おまとめローン

銀行カードローンでおまとめローンを組むメリットとデメリット!

更新日:

消費者金融の借入が重なって返済が辛いんです…
もう少し金利の安いカードローンってないんでしょうか?
そんな時は銀行カードローンを使ったおまとめローンがおすすめピヨ!

消費者金融の借入やクレジットカードのリボ払いの残高が多く、いつまでも返済が見えてこないあなた。

そんな時は銀行カードローンを使ったおまとめローンを利用するのがおすすめです。

銀行カードローンでおまとめするメリット!
  1. 低金利で借り換えられる
  2. 限度額が高くなるほど低金利
  3. 申込手続きがカンタン!
  4. 審査結果が分かるまでが早い!
  5. 信用情報にキズが残らない

銀行カードローンを使っておまとめローンを組む事で、消費者金融やクレジットカードのリボ金利よりも安く安全にお金を返済していくことができます。

特にクレジットカードのリボ払いは悪質で、毎月1万円以上返済しているのに元金返済が15円しかできていない事もあり、とても危険な支払い方法になっています。

その点、銀行カードローンを利用すれば、あなたが契約する限度額を高くすることで毎月の金利が下がるので、結果的に消費者金融やクレジットカードよりも低金利で借り換えることができるんです。

銀行カードローン以外にもおまとめローンを利用したリボ地獄の脱出方法は色々とありますが、審査申込の簡単さや、融資決定までのスピードの早さを考えれば銀行カードローンはとても優秀です。

今回は銀行カードローンを使ったおまとめローンの方法について解説していくので、消費者金融やクレジットカードの返済が少しでも苦しいと感じているあなたは今すぐチェックして下さいね!

 

そもそもおまとめローンとは何なのか?

おまとめローンとは、複数社の借金を一本にまとめられるローン商品ピヨ!
おまとめ以外にも借り換えローンなんかもあるのね

おまとめローンとは、簡単に言えば「カードローンやクレジットカードなど、複数の借入を一本にまとめ、毎月の返済金額を軽くするローン商品」のことを言います。

おまとめローンとは、複数の借入を一本にまとめ、毎月の返済金額を軽くするローン商品のこと

特に複数社からの借金がある場合は、毎月の返済日も返済金額もバラバラなので、返済日を忘れてしまったり、給料日が来たと同時に金欠になってしまうことが珍しくありません。

そんな時に、銀行カードローンなどを使っておまとめすれば、複数社からの支払いを一本にまとめることができ、返済日の管理が簡単になります。

また、銀行カードローンの場合、借入の合計額(限度額)が高くなるほど金利が下がるので、毎月の返済額も一本にまとめた方が安くなりやすいメリットがあります。

厳密には、銀行カードローンは「おまとめローン」と呼べる商品ではありませんが、金利の借り換え目的やローンの一本化目的としても利用できるケースがほとんどです。

おまとめ目的や借り換え目的で利用できるかは、各銀行カードローンによって判断が異なるので、詳しくは審査を申込んだときの本人確認の電話が掛かってきたときに確認されることをおすすめします。

 

おまとめローンに使える主なローン商品

銀行カードローン以外でおまとめローンってあるんですか?
不動産担保やフリーローンなんかもおすすめピヨ!

実は「おまとめローン」という商品名でローン商品を扱っている金融機関の数は少なく、実際には各申込者の判断で、おまとめ目的や借り換え目的でローンを申込んでいるケースが多いです。

最近は、消費者金融が「貸金業法に基づくおまとめローン」という商品名で、一時的に総量規制対象外で借りれるおまとめローン商品を提供していますが、金利が高くあまりおすすめできません。

そこで、銀行カードローンを含め、おまとめローンに使える主なローン商品を下に簡単にまとめました。

おまとめローンに使える主な金融商品
不動産担保ローン 持ち家を担保に入れておまとめする方法、担保があるため審査が甘く金利が安くなる傾向が強いが、返済できなかった時に持ち家を売却する必要がある
銀行カードローン 消費者金融やクレジットカードよりも低金利で借りれるだけでなく、審査手続きが簡単な点や審査スピードが早いのが利点。
フリーローン 銀行カードローンと同程度もしくは数%ほど低金利で借りれる。ただし、来店の必要があったり手続きの煩雑さや審査スピードに難点がある。返済方法は原則口座引落のみ。
おまとめローン 消費者金融が提供している事が多いが、来店が必要なケースが多く、金利も銀行カードローンよりも高いため、あまりおすすめはできず、最後の手段という立ち位置。

どのおまとめローンの方法もそれぞれに特徴があるので、あなたの事情や借入理由に合わせて柔軟に手段を選ぶのがおすすめです。

ただ、審査の申込の手軽さや審査スピードの早さなど、金利面を含めた総合的なサービスを考えれば、銀行カードローンを使っておまとめローンを組むことは賢い方法の一つと言えます。

もしあなたが複数社からの支払い問題やリボ地獄から1日でも早く脱出したいと思うのなら、今すぐ銀行カードローンを使っておまとめローンを実行しましょう。

 

銀行カードローンでおまとめローンを組むメリット!

