消費者金融の特徴

消費者金融はいくらまで借りることができるのか?

更新日:

消費者金融はいくらまで借りることができるのか?

まず消費者金融は年収の3分の1までしか借りれない「総量規制のカードローン」となっています。

そのため、あなたの年収が300万円でなら上限額は100万円となり、年収が100万円の人なら上限額は33万円となります。

消費者金融は「総量規制」
消費者金融は総量規制のカードローンなので、年収の3分の1以上のお金は基本的に借りることができません。

では「年収が300万円の人なら最初から上限額いっぱいの100万円をすぐに借りれるか?」となると、実際はそうでもなかったりします。

この理由は、前回の記事「銀行カードローンはいくらまで借りれるのか?」でも解説したとおり、いきなり貸し手側がリスクを取って全額を融資することはありえないからです。

では、消費者金融は何を基準にしていくらまで融資可能かを判断しているのか?

基本的には次の3つの視点から限度額を予想することができそうです。

消費者金融はいくらまで借りれるのか?

初回審査だけで大金を借りれる人はまずいない
例外的に年収の3分の1以上借りれるケースもある
「借りれるお金」と「返せるお金」は違う

銀行カードローンは社会人向けなカードローンなのに対し、消費者金融の審査対象はもっと広く、主婦や学生・フリーターも対象にしていることが多いです。

ですが、これらの職業区分に属する人たちは、一般的に「信用が低い」と判断され、限度額も低めに設定されがちです。

そこで今回は「ぶっちゃけ消費者金融だとマックスいくらまで借りれるの?」について考えて行きたいと思います。

 

カードローンの上限額まで借りれる人はまず存在しない?

消費者金融や銀行カードローンの公式サイトをチェックすると「限度額500万円」とか「限度額800万円」と言った表記を良く見かけますよね。

ただ、実際にはあれだけの高額な借金を私たち一般人が借りれるケースはまずありません。

主な消費者金融の限度額一覧

アコム500万円
SMBCモビット800万円
プロミス500万円
アイフル500万円

消費者金融は総量規制のカードローンなので、限度額500万円の条件を引き出すためには、最低でも年収が1500万円以上必要ということになります。

つまり、SMBCモビットから800万円を借りようとすると、最低でも2400万円以上の年収が必要ということ。

このことを考えると、まずホームページで紹介されている限度額が私たちとは何の関係もない数字であることが分かると思います。

さらに言えば「限度額の高い順でカードローンを比較しているサイトは、何にも考えていないサイトだ」と言うことも分かります。

そのため、消費者金融からお金を借りるときは、限度額で比較するのではなく、「無理なく払えるか」を基準にして選ぶのが現実的です。

 

例外的におまとめや一本化目的なら借りれる場合もある?

ただし、例外的に消費者金融でも年収の3分の1以上のお金を借りれるケースがあります。

それが「"おまとめ"や"一本化"による借入」です。

実は消費者金融でもおまとめローンや借り換えローンを取り扱っている所は多く、審査のときに相談すればローンの1本化用の商品についての案内もしてくれます。

その他、消費者金融でも事業目的用の融資商品などもあるので、詳しくは各公式サイトから問い合わされてみて下さい。

1本化を目指すならおまとめ専用のローンを使う!
消費者金融系カードローンの利率でローンの1本化をしても、あまり金利面でのメリットがありません。そのため、本気でローンの1本化を目指すならおまとめ専用のローンを活用するか、銀行カードローンを活用されることをおすすめします。

 

「借りれるお金」と「返せるお金」の違いを自覚すること

さっき紹介したおまとめ目的以外でのキャッシングだと、消費者金融系のカードローンは、年収の3分の1までが上限となります。

ですが、年収が150万円ある人がいきなり50万円の限度額で借りれるかと言われたら、実際にはそうでもありません。

これは消費者金融側も、いきなり初めての人を相手に50万円と言った大金を貸したくないからです。

この辺りはクレジットカードと同じで、契約した後の返済実績や利用内容などを確認した上で、ゆっくりと限度額を引き上げていく傾向にあります。

また、消費者金融でお金を借りる場合、「借りれるお金」と「返せるお金」の違いをはっきりと自覚しておくことが大切です。

借りれるお金…年収の3分の1まで
返せるお金…人によってかなり違う!

特に返せるお金に関しては、各消費者金融が設定する毎月の最低返済金額にもよってかなり違います。

参考までに、こちらの記事で毎月の返済額の比較表も用意してあるので、ぜひチェックして下さい。

 

結論、学生や主婦が借りるなら限度額は30万円を目安にしておく

今回は「消費者金融はいくらまで借りれるのか?」について解説をしました。

正直な所、私は年収の3分の1である総量規制ギリギリの枠までキャッシングする方法はあまりおすすめしたくありません。

これは私の過去の実体験になりますが、学生の頃に50万円を借りたあと、完済するまでに6年も掛かりました。

はじめは20万円の限度額でスタートしたのですが、増額審査の結果50万円まで借りれるようになり、一瞬で上限の50万円に。

その後の返済は毎月1万円の返済にだったのですが、当時学生だった私にとっては毎月1万円の返済はかなり大変でした。

限度額が20万円までであれば毎月の返済額も月2000円だったのでそこまで無理が無かったのですが、学生にとっての月1万円の返済はかなり大変です。

そういう意味では学生や主婦・フリーターの方が消費者金融からキャッシングする場合、たとえ増額審査の打診を受けれたとしても「限度額は30万円までを上限」として、お金の管理ができた方が安全かと思います。

消費者金融やカードローンは上手に使えば本当に便利ですが、借り過ぎ状態になると返済が本当に大変です。

あなたも「借りれるお金」と「返せるお金」の違いをしっかりと自覚して、上手にお金を借りるようにされて下さいね。

こちらの記事で限度額に応じた、各カードローンの毎月の最低返済額もまとめてあるので、ぜひ参考にして下さい。

 

安心して利用できる大手消費者金融のまとめ!

SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

プロミス

プロミスなら最短30分で審査が完了し、50万円まで収入証明書なしで即日キャッシングができる利便性の高いカードローンとして人気です。

また、無利息キャッシングを何度でも利用できるので、出張費や飲み会費用の立て替えなどにも使える、頼りがいのあるカードローンに成長してくれます。

あなたも今からプロミスに審査を申込めば、土日や外出先であっても、数時間後にはキャッシングを完了させることができますよ。

※無利息キャッシングは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※申込み時間によっては即日融資に間に合わない場合がございます。

 

アイフル

アイフルなら初めて借りる人限定で、最大30日まで無利息でキャッシングできるサービスがあり、短期間の借入やキャッシング目的ととても相性が良いです。

また、電話対応もとても丁寧で安心できると評判で「女性が安心して利用できるカードローン」としても人気があります。

アイフルならカードローンの発行も自動契約機や郵送・郵便局留めなど、色々な方法で受取れるので、初めてカードローンを利用するあなたも安心して利用することができますよ。

-消費者金融の特徴

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.