JCB・ザクラスへの道

JCBザ・クラスを手に入れる為に

更新日:

JCBザ・クラスを手に入れる為に

こんばんわ。
澤田です。

私は普段使いのクレジットカードはJCBを使っているんですが、それには理由がありまして。

それがJCBのインビテーションカードである「JCB the class」というプラチナカードを手に入れたいからなんです。

そもそも「JCB the class」って何ぞや?と言う方もいるかと思うのですが、JCBザ・クラスの詳しい説明記事は折をみて書けたらなと思います。

関連記事
噂に聞くJCBザ・クラスの特典内容を調べてみました!(準備中)

簡単に言えば、年会費が5万円+税だけど、色々とサービスのついた素敵なクレジットカードという感じです。

 

まずは自分の与信内容を確認してみた

そもそもJCB the classほどになれば、審査に通過するための基準もひとしお(と、勝手に予想中)

最近の審査難易度はそこまで難しくはないと聞いていますが、それでも年収や年齢、年間のカード利用額なども審査内容に反映されてくるそうなので、できる限り調べてみたいところです。

今回は、まずは私の与信内容を調べるべく、CICやJICCなどの各信用情報機関から、私のクレジットカードの支払履歴を確認してみることにしました。

KSC(全国銀行協会)の信用情報は「実績なし」

KSCの正式名称は分かりませんが、全国銀行協会と呼ばれる信用情報機関が発行する信用情報です。(KSCはJBAとも呼ばれるそうです。)

基本的には銀行による住宅ローンや自動車ローンの支払履歴や審査履歴がここに反映されることになります。

私の場合は、妻の名義で住宅ローンを組んでいるので、今回こちらには何の履歴も載っていません。

※なぜ妻の名義で住宅ローンを組んだのかは、この後の記事を読んでいけばわかります。

 

JICC(日本信用情報機構)の信用履歴は「アコム完済済み」

JICC(Japan credit Information reference Center Corp)日本信用情報機構から取得した信用情報がこちら。

こちらには私が学生時代に借りていたアコムの完済済みの履歴がしっかりと残されています。

ちなみに、消費者金融などのカードローンの借入履歴があっても、完済済みであれば、住宅ローンには直接的な影響はありません。

参考記事
住宅ローン審査でカードローンはどれだけ影響するのか?

これはマンションを購入した際の営業マンに確認を取りましたが、ある程度の年収があり、カードローンの限度額がそこまで高くなければ、住宅ローンの審査にはそこまで大きな影響は及ぼさないそうです。

ただ、このアコムの完済履歴があることが、JCB the classの審査にマイナス影響を与えるかどうかは分かりません。

ひとまず信用情報のデータが消えるのが、今年の6月頃なので、そこまでは審査を待ちたいと思います。

CICでの信用情報に「携帯電話の事故情報」が…

CICとは「Credit Information Center」の略称。正式名称は「割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関」です。多くの方はシーアイシーの略称で呼ぶことが多いです。

これは私が住宅ローンの審査に落ちたときに取得をした信用情報ですが、学生時代に滞納していた携帯電話の分割代金が事故情報として信用情報の履歴に残っていました。

これが原因で我が家では妻の名義で住宅ローンを組むことになったのですが、この時ほど共働きのありがたみを感じたことはありません(笑)

しかし、この事故情報があったにも関わらず、法人名義でのクレジットカード審査には通ったりもしたので、事故情報があるから絶対に審査に通らないという訳でも無さそうです。

ただ、先日とある事情で、個人名義による新規のクレジットカード審査を申し込みましたが、そちらの結果はダメでした。

恐らく、事故情報による融資の可否は、各カード会社の判断によって行われているようです。

ちなみに、携帯電話の事故情報が消えるのは今年の6月なので、そのタイミングまでJCB the classを狙いに行くのは待った方が良さそうです。

 

携帯電話の滞納が原因でブラックリスト化状態

現状、JCB the classを狙い行くためには「アコムの利用履歴」と「携帯電話の事故情報」の2つが消えるまで待つ必要がありそうです。

言っても今年の6月にはこれらの履歴も消えてなくなるので、そこからクレジットカードの増額審査やゴールドカードへの審査を申し込んでみたいと思います。

噂によればJCB the classを手に入れるためには、年収や持ち家の有無以外にも、利用期間や利用額などの利用実績もポイントになるらしいです。

年間利用額は仕事の関係もあり、十分クリアしていると思うので、この辺りは心配ないと思いたいのですが、まずはブラックリスト状態が消えるのを待つばかりですね。

 

まずは6月まで待ってゴールドを目指す!

そんな訳で、今後も不定期ではありますが、私が夢の一つとしているJCBザ・クラスを手に入れるまでの報告を続けて行きたいと思います。

「興味ねーよ」というお声も聞こえそうですが「お金の正しい使い方」をテーマにしたブログとしては、こういった夢のある話も載せた方が生きる希望が湧くかなと思いまして。

カードローンもクレジットカードも同じ借金です。

ただ、両方とも正しく使って行けば、必ずあなたの心強い味方になってくれることは間違いありません。

できることならカードを使わないで済む人生が一番良いかもしれませんが、必要なときに必要なお金をひねり出す方法の一つとして、ぜひカードローンもクレジットカード上手に利用して行きましょう!

 

カード選びに迷ったらコレ!おすすめカードローンのまとめ!

SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

アイフル・ファーストプレミアムローン

アイフルのファーストプレミアムカードローンは、年率3.0%~9.5%という銀行カードローンよりも安い金利でキャッシングできます。

また、限度額が100万円~800万円という金額で借りれるので、教育資金や歯列矯正などまとまった資金が必要な時にも便利です。

初めて借りた日から最大30日まで無利息キャッシングもできるので、会社の経費など一時的な費用の立て替えや、お給料日までのつなぎなど、幅広い用途でお金を低金利で借りることができますよ!

-JCB・ザクラスへの道

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.