銀行カードローンでおまとめローンを組むメリットって何がありますか?
金利の安さや審査のスピード以外にも色んなメリットがあるピヨ!

結論から言えば、あなたが初めておまとめローンを考えているのなら、まずは銀行カードローンから始めてみると手続きも簡単なので、安心して実行できると思います。

また、銀行カードローンでのおまとめローンは手続きの簡単さだけでなく、次に紹介するようなメリットもあるのでとてもおすすめです。

もしあなたがおまとめローンを真剣に考えているのなら、ぜひチェックして下さいね。

 

メリット①:低金利で借り換えられる

メリット 1
リボ払いより
低金利!

クレジットカードのリボ払いは、基本的に残高が何十万、何百万あったとしても年率15.0%のまま。

それに対し、銀行カードローンなら、あなたが契約する限度額に応じて年率1.8%~14.5%くらいで契約できることが多いので、支払先を銀行カードローンに切り替えるだけで、毎月発生する金利をかなり抑えることができます。

また、住宅ローンを契約している銀行でカードローンを申込めば、カードローンの金利がさらに0.5%下がるなど、独自の金利優遇サービスを展開している銀行も多いです

そのため、まずは住宅ローンを契約している最寄りの銀行に問い合わせてみましょう。

 

メリット②:限度額が高くなるほど低金利

メリット 2
限度額が上がれば
金利は下がる

また、銀行カードローンの特徴として、毎月発生する金利は、あなたが契約する限度額が高くなれば高くなるほど金利が安くなっていく仕組みになっています。

そのため、あなたが複数社からの借入があって、一本にまとめた時の合計額が大きくなるほど、銀行カードローンで契約できる金利は有利になっていきます。

一般的に限度額が200万円を超えてくると、どこの銀行カードローンでも金利が大幅に下がる傾向にあるので、一度相談してみましょう。

 

メリット③:申込手続きがカンタン!

メリット 3
申込み方法が
とても簡単!

銀行カードローンよりも低金利で契約できる期待値が高いのが、不動産担保ローンや銀行のフリーローンと言った金融商品です。

ですが、これらのローン商品は手続きが面倒なことが多く、審査に時間も掛かるので、あまりおすすめすることができません。

もし少しでも金利を安く完済を早めたいと言う場合には、銀行カードローンで借りるお金を"つなぎ融資"的な位置付にしておき、不動産担保ローンやフリーローンの審査に通るまでは銀行カードローンで返済額を軽くするという法方も有効です。

 

メリット④:審査結果が分かるまでが早い!

メリット 4
銀行カードなら
最短翌営業日

これはあなたが申込む銀行カードローンの種類にもよってことなりますが、大手の銀行カードローンなら早ければ最短翌営業日には審査が完了するので、急いで借金をおまとめしたいと言うときにおすすめです。

また、一部の銀行カードローンは、口座開設なしで審査を完了できる所もあるので、もしあなたが口座開設が面倒に感じるときは、口座開設なしの銀行カードローンを探してみましょう。

ちなみに、口座を持っている銀行でカードローンを持っていれば、手持ちのキャッシュカードにカードローンを加えてくれる銀行も多いです。

この場合、口座開設の時間が掛からないので、通常は審査完了までに2週間かかる銀行でも、口座ありの場合は最短翌営業日となるケースは多いです。

詳しくは各銀行カードローンの公式ホームページをチェックして下さい。

 

メリット⑤:信用情報にキズが残らない

メリット 5
おまとめローンは
債務整理じゃない

たまに「おまとめローンは債務整理じゃないの?」と心配する人がいますが、それは大きな勘違いです。

基本的におまとめローンと言うのは一種の金融商品に過ぎないので、借金を一本にまとめたり、金利の安いローンに借り換えたりするのは債務整理とは全く異なります。

そのため、おまとめローンを利用したからと言って、あなたの信用情報にキズが残ることもありませんし、一定期間ローンを組めなくなるというデメリットもありません。

もしあなたが近い将来に、マイホーム購入のための住宅ローンや、子どもの教育ローンなどを考えている場合には、債務整理ではなくおまとめローンを検討するのが賢い選択になると言えます。

 

銀行カードローンでおまとめローンを組む時のデメリット

逆におまとめローンのデメリットや注意点ってありますか?
審査が厳しい傾向や、不動産担保より金利が高いなどがあるピヨ!

