三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの金利と返済金額を徹底解剖!

更新日:

三井住友銀行カードローンの金利と返済金額を徹底解剖!

まず三井住友銀行カードローンの金利が、カードローン業界全体の中でどれくらい安いのかを比較してみました。

結論から言えば、三井住友銀行カードローンは全体の平均相場と比較してもかなり安いことが分かります。詳しくは下の比較表を参考にして下さい。

金利比較表の挿入

 下限金利上限金利
三井住友銀行
カードローン
4.0%14.5%
みずほ銀行
カードローン
3.0%14.0%
三菱東京UFJ銀行
カードローン
1.8%14.6%
オリックス銀行
カードローン
1.7%17.8%
プロミス4.5%17.8%
SMBCモビット3.0%18.0%

これは各公式サイトから下限金利と上限金利を比較したものですが、上限・下限のどちらで比較しても、平均的な相場よりも安い金利になっていることが分かります。

正直、下限金利が適用される人たちの条件と言うのは、年収が1000万円を超えている人や、限度額が800円以上の人たちであるケースに限られているので、あまり私たちには関係のない数字です。

むしろ金利比較で気にするべきは上限金利の方で、最大でどのくらいの金利負担を抱えることになるのかを知っておくと、借りれる金額ではなく返せる金額を意識できるようになるかと思います。

 

三井住友銀行カードローンの適用金利と最低返済額を公開!

次に紹介する数字も、三井住友銀行カードローンの公式サイトから情報をまとめてきたものです。ただ、公式サイトの説明が分かりにくかったので、こちらで数字をまとめ直してみました。

ちなみに、カードローンの利用検討をするときに大切なのは「金利の比較だけでなく最低返済額もチェックすること」です。

もちろん金利の安さは最終的な利息や総支払い額に大きな影響を与えます。ですが、毎月の返済額が安い方が無理なく返済が続けられる点も忘れてはいけません。

そういう意味では、他の銀行カードローンと比べて、三井住友銀行カードローンは金利・返済額のバランスが取れた優秀なカードローンだと言えます。

 

三井住友銀行カードローンの金利

三井住友銀行カードローンの場合、基本的に契約したときの限度額(極度額)によって金利が決定します。詳しくは下の表を参考にして下さい。

ご契約極度額ご融資利率(年率)
100万円以下12.0%~14.5%
100万円超200万円以下10.0%~12.0%
200万円超300万円以下8.0%~10.0%
300万円超400万円以下7.0%~8.0%
400万円超500万円以下6.0%~7.0%
500万円超600万円以下5.0%~6.0%
600万円超700万円以下4.5%~5.0%
700万円超800万円以下4.0%~4.5%

最新データは公式サイトの商品説明書でチェックして頂きたいのですが、限度額に応じて金利が設定されている点はどのカードローンでも同じです。

ただ、あなたの返済状況が良ければ金利の優遇などを受けられる可能性もあります。チャンスがあれば積極的に交渉されてみて下さい。

 

三井住友銀行の住宅ローンを契約中ならカード金利がさらに1.0%下がる!

もしあなたが三井住友銀行で住宅ローンを組んでいれば、カードローンの金利がさらに1.0%下がるチャンスがあります。

  • 住宅ローンの延滞がない
  • 三井住友銀行が指定する住宅ローンを契約している
  • フラット35は対象外

これらの条件をクリアしていれば、あなたのカードローンの金利が1.0%下がる可能性があります。詳しくは審査を申し込んだときに確認されてみて下さい。

 

毎月の返済額は借入残高に応じて変化します

金利と合わせて確認して欲しいのが「毎月の返済額はいくらになるのか?」という点です。

三井住友銀行カードローンの場合、この毎月の最低返済額が業界屈指の安さなので、毎月の返済が無理なく続けられるのが大きなメリットだと言えます。

約定返済時における
当座貸越元金額
約定返済金額
1円~1,999円 約定返済時における借入残高全額
(ただし、2千円を上限とします。)
2,000円~100,000円2,000円
100,001円~200,000円4,000円
200,001円~300,000円6,000円
300,001円~400,000円8,000円
400,001円~500,000円10,000円
500,001円~600,000円11,000円
600,001円~700,000円12,000円

他の銀行カードローンだと、借入残高がどれだけ安くても最低返済額が1万円~というケースが多いので、無理なく返済を続けたいなら三井住友銀行カードローンはとてもおすすめです。

毎月の最低返済額で比較した一覧表も別記事にてまとめたので、カードローンを比較するときは、ぜひ参考にされて下さい。

(参考記事)
>>銀行カードローンを最低返済額で比較してみた!

 

主な返済方法とカード支払いができない時は?

