中小消費者金融の特徴

ヤミ金とサラ金と消費者金融は一体何が違うのか?

更新日:

ヤミ金とサラ金と消費者金融は一体何が違うのか?

「ヤミ金とサラ金の違いって何だろう?」
「消費者金融とヤミ金の違いって何だろう?」

あなたも一度はこんな疑問を持ったことがありますよね。

結論から言えば、実はサラ金と消費者金融は同じ安心して利用できる正式な貸金業者なのに対し、ヤミ金とは違法な金利と営業を行っている絶対に手を出してはいけない貸金業者のことなんです。

ヤミ金と消費者金融の違い

 消費者金融ヤミ金
営業許可取っている取っていない
法定金利守っている違法金利
融資条件法律に従う違法な融資方法

サラ金がどうして消費者金融と呼ばれるようになったのか?」については後で解説するとして、消費者金融とヤミ金は明らかに違います。

そもそも消費者金融と言うのは「国や市から正式な営業許可を受けた貸金業者なのに対し、ヤミ金は「営業許可を受けず、違法な金利や融資で借金を背負わせる違法金融業者です。

今回はヤミ金と消費者金融の違いについて詳しく解説をしていきますが、例え消費者金融の審査に通らなかったとしても、絶対にヤミ金だけには関わらないようにして下さい。

ヤミ金の場合、お金が正しく振り込まれてくるかすら怪しい業者で、金融犯罪に巻き込まれるリスクも高いです。

そもそもヤミ金は違法金融業者なので、何か合ったときも警察や弁護士が動いてくれない可能性が高いです。絶対に関わらないようにしましょう。

 

どうしてサラ金は消費者金融と呼ばれるようになったのか?

「サラ金と消費者金融の違いって本当にないの?」
「どうしてサラ金は消費者金融という名前に変えたの?」

こんな疑問や質問と言うのはあなただけではなく、2chや知恵袋などでも登場しています。

そもそも、サラ金と言うのは「サラリーマン金融」の略称のことで、昔は会社で働くサラリーマンを対象にした貸金を行っていたことから、サラリーマン金融と呼ばれるようになりました。

当時はサラ金のテレビCMは深夜帯しか放送できない規制がありましたが、それが緩和しゴールデンタイムにもテレビCMが登場するようになりました。

この時に、これまではサラリーマンを対象にしていたサラ金も、主婦層や学生・フリーターなど時代の多様化に合わせて「消費者金融」と名前を変えて、銀行では真似できないスピーディーなキャッシングサービスを展開しました。

また、最近ではよりイメージをライトなものにするために、消費者金融からカードローンという名前に変えて、サービスや利便性の向上に努めているのが、現在の消費者金融です。

なので、結論を言えば「サラ金」⇒「消費者金融」⇒「カードローン」と、時代の流れに合わせて名前を変えてきたのが現在の貸金業者なんです。

※消費者金融は安心なの?
国や市から営業許可を取っているので、大手消費者金融であれば銀行窓口と変わらない感覚で利用することができます。確かに、サラ金時代には高額な金利を請求していましたが、国からの行政指導や法改正もあり、今ではムリなく支払える金額で融資を行っている便利なキャッシングサービスへと成長しています。

あなたが借り過ぎない為に「総量規制(年収の3分の1以上は融資できない)」も設定されたのと、銀行カードローンの登場により、今後の消費者金融はよりサービス面や低金利に力を入れてくると予想されます。

 

ヤミ金と消費者金融の違いを知って金融犯罪から逃れる!

「サラ金から名前が変わり、サービスが充実したのが消費者金融」と言うことが分かったところで、今回の本題である「ヤミ金と消費者金融の違い」について解説したいと思います。

繰り返しますが、ヤミ金は完全な違法業者ななので絶対に関わらないようにして下さい。

今回はヤミ金の色々な情報を出しますが、それはあなたがヤミ金に手を出さないようにする為なので、絶対に利用しないで下さいね!

 

1.営業許可を取っているかを必ず確認する

まずあなたが今から借りようとしている貸金業者が、ヤミ金か消費者金融かを一発で見抜く方法があります。

それが、金融庁の情報検索サービスを利用することです。

登録貸金業者情報検索入力ページ

参考サイト
登録貸金業者情報検索入力ページ

こんな感じで、もしあなたが今から利用している消費者金融が正式な貸金業者かどうかを知りたいなら、ぜひ活用して下さい。

もし万が一、ここの検索システムで情報が引っ掛からないようであれば、その貸金業者はヤミ金である可能性が高いので絶対に関わらないようにしましょう。

ヤミ金と消費者金融の違い!その1

  • 登録貸金業者であるかをチェック!
  • 正式な貸金業者なら必ず名前がある
  • 名前が出てこない業者はヤミ金!

 

2.法定金利を守っているかを一瞬で見抜く方法

最近はどこの消費者金融でもホームページを持っている時代ですが、一部のヤミ金でもホームページを持っているケースがあります。("足"が付くので基本はありませんが…)

この時に必ず確認しておきたいのが「融資の金利が20%を超えていないか?」ということ!