もちろん、銀行カードローンを利用したおまとめローンは決して万能ではなく、いくつかのデメリットや注意点も存在します。

銀行カードローンでおまとめするデメリット
  1. 不動産担保より金利が高い
  2. 審査が厳しくなりやすい
  3. 長期返済になりやすい

 

デメリット①:不動産担保ローンより金利が高い

デメリット 1
不動産担保より
金利は高め

銀行カードローンは担保なし・保証人なしで借りれる金融商品のため、不動産担保ローンよりも金利が割高になる傾向が強いです。

また、不動産担保ローンであれば、住宅ローンの残債を差し引いた不動産の売却価値分までは融資を引き出せることが多いので、一般的に審査が甘いと言われています。

ただし、万が一返済ができなくなると不動産担保ローンの場合は、担保売却(持ち家の売却)が発生するリスクがあることも忘れてはいけません。

そういったリスクを考えれば、担保なし・保証人なしで借りれる銀行カードローンは、リスクの低いおまとめローンの方法と言えます。

 

デメリット②:審査が厳しくなりやすい

デメリット 2
おまとめ目的は
審査が厳しめ

これは銀行カードローンの審査が厳しいと言うよりも、おまとめ目的で審査を申込んでいる時点で、既に他社借入額が大きく審査が難航しやすいという意味です。

本来、銀行カードローンの審査では、他社借入額が少なく返済履歴に滞納や延滞がない人の方が審査に通りやすい傾向にあります。

ですが、おまとめローン目的となると、すでに他社の借入額が大きくなりがちなので、銀行カードローンの審査に通るためにはある程度のまとまった年収のある人に限定されやすいと言えます。

少なくともあなたが会社や企業に勤める会社員か公務員であればおまとめローンの審査に通る見込みはあると言えるので、ぜひ審査を申込んでみて下さい。

 

デメリット③:長期返済になりやすい

デメリット 3
繰上返済を
積極的にする

銀行カードローンの返済額は、消費者金融と比べるとかなり割安に設定されているため、最低返済額のまま返済を続けると返済が長期化しやすいデメリットがあります。

そのため、最低返済額のまま返済を続けてしまうと、完済時の総支払額がおまとめ前よりも高くなってしまうケースがあることに注意して下さい。

対策としては、ある程度生活が落ち着いた段階で、早めに繰上返済をするなどをして、早期返済・早期完済を目指していくことが大切です。

仮に毎月1000円づつでも構わないので、生活資金に余裕のあるときは早めに繰上返済を行っていく様にしましょう。

 

提供担保や保証人がなければ銀行カードローンがおすすめ!

どのおまとめローンにするべきか悩んでいるんだけど…?
提供担保や保証人がなければ銀行カードローンがおすすめピヨ!

もしあなたがどのおまとめローンを利用するべきか悩んでいるのなら、提供できる担保の有無や保証人になってくれそうな人の有無で考えてみるのがおすすめです。

特に低金利で契約できる不動産担保ローンでは、あなたが取得している持ち家や土地を担保にしてローンを組む必要があります。

持ち家を共用名義で購入している場合には、持分所得者の同意書も必要になるので、家族にあなたの借金がバレてしまうリスクも承認する必要があります。

銀行フリーローンを契約する場合も、保証人が必要になる場合が多く、保証人を擁立するという事は保証人にあなたの借金がバレてしまうことを忘れてはいけません。

おまとめローンの担保・保証人の有無
不動産担保ローン 持ち家や土地などの担保提供が必須。場合によっては保証人の擁立が必要。
フリーローン 審査内容によっては、保証人の擁立を求められることがある。
銀行カードローン 担保なし・保証人なしで借りることができる

つまり、銀行カードローンを利用すれば、担保なし・保証人なしでおまとめローンを組むことができるので、結果的に誰にもバレることなく借金問題を解決することができると言えます。

もしあなたが提供できる担保や擁立できる保証人がいない場合は、ぜひ銀行カードローンでおまとめローンを組んで行きましょう。

 

銀行カードローンでおまとめローンを組む時の手順!

銀行カードローンでおまとめローンを組む時はどうすればいいの?
下に簡単なフローチャートをまとめたピヨ!

