カードローンの返済方法

主なカードローンの返済方法と返済金額を解説!あなたに最適な返済方法はコレ!

更新日:

カードローンの返済方法ってどうすればいいんですか?
大きく「ATM返済・銀行振込・口座引落」の3種類に分かれるピヨ!

カードローンの返済は、基本的に毎月1回定められた日に利用残高に応じた金額を返済することになります。

そして返済方法は「ATM返済・銀行振込・口座引落」の中から、どれか好きな方法を選択して返済するパターンが中心です。

カードローンの返済ルール
  1. 返済日は基本的に月1回
  2. 利用残高で返済金額が決まる
  3. 返済方法は大きく3種類

今紹介した3つのルールは、どのカードローンを選んだ場合でも共通しているので、あなたが初めてカードローンを利用する場合は、必ずカード会社に問合せして、返済金額や返済日のチェックを行っておきましょう。

返済期日までに返済ができないと、あなたの与信情報に傷が残ってしまうので、今回紹介するカードローンの返済方法を参考にして、きちんとカードローンの返済計画や返済プランを立てるようにして下さいね!

もしあなたが初めてカードローンの利用を考えているのなら、カードローンの選び方や失敗しない利用法などをまとめた記事もあるので、ぜひ合わせてチェックして下さいね!

カードが初めての人へ

 

初めてのカードローン返済であなたが抑えるべき3つのポイント!

カードローンの返済が初めての場合はどうしたらいいですか?
次に紹介する3つのポイントを押さえておくことが大切ピヨ!

カードローンを利用する場合、返済期日や返済金額など抑えるべきポイントがいくつかありますが、初めてカードローンを利用する場合、どこに注意したらいいのか分かりませんよね。

そこで、もしあなたが初めてカードローンを利用する場合は、次に紹介する3つのポイントに注意することで、安心・安全にカードローンを利用することができるようになります。

 

ポイント①:カードローンの返済期日はカード会社で異なる

point 1
返済期日は
カードで違う

カードローンの返済期日は基本的に月に1回になっていますが、あなたが選ぶカードローンによっては、返済日の選択方法が変わるので注意が必要です。

主なカードローンの返済期日
最低返済額 返済期日
三菱UFJ銀行 月々1,000円~ 毎月指定日(申込時に選択)に返済 or 35日ごとに返済
三井住友銀行 月々2,000円~ 毎月5日,15日,25日,末日に返済
みずほ銀行 月々10,000円~ 毎月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)に返済
千葉銀行 月々2,000円~ 毎月1日(銀行休業日の場合は翌営業日)に返済
愛媛銀行 月々2,000円~ 毎月月末までに返済
福岡銀行 月々2,000円~ 1日~26日(銀行休業日の場合は、翌営業日)の任意の日
SMBCモビット 月々4,000円~ 毎月5日,15日,25日,末日に返済
プロミス 月々4,000円~ 毎月5日,15日,25日,末日に返済
アイフル 月々4,000円~ 毎月指定日(申込時に選択)に返済 or 35日ごとに返済
ファーストプレミアム 月々4,000円~ 毎月指定日(申込時に選択)に返済 or 35日ごとに返済
ベルーナノーティス 月々2,000円~ 銀行引落・郵便引落は毎月5日、銀行振込は毎月5日か毎月27日

大抵のカードローンは、毎月1回決められた日に返済を行う約定返済日制を採用しています。

ですが、例外的に三菱UFJ銀行・アイフルの2社に関しては、最終返済日から35日以内に返済すればOKという「サイクル制」も選ぶことができます。

カードローンの返済日のルールは?
約定返済日 毎月決められた日までに返済を行う方式。ほとんどのカードローンが約定返済制を採用している。
サイクル制 最終返済日から35日以内に返済をする方式。三菱UFJ銀行とアイフルで借りた場合にのみ利用できる。

どちらの返済方式がいいのかは一概には言えず、あなたの返済プランや返済計画などにもよって異なります。

約定返済制を採用すれば、毎月のお給料日前に返済日を設定することで無理なく返済ができますし、サイクル制を採用すれば、返済期日をギリギリまで先延ばしにすることができます。

どちらが優れているかはあなたの返済計画によって変わるので、あなたのお給料日や収入状況などと相談しながら、どちらか好きな返済方法を選びましょう。

ちなみに、返済日は1日~末日の間から好きな日を選べるカードローンもあれば、事前に決められた返済日の中から選ぶタイプのカード―ンもあります。

そのため、今紹介した返済日とあなたのお給料日と照らし合わしながら、無理なく返済できるカードローンを選ぶ方法もおすすめです。

 

