増額審査のポイント

銀行カードローンの増額審査に落ちたときは何か原因か?

更新日:

銀行カードローンの増額審査に落ちたときは何か原因か?

もしあなたが銀行カードローンの増額審査に落ちてしまったのであれば、次に紹介する3つの項目で心当たりがないかを確認してみて下さい。

増額審査に落ちたら!

年収が足りていない
すでに他社から借り過ぎている
過去の返済実績に問題がある

最近、銀行カードローン側で融資額の見直しや審査基準の引き締めなどが行われているので、増額審査に通りにくくなっているのは事実かと思います。

ですが、仮にこういった銀行側の融資や審査の見直しがなくとも、今紹介した3つのうちどれかに原因があると審査落ちの原因となってしまいます。

今回は銀行カードローンの増額審査に落ちてしまったときの原因と対策について解説していくので、しっかりと読み進めていって下さいね。

 

総量規制対象外の銀行カードローンでも増額審査に落ちる理由

これまでは総量規制対象外である銀行カードローンなら、年収の3分の1以上のお金を借りることができていました。

ですが、ここ最近は各銀行で融資額の見直しが行われ、たとえ総量規制対象外のカードローンでも年収の3分の1までを上限に融資する銀行カードローンも現れました。

そのため、全体的に増額審査に通りにくくなっているのは事実かと思います。

ただ、注意してほしいのは「年収の3分の1未満での限度額しか希望していないのに審査に落ちてしまう」ときです。

このときは、何か他の審査落ちの原因が考えられるので、今からお伝えすることをしっかりとチェックして下さいね。

 

増額審査に落ちたときの主な原因と対策!

もしあなたが銀行カードローンの増額審査に落ちてしまったのであれば、次に解説する3つの原因を疑ってみて下さい。

 

1.年収が足りていない

銀行カードローンの場合、消費者金融とは違った審査基準で融資の判断を行っています。

そのため、あなたの年収が必要最低限の条件を満たしていないと、増額審査を受け付けてもらえないことがあります。

最終的な判断は銀行によりますが、あなたが学生や専業主婦、派遣社員だと、審査は厳しめに見られている可能性を疑った方が良いかもしれません。

増額審査の対策

  • 年収が100万円未満だと増額審査は厳しい
  • 学生や専業主婦など一部の職業だと増額できない
  • 最終的な判断は銀行によってかなり異なる

 

2.すでに他社から借り過ぎている

確かに、銀行カードローンは総量規制対象外のカードローンにはなっていますが、他社からの借入金額が多すぎると増額審査を申し込んでも審査に落ちてしまうことがあります。

特に最近は、みずほ銀行カードローンは年収の3分の1以上の融資は行わないなどの自粛を行い始めたので、借り過ぎにひっかかる人は増えるかと思います。

この時の対策方法としては、年収アップの対策を取ったり、他社のカードローンの返済を目指すなどが効果的です。

増額審査を申し込む前に、カード類の合計金額があなたの年収の何%を締めているのかを、改めて確認して下さいね。

増額審査の対策

  • 年収の3分の1以上を借りない事
  • 年収アップやカードの返済の対策が効果的
  • 増額審査を申し込む前に、債務比率を確認する

 

3.過去の返済実績に問題がある

最後の問題点として、過去の返済実績に滞納や延滞などがあると増額審査に落ちてしまう原因となってしまいます。

特に銀行カードローンは、過去の返済実績を細かくチェックする傾向にあるので、少なくとも過去半年間の返済履歴はキレイな状態を保っておくことをおすすめします。

もし増額審査に落ちてしまった場合は、3カ月ほど期間を開けてから改めて審査を申し込んでみることをおすすめします。

増額審査の対策

  • 滞納や延滞があると審査に落ちる
  • 少なくとも過去半年間はキレイな状態にする
  • 審査に落ちたら3カ月は期間を空ける

 

銀行カードローンの増額審査に落ちると限度額が減額される?

これはあまり報告例がありませんが、銀行カードローンの審査基準の見直しが行われたことが原因で、今後銀行カードローンの限度額が減額される可能性があります。

また、仮に審査基準の見直しが原因じゃなかったとしても、転職や失業などが原因であなたの年収が大きく下がった時も限度額が引き下げられる原因になることもあります。

「銀行は晴れの日に傘を貸して、雨の日に傘を取り上げに来る」

こんなことは良く言われることですが、年収が下がったタイミングで限度額の増額審査を申し込むと、まさにこのような事態に発展しかねないので注意しましょう。

 

増額審査に落ちたときは3カ月以上期間を空けて再チャレンジ!

今回は銀行カードローンの増額審査に落ちたときの原因や対策などを中心に解説を行いました。

基本的に増額審査というのは、あなたの年収が大きく下がっていない限り、ほぼノーリスクで審査を申し込めるようになっています。

ただ、増額審査に落ちてしまった場合は、少なくとも3カ月以上は期間を空けてから再チャレンジした方が賢明です。

また信用情報機関にも増額審査(与信審査)の履歴が3カ月から半年ほどは残るので、そういう意味でも審査に落ちたあとはしばらく返済履歴の浄化に中注した方が賢明かと言えます。

必要条件さえ満たせば、あなたも必ず増額審査に通るので、最後まであきらめず、時間を味方につけながら頑張って行きましょう!

 

増額審査の連絡が早いカードローンはこちら!

SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、審査に通過した翌日からいつでも増額審査を申込むことができます。

また、SMBCモビットなら増額審査を申込んだときの勤務先確認の電話は発生しないので、安心して増額の相談をする事ができます。

増額審査の申込も公式アプリを利用すれば簡単に行えるので、審査通過後も安心して利用できるカードローンとなっています。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

プロミス

プロミスなら、電話対応が丁寧で女性も安心して利用できると評判なので、増額審査の相談も気軽にできる安心感があります。

また限度額の増額審査も審査に通過したその日からすぐに申し込めるので、緊急で追加の資金が必要になったときなどはとても心強い存在になってくれること間違いありません。

他にもプロミスなら無利息キャッシングを何度でも利用できるポイントサービスなどがあるので、社会人からフリーターまで幅広い人たちに人気があります。

※無利息キャッシングは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※申込み時間によっては即日融資に間に合わない場合がございます。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら増額審査の相談もいつでも気軽にすることができます。

また、増額審査の時は在籍確認の電話は原則発生しないので、勤務先に電話が掛かる心配がありません。

三井住友銀行の口座を持っていない人でも口座開設なしでカードを発行できるので、低金利で安心して利用できるカードローンを探しているあなたにおすすめですよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

-増額審査のポイント

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.