もしあなたが銀行カードローンを使ったおまとめローンを考えているのなら、下に紹介するような流れで手続きするのがおすすめです。

おまとめローンの進め方
  • 1.銀行カードローンを申込む
  • 2.借りたお金で他社を完済
  • 3.完済したカードはすぐに解約
  • 4.2と3を繰り返す

もし銀行カードローンで提示された限度額がおまとめできるほどに高くなかった場合、まず先に借りたお金で他社カードを出来る限り返済&完済し、その返済実績もとにして増額審査を申込む方法がおすすめです。

あとは増額できたお金を使ってさらに他社の返済や完済に回していき、また増額審査を繰り返していくことで、少しづつ時間を掛けて一本にまとめていく方法がおすすめです。

銀行カードローンを使ったおまとめローンを進めていく手続きについては、下の記事に詳しくまとめてあるので、ぜひ参考にして下さい。

銀行カードローンのおまとめ方法

 

銀行カードローンとおまとめローンに関する質問

銀行カードローンを使ったおまとめローンについてよくある質問をまとめたピヨ!
ここにまとめきれていない質問や疑問などがあれば、お気軽にお問合せ下さい♪

最後に銀行カードローンとおまとめローンを利用するなかで、よくある質問をQ&A方式でまとめました。

もしここでまとめきれていない質問や疑問点などがありましたら、お気軽に質問フォームよりご連絡下さい。

 

質問①:おまとめローンって債務整理と何が違うんですか?

おまとめローンって債務整理と何が違うんですか?

まずおまとめローンは信用情報にキズ(事故情報)が残らないので、おまとめローンを利用した直後でも、住宅ローンや教育ローンを組むことができます。

一方、債務整理を利用すれば、借金は大幅に減らすことができる一方で、事実上、住宅ローンや教育ローンを組む事はまず不可能になります。

おまとめローンと債務整理の詳しい違いについては、下の記事に詳しくまとめたので、ぜひ確認をして下さい。

おまとめローンと債務整理の違い

 

質問②:銀行カードローンでおまとめして問題は発生しませんか?

銀行カードローンでおまとめして問題は発生しませんか?

全く問題ありません。

ただし、一部の銀行カードローンでは、おまとめ目的での利用を断るケースもあるので、詳しくは銀行カードローンの審査を申込んだときの本人確認の電話が掛かってきたタイミングで確認して下さい。

 

質問③:おまとめローンと相性のよい銀行カードローンはありますか?

おまとめローンと相性のよい銀行カードローンはありますか?

これは人によって異なるケースが多いので何とも言えません。

一つの目安として、できる限り金利の安い銀行カードローンを探すことで、毎月の返済額が安く抑えることができるのでおすすめです。

また、住宅ローンを組んでいる銀行があれば、契約するカードローンで金利優遇も受けられるケースもあるので、一度銀行窓口で相談されてみることをおすすめします。

 

銀行カードローンなら低金利で素早く一本化に成功します

銀行カードローンなら低金利で最短翌営業日には一本化できるピヨ!
今すぐ借金を一本化させたいと言う時にはとても心強いですね♪

今回は銀行カードローンを利用したおまとめローンの利用方法について解説をしましたが如何でしたでしょうか?

ローン商品の中には、銀行カードローンよりも金利の安いおまとめローンは色々とありますが、総合的なバランスを考えれば銀行カードローンの方がおすすめというケースは多いです。

特に今すぐ毎月の返済額を安く抑えたい、すぐにでも借金を一本にまとめたいという時には、銀行カードローンを利用した方が最短翌営業日には審査結果が出るので、審査結果を急ぎたいあなたにとてもおすすめです。

銀行カードローンのメリット!
  1. 審査結果は最短翌営業日
  2. 消費者金融より低金利
  3. 増額審査にも対応

何より銀行カードローンでおまとめローンを利用すれば、他のおまとめローンとは違い、年会費無料・限度額の範囲内で何度でも利用できるので、おまとめローンの完済が終わった後でも利用することができます。

また、おまとめローンの返済を続けていく中で、結婚式やお葬式など、どうしてもお金が必要なときは銀行カードローンからお金を借りることもできるので、他のおまとめローンの方法よりも柔軟性がある借り方ができます。

こんな風に銀行カードローンを使ったおまとめローンを利用すれば、金利面や審査のスピードだけでなく、総合的な部分においてメリットが大きいのであなたもぜひ審査を申込んでみて下さいね!

 

カード選びに迷ったらコレ!おすすめカードローンのまとめ!

SMBCモビット

SMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

みずほ銀行

みずほ銀行カードローンは、年率2.0%~14.0%という金利の安さで借りれる低金利の銀行カードローンとして人気があります。

みずほ銀行カードローンを契約すれば、みずほ銀行ATMの利用手数料が無料になる特典が付いてくるので、ATM手数料を節約したい方にも人気があります。

もしあなたがみずほ銀行の口座を持っているのなら、間違いなくみずほ銀行カードローンがおすすめですよ!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

-おまとめローン

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2019 All Rights Reserved.