三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンで増額審査を申し込むときのポイント!

更新日:

三井住友銀行カードローンで増額審査を申し込むときのポイント!

「もう少しだけお金を借りたい」
「希望する限度額まで枠を広げたい」

もしあなたがこんなことを考えているのなら、三井住友銀行カードローンの増額審査を利用するタイミングかもしれません。

そんな三井住友銀行カードローンの増額審査のポイントは、次の3つに大きく分けることができると思います。

増額審査の主なポイント!

半年以上の利用期間がある
年収が下がっていないこと
過去の返済履歴がキレイ

基本的にこれらの条件を満たしていれば、あなたも三井住友銀行カードローンの増額審査に通ると言えます。

 

増額審査は厳しいのか?

ときどき「三井住友銀行カードローンの増額審査は厳しいから、他社で借りた方がいいよ」という記事がありますが、絶対に騙されてはいけません。

結論から言えば、新規でカードローン審査を申し込むより、既存のカードローンで増額審査を申し込んだ方が、基本的に融資はおりやすいからです。

今回は三井住友銀行カードローンの増額審査や申し込むタイミングなどについて解説するので、気になる方はぜひチェックして下さいね。

 

三井住友銀行カードローンの増額審査を申し込む方法は簡単!

まず初めに、増額審査を申し込むときの方法ですが、三井住友銀行カードローンの増額方法はとても簡単です。

基本的には「ローン契約機での申し込み」か「カードローンプラザでの電話申し込み」によって増額審査が進む仕組みになっています。

ローン契約機
三井住友銀行内に設置されてある「ローン契約機」を操作すれば、増額審査を申し込めます。営業時間は、平日・土日問わず9時~21時の間でOKなので、あなたの都合の良い時間に来店して手続きを進めましょう。
カードローンプラザ(フリーダイヤル)
カードの裏面にあるフリーダイヤルに電話を掛ければ、こちらでも増額審査の相談を受け付けています。こちらも平日・土日問わず9時~21時の間で申し込みが可能なので、ローン契約機に入るのに抵抗を感じる場合にはおすすめです。(フリーダイヤル:0120-923-923)

基本的には今紹介した2つのうち、どちらか好きな方法で増額審査を申し込むことができます。

ですが、1年以上の利用実績があり返済履歴がキレイだと、三井住友銀行側から増額審査の打診が届くことがあります。

この場合はあなたの年収が下がったなどの問題がない限り、ほぼ増額できるので、興味があればぜひ活用されることをおすすめします。

 

増額審査に通る為のポイントと対策は次の3つ!

次に増額審査に通るための具体的なポイントと対策を解説したいと思います。

基本的な審査基準は、新規審査のときと大きな差はありませんので、ここでは増額審査における追加の注意点について解説したいと思います。

 

半年以上の利用期間がある

カードの利用期間が 半年以上あると有利

まず三井住友銀行カードローンの大前提となるのは「利用期間が半年以上ある」という点です。

利用規約上は、審査に通過した当日から増額審査を申し込めるようになっていますが、少しでも確実に審査に通りたいなら最低でも半年間は利用実績を積み重ねるのが理想です。

理想としては利用期間が1年以上あることですが、半年未満でも増額審査に通った報告もあるので、ダメ元で申し込むのも方法としてはアリです。

ただし、利用期間が半年未満で増額できるケースは、その他の条件で好材料が揃っているときの話。

次に紹介する条件を参考にしつつ、あなたが増額審査を申し込めるかをチェックして下さい。

 

年収が下がっていないこと

年収がアップしていれば 増額審査も有利に!

基本的に増額審査を申し込むときは「審査を申し込んだ当時より年収が上がっていること」が条件となっています。

逆に転職や部署移動などが原因で年収が下がってしまった場合は、審査に通らないどころか、限度額が減額される可能性すらあるので注意が必要です。

申し込む絶好のタイミングとしては、昇進や副業などで年収がアップした時。

年収がアップしたタイミングで増額審査を申し込めば、限度額を上げてくれる可能性もアップしますよ。

 

過去の返済履歴がキレイ

過去の返済履歴がキレイ

これは新規の審査でも重要なポイントですが「過去の返済履歴がキレイ」というのも大切なポイントです。

他社カードローンを含め、過去6カ月の間で支払遅れや滞納がない状態でないと、増額審査はやや厳しいと言えそうです。

逆に、他社カードローンの完済実績があったり、返済実績が良ければ、限度額の増額につながる材料として扱われます。

特にカードローンの一本化を考えている場合には、三井住友銀行から借りたお金で他社カードの完済を行い、その完済実績を元に増額審査を申し込んでいく方法が有効です。

 

条件次第では減額されてしまうケースもあるので注意

おこまでは増額審査に通るための条件やコツについて解説をしましたが、逆に条件次第では減額されてしまうケースもあるので注意して下さい。

三井住友銀行カードローンで減額される材料となるのは、主に以下のような項目があるときです。

減額となる可能性のある主な悪材料

  • 契約当初より年収が下がった
  • 転職して間もない
  • 返済履歴に問題がある
  • 他社の借入限度額が増えている

絶対に減額されるという訳ではありませんが、これらの材料があるときに三井住友銀行カードローンで増額審査を申し込むのは避けた方が賢明だと言えます。

もしこの状態でも追加で融資を受けたいのであれば、他社カードローンで審査を申し込んだ方が良いかもしれません。

 

増額審査を申し込むタイミングは年収がアップしたとき!

