信用情報

カードローン審査と信用情報のまとめ!信用情報とは何なのか?

更新日:

カードローン審査と信用情報のまとめ!信用情報とは何なのか?

「信用情報ってカードローン審査に影響あるの?」
「一体どんなタイミングで情報が取得されているの?」

もしあなたがそんな疑問や不安を抱えているなら、ぜひこの記事をチェックして下さい。

そもそも信用情報と言うのは「あなたの過去の金融情報の履歴」のことで、あなたが「いつ・どこで・いくら」借りたのか(返したのか・審査を申し込んだのか)などが分かるようになっています。

この信用情報は各消費者金融や銀行などの金融機関がそれぞれ加盟していて、あなたが審査を申し込んだときなどに応じて、情報開示を行っていると言われています。

今回はそんな信用情報における5つの基本的な特徴についてまとめました!

信用情報5つの特徴!1.信用情報は3つ存在する!
2.滞納や延滞情報はしっかり残る
3.1000円払えば情報開示ができる
4.信用情報の取り消しはできない?
5.直近2年間しかデータは残らない!

その他「信用情報におけるよくある質問は記事下にまとめたのでぜひ参考にして下さい。

これを読めばあなたもカードローン審査と信用情報における関係性がしっかりと理解することが出来ますよ!

 

カードローン審査では信用情報はどう影響するのか?

「信用情報があると審査に落ちるって本当?」

もしかしたらあなたはこんな風に不安に思っているかもしれませんね。

ですが安心して下さい。

基本的に信用情報にあなたの情報が載っているだけで、自動的にカードローン審査に落ちる訳ではありません。

むしろ、クレジットカードや携帯電話の分割代金など、1つ1つの支払いで延滞なくキレイに払い続けているなら、それはカードローン審査においてもプラス評価に繋がります。

逆に、信用情報に名前が何にも載っていない人(スーパーホワイト)だと、過去に金融事故を起こした人と勘違いされたり、信用実績の無い人と判断されて審査に通りにくくなってしまうケースもあります。

つまり、あくまで信用情報と言うのは「あなたの金融情報の履歴」に過ぎないので、信用情報だけで審査がどうこうと言うものではないので安心して下さい。

また「カードローンの審査履歴があると住宅ローンに審査が通らないのでは?」と心配する人もいる様なので、その事についても安心できる記事をまとめました。

ぜひ参考にして下さいね!

 

カードローン審査と信用情報を知る5つのポイント!

それではカードローン審査を申し込むときに知っておくと便利な信用情報の5つの特徴について解説したいと思います。

基本的に信用情報はカードローンやクレジットカードを発行する会社であればほぼ確実に加盟しており、この信用情報団体に加盟していない企業は、ヤミ金などの可能性もあるので注意してくださいね!

 

1.信用情報は3つ存在する!

まず日本に存在する信用情報機関は大きく3つあると言えます。

それが「CIC・JICC・JBA」の3つです。

CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関

主にクレジットカードや消費者金融が加盟している信用情報機関。昭和59年に設立され、割賦販売法貸金業法に基づく指定信用情報機関。

※簡単に言えば、貸金業者に情報開示をして、法律以上の融資をしないようにお手伝いしている信用情報機関。

JICC(株式会社日本信用情報機構)

昭和61年に設立され、消費者金融、クレジット、金融機関等との信用取引に関する契約内容や返済状況などの情報を管理・提供する機関。

クレジットカード会社はCICとJICCの両方に加盟しているケースが多いが、消費者金融などはどちらか一方だけに加盟しているというケースも多い。

もし住宅ローン審査などが控えている場合は、CIC・JICC・JBA3つ全てを取得されることをおすすめします。

JBA(全国銀行個人信用情報センター)

全銀協やKSCとも呼ばれる、主に銀行が加盟している信用情報機関。(昭和48年設立)

銀行の他には、アメリカン・エキスプレスなどのクレジットカード会社も加盟していることがあります。

基本的に消費者金融の借入履歴はでてきませんが、銀行カードローンなどの利用実績がでてきやすいです。

 

2.滞納や延滞情報はしっかり残る

では、CIC・JICC・JBAの3つの信用情報ではどういった履歴が残っているのか?

これは実際に写真を見てもらった方が分かりやすいかと思います。

CICの信用情報の写真

画像(準備中)

これは私が過去に取得した信用情報の写真です。

ちょうど、過去記事「JCB・ザクラスを手に入れるために」でお話した時の信用情報の画像です。

こんな感じで、過去に滞納や延滞履歴があると「P」マークで表示されたり、滞納期間が一定期間を続くと「異動」と表示されたりします。

CICで言えば、この「P」マークが多かったり、「異動」という情報があると、銀行カードローンの審査にはまず通らないので注意してください。

 

3.1000円払えば情報開示ができる

「信用情報って個人でも取得できるの?」

ここまで記事を読み進めてきたあなたであれば、やっぱり信用情報の取得方法って気になりますよね?

