カードローンの審査基準

カードローンの審査で賃貸だと悪影響はあるのか?

更新日:

カードローンの審査で賃貸だと悪影響はあるのか?

前回の記事で「持ち家がカードローン審査に与える影響」について解説しました。

そこで今回は「賃貸がカードローン審査に与える影響」について解説して行きたいと思います。

結論から言えば、賃貸であることを理由にカードローン審査に落ちる心配はまずないと言って大丈夫です。

ただ、そうはいっても心配な人はいるかと思うので、今回は賃貸のなかでも、それぞれ詳しく分類立てて解説をして行きたいと思います。

賃貸とカードローン審査に与える影響!

社宅や官舎は賃貸のなかでも格上?
家賃の高さではなく居住年数の長さが肝!
公営住宅や下宿はマイナス評価?
家賃の滞納は審査に影響はない

基本的にあなたが賃貸に住んでいても、安定した職業に就いていて、収入が安定しているかぎり、カードローン審査に落ちることはありません。

今回はその理由についても、それぞれ詳しく解説していくので「賃貸だと審査に通るかどうしても不安」という方はぜひチェックして下さいね。

 

カードローン審査で重要なのは借入履歴と年収!

まず忘れてはいけないのが「カードローン審査で最も重要なのは借入履歴と年収」だと言うことです。

昨日の記事でも書きましたが、例え持ち家を持っていたとしても、住宅ローンの返済やカードの支払いに遅れがあれば、カードローンの審査に通るのは厳しいです。

そして、それは賃貸でも同じこと。

つまり、あなたが賃貸と持ち家のどちらに住んでいたとしても、審査に大きな悪影響はまず起こらないということです。

特に借入履歴(返済実績・現在の借入額など)と収入のバランスをみて、カードローンは最終的な融資の判定を行うので、賃貸や持ち家をそこまで気にする必要はないと言えます。

ただ、審査での影響が完全にゼロという訳でもないので、今回はもう少しだけ賃貸契約の区分などから詳しく解説して行きたいと思います。

 

1.社宅や官舎は賃貸のなかでも格上?

まず社宅や官舎と言うのは、それだけで審査上プラスに働くことがあります。(官舎:公務員宿舎のこと)

これは国や会社が、会社員(公務員)に住んでもらうために立てた建物なので、それだけで安定収入を持っている証明に繋がります。

また、社宅や官舎は一般的な家賃相場よりも割安に設定されているため、通常の賃貸住まいよりも返済能力が高いと判断されやすいこともプラスに働きます。

 

2.家賃の高さではなく居住年数の長さが肝!

もちろん、一般賃貸に住まれている方もカードローン審査で悪影響が発生することはありません。

また、賃貸に住んでいる場合でも、居住年数が長い方が審査でのスコアリングが高く評価されやすいです。

これは「返済や滞納が発生した場合でも、逃げられる心配がない」と判断する材料として扱われるためです。

そのため、賃貸に住んでいる場合は、家賃の高さではなく居住年数の長さが審査に影響しやすいと覚えておいてください。

 

3.公営住宅や下宿はマイナス評価?

賃貸住まいのなかでも、例外的にマイナス評価を受けやすいのが、公営住宅や下宿生活を送っている場合です。

ある統計によると、公営住宅に住んでいる世帯の方が夜逃げ率が高いというデータがあるようです。

また下宿生活を送っている学生の方も、一定期間で住所が変わってしまう為、審査ではマイナス評価を受けやすいです。

もちろん、安定収入や過去の返済実績がしっかりしていれば問題はないのですが、公営住宅や下宿生活を送っている方はカード審査はやや厳しめに評価されるかもしれません。

 

4.家賃の滞納は審査に影響はない

ちなみに、家賃の滞納があったとしてもカードローンの審査には影響はないと考えられています。

と言うのも、家賃の滞納情報は大家さんにしか分からないので、信用情報を参考にして考えるカードローン業者には滞納情報が届かないからです。

これを同じ理由で、ガス・電気・水道などの公共料金の滞納情報も、カードローン側は、信用情報機関に情報が載らないので把握することができません。

家賃などをクレジットカード払いにしている時は話は別ですが、家賃の滞納をしているのであれば、早めにカードローン審査に通過して、強制退去になる前に何か対策を立てていきましょう。

 

結論、賃貸が原因でカードローンの審査落ちはありません

今回は「賃貸がカードローン審査に与える影響」について解説をしました。

結論から言えば「賃貸が原因でカードローン審査に落ちることはまずありえない」と言って大丈夫だと思います。

理由はこれまでに解説してきた通りですが、仮に公営住宅や下宿生活だったとしても、そのほかの与信情報が問題なければ審査に通る人は大勢います。

実際、私は学生の時に、下宿先の住所でカードローン審査に通り50万円借りることに成功しました。

そのことから考えると、現在の居住区分よりも、返済履歴や収入状況の方がカードローン側も重要視していることが分かります。

また、カードローン審査よりも厳しいとされる住宅ローンの審査に、賃貸住まいの人がたくさん通過していることを考えても、現在の住まい状況を気にする必要はあまりないと言えそうです。

なので、もしあなたが賃貸住まいだったとしても、カードローン審査に落ちる心配はないので、じっくりとカードを検討して申し込んで下さいね。

 

カード選びに迷ったらコレ!おすすめカードローンのまとめ!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

 

SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も口座開設なしで審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

-カードローンの審査基準

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.