増額審査を申し込むタイミングは 年収がアップしたとき!

もちろん、減額される悪材料もあれば、増額につながる好材料もあります。

結論から言えば「契約した当初に比べて年収がアップしている」と、増額審査に通る可能性が高いと言えます。

他にも、三井住友銀行カードローンの増額審査に通りやすくなる材料というのは沢山あるので、減額の時と同様、一覧にまとめました。ぜひ参考にして下さい。

増額審査につながる主な好材料

  • 年収がアップした
  • 他社カードローンを完済した
  • 半年以上の利用実績があり滞納がない
  • むこうから増額の打診があった場合

これらの好材料が揃っているのであれば、三井住友銀行カードローンの増額審査を申し込む絶好のタイミングだと言えます。

ちなみに、一定期間(目安:1年以上)経てば、三井住友銀行側から増額の連絡がくることもあるようです。

三井住友銀行に限らず、カードローン側から増額審査の打診が来たときは、ほぼ増額を前提に話が進むので、興味があればぜひ話を聞かれてみることをおすすめします。

また、カードローンのおまとめや一本化を考えている時には、他社を完済して枠を増額するのもアリです。

カードローンの多くは包括契約となっているので、おまとめ化を進めるときは必ず完済したカードローンを解約しながら手続きを進めていって下さいね。

 

三井住友銀行カードローンの増額審査でよくある質問と回答事例

今回は三井住友銀行カードローンの増額審査を申し込むときのコツや審査対策について解説をしてきました。

最後に、三井住友銀行カードローンの増額審査でよくある質問をまとめたので、少しでも参考になれば幸いです。

その他、もし三井住友銀行カードローンに関しての質問や相談があれば、いつでも気軽に質問フォームからご連絡くださいませ。

世界一わかりやすいカードローンサイトを目指していくので、応援よろしくお願い致します!

 

増額審査でも在籍確認はあるの?

三井住友銀行カードローンの場合、増額審査でも在籍確認が行われる可能性があります。

ただし、初回審査のときから勤務先に変化がなかったり、収入証明書等で勤務先の確認が取れている場合などは、在籍確認の電話を省略してくれる可能性はあります。

また、新規の審査と同様、在籍確認の電話は担当者名か銀行名かで選べるので、あなたの職場の事情に合わせて相談されてみて下さい。

どうしても在籍確認の電話が嫌な場合は、最新の収入証明書を提出するなどをして、書類確認にできないか交渉してみましょう。

 

審査に落ちてしまった上、減額されたんだけど…

こちらの記事にも解説したとおり、三井住友銀行カードローンでは、申込内容によってはカードの減額が行われる場合があります。

もしも減額されかねない悪材料がある場合には、三井住友銀行カードローンで増額審査を申し込むのではなく、他社カードローンで新規の審査を申し込まれることをおすすめします。

 

増額審査に掛かる時間はどのくらいですか?

基本的に増額審査は早ければ30分ほどで完了します。

ただし、審査の申込内容や混雑状況によっては、それよりも時間が掛かることがあるので、余裕をもって早めに申し込まれることをおすすめします。

 

あなたにおすすめの銀行カードローンのまとめ!

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

みずほ銀行

みずほ銀行カードローンは、年率2.0%~14.0%という金利の安さで借りれる低金利の銀行カードローンとして人気があります。

みずほ銀行カードローンを契約すれば、みずほ銀行ATMの利用手数料が無料になる特典が付いてくるので、ATM手数料を節約したい方にも人気があります。

もしあなたがみずほ銀行の口座を持っているのなら、間違いなくみずほ銀行カードローンがおすすめですよ!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

 

千葉銀行

もしあなたが関東にお住まいなら、年率1.7%~14.8%で借りれる千葉銀行カードローンがおすすめです。

千葉銀行カードローンなら、専業主婦や派遣社員の方も審査を申込めるので、審査や年収に自信のない方にもおすすめです。

WEB完結・来店不要で審査が完了し、千葉銀行の口座がなくても審査を申込めるので、初めて銀行カードローンを利用する方にもおすすめですよ!

 

オリックス銀行

オリックス銀行カードローンは、限度額が最大800万円、金利が年率1.7%~17.8%という条件で契約できる銀行カードローンとなっています。

オリックス銀行カードローンなら、すべての提携ATMの利用手数料がゼロ円(時間外手数料も含む!)になるので、他のカードローンと比べ毎日の利用手数料がお得になります。

24時間365日いつでもWEB審査で申込めるので、仕事で忙しいあなたもスマホで簡単に審査の申込を完了させることができますよ!

-三井住友銀行カードローン

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.