実はあなた個人の情報であれば、CIC・JICC・JBAどこでも信用情報を開示してくれます。

情報開示料に1000円は掛かりますが、クレジットカード決済を利用すれば即日開示してくれるので、ぜひやってみて下さい。

ただし、情報開示ができるのはあなた個人の情報のみであり、家族や恋人などの情報開示はできないので注意してください。

 

4.信用情報の取り消しはできない?

さて、もし万が一(私の様に)個人情報に「P」マークが沢山付いていたり、債権の「異動」情報が載っている場合、自分にとって都合の悪い信用情報は取り消すことができるのか?

実は、残念ながら信用情報の取り消しはできないです。

私も過去にアコムの返済が完済したにも関わらず、履歴が5年も残っていることに対して、CICに削除してくれと交渉しましたが、1時間以上電話で粘ってもダメでした。

一部には、過払い金請求などの場合は事故情報の取り消しを訴えることもできるケースがある様ですが、何らかの専門知識か交渉力がかなり問われると言えそうです。

※そもそも信用情報を勝手に取り消せたら、信用情報の意味がないとも言えますが…

 

5.直近2年間しかデータは残らない!

では、信用情報は一体いつまで残っているのか?

基本的に支払いの実績などに関しては直近の2年間しかデータは残りません。

ですが、完済してから5年間は情報が残ってしまうので、この場合は完済した日から遡って2年分の支払い実績が信用情報として残ったままになります。

私個人としては「過去2年間しか残らさないんだったら、完済したなら履歴は消せよ!」と強く言いたいです。

もしどうしても信用情報に問題を感じたり異議があるなら、直接貸金業者側に訴えた方が早いのかもしれません。

 

カード会社によって参考にする信用情報が微妙に違う?

これは確実な情報ではないのですが、一説によるとカード会社によって参考にする信用情報の部分が違うという話もあるようです。

有名なのがアメリカン・エキスプレス(通称:アメックス)ですが、このアメックスは信用情報を見る時は、クレジットカードの支払い実績しか見ないと言われています。

その為、法人のクレジットカードを作成する時などは「アメックスが一番審査が甘い」なんて言われることが多いです。(その分、年会費は割高ですが…)

 

また、信用情報機関はCIC・JICC・JBAの3つに分かれているので、各カードローンが加盟する信用情報機関によっては、あなたの信用情報履歴が載らないケースもあります。

例えば、アコムなどはCICとJICCの両方に加盟していますが、レイクはCIC・JICC・JBAの3つ全てに加盟しています。

別に信用情報機関3つに加盟しているから審査が厳しいという訳ではありませんので、あなたが利用したいと思ったカードローンに審査を申し込むようにして下さいね。

 

普段から信用情報をキレイにしておくことが将来へ繋がる!

今回はカードローン審査で重要な信用情報の特徴を中心に解説をしてきました。

繰り返しになりますが、信用情報と言うのは「あなたの過去の金融履歴」に過ぎないので、信用情報に名前が載っているから審査に落ちるというものではありません。

また、信用情報に滞納や延滞などの何らかのマイナス情報が載っていたとしても、基本的に信用情報に記載された内容は消すことはできません。

一番確実なのは、時間を味方につけて普段から信用情報をキレイにしておくことが最も大切です。

消費者金融系のカードローンであれば、直近3カ月の信用情報がキレイであれば、審査に通る見込みは十分あるのでぜひ申し込んでみて下さいね!

 

信用情報に関してよくある質問のまとめ!

最後に信用情報に関連してよくある質問をまとめました。

もしこれ以外に信用情報に関する質問や疑問などがありましたら、いつでもお気軽に質問フォームよりご連絡下さいませ!

 

いつ信用情報が登録されているんですか?

基本的に、カードローンやクレジットカードなどの審査を申し込むときに、自動的に各信用情報機関に情報が登録されています。

もう少し言うと、審査を申し込むときの「利用同意書」や「個人情報に関する同意書」と言った部分に、細かい文字で信用情報機関への登録という項目があります。

私たちが普段耳にする金融機関であれば、ほぼ間違いなく信用情報に登録されてしまうので、この辺は諦めましょう。

 

信用情報の期間はいつまで残りますか?

