プランがあるんです。

千葉銀行カードローンの金利優遇プランマイワレット…住宅ローン契約者専用のプラン。通常のカードローンより年率0.20%割引してくれる。

プレミアクラス…年収500万円以上の人専用プラン。通常のカードローン金利よりも安く利用できる

参考記事
>>千葉銀行カードローンの金利優遇プランについて

これらの金利優遇プランを活用すれば、よくあるカードローンの金利設定よりもはるかに安く利用できるのでかなりおすすめ。

もしあなたが千葉銀行で住宅ローンを契約していたり、年収が500万円以上があるならぜひ金利優遇プランを活用してみて下さいね!

カードローンの金利引き下げ交渉 その4

  • 千葉銀行カードローンなら金利優遇プランがある
  • 住宅ローン利用者にはマイワレット
  • 年収500万円以上ならプレミアクラス

 

千葉銀行カードローンなら金利も安いので安心して使えます!

千葉銀行カードローンでは、メガバンク系カードローンと比べても、金利が十分安いので、初めてカードローンの利用を考えているあなたにもとてもおすすめです。

また、限度額が最大で800万円まであるので、ローンの一本化や借り換えにも使えてとても便利。

しかもこれだけ好条件が揃ったカードローンを、主婦や派遣社員でも利用できるので、融資にも積極的だと言えます。

ちなみに、千葉銀行カードローンなら口座開設の手続きなどもスマホからかんたんに手続きができるのでとても便利です。

会社の通勤やお昼休みでも素早く申し込みを完了させることができるので、さっそく申込んでみましょう!

千葉銀行カードローンなら10秒クイック診断があるので、あなたが今すぐ審査に通るか調べてみて下さいね!

 

あなたにおすすめの銀行カードローンのまとめ!

千葉銀行

千葉銀行カードローンは、年率1.8%~14.8%という低金利、毎月の返済額が月々2000円から利用できる、返済負担の少ない銀行カードローンとなっています。

主婦や派遣社員の方も審査を申込めるので、普段から千葉銀行を利用されている方には特におすすめです。(もちろん、千葉銀行の口座がない人も申込みOK!)

千葉銀行カードローンなら、WEB完結・来店不要で審査が完了し、審査通過後は全国の提携ATMで自由に使えるので、旅行や出張にも使える心強い味方になってくれること間違いありませんよ!

※東京・千葉・茨城・埼玉と神奈川県の一部地域(横浜市・川崎市)で申込むことができます。

 

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持てる返済負担がとても軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

みずほ銀行

みずほ銀行カードローンは、年率2.0%~14.0%という金利の安さで借りれる低金利の銀行カードローンとして人気があります。

みずほ銀行カードローンを契約すれば、みずほ銀行ATMの利用手数料が無料になる特典が付いてくるので、ATM手数料を節約したい方にも人気があります。

もしあなたがみずほ銀行の口座を持っているのなら、間違いなくみずほ銀行カードローンがおすすめですよ!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

-千葉銀行カードローン

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2019 All Rights Reserved.