ポイント②:毎月の返済金額は前月の利用残高で決まる

point 2
返済金額は
残高で決まる

カードローンの毎月の返済金額は、あなたが契約する限度額の高さで決まるのではなく、前月のカードローンの利用残高もしくは最終借入残高に応じて決定されます。

例えば、限度額が50万円で契約した場合でも、利用残高が10万円だった場合は、10万円だった時に支払う最低返済額が適用されるというイメージです。

残高100万円以下の返済額比較表
10万円 20万円 30万円 40万円 50万円 60万円 70万円 80万円 90万円 100万円
三菱UFJ銀行※1 1,000円 2,000円 3,000円 4,000円 5,000円 6,000円 7,000円 8,000円 9,000円 10,000円
三井住友銀行 2,000円 4,000円 6,000円 8,000円 10,000円 11,000円 12,000円 13,000円 14,000円 15,000円
みずほ銀行 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円
千葉銀行 2,000円 4,000円 6,000円 8,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円
愛媛銀行 2,000円 2,000円 2,000円 5,000円 5,000円 15,000円 15,000円 15,000円 15,000円 15,000円
福岡銀行 2,000円 4,000円 6,000円 8,000円 10,000円 20,000円 20,000円 20,000円 20,000円 20,000円
SMBCモビット 4,000円 8,000円 11,000円 11,000円 13,000円 16,000円 18,000円 21,000円 23,000円 26,000円
プロミス 4,000円 8,000円 11,000円 11,000円 13,000円 16,000円 18,000円 21,000円 23,000円 26,000円
アイフル※2 5,000円 9,000円 13,000円 13,000円 15,000円 18,000円 21,000円 24,000円 27,000円 30,000円
ファーストプレミアム※3 5,000円 9,000円 13,000円 13,000円 15,000円 18,000円 21,000円 24,000円 27,000円 30,000円
ベルーナノーティス 4,000円 8,000円 12,000円 13,000円 14,000円 17,000円 20,000円 23,000円 26,000円 29,000円
※1…三菱UFJ銀行の返済額は年率8.1%以下のときのものです。
※2,3…アイフル、ファーストプレミアムカードローンの返済額は35日サイクル制を導入した時のものです。

カードローンの返済金額は、消費者金融系よりも銀行カードローンの方が安い傾向にあります。

そのため、もしあなたが毎月の返済金額を少しでも安く抑えたいと考えているのなら、銀行カードローンを選んだ方が毎月の負担額は少なくなると言えます。

ちなみに、利用残高が100万円を超えた場合の毎月の返済金額は以下の通りです。

残高100万円以上の返済額比較表
100万円 200万円 300万円 400万円 500万円 600万円 700万円 800万円 900万円 1,000万円
三菱UFJ銀行※1 10,000円 20,000円 30,000円 40,000円 50,000円
三井住友銀行 15,000円 25,000円 35,000円 45,000円 55,000円 60,000円 65,000円 70,000円
みずほ銀行 10,000円 20,000円 30,000円 40,000円 50,000円 60,000円 70,000円 80,000円
千葉銀行 20,000円 30,000円 40,000円 50,000円 60,000円 70,000円 80,000円 90,000円
愛媛銀行 15,000円 25,000円 30,000円 35,000円 40,000円 50,000円 50,000円 50,000円
福岡銀行 20,000円 30,000円 40,000円 50,000円 60,000円 70,000円 80,000円 90,000円 100,000円 110,000円
SMBCモビット 26,000円 36,000円 46,000円 56,000円 66,000円 76,000円 86,000円 96,000円
プロミス 26,000円 40,000円 60,000円 80,000円 100,000円
アイフル※2 30,000円 40,000円 50,000円 60,000円 70,000円 80,000円 90,000円 100,000円
ファーストプレミアム※3 30,000円 40,000円 50,000円 60,000円 70,000円 80,000円 90,000円 100,000円
ベルーナノーティス 29,000円 39,000円 49,000円
※1…三菱UFJ銀行の返済額は年率8.1%以下のときのものです。
※2,3…アイフル、ファーストプレミアムカードローンの返済額は35日サイクル制を導入した時のものです。

カードローンで利用残高が100万円を超えると、どのカードローンを利用しても返済金額がかなり大きくなるので、まとまったお金を借りる時は必ず利用目的をはっきりさせて借りる必要があります。