基本的に過去2年間の情報が残るとされています。

ただし「信用情報は2年残る」でも解説した通り、完済してから5年間は情報が残ってしまい、その時の返済履歴などは完済日から遡って2年間は保存されてしまいます。

一部によると、完済後の情報などは異議申し立てを、貸し手側に唱えれば消してくれるケースもある様ですが、手間が掛かるうえ悪質な業者に騙される可能性もあるので、おすすめはしません。

一番いいのは、時間を味方につけて、信用情報の履歴がキレイになるのを待つことです。

 

信用情報が流出・悪用される心配はありませんか?

絶対に大丈夫とは言い切れませんが、基本的には信用して大丈夫かと思います。

CICやJICC、JBAなどは多くの貸金業者が加盟している信用情報機関で、一部の信用情報機関は国から指定を受けるほどの信用力があります。

あくまで審査に必要な情報を照合することが目的なので、悪質な業者があなたの個人情報を抜き取ると言った心配はなくて大丈夫かと思います。

 

個人で信用情報を開示することはできますか?

もちろんできます。

情報開示料に1000円掛かりますが、各信用情報機関のサイトにて、いつでもあなたの信用情報を開示請求することができます。

郵送などで手続きを行う場合、定額小為替などをゆうちょで購入する必要がありますが、クレジットカード決済を行えば即時開示してくれるので便利です。

信用情報を開示したからと言って、審査に悪影響があるといった心配は特に要らないので、興味のある方はぜひ請求されてみて下さい。

 

信用情報のキズを消すことはできないのですか?

残念ながらできません。

一部には「信用情報のキズを完全に消します」と言った悪質なサイトがありますが、ほとんどが詐欺なので絶対に相手にしてはいけません。

もちろん請求開示した信用情報の中に、あなたが納得いかない内容があれば、各信用情報や貸し手側に抗議の電話を入れてみましょう。

 

信用情報にキズがあると審査に通らないんですか?

一口に「キズ」と言っても、具体的にどんな内容の「キズ」なのかで審査結果はかなり変わります。

直近2年間の支払い実績の中で、数回程度の支払忘れなら特に問題はありませんが、滞納が3カ月以上続いている場合などはやはり問題です。

また、短期間でカードローン審査を何社も申し込んでいる場合は、一時的に審査に通りにくくなるので、一か月に多くとも3社くらいまでにしておくことをおすすめします。

 

カードローンがあると住宅ローンに通らないって本当ですか?

そんなことはありません。

カードローンはあくまで借金なだけなので、あなたの年収が十分にあるなら住宅ローンの審査に通る可能性も十分あります。

ただし、住宅ローンの融資条件として、カードローンの完済などを条件にしてくるケースもあります。

(タチの悪い銀行によっては、住宅ローンの審査通過後に、自分たちの銀行カードローンや投資信託を売りつけてくることはありますが…)

何にせよ、住宅ローンに審査を申し込むときは、パートナーや家族の人とよく話し合い、遅くとも審査を申し込む前には自分のカードローン履歴を伝えておいた方が絶対に良いです。

良い関係を続けるためにも、住宅ローンの審査を申し込むときは、ぜひお互いの信用情報を請求して話し合うようにして下さいね!

 

信用情報に不安のある人でも審査に通りやす消費者金融のまとめ!

プラン

中小消費者金融の中でも、消費者金融のプランなら毎月の返済額が2000円からで済む、とても返済負担額の少ない業者として人気があります。

最大限度額が50万円までしかないのが難点ですが、全国対応・来店不要・WEB完結で借りれるのはとても大きなメリットです。

金利が年率15.0%~20.0%と法定金利ギリギリですが、その分審査も甘いので、絶対に借りたい時はプランがおすすめです。

 

中央リテール

消費者金融の中央リテールは、おまとめローン最後の砦とも言われる、審査の柔軟性がとても高い中小消費者金融として人気があります。

その審査の甘さや柔軟性は2chなどでもたびたび話題に上がり、本当に借金で首が回らなくなった人たちが救われてきた実績があります。

仮審査に通過後は渋谷まで来店する必要がありますが、来店審査までたどり着ければ、あなたも借金問題を解決できる絶好のチャンスを手に入れることができますよ。

 

キャレント

消費者金融のキャレントは、最大500万円まで借りれる全国対応の中小消費者金融です。

年率7.8%~18.0%という大手消費者金融にも負けない融資条件でキャッシングできるので、大手審査に落ちた時の次点候補として人気があります。

審査は全国対応、来店不要・WEB完結で借りれるので、女性も安心して利用できる中小消費者金融として人気です。

-->

-信用情報

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.