JCB・ザクラスへの道

JCBザ・クラスの特典内容やら招待条件を調べてみました!

更新日:

JCBザ・クラスの特典内容や 招待条件を調べてみました!

以前「JCBザ・クラスを手に入れる為に」という記事を書いたのですが、せっかくなのでJCBザ・クラスの特典内容や手に入れる為の基本的な流れについて書いていきたいと思います。

ただ、ネットの記事を見ていると、特典内容に関しては色々なブロガーさんがすでに書かれているようです。(中にはすでに持っている人のレビューも!)

まぁネット記事のレビューなんてどこまで信用できるか分かったものではありませんが、特典内容は沢山書かれてあることは確か。

そこで今回は、特典内容を解説した記事を紹介しつつ、私が欲しいJCBザ・クラスを欲しい理由や魅力的な特典を解説したいと思います。

 

JCBザ・クラスの主な特徴と審査基準とは?

まずは簡単なスペック表によるまとめです。

カード名:JCBザ・クラス
取得方法:インビテーション
年会費:5万円+税
特典内容:たくさん
入会条件:年齢40歳以上
年収1200万円以上
勤続年数10年以上
役員や管理職
JCBの入会履歴が3年以上
年間100万円以上の決済が2年以上

入会条件だけを見ていると、かなり条件が厳しいように感じますが、実際にはこれよりも緩い条件で審査に通っている人も多いようです。

外部記事「僕がJCB THE CLASS(ザ・クラス)を取得できたワケ」
http://skyblue3480.hatenablog.com/entry/jcb_the_class_summary

この方の記事を読んでいると、年収が1000万円未満でも利用実績や返済履歴に延滞がなければ、インビテーションが届く可能性は十分にありそうです。

年間利用額や返済実績に関しては自信があるので、私の場合、まずは過去の事故情報が消えるのを待ってから動いていけば、希望が出てきそうです。

年会費が5万円+税とありますが、月換算で約4200円なので、次に紹介する特典内容から考えれば割安な年会費だと私は感じます。

 

JCBザ・クラスの特典内容はこんなにすごい

アメックスやVISAなど、プラチナカードを発行しているクレジットカードはたくさんあります。

ただ、特典内容の充実度と年会費のバランスを考えたとき、一番コスパに優れているのがJCBザ・クラスだと私は感じています。

またJCBは東京ディズニーランドの公式スポンサーなので、JCBザ・クラスの特典内容にもディズニー関連の優待が多いです。ディスニー好きの私としてはそれだけでJCBザ・クラスを欲しがる理由としては十分になります。

ちなみに、主だった特典内容は以下の通りです。

JCBザ・クラスの主な特典内容

  • コンシェルジュサービス
  • 年に1回、2万円相当のプレゼント
  • 所定レストランにて1名無料
  • ディズニーランドのクラブ33に入れる
  • 指定ホテルでの優待
  • 指定レストランでの優待
  • ポイントプログラムの優待 など

この辺りの詳しい特典内容などの解説は、他のサイト様で十分すぎるほど解説されてあったので、主だった参考記事を紹介したいと思います。

JCB公式「JCBザ・クラス」について
http://www.jcb.co.jp/service/premium/the-class/
公式サイトによるとカードの発行はインビテーション(招待制)を採用しているようです。ただ、実際には突撃(自分から審査を申し込み)して審査に通った人の報告も多いです。

 

外部記事「JCB ザ・クラスの審査・優待特典」
http://www.xn--navi-ul4c1e8bg9i0h4h.jp/jcb-the-class/
私がよく読んでいるサイトの一つ。他のブラックカードの解説もあるので比較的読みやすいかと思います。サイトが黒基調なのでかっこよく見えるのもあるんでしょうけども…

 

外部記事「JCB THE CLASSを実際に使ってみた感想まとめ!」
http://cards.hateblo.jp/entry/jcbtheclass-review-matome/
何となく胡散臭い感じがしたものの(失礼!)、こちらも実際に審査に通った方の報告記事。ホテルのグレードアップとかは、確かに通常のカードでもよく起きるので、あまりプラチナカードだからと言って期待できるものではないのかもしれませんね。

 

JCBザ・クラスを手に入れるための基本的な流れ

一般的に言われていることとして、JCBザ・クラスを手に入れるためにはこんな手続きというか流れを踏んでいく必要があると言われています。

1.まずはゴールドカードを手に入れる(年会費:1万円)

まずはJCBの公式サイトよりゴールドカードの審査を申し込む必要があります。

現時点での私だと携帯電話の事故情報が残っているので、審査はほぼ絶望的。(過去に増額審査を申し込んでいますが何度も玉砕しています。)

ゴールドカードの審査自体は恐らくそこまで厳しいものではないはずなので、私みたいにブラックな属性を持っていなければ大丈夫なはず。

 

2.JCBゴールド ザ・プレミアが届くのを待つ(年会費:1万5000円)

次にゴールドカードを取得してから、必要条件を満たせば「JCBゴールド ザ・プレミア」というカードが届くようです。

JCB公式「JCBゴールド ザ・プレミア」
http://www.jcb-originalseries.jp/premier/

公式サイトによると「利用額が2年連続で100万円以上」「MyJCBに登録をしていること」の2点で条件はクリアできるようです。

少なくとも私は現時点で年間の利用額は100万円を超えているので、この辺りは問題がなさそうです。(ただ、自己履歴がry...)

この時、インビテーションの連絡はメールで届き、必要事項の入力はMyJCBから行う必要があるようです。(公式サイトの説明より)

 

3.利用実績を満たした人からJCBザ・クラスが届く(年会費:5万円)

JCBザ・クラスが届くといっても、あくまで審査の申込用紙が届くだけなので、勝手にグレードアップされて年会費が請求される訳ではありません。

ただ、この審査の申込用紙は、JCBのサポートデスクに連絡(突撃)をすれば、申込用紙を送ってくれることはあるそうです。

利用内容や履歴によっては、デスクでお願いしても申込用紙の郵送を断られるケースもあるそうですが、人によっては郵送してもらえることもあるそうです。

具体的な審査基準や郵送基準については分かりませんが、さっきの記事を元にして考えると、利用履歴さえしっかりしていれば審査に通る可能性は十分ありそうです。

 

まずは焦らず信用実績の回復から!

今回はJCBザ・クラスの特典内容や手に入れるまでの過程などの紹介をしました。

目下、事故情報と消費者金融の利用履歴が残ったままの私では、JCBザ・クラスの審査はおろか、新規のクレジットカード審査にすら通らない状態なので、焦らず信用実績の回復を待ちたいと思います。

ちなみに、事故情報が残っていても、JCBのカード更新は過去2回上手く行っているので、返済実績に関しては問題なしと判断されているのかもしれません。(増額審査は何度も落ちていますが…)

何はともあれ今年の6月には事故情報の履歴もきれいに消えるはずなので、あせらず時間が経つのを待ちます。

今後も不定期でJCBザ・クラスの続報を続けて行きますので、興味のある方は応援よろしくお願い致します。

 

カード選びに迷ったらコレ!おすすめカードローンのまとめ!

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックなら、全国どこにいても口座開設なしで土日祝でもカードを受け取れるのが特徴です。

また、勤務先への電話確認を避けたい場合にも、本人確認の電話が掛かってきたタイミングで相談すれば、在籍確認の方法を相談できるのも嬉しい特徴です。

バンクイックなら毎月の返済額が月々1000円~、金利は年率1.8%~14.6%で利用できるので、今すぐキャッシングできるかお試し診断で今すぐ調べてみましょう!

 

SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も口座開設なしで審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

-JCB・ザクラスへの道
-

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.