もしも三井住友銀行カードローンで毎月の返済が難しくなってしまった場合、そんな時はカード裏面に記載されてあるカードローンプラザに連絡をして下さい。

三井住友銀行カードローンプラザ
フリーダイヤル:0120-923-923
受付時間:9:00~21:00(1月1日はお休み)

こちらに電話を掛ければ、返済ができない時の対応を相談することができます。

また具体的な返済方法や、カードローンの返済ができなくなった時の対処法はこちらにまとめてあるので参考にされて下さい。

三井住友銀行カードローンの遅延損害金は年率19.94%

注意点として、三井住友銀行カードローンの返済が遅れた場合の遅延損害金が割高である点です。

遅延損害金が年率19.94%と言うのは、カードローン業界では一般的ではあるものの、借入残高に対して掛かる金利なのでかなり割高です。

仮に残高が100万円で1週間支払いが遅れてしまった場合の遅延損害金は以下の計算式で割り出されます。

100万円×19.94%÷365日×7日=約3824円!

三井住友銀行カードローンの場合、返済忘れがあっても指定の銀行口座から自動引き落としになったり、支払確認の電話が掛かってくる仕組みになっています。

そのため、長期間の延滞で遅延損害金が発生する心配は少ないですが、毎月の返済日は忘れずに早めの返済を心がけるようにしましょう。

 

三井住友銀行カードローンの返済シミュレーションを作りました!

最後に、三井住友銀行カードローンの公式サイトには載っていなかった、毎月の最低返済額を元にした返済シミュレーションと総支払い額をまとめました。

前提として「限度額100万円を年率14.5%で借りた場合」の返済シミュレーションです。

ほとんどの公式サイトでは総支払額が記載されていないので、これらの返済シミュレーションを参考にしながら、あなたが返せる金額のお金をキャッシングするようにして下さいね。

借入金額 最低返済額 返済回数 総支払い額
利息
10万円 2,000円 78回(6年) 154,981円 54,981円
20万円 4,000円 78回(6年) 309,961円 109,961円
30万円 6,000円 78回(6年) 464,942円 464,942円
40万円 8,000円 78回(6年) 619,923円 219,923円
50万円 10,000円 90回(7年6カ月) 822,944円 322,944円
60万円 11,000円 90回(7年6カ月) 987,532円 387,532円
70万円 12,000円 102回(8年6カ月) 1,221,549円 521,549円
80万円 13,000円 114回(9年6カ月) 1,477,804円 677,804円

あくまで私が個人的にシミュレーションした結果なので、最終的な返済額などはズレる可能性がある点は注意して下さい。

また、繰り上げ返済を行ったり、三井住友銀行側でカードローンの規約改定などがあると、この返済シミュレーション通りにはならない点も注意して下さい。

 

最低返済額が安いからこそ繰り上げ返済を心がけるのがポイント!

今回は三井住友銀行カードローンの金利や返済額についての解説を返済シミュレーションを交えながら解説をしました。

これは三井住友銀行カードローンに限った話ではありませんが、毎月の最低返済額が安いカードローンほど、最終の総支払額は割高になってしまいます。

私の考えとして「最低支払額は常に安く抑えておき、返せるときに計画的に繰り上げ返済をしていく」というのがあります。

この考え方でいけば、三井住友銀行カードローンは金利・最低返済額のどちらも安いのでおすすめできる銀行カードローンであることは間違いありません。

ですが、最低返済額のまま利用を続けていると、一向に元本が減らなくなる点だけは十分注意して下さい。

その他、さらに詳しい三井住友銀行カードローンの解説や審査基準、口コミなどは別記事にまとめたので、併せて参考にして下さいね。

参考記事
>>三井住友銀行カードローンのさらに詳しい情報はこちら!

 

あなたにおすすめの銀行カードローンのまとめ!

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

みずほ銀行

みずほ銀行カードローンは、年率2.0%~14.0%という金利の安さで借りれる低金利の銀行カードローンとして人気があります。

みずほ銀行カードローンを契約すれば、みずほ銀行ATMの利用手数料が無料になる特典が付いてくるので、ATM手数料を節約したい方にも人気があります。

もしあなたがみずほ銀行の口座を持っているのなら、間違いなくみずほ銀行カードローンがおすすめですよ!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

 

千葉銀行

もしあなたが関東にお住まいなら、年率1.7%~14.8%で借りれる千葉銀行カードローンがおすすめです。

千葉銀行カードローンなら、専業主婦や派遣社員の方も審査を申込めるので、審査や年収に自信のない方にもおすすめです。

WEB完結・来店不要で審査が完了し、千葉銀行の口座がなくても審査を申込めるので、初めて銀行カードローンを利用する方にもおすすめですよ!

-三井住友銀行カードローン

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.