銀行カードローンの特徴

銀行カードローンの在籍確認で注意するべき5つのこと

更新日:

銀行カードローンの在籍確認で 注意するべき5つのこと

在籍確認とは「あなたが本当に申告した会社に勤めているかを確認すること」です。

そんな在籍確認は、銀行カードローンの審査を申し込んでも必ずあります。

そこで、銀行カードローンの在籍確認では、一体何に注意をすれば良いのかを5つにまとめました。

  1. 在籍確認の流れはどんな感じ?
  2. カードローンの名前で言われるの?
  3. どんなことを聞かれるの?
  4. 会社の同僚にバレる心配はないの?
  5. 給与明細があれば在籍確認が省略される

在籍確認の内容は基本的に、銀行カードローンも消費者金融も同じです。

また在籍確認は、基本的に必須の審査項目なので、これをクリアしないとお金を借りることはまず難しいと思っておきましょう。

ただし、最後に紹介する方法を実践すれば、在籍確認が省略できる場合もあるので、参考にして下さい。

 

1.在籍確認の流れはどんな感じ?

基本的に在籍確認は、1次審査に通過したあとに行われます。

具体的には、各カードローンのホームページで審査の申込みが完了し、審査結果の電話が掛かってきた次のタイミングです。

多くの場合、審査結果の電話が掛かってきた時に「これより申告頂いた勤務先に電話を掛けますが宜しいですか」と言った内容の確認の電話が掛かってきます。

もしくは、自動契約機の中に入った時に、在籍確認をしても良いかの相談を持ちかけられる場合もあります。

この辺りの具体的なタイミングは銀行カードローンによって微妙に違うので注意しましょう。

 

2.カードローンの名前で言われるの?

銀行カードローンの在籍確認の場合、カードローンの名前を名乗ることはほぼありません。

良くあるのは

「田中(担当者名)と申しますが、○○様はいらっしゃいますか?」

と言うような流れです。

この時、仮にあなたが不在であったとしても、実際にその会社に勤めていることの確認が取ることができれば、在籍確認としては問題ありません。

結論として、カードローンのサービス名を名乗って電話を掛けてくる事はないので、安心して在籍確認を受けることは出来ます。

 

3.どんなことを聞かれるの?

在籍確認の電話では、あなたの個人情報を根ほり葉ほり聞いてくることはほぼありません。

これはプライバシーやサービスの観点からも、各カードローンではまずやらない行為です。

基本的には、あなたが在籍していることが確認できた時点で、「ではまた折り返しお電話させて頂きます」などの、差しさわりの無い内容で電話を切ってくれます。

また、あなた本人が出た場合も、「以上で、在籍確認が取れましたので失礼致します」と言った形ですぐに電話を切ってくれるので安心です。

 

4.会社の同僚にバレる心配はないの?

一つ注意点があるとすれば、勘の良い人であれば「在籍確認の電話かな?」と気づいてしまう可能性があることです。

あなたが営業職などであれば、不特定多数の人から毎日電話が掛かってくるので、会社の同僚などに気付かれる心配は少ないと言えます。

ただし、事務職や現場職などであれば、まず個人名を名乗って電話を掛けてくる時点でかなり不自然に感じますよね。

もしこういった在籍確認に少し抵抗を感じる場合は、次に紹介する方法を試してみて下さい。

 

5.給与明細があれば在籍確認が省略される

これは銀行カードローンに限らず、消費者金融でも同じことが言える方法です。

もしあなたが在籍確認の電話が嫌なのであれば、審査結果の折り返しの電話の時に思い切って相談してみましょう。

実は、多くの銀行カードローンや消費者金融では、給与明細や社会保険証など、あなたが実際に会社に勤めていることを証明できる書類を提出すれば、それを在籍確認の書類として認めてくれる場合がほとんどなのです。

ただし、在籍確認を辞めて欲しい理由に正当性がある場合に限ります。

とは言え、給与明細や社会保険証を提出すれば、多くの銀行カードローンでは在籍確認を省略してくれるので、ぜひ相談してみましょう!

 

人気の高い銀行カードローンのまとめ!

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持てる返済負担がとても軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

みずほ銀行

みずほ銀行カードローンは、年率2.0%~14.0%という金利の安さで借りれる低金利の銀行カードローンとして人気があります。

みずほ銀行カードローンを契約すれば、みずほ銀行ATMの利用手数料が無料になる特典が付いてくるので、ATM手数料を節約したい方にも人気があります。

もしあなたがみずほ銀行の口座を持っているのなら、間違いなくみずほ銀行カードローンがおすすめですよ!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

 

千葉銀行

もしあなたが関東にお住まいなら、年率1.7%~14.8%で借りれる千葉銀行カードローンがおすすめです。

千葉銀行カードローンなら、専業主婦や派遣社員の方も審査を申込めるので、審査や年収に自信のない方にもおすすめです。

WEB完結・来店不要で審査が完了し、千葉銀行の口座がなくても審査を申込めるので、初めて銀行カードローンを利用する方にもおすすめですよ!

-銀行カードローンの特徴

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.