実は正式な認可を得た消費者金融と言うのは、貸金業法で定められている金利を必ず守らないといけません。

その貸付金利の上限と言うのが年率20%なんです。(融資額が100万円を超えた場合は年率15%)

この金利の上限を超えた融資を行うと(遅延損害金含む)過払い金として、請求することができるんです。

そもそも過払い金とは何だったのか?グレーゾーン金利

画像引用元:wikipedia(グレーゾーン金利)より

今はかなり落ち着きましたが、過払い金とは「払い過ぎた利息を取り戻す手続き」として、法律事務所がこぞって宣伝をしていました。

これはサラ金時代に融資していた金利の利率が出資法に基づいた融資だったのに対し、貸金業法に基づいた利息では無ければいけないという判例を裁判所が提出したためです。

これにより、過去に出資法に基づいてキャッシングした人たちのお金を、貸金業法に基づいて利息を計算し直し、過去に遡ってお金を請求する手続きを「過払い金請求」と言いました。

詳しくは「グレーゾーン金利」などで検索されてみて下さい。

話が逸れてしまいましたが、要は「設定している金利が年率20%を超えているようなら、間違いなくその貸金業者はヤミ金である」ということ。

大手の消費者金融ならどれだけ金利が割高に設定されていたとしても、上限金利は年率18.0%に設定されているので、必ずチェックしてみて下さいね!

ヤミ金と消費者金融の違い!その2

  • 法廷金利は年率20%まで!
  • 100万円を超えたら年率15%まで
  • それ以上の金利はヤミ金!

 

3.融資条件は年収の3分の1を守っているか

ヤミ金と消費者金融を見分ける最後のポイントとして「融資条件は必ず年収の3分の1を守っているか」と言うのがあります。

正式な貸金業者である消費者金融だと「貸金業法」という法律を順守して営業を行っているので、年収の3分の1以上を融資しない「総量規制」というルールを必ず守っています。

※一部例外として、おまとめ目的や借り換えローンなどは、総量規制対象外として計算されます。(銀行カードローンなども総量規制対象外です。)

一方、ヤミ金は法律を守らない融資方法なので、あなたの返済能力を超えたお金を高額な金利で融資してくるのが特徴です。

悪質なケースとしては、5万円の融資を希望していたはずが、50万円を無理やり貸し付けられ、金利が年率29.8%で請求されるなんてこともあります。

また、融資を行うために手数料を請求し、その後は何だかんだ理由を付けて融資を行わないという事例もあります。

ヤミ金はそもそも法律を無視した貸金業者なので「何でもアリ」の状態です。絶対に関わらないようにして下さいね。

ヤミ金と消費者金融の違い!その3

  • 年収の3分の1までが基本
  • ヤミ金は返済能力を超えた額を無理やり貸し付けてくる
  • 酷い時はお金を振り込まず個人情報だけ抜き取るケースも

 

万が一ヤミ金に手を出すと、自己破産などの手続きが難航するケースも…

ここまではヤミ金と消費者金融の違いを解説してきましたが、ここまで読んできてあなたはヤミ金に対してどんなイメージを持ちましたか?

「関わったら大変なことになる」
「悪質な詐欺業者と一緒じゃないか!」

もしあなたがそんな風にヤミ金を理解して頂けたら、私も記事をまとめた甲斐があってとても嬉しいです。

 

ところで「もし万が一、ヤミ金に手を出してしまうと一体どうなってしまうのか?」あなたも少し気になりませんか?

実はヤミ金に手を出してしまうと、警察はともかく、民間の弁護士はなかなか動いてくれないケースが増えてしまいます。

と言うのも、弁護士は債務整理などの手続きを行う際、貸金業者に直接足を運びに行くわけですが、悪質なヤミ金の場合、暴力団関係者が運営していたり、架空住所で運営したりするので手続きが難航してしまうんです。

そのため、弁護士事務所としても正直「割に合わない仕事」になってしまい、成功報酬を割高に設定したり、そもそも仕事として断ったりするケースがとても多いです。

 

消費者保護を謳う弁護士ですらこの状態なので、悪質なヤミ金から身を守るためには、絶対に関わらないようにすることがベストです。

絶対に関わらないようにして下さいね!

 

審査の甘い中小消費者金融のまとめ!

プラン

中小消費者金融の中でも、消費者金融のプランなら毎月の返済額が2000円からで済む、とても返済負担額の少ない業者として人気があります。

最大限度額が50万円までしかないのが難点ですが、全国対応・来店不要・WEB完結で借りれるのはとても大きなメリットです。

金利が年率15.0%~20.0%と法定金利ギリギリですが、その分審査も甘いので、絶対に借りたい時はプランがおすすめです。

 

中央リテール

消費者金融の中央リテールは、おまとめローン最後の砦とも言われる、審査の柔軟性がとても高い中小消費者金融として人気があります。

その審査の甘さや柔軟性は2chなどでもたびたび話題に上がり、本当に借金で首が回らなくなった人たちが救われてきた実績があります。

仮審査に通過後は渋谷まで来店する必要がありますが、来店審査までたどり着ければ、あなたも借金問題を解決できる絶好のチャンスを手に入れることができますよ。

 

キャレント

消費者金融のキャレントは、最大500万円まで借りれる全国対応の中小消費者金融です。

年率7.8%~18.0%という大手消費者金融にも負けない融資条件でキャッシングできるので、大手審査に落ちた時の次点候補として人気があります。

審査は全国対応、来店不要・WEB完結で借りれるので、女性も安心して利用できる中小消費者金融として人気です。

-中小消費者金融の特徴

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.