ただし、複数社から30万円づつお金を借りるくらいなら、1社に絞って100万円を借りた方が毎月の返済金額は安く抑えることができます。

そのため、もしあなたが複数社からの借入があり、返済が苦しいと感じることがあれば、どこか一社に借り先をまとめてしまう方法がおすすめです。

詳しくは、おまとめローンについての記事を参考にして下さい。

おまとめローンのまとめ

 

ポイント③:カードローンの返済方法は大きく3種類

point 3
返済方法は
大きく3通り

肝心のカードローンの返済方法は、冒頭で紹介した通り「提携ATM・銀行振込・口座引落」の3種類に分かれており、カードローンを契約する段階で好きな返済方法を選ぶことになります。

主なカードローンの返済方法
提携ATM 提携ATMにカードローンを挿入し、決められた返済金額を入金する方法。カード会社によっては提携ATMの手数料が無料になったりする。一番オーソドックスな返済方法。
銀行振込 指定された日付までに、カード会社が指定した銀行口座に振込で返済する方法。特定のネットバンク等を利用すれば、振込時に掛かる振込手数料を無料にできる。
口座引落 毎月指定された日に、事前にしてした銀行口座からお金が自動で引落される返済方法。返済日が近づくたびに返済手続きをする必要がないため、返済の手間を減らしたい人におすすめ。

今紹介した返済方法のほかにも、公式アプリを利用した返済方法や、直接店舗に来店して返済する方法など、色々な返済方法があります。

どの返済方法を採用しても問題ありませんが、提携ATMからの返済を選択すれば、繰上返済などを自由に行えるのでとてもおすすめです。

 

カードローンの返済で知っておくと得するポイント!

カードローンの返済はどういったポイントに注意したらいいですか?
カードローンの返済で知っておくべきポイントをまとめたピヨ!

カードローンの返済はちょっとしたコツやポイントを知っておくだけでも、返済金額やカードの利用で心理的な負担が軽くなったりします。

カード返済のポイント!
  1. おすすめはATM返済!
  2. 返済金額は節約できる!
  3. 返済できない時の対処を知る!

今紹介した3つのポイントを押さえておけば、あなたが初めてカードローンを利用する時であっても、返済金額を少しだけ節約することができます。

ひと月当たり数百円の節約になるかもしれませんが、1年も続けば数千円単位の節約につながるので、もしあなたが真剣に早期完済を考えてるのなら、しっかりチェックして下さいね。

 

ポイント①:カードローンでおすすめの返済方法はどれ?

point 1
おすすめは
提携ATM返済

もしあなたがカードローンでおすすめの返済方法を探しているのなら、提携ATMからの返済を選ぶのがおすすめです。

提携ATM返済のメリット

  • 手数料無料のATMがある
  • 繰上返済が自由にできる
  • 通帳に履歴が残らない

カードローンの返済方法は「提携ATM・銀行振込・口座引落」の3種類になっていますが、もし可能であれば提携ATMからの返済を選んでおくと繰上返済が自由にできるのでおすすめです。

特にあなたが契約するカードローンによっては、提携ATMの手数料が無料で借入や返済ができるので、少しでも返済手数料を節約したい場合は、提携ATMの手数料が無料になるカードローンを選ぶのがおすすめです。

もちろん、銀行振込や口座引落を利用した返済方法にも色々なメリットがありますが、これらの詳しい返済方法や返済手数料の節約方法については、下の記事を参考にして下さい。

返済手数料の節約方法

 

ポイント②:カードローンの返済金額を安くする方法は?

point 2
返済金額は
節約できる

毎月の返済金額はカードローンの利用残高によって決まりますが、あなたが契約するカードローンの種類などによって、毎月の返済金額を節約することが可能です。

返済金額を節約するには?

  • 繰上返済を活用する
  • 返済金額が安いカードを選ぶ
  • 返済手数料を節約する

カードローンの返済金額は一般的に節約できないと思われがちですが、実際には今紹介した方法を利用することで節約することが可能です。

ただし、節約する方法によっては、返済が長期化するリスクもあるので、カードローンでお金を借りる時はなるべく早期返済・早期完済を心がけて借りるようにしましょう。

カードローンの具体的な返済金額の節約方法については、下の記事を参考にして下さい。

返済金額の節約方法

 

ポイント③:もしも返済できない場合は?

point 3
返済相談は
いつでもOK

もし万が一、カードローンの返済期間中に返済できない月が現れた時は、返済できないことが分かった時点で早めにカード会社に連絡するようにしましょう。

もしも返済できない時は?

  • カード会社に早めに連絡
  • 返済期日の延長を相談する
  • 返済金額の一時減額を相談する
  • 返済プランの見直し相談をする

大手のカードローンを選んでいる限り、返済できない月があっても早めに相談することで、返済方法について柔軟に対応してくれるケースがほとんどです。

返済できない時に一番やってはダメなのは、返済遅れの連絡もせず無断で返済期日を破ることなので、もし万が一返済できない月が分かった時は、迷わずカード会社に連絡をして返済の相談をするようにしましょう。

返済ができない時の、具体的な返済相談や返済方法などについては、下の記事で詳しくまとめたので、ぜひ参考にして下さい。

返済できない時は?

 

カードローンの返済でよくある質問

カードローンの返済でよくある質問をまとめたピヨ!
ここにない質問や疑問点があればお気軽にご連絡下さいね♪

最後にカードローンの返済でよくある質問をまとめました。

もしここにない質問や疑問点などがありましたら、お気軽に質問フォームよりご連絡下さいませ。

 

質問①:カードローンの返済で小銭は使えますか?

カードローンの返済で小銭は使えますか?
提携ATMの対応機種によるピヨ!

原則、カードローンの返済は1,000円単位で行われますが、小銭(硬貨)が大量にある場合は、硬貨対応の提携ATMを利用して返済をすることが可能です。

ただし、硬貨対応のATMは営業時間によっては動いてくれないこともあるので、詳しくは各銀行のATMページを参考にして下さい。

 

質問②:カードローンの返済は経費になりますか?

カードローンの返済は経費になりますか?
カードローンで発生した金利部分は経費計上が可能になるピヨ!

結論から言えば、カードローンで借りたお金の元本は経費にならず、支払った利息部分は経費として計上することができます。

カード返済と経費のポイント!

  • 元本部分は経費不可
  • 利息部分は経費可能

カードローンの利息部分だけが経費の対象になる理屈として一番わかりやすいのが、カードローンで借りたお金に対しては税金が発生していないためです。

もしカードローンで借りたお金が課税対象として処理されているのであれば、毎月の返済で元本部分も経費計上できますが、融資金額にまで法人税等が課税されるケースはまずありません。

ですが、利息部分については、事業目的で借りたお金に対して発生した経費として考えることが可能になるので、大抵の場合は経費として勘定科目に載せることができます。

ただし、最終的な判断については税務署の判断によるので、事前に顧問税理士や会計士などに確認するようにしましょう。

 

質問③:カードローンの繰上返済のタイミングはいつ頃がいいですか?

カードローンの繰上返済のタイミングはいつ頃がいいですか?
理想としてはなるべく早い段階から始めるのがベストピヨ!

もしあなたがカードローンの繰上返済をどこかで考えているのなら、なるべく早い段階で繰上返済をすることをおすすめします。

繰上返済のコツ!

  • 早いほど効果が大きい!
  • 1,000円単位でも効果はある!
  • 地道な繰上返済が大切!

カードローンの繰上返済は、返済した金額分だけ元本部分の返済に充てることができるので、早い段階で始めた方がトータルの利息金額を節約できるメリットがあります。

また、たかが1,000円と言わず、少しづつでも繰上返済をすることで、大幅な利息節約の効果を得ることができる事も忘れてはいけません。

年率17.8%で50万円を借りた場合
返済プラン 返済額13,000円と比べて
返済額 返済回数 総支払い額 利息 回数差 利息差
13,000円 58ヶ月 746,160円 246,160円 0ヶ月 0円
14,000円 52ヶ月 717,377円 217,377円 6ヶ月 28,783円
15,000円 47ヶ月 694,862円 194,862円 11ヶ月 51,298円
16,000円 43ヶ月 676,713円 176,713円 15ヶ月 69,447円
17,000円 39ヶ月 661,751円 161,751円 19ヶ月 84,409円
18,000円 37ヶ月 649,220円 149,220円 21ヶ月 96,940円

毎月5,000円以上の繰上返済を続けることは難しいかもしれませんが、それでも月1,000円~3,000円づつの繰上返済であれば決して難しくはないかと思います。

繰上返済を続けるだけで1年以上の返済期間の短縮にも繋がるので、日々のちょっとした無駄を節約して、なるべく早い段階で繰上返済を始めるようにして下さいね。

繰上返済の具体的なポイントやメリットなどについては下の記事を参考にして下さい。

繰上返済のメリット

 

 

カード選びに迷ったらコレ!おすすめカードローンのまとめ!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
※バンクイックカードを即日発行する場合、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用が可能になります。

 

SMBCモビット

SMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

普通預金の口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も口座開設なしで審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

-カードローンの返済方法

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2019 All